ニース、当面はファブレ体制継続へ ポチェッティーノやパーカー招へいの噂も…

2022.09.24 00:50 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
新監督招へいの動きも伝えられたニースだが、当面はルシアン・ファブレ体制を継続することになるようだ。

今夏、クリストフ・ガルティエ監督がパリ・サンジェルマン(PSG)に引き抜かれたニースは、過去に実績を残したファブレ監督を後任として招へい。

今夏の移籍市場では、デンマーク代表GKカスパー・シュマイケルやコートジボワール代表FWニコラ・ぺぺ、ウェールズ代表MFアーロン・ラムジーといった実力者を獲得するなど積極補強を敢行。

ただ、一部ではその補強はスイス人指揮官が求めたものではなく、クラブ主導で行われ、多くの取引が移籍市場終盤に完了したこともあり、戦術面の浸透に苦戦。チームは今季のリーグ・アンで8試合を消化した段階で2勝2分け4敗の13位に低迷している。

この成績不振を受け、クラブは近日中にスイス人指揮官を更迭し、昨季までPSGを率いていたマウリシオ・ポチェッティーノ氏や、今季途中までボーンマスを率いたスコット・パーカー氏の招へいに動いているとの報道が出ていた。

しかし、ニースのジャン=ピエール・リヴェール会長は、フランス『レキップ』のインタビューで、ファブレ監督の続投を明言した。

「たった8日間で監督を交代させるつもりはない。これはスポーツのレベルでも、人間的なレベルでも解決策にはならない。昨日、スポーツディレクターのデイブ(・ブレイズフォード)は彼と長いミーティングを行ったが、ルシアンはとても満足して帰っていった。噂は根拠のないものだった」

さらに、一部メディアで盛んに報じられたポチェッティーノ氏との交渉に関しては、「クラブでは誰もポチェッティーノや彼の代理人と連絡を取っていないし、電話もしていない。これは敬意に欠ける噂であり、現監督の立場を弱めるものだ。我々はルシアンとともに、シーズン序盤の不振を挽回するために努力するつもりだ」と、その噂を真っ向から否定した。

ひとまずファブレ体制継続が決定したニースだが、今後も低迷が続くようだとカタール・ワールドカップ開催による中断期間のタイミングなどで指揮官更迭の可能性は十分にあるはずだ。

関連ニュース
thumb

ニースがスコット・パーカー招へいを画策? ポチェッティーノ招へい困難で代替案に

ニースがスコット・パーカー氏(41)の新監督招へいに動いているようだ。 今夏、クリストフ・ガルティエ監督がパリ・サンジェルマン(PSG)に引き抜かれたニースは、過去に実績を残したルシアン・ファブレ監督を後任として招へい。 今夏の移籍市場では、デンマーク代表GKカスパー・シュマイケルやコートジボワール代表FWニコラ・ぺぺ、ウェールズ代表MFアーロン・ラムジーといった実力者を獲得するなど積極補強を敢行した。 ただ、一部ではその補強はスイス人指揮官が求めたものではなく、クラブ主導で行われ、多くの取引が移籍市場終盤に完了したこともあり、戦術面の浸透に苦戦。チームは今季のリーグ・アンで8試合を消化した段階で2勝2分け4敗の13位に低迷している。 成績不振に加え、コミュニケーションの問題も抱える両者は、近日中に袂を分かつ可能性が高まっている。 そういった中、ニースは昨季までPSGを率いていたマウリシオ・ポチェッティーノ氏(50)の招へいに動いたものの、アルゼンチン人指揮官側にチームを率いる意思はなく、交渉は早期の段階で破談に終わった模様だ。 フランス『フット・メルカート』によると、これを受けてクラブは先日にボーンマスを解任されたパーカー氏を後任候補としてリストアップしているという。 同メディアによると、過去にクリスタル・パレスやカーディフでスポーツディレクターを務め、ニースのクラブアドバイザーを務めるイアン・ムーディ氏が、パーカー氏をクラブに推薦しているようだ。 現役時代にチャールトンや、チェルシー、ニューカッスル、ウェストハム、トッテナムでプレーしたパーカー氏は、引退後、トッテナムU-18の監督として指導者キャリアをスタート。 その後、フルアムでアシスタントコーチになると、2019年2月に監督就任。2021年7月にはボーンマスの監督に就任していた。 チャンピオンシップ(イングランド2部)に降格したボーンマスを率いると、チームは見事に1年での昇格を掴み、今シーズンからプレミアリーグに復帰していた。だが、格上相手の序盤戦で大敗を重ねると、先月末に解任の憂き目を味わっていた。 2022.09.22 23:20 Thu
twitterfacebook
thumb

35歳GKシュマイケルが規律違反の常習犯に? ニース加入時はウェイトオーバーも

デンマーク代表GKカスパー・シュマイケルが、今夏加入のニースでチームの輪を乱しかねない行動をとっているようだ。 昨季までレスター・シティに11年間在籍し、通算479試合でゴールマウスを守ったシュマイケル。2015-16シーズンの奇跡のプレミアリーグ優勝や、2020-21シーズンのFAカップ優勝に貢献するなど、クラブ史に名を残すプレーヤーとなった。 今夏に惜しまれつつもレスターを退団し、35歳にして自身初となるフランスの地に降り立った。だが、ニースは現在リーグ・アンで13位に低迷しており、ここ数日はルシアン・ファブレ監督の解任も噂されている。 そんななか、フランス『RMC Sport』によると、シュマイケルは正GKに定着していたものの、ファブレ監督との間に溝ができ、第8節のアンジェ戦で起用されず。さらに、ミーティングに遅刻するなどの規律違反もあるという。 ニース加入時点ですでにウェイトオーバー気味であり、体脂肪率が「非常に高い」数値を示していたとされるシュマイケル。レスターでは誰もが認める偉大なキャプテンだったが、現在はフラストレーションを溜め込んでしまっているのかもしれない。 2022.09.22 20:17 Thu
twitterfacebook
thumb

ポチェッティーノ氏のニース指揮官就任はなしか? より大きなクラブでの指揮を希望

ニースの指揮官就任が報じられるマウリシオ・ポチェッティーノ氏(50)だが、本人はあまり関心がないようだ。 これまでトッテナムやパリ・サンジェルマン(PSG)などを率いてきたポチェッティーノ氏。昨季はPSGを2季ぶりのリーグ優勝へと導いたが、シーズン終了後に解任され、現在はフリーの身となっている。 同氏にはここ数日、PSGと同じくリーグ・アンのニースが招聘を検討中との報道が。ニースとの会談の場を設けたことも明らかになっており、ニース側も同氏のPSG時代に匹敵する年俸を支払うことが可能と伝えられていた。 だが、ニース行きの可能性は限りなくゼロに近い模様。フランス『フットメルカート』によると、ポチェッティーノ氏はより大きなクラブで指揮を執ることを望んでおり、ニースにはさほど魅力を感じていないとのことだ。 2022.09.22 14:48 Thu
twitterfacebook
thumb

大型補強も低迷のニース、ポチェッティーノ氏を指揮官に招聘へ?

マウリシオ・ポチェッティーノ氏(50)がニース指揮官に就任する可能性があるようだ。 エスパニョールに始まり、サウサンプトンやトッテナム、パリ・サンジェルマン(PSG)の指揮官を歴任してきたポチェッティーノ氏。昨季終了後にPSGを解任され、現在はフリーの身となっている。 ここ数日はマッシミリアーノ・アッレグリ監督の解任が噂されるユベントス行きも取り沙汰されたポチェッティーノだが、そんななか、フランス『フットメルカート』によると、ニースも同氏の招聘を検討しており、20日にも会談の場を設けるという。 ニースは今夏の移籍市場で、デンマーク代表GKカスパー・シュマイケルやコートジボワール代表FWニコラ・ぺぺ、ウェールズ代表MFアーロン・ラムジーといった実力者を獲得するなど大型補強に成功した。 しかし、蓋を開けると今季のリーグ・アンで8試合を消化した段階で2勝2分4敗の13位に低迷。元ドルトムント指揮官でもあるルシアン・ファブレ監督を解任する可能性が高まっているとのことだ。 現時点でポチェッティーノ氏招聘の実現度は未知数のようだが、ニースには同氏のPSG時代に匹敵する年俸を支払うことが可能とみられている。 2022.09.20 16:32 Tue
twitterfacebook
thumb

キックオフからたった9秒で退場の珍事…ニースDFが欧州5大リーグ最速記録に

キックオフからたったの9秒で退場する事件が起こった。 17日には、今季からアンタルヤスポルへと完全移籍したMF中島翔哉が途中出場から15秒で一発退場になるということが話題に。これは世界でも大きく取り扱われることとなったが、それをすぐに更新する珍事が起きたのだ。 それは18日に行われたリーグ・アン第8節のニースvsアンジェの一戦。2021年夏にバルセロナから完全移籍で加入したDFジャン=クレール・トディボだった。 ニースの主軸CBとしてプレーするトディボは、アンジェ戦にも先発出場する。 するとキックオフからアンジェがパスを繋いで縦に。するとパスに抜け出そうとしたアブダラー・シマに対して、トディボがチャージ。このプレーに主審がすぐさまレッドカードを提示したのだ。 ファウルが起きたのはキックオフからおよそ5秒後。カードが出されたのは9秒となった。 これはヨーロッパの5大リーグでは最速の退場記録となったとのこと。衝撃の珍プレーとなってしまった。 ちなみに、Jリーグでは現在はヴィッセル神戸のアシスタントコーチを務める菅原智氏が東京ヴェルディ時代の2009年4月15日、サガン鳥栖戦で試合9秒で退場。大黒将志がキックオフから戻したボールを菅原はCBが受けると思いスルー。しかし、パスは両CBの間に転がったため慌てて対応し、池田圭を掴んで倒していた。 <span class="paragraph-title">【動画】何が起きた!? キックオフからたった9秒で一発レッド!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"><br><br>A clear annihilation of a goal-scoring opportunity on Sima, who was running at goal.<br><br>Record: He becomes the fastest player in the history of the 5 major leagues to get sent off so quickly. <a href="https://t.co/FCNZQW5x9R">pic.twitter.com/FCNZQW5x9R</a></p>&mdash; Fnews. (@Fnews81010283) <a href="https://twitter.com/Fnews81010283/status/1571605658218430465?ref_src=twsrc%5Etfw">September 18, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.09.19 21:58 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly