オーストリア代表が発表! 負傷で主力2人不在もアラバやザビッツァーら順当に招集《UEFAネーションズリーグ》

2022.09.14 00:26 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
オーストリアサッカー協会(OFB)は13日、今月に行われるUEFAネーションズリーグ2022-23に向けたオーストリア代表メンバー24名を発表した。

ラルフ・ラングニック監督は、DFダビド・アラバやMFマルセル・ザビッツァー、FWマルコ・アルナウトビッチら主力を順当に招集。さらに、MFロマーノ・シュミット(ブレーメン)とMFムハメド・チャム(クレルモン)の2選手を初招集した。

一方で、MFコンラート・ライマーやFWサーシャ・カライジッチが負傷によって招集外となっている。
なお、今大会でリーグA・グループ1に属するオーストリアは、フランス代表とのアウェイ戦(22日)、クロアチア代表とのホーム戦(25日)の2試合を戦う予定だ。今回発表された招集メンバー24名は以下の通り。

◆オーストリア代表メンバー24名
GK
ハインツ・リンドナー(シオン/スイス)
パトリック・ペンツ(スタッド・ランス/フランス)
アレクサンダー・シュラガー(LASKリンツ)

DF
マクシミリアンウーバー(ザルツブルク)
アンドレアス・ウルマー(ザルツブルク)
ゲルノト・トラウナー(フェイエノールト/オランダ)
ケビン・ダンソ(RCランス/フランス)
マルコ・フリードル(ブレーメン/ドイツ)
シュテファン・ライナー(ボルシアMG/ドイツ)
フィリップ・ラインハルト(フライブルク/ドイツ)
クリストファー・トリメル(ウニオン・ベルリン/ドイツ)
シュテファン・ポッシュ(ボローニャ/イタリア)
ダビド・アラバ(レアル・マドリー/スペイン)

MF
ニコラス・ゼイワルド(ザルツブルク)
ムハメド・チャム(クレルモン/フランス)
ロマーノ・シュミット(ブレーメン/ドイツ)
クリストフ・バウムガルトナー(ホッフェンハイム/ドイツ)
デヤン・リュビチッチ(ケルン/ドイツ)
ザヴェル・シュラーガー(RBライプツィヒ/ドイツ)
マルセル・ザビッツァー(バイエルン/ドイツ)

FW
マルコ・アルナウトビッチ(ボローニャ/イタリア)
ミハエル・グレゴリッチュ(アウグスブルク/ドイツ)
カリム・オニシウォ(マインツ/ドイツ)
アンドレアス・ヴァイマン(ブリストル・シティ/イングランド)


関連ニュース
thumb

親善試合完敗のイタリア…マンチーニ監督が新システム失敗を認める「プレッシングがほとんどできなかった」

イタリア代表のロベルト・マンチーニ監督が、敗戦を嘆いた。イタリア『スカイ・スポーツ』が伝えている。 カタール・ワールドカップ(W杯)出場を逃したイタリアは、20日に行われた国際親善試合でオーストリア代表と対戦した。 開始早々に失点を許すと、その後も流れを掴めず35分に追加点を奪われる苦しい展開に。後半、多くの選手を入れ替えるとMFニコロ・ザニオーロやFWフェデリコ・キエーザに決定機が訪れるも最後までゴールネットを揺らすことはできず、0-2で敗れた。 試合後、マンチーニ監督は敗戦を悔やみつつも、親善試合ならではのテストができたことを強調。同時に、[3-4-3]のシステムが機能しなかったことも認めている。 「前半の我々は、最初に訪れたチャンスを逃してしまった。その後は、彼らのプレッシャーを受けてミスが多くなり、ピンチに陥る場面が多くなったと思う」 「今日の戦い方はリスクを背負うことになると理解していたが、親善試合はいつもと違うことを思いつける唯一の機会だ。後半は逆に、とても良いチームが見られたと思う。ただ、敗戦で終わったのは残念だ」 「([3-4-3]のシステムでは)前線からのプレッシングがほとんどできず、機能していなかった。チームは間延びしており、スペースを空け過ぎていたと思う。なかなかプレスをかけることができず、その代償を支払うことになってしまった」 2022.11.21 11:07 Mon
twitterfacebook
thumb

W杯出場逸のイタリア、オーストリアにシャットアウト負け《国際親善試合》

イタリア代表は20日、オーストリア代表との国際親善試合を敵地で戦い、0-2で敗れた。 カタール・ワールドカップ出場を逃したイタリアとオーストリアの一戦。 イタリアはGKドンナルンマやヴェッラッティ、ボヌッチらが先発。ラスパドーリを最前線とする[3-4-3]で臨んだ。 アラバやアルナウトビッチらがスタメンとなったオーストリアに対しイタリアは開始6分、アルナウトビッチのアシストからシェラーガーにゴールを許し先制される。 リードされたイタリアはオーストリアのカウンターに苦しめられた中、35分に2失点目。ペナルティアーク中央からアラバに直接FKを叩き込まれた。 結局、前半は思うように好機を作れず0-2でハーフタイムに入った。迎えた後半、キエーザやザニオーロら4選手を変更したイタリアが押し込む流れが続く。 代わって入ったザニオーロやキエーザがゴールに迫った中、71分には絶好機。FKの流れからラスパドーリがシュートに持ち込んだが、GKリンドナーのファインセーブに阻まれた。 終盤にかけてはオーストリアの守備に阻まれ、0-2のままシャットアウト負け。W杯が開幕した最中で行われた一戦は、課題の残るゲームとなった。 オーストリア 2-0 イタリア 【オーストリア】 シェラーガー(6分) アラバ(35分) 2022.11.21 06:42 Mon
twitterfacebook
thumb

元アトレティコFWのゲルハルト・ロダックス氏、57歳で逝去

17日、元オーストリア代表FWで、アトレティコ・マドリーなどでもプレーしたゲルハルト・ロダックス氏が57歳で逝去した。各国のメディアが伝えている。 ロダックス氏は現役時代、アドミラ・ヴァッカーやラピド・ウィーンなど、キャリアのほとんどを母国で過ごし、オーストリア1部通算246試合97得点を記録。アドミラ・ヴァッカー在籍時の1989-90シーズンには得点王となり、翌季から1シーズン半のみだがアトレティコでもプレーした。 オーストリア代表としては1990年のイタリアW杯に出場するなど、通算20試合3得点という経歴を持ち、母国では“金髪のロケット”という異名でよく知られた選手だった。 1996年の引退後はアドミラ・ヴァッカーのセカンドチームで2度にわたってコーチを務めるも、近年は重い病気と闘っていたとされ、17日、オーストリアの首都ウィーンから20kmほどの場所で電車にはねられて亡くなったという。 訃報を受け、現役時代の所属クラブなどが相次いで追悼コメントを発表。ロダックス氏のプロデビューと引退を見守ったアドミラ・ヴァッカーは「ロダックスのご家族の皆様に心よりお悔やみとお見舞いを申しあげます。私たちの思いは、あなたとともにあります」と声明を出している。 2022.11.18 19:52 Fri
twitterfacebook
thumb

ユーロ2024予選組み合わせ決定!王者イタリアがイングランドとまさかの同居、ベルギー、オーストリア、スウェーデンが死の組に

9日、ユーロ2024の予選抽選会が行われた。 ドイツで開催されるユーロ2024。本大会には、開催国のドイツを含める24チームが出場する。 予選は2023年3月から2024年3月までの1年間にわたって行われる。 開催国のドイツは出場権を確保。残りの23枠を53のUEFA加盟国が争うことになる。なお、ロシアはウクライナへの軍事侵攻の影響を受け、FIFAから無期限の資格停止処分中。今回の予選、本大会にも参加できないこととなる。 10個のグループに分かれて行われるユーロ2024予選。UEFAネーションズリーグ(UNL)2022-23のベスト4に残った4カ国と、6つのポットに分けられた中で抽選が実施。イタリア、オランダ、スペイン、クロアチアのUNL4強と、ポット1に入ったデンマーク、ポルトガル、ベルギー、ハンガリー、スイス、ポーランドの6カ国が分散。以下、ポットごとに各グループに1カ国ずつ入り、5カ国のグループが7つ、6カ国のグループが3つとなる。 各グループの上位2カ国と、UNLの成績に基づいて選ばれた12チームを3つに分け、トーナメントで戦うプレーオフで3カ国を決めることに。強豪国が分散する方式である中、最も厳しいグループになったのは、グループF。ベルギー、オーストリア、スウェーデンが同居することとなった。 また、ユーロ2020王者のイタリアは、準優勝のイングランドとグループCでまさかの同居。このグループにはウクライナも入っている。 その他、グループAはスペイン、スコットランド、ノルウェーが同居している。 ◆ユーロ2024予選組み合わせ結果 【グループA】 スペイン スコットランド ノルウェー ジョージア キプロス 【グループB】 オランダ フランス アイルランド ギリシャ ジブラルタル 【グループC】 イタリア イングランド ウクライナ 北マケドニア マルタ 【グループD】 クロアチア ウェールズ アルメニア トルコ ラトビア 【グループE】 ポーランド チェコ アルバニア フェロー諸島 モルドバ 【グループF】 ベルギー オーストリア スウェーデン アゼルバイジャン エストニア 【グループG】 ハンガリー セルビア モンテネグロ ブルガリア リトアニア 【グループH】 デンマーク フィンランド スロベニア カザフスタン 北アイルランド サンマリノ 【グループI】 スイス イスラエル ルーマニア コソボ ベラルーシ アンドラ 【グループJ】 ポルトガル ボスニア・ヘルツェゴビナ アイスランド ルクセンブルク スロバキア リヒテンシュタイン 2022.10.09 20:37 Sun
twitterfacebook
thumb

「ベスト4に入ったことはとても嬉しい」先制ゴールのモドリッチがオーストリア戦勝利を喜ぶ

クロアチア代表のMFルカ・モドリッチ(レアル・マドリー)が、オーストリア代表戦を振り返った。『UEFA.com』が伝えた。 25日、UEFAネーションズリーグ(UNL)リーグAグループ1最終節でオーストリアとアウェイで対戦したクロアチア。勝てば首位の座を守り、ベスト4に残れる一戦となった。 試合は開始6分にモドリッチがネットを揺らしてクロアチアが先制。しかし、9分に反撃され1-1となる。 勝たなければデンマークに抜かれる可能性があるクロアチアは後半にギアを上げると、69分に マルコ・リバヤ、72分にデヤン・ロブレンがネットを揺らして1-3で勝利。首位を守り、初のUNLベスト4入りを果たした。 モドリッチは試合後にコメント。苦しみながらもベスト4入りを果たしたことを喜んだ。 「タフなゲームだった。オーストリアは、僕たちをとても厳しく追い込んできたけど、最終的には勝利に値するものだった」 「ベスト4に入ったことはとても嬉しいよ」 2022.09.26 11:25 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly