三好康児と坂元達裕が共にアシスト記録! 上田綺世は初ゴールならず【ジュピラー・プロ・リーグ日本人選手】

2022.08.08 10:55 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
2022-23シーズンのジュピラー・プロ・リーグの第3節が週末に開催された。日本人10名がプレーするベルギー1部。日本人対決が実現したのはコルトレイクvsシント=トロイデン、シャルルロワvsオーステンデの2カードとなった。

コルトレイクは渡辺剛が先発フル出場。シント=トロイデンはシュミット・ダニエル橋岡大樹がフル出場、香川真司林大地が先発出場し、それぞれ58分、84分に交代した。
試合は昨季から11戦無敗のシント=トロイデンがペースを握るも、なかなかゴールを奪えず。ポゼッションしながらもゴールをこじ開けられない。

対するコルトレイクはカウンターから何度か決定機を作るものの、GKシュミット・ダニエルの好セーブもありこちらも得点を奪えず。ゴールレスドローに終わった。

またシャルルロワの森岡亮太、オーステンデの坂元達裕は共に先発出場。森岡は前半のみの出場、坂元はフル出場した。

試合はアウェイのオーステンデが主導権を握ると、28分にロビー・ダヒースのゴールで先制。その後シャルルロワが追いつくも、66分にニック・ベッツナーが勝ち越しゴール。後半アディショナルタイムには坂元が自陣から前線に蹴り出したロングフィードをテオ・エンディカがダメ押しゴールを決め、1-3で快勝した。

その他、ロイヤル・アントワープの三好康児はOHルーヴェン戦に先発出場し74分までプレー。0-1で迎えた38分にワンツーで抜け出しボックス内右からマイナスのクロス。これをラジャ・ナインゴランが蹴り込み、アシストを記録し4-2の勝利に貢献した。セルクル・ブルージュの上田綺世は後半から出場したもののゴールを奪えず、チームも2-0で敗戦。ロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズの町田浩樹はケガでメンバー外となった。

シュミット・ダニエル[シント=トロイデン]
▽8/6
コルトレイク 0-0 シント=トロイデン
◆フル出場

橋岡大樹[シント=トロイデン]
▽8/6
コルトレイク 0-0 シント=トロイデン
◆フル出場

香川真司[シント=トロイデン]
▽8/6
コルトレイク 0-0 シント=トロイデン
◆58分までプレー

林大地[シント=トロイデン]
▽8/6
コルトレイク 0-0 シント=トロイデン
◆84分までプレー

渡辺剛[コルトレイク]
▽8/6
コルトレイク 0-0 シント=トロイデン
◆フル出場

上田綺世[セルクル・ブルージュ]
▽8/7
スタンダール・リエージュ 2-0 セルクル・ブルージュ
◆後半開始から出場

三好康児[ロイヤル・アントワープ]
▽8/7
ロイヤル・アントワープ 4-2 OHルーヴェン
◆74分までプレー。1アシスト

坂元達裕[オーステンデ]
▽8/6
シャルルロワ 1-3 オーステンデ
◆フル出場。1アシスト

町田浩樹[ロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズ]
▽8/6
メヘレン 3-0 サン=ジロワーズ
◆ベンチ外

森岡亮太[シャルルロワ]
▽8/6
シャルルロワ 1-3 オーステンデ
◆ベンチ入りせず

1 2

関連ニュース
thumb

「カオルは国際的なスーパースター!」ブライトンが投稿した日本の女性ファンに現地ファンも感謝「凄いこと」「よく来てくれた」

ブライトン&ホーヴ・アルビオンが各国から応援してくれるファンを紹介。日本人の女性サポーターもピックアップされて話題だ。 日本代表MF三笘薫の大活躍で注目を集めるブライトン。三笘以外にも、今冬の移籍が大きく騒がれたエクアドル代表MFモイセス・カイセドや同じエクアドル代表のDFペルビス・エストゥピニャン、アルゼンチン代表としてカタール・ワールドカップ(W杯)を制したMFアレクシス・マク・アリスターなど多国籍軍としても知られている。 各国の有望な選手を見出して起用し、ビッグクラブが引き抜くという構図が出来上がっている中、スタジアムには毎試合多くの国のサポーターが集まってくる。 ブライトンは試合に訪れる各国のサポーターの写真を紹介。「マッチデーには沢山の旗が」と投稿し、エクアドル、ガーナ、スペイン、そして日本の国旗を掲げるサポーターを紹介した。 それぞれの写真には説明文もつけられ、三笘を応援しにきた日本人の女性サポーターの写真には「『MITOMA』と書かれた日本の国旗/カードを掲げているファン。カオルは国際的なスーパースター!」と、活躍が続く三笘を称えるコメントがついている。 これには現地のファンも「世界中のファン、特に日本の友人たちがアメックス(・スタジアム)に来るのはすごいことだ!」、「僕たちは今、国際的なクラブだ」、「よく来てくれた」とコメントを寄せている。 また、三笘のファンである写真のご本人もコメント。「まさかの私です。素敵な写真を撮ってくれてありがとう。私はあなたたちの成功を永遠に応援します」と感謝。ブライトンの試合を数試合現地観戦続けており、ついにクラブ公式に取り上げられることとなった。 ブライトンのスカウト陣の優秀さがわかる今シーズンの飛躍。選手が引き抜かれても新たな才能を連れてくるブライトンはどこまで躍進するのか注目だ。 <span class="paragraph-title">【写真】ブライトンの試合を訪れ「MITOMA」の国旗を掲げた女性サポーター</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">So many flags on matchday! <a href="https://t.co/0K6xPosE9T">pic.twitter.com/0K6xPosE9T</a></p>&mdash; Brighton &amp; Hove Albion (@OfficialBHAFC) <a href="https://twitter.com/OfficialBHAFC/status/1622681533445447680?ref_src=twsrc%5Etfw">February 6, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <span class="paragraph-title">【動画】臨場感最高!三笘薫の劇的ヘッドを10台のカメラで!</span> <span data-other-div="movie2"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/BHAFC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#BHAFC</a> <a href="https://t.co/zXcMVe5cuD">pic.twitter.com/zXcMVe5cuD</a></p>&mdash; Brighton &amp; Hove Albion (@OfficialBHAFC) <a href="https://twitter.com/OfficialBHAFC/status/1622641771623882752?ref_src=twsrc%5Etfw">February 6, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.02.08 11:45 Wed
twitterfacebook
thumb

「復活のゴール」「最高!」前田直輝が大仕事、オランダ初ゴールが劇的決勝ゴールに! 菅原由勢のAZとの日本人対決制する《KNVBベーカー》

ユトレヒトのFW前田直輝の嬉しい移籍後初ゴールは劇的な結末となった。 東京ヴェルディや松本山雅FC、横浜F・マリノスでプレーした前田は、2022年1月に名古屋グランパスからレンタル移籍でユトレヒトへと加入した。 しかし、デビュー戦となったアヤックス戦で負傷。左下腿骨折の重傷となり、全治8カ月。1試合でオランダでのキャリアが終わるところだった。 ただ、ユトレヒトは名古屋からのレンタル期間を延長。今シーズンもチームに残ることとなると、今シーズンはエールディビジで7試合、KNVBベーカー(国内カップ戦)で2試合に出場していた。 ユトレヒトは7日に行われたKNVBベーカーのラウンド16でAZと対戦。前田はベンチスタート、AZのDF菅原由勢は右サイドバックでフル出場を果たす。 試合はユトレヒトが先制するも、AZが試合終盤の86分に追いつくことに成功。決着がつかずに延長戦に突入した。 すると、延長戦のスタートから途中出場した前田が大仕事をやってのける。延長前半3分、右サイドから崩すと、セーン・クライベルが丁寧なスルーパス。パスを要求していた前田はオフサイドラインにかからずに飛び出ると、後方から来たボールを左足でダイレクトで流し込んだ。 ファンは「復活のゴール」、「嬉しすぎる」、「最高!」、「素晴らしい活躍だ」とケガから復活しての初ゴールを喜んだ。 なお、試合はこれが決勝点となり、ユトレヒトがAZに勝利。前田の活躍でベスト8に進出した。 <span class="paragraph-title">【動画】絶妙な動き出しから前田がダイレクトで決めた劇的初ゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="6c6S7ZuOazg";var video_start = 222;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.02.08 11:10 Wed
twitterfacebook
thumb

三笘薫の幼馴染、日テレ・ベレーザのMF三浦成美がアメリカのノースカロライナ・カレッジへ完全移籍「緑の血を大切にサッカーをしたいです」

日テレ・東京ヴェルディベレーザは8日、なでしこジャパンのMF三浦成美(25)がアメリカのノースカロライナ・カレッジへと完全移籍することを発表した。 三浦は日テレ・メニーナから日テレ・ベレーザに昇格。ブライトン&ホーヴ・アルビオンで活躍する日本代表MF三笘薫とは実家が近く幼馴染としても知られている。 中学入学と同時にメニーナに入団。若くしてその才能を見出され、世代別の日本女子代表はU-16から経験。現在は日本女子代表として活躍している。 2019年の女子ワールドカップに出場した他、2021年の東京オリンピックにも出場。なでしこジャパンとして31試合に出場し1得点を記録している。 これまでなでしこリーグでは68試合1得点、なでしこリーグカップでは29試合3得点、WEリーグでは22試合出場、WEリーグカップでは5試合に出場、皇后杯では25試合で8得点を記録していた。 なでしこリーグ時代には4度の優勝、リーグカップも3度優勝。皇后杯も5度優勝している。 三浦はクラブを通じてコメントしている。 「このたび、アメリカのノースカロライナ・カレッジへ移籍することになりました。まず突然のご報告とシーズン途中での移籍となってしまい、申し訳ないです」 「チーム状態も良くなってきて、これからリーグの後期が始まるという中で難しい決断にはなりましたが、しっかりと自分で考え、決断しました」 「このクラブには小学生の時からスクールで通っていたので、14年間お世話になりました。毎日坂の上のグラウンドに通い、男女混合で色んな世代が集うこの場所でボールを蹴るのが大好きでした。ここには言葉で表せないような特別な想いがあります」 「メニーナ、ベレーザと緑のユニフォームを着て闘えたことは私の誇りです。サッカーに本気で向き合い、常に成長を追求し、何よりサッカーを楽しむ集団です。そんな選手、スタッフが大好きです。ここまで一緒にプレーしてくれた仲間にも心から感謝しています」 「試合に出られない時期や勝てない時期もありましたが、みんなにたくさん助けられました。先日の皇后杯の優勝も心の底から嬉しかったです」 「新天地でもここで学んだことを存分に活かして、何がやれるか、何が足りないか、常に成長を求めて頑張りたいと思います。どこへ行ってもいくつになっても緑の血を大切にサッカーをしたいです」 「長くなりましたが、12歳から25歳に至るまで、私を育てて下さった指導者の方々、クラブ関係者の方々、家族に心から感謝しています。またパートナー企業のみなさま、どんなに苦しい時期でも拍手して応援して下さったファン・サポーターのみなさま、ホームタウンのみなさま、本当にありがとうございました。離れる身ではありますが、このチームは最高です!後期のベレーザも応援を宜しくお願いします」 ノースカロライナ・カレッジはアメリカのナショナル・ウーマンズ・サッカーリーグ(NWSL)に所属。昨年はリバプールへと移籍したなでしこジャパンMF長野風花が所属していた。 2023.02.08 09:58 Wed
twitterfacebook
thumb

「ただの天才」「決定力異次元」鎌田大地が衝撃のボレー!右足アウトにかけた決勝ゴールにファン歓喜「鎌田の決定力は鬼」

フランクフルトの日本代表MF鎌田大地が衝撃のゴールを記録した。 7日、DFBポカールのラウンド16でフランクフルトはダルムシュタットと対戦した。 2.ブンデスリーガ(ドイツ2部)で首位に立つダルムシュタットとの一戦。鎌田はこの試合もボランチの一角で先発フル出場。MF長谷部誠も3バックの一角でフル出場した。 カタール・ワールドカップ(W杯)後はここまでゴールがなかった鎌田。ボランチとして攻守に貢献する姿を見せていた中で、この試合は打ち合いの展開となる。 開始6分にランダル・コロ・ムアニのゴールで先制も、マティアス・ホンサクの連続ゴールで前半のうちに逆転を許すことに。それでもラファエル・サントス・ボレが前半終了間際にゴールを決めて2-2で折り返す。 すると2-2で迎えた62分にその時が訪れる。右からの浮き球のパスがゴール前に送られると、ボックス内でコロ・ムアニが頭で落とす。これを、ボックス手前で鎌田が右足一閃。右足アウトにかかった強烈なシュートがゴール右に決まり、フランクフルトが逆転に成功した。 圧巻のボレー、そして落ち着き払ったシュートにはファンも称賛の言葉を送っている。 「ただの天才」 「ふかさずアウトで決めるのカッコよすぎ」 「決定力異次元」 「理想的なボランチ」 「鎌田の決定力は鬼」 「マジでクオリティは本物」 試合はこのゴールが決勝点。終了間際にコロ・ムアニがダメ押しゴールを決め、4-2でフランクフルトが勝利した。 <span class="paragraph-title">【動画】圧巻の決定力!アウトにかけた鎌田大地のボレー!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="AOF0xme6_Ac";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.02.08 08:39 Wed
twitterfacebook
thumb

鎌田大地が圧巻ボレーで決勝点! フランクフルトが2部首位に打ち勝ってベスト8進出《DFBポカール》

フランクフルトは7日、本拠地ドイチュ・バンク・パルクで行われたDFBポカール3回戦でダルムシュタットと対戦し、4-2で勝利。準々決勝進出を決めた。なお、MF長谷部誠は、MF鎌田大地はいずれもフル出場した。 リーグ前節のヘルタ・ベルリン戦を3-0の快勝で飾り、公式戦8試合無敗と好調を継続するブンデスリーガ5位のフランクフルト。ベスト8進出を懸けたこの一戦では、ブンデスリーガ2部で首位に立つダルムシュタットと対戦した。なお、長谷部は3バックの中央、鎌田は2セントラルMFの一角でスタメン起用となった。 共に[3-4-2-1]の布陣を採用し、ミラーゲームの形となった試合。キックオフから主導権争いがしばらく続いたが、ホームチームが幸先よく先制に成功する。 6分、鎌田も絡んだ右サイドでの細かいパス交換からアウレリオ・ブタが右サイド深くに抜け出すと、ゴールライン際から正確なクロスを供給。中央からニアへの斜めのランニングでDFを引っ張った味方の動きを利用し、ゴール前で冷静にステイしたコロ・ムアニのヘディングシュートがGKの手を弾いてゴール左へ決まった。 ホームチームがファーストチャンスをモノにして先制した後は、空中戦での交錯によってトゥタ、ミュラーと両チームの選手が頭部を負傷し、治療のために数分間の中断を余儀なくされる。 再開後の23分には左サイドのスペースに抜け出したマックスからの正確なグラウンダークロスでフランクフルトに2点目のビッグチャンス。だが、ゴール前にタイミング良く飛び込んだゲッツェのワンタッチシュートは相手GKのビッグセーブに遭う。 すると、このプレーをキッカケに試合の流れが一変。まずは29分、ビルドアップの場面で長谷部とローデのパス交換がうまくいかず、ダルムシュタットにカウンターを許す。さらに、スライディングでパスカットを試みた長谷部が交わされて数的不利に陥ると、メーレムのボックス右からの折り返しをホンサクにダイレクトで蹴り込まれて同点に追いつかれる。 さらに、直後の31分には相手GKからのロングボールを中盤で回収されて再びカウンターに持ち込まれると、シェネルハルトのスルーパスに抜け出したホンサクに正確な左足のシュートを右隅へ流し込まれ、逆転まで持っていかれた。 瞬く間の連続失点で試合を引っくり返されたフランクフルトだが、慌てずに相手を押し返していくと、前半終了間際に同点に追いつく。44分、マックスのアグレッシブなボール奪取からショートカウンターに持ち込むと、クロスのこぼれ球に反応したローデがボックス内のゲッツェの足元へすかさず縦パス。ゴールを背にした元ドイツ代表MFが冷静に左へ叩くと、フリーのボレがきっちり左足でゴールネットへ流し込んだ。 1部チームの勝負強さを発揮して2-2のイーブンで試合を折り返したフランクフルトは、前半カードをもらっていたエンディカを下げてスモルチッチをハーフタイム明けに投入。 後半も引き続き一進一退の攻防が続く中、ホームチームの日本人エースが決定的な仕事を果たした。62分、相手陣内右サイドで粘ったボレが浮き球のクロスを上げると、ボックス内でゴールを背にしたコロ・ムアニが冷静に頭でマイナスに落とす。ペナルティアーク付近でこれに反応した鎌田が右足アウトにかけた見事なダイレクトボレーシュートをゴール右隅へ突き刺した。 鎌田の2023年の公式戦初ゴールで勝ち越しに成功したフランクフルトだが、完璧に試合をコントロールするまでには至らず。リード直後にオフサイドに救われたものの、ゴールネットを揺らされるピンチを招くと、65分にもセットプレーからティーツに左ポスト直撃のシュートを打たれる。 それでも、このピンチを凌いだホームチームは、ソウやクナウフといったフレッシュな選手の投入で試合を落ち着かせると、以降は危なげなく時計を進めていく。 さらに、試合終了間際の90分には自陣でのマックスのボール奪取からロングカウンターを発動。ゲッツェの絶妙なスルーパスに抜け出したコロ・ムアニが左サイドを独走すると、最後はボックス内でGKとの一対一を制し、試合を決めるドッペルペックとした。 そして、鎌田のスーパーゴールが決勝点となり、ブンデスリーガ2部首位チームとの打ち合いを制したフランクフルトがベスト8進出を決めた。 2023.02.08 06:51 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly