今季17発のFW鈴木優磨、トルコの強豪・フェネルバフチェがオファーと報道

2021.05.07 12:55 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©STVV
今シーズン限りでシント=トロイデンからの退団が濃厚とされるFW鈴木優磨(25)だが、トルコの強豪・フェネルバフチェがオファーを出したようだ。ベルギー『Walfoot』が報じた。

2019年7月に鹿島アントラーズからシント=トロイデンへと移籍し、海外初挑戦となった鈴木。1年目のシーズンはジュピラー・プロ・リーグで24試合に出場し7ゴールに終わっていた。

しかし、環境に慣れた2年目の今シーズンはチームが低迷する中でリーグ戦全34試合に出場。17ゴール4アシストを記録し、得点ランキングでも4位タイとなっていた。

その鈴木には、ヘルタ・ベルリンが興味を持っているとされたが、今シーズンは残留争いをするなど低迷。鈴木もオファーを拒否したと報じられている。

また、同じベルギーのヘントからもオファーがあると報じられ、リーグ・アンのクラブも興味を持っているとされている。

一方で、鈴木本人はセリエAへの移籍を希望している他、ヨーロッパの大会に出場するクラブへの移籍を望んでいるとされ、今夏の去就が大きな注目を集めている。

そんな中、トルコの強豪であるフェネルバフチェが鈴木の獲得に向けてシント=トロイデンへオファー。『Walfoot』によると、450万ユーロ(約5億9000万円)+ボーナスで、移籍金は総額で550万ユーロ(約7億2400万円)になるオファーを出したようだ。

シント=トロイデンは600万ユーロ(約7億9000万円)を求めているとされていたが、現在の情勢や財政状況を考えると、このオファーを受ける可能性は高いとされている。

フェネルバフチェはスュペル・リグで現在2位に位置。リーグ優勝が狙える状況である一方、来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権を得る可能性もある。

元ドイツ代表MFメスト・エジルが所属しているなど、実力者も多く存在しており、ステップアップと言えるクラブの1つだ。

しかしながら、鈴木の願望はイタリアに向いており、トルコのオファーを受ける可能性は低い。果たしてどのような結末を迎えるのだろうか。





1 2
関連ニュース
thumb

今季初出場で2ゴールのリバプールMF南野拓実「素晴らしい応援をありがとう」

リバプールの日本代表MF南野拓実が今季初ゴールを喜んだ。 21日、リバプールはEFLカップ(カラバオカップ)3回戦でノリッジと対戦。南野は今季初出場を果たした。 その南野は4分、左CKからディヴォク・オリジがヘディングで落としたボールを素早く反転シュート。見事に抑えたボールが狭いコースを抜けて決まり、リバプールが幸先良く先制する。 50分にはそのオリジがヘディングで追加点を奪うと、80分には南野が追加点。ボックス内右でパスを受けると、そのまま縦にドリブルを仕掛け、相手DFの対応をかわしてシュートを流し込んだ。 日本代表でのケガ、そして合流後の体調不良とコンディションが整わなかったために出場がなかった南野だが、今季初出場で2得点と結果を残し、ユルゲン・クロップ監督も「彼はトップクラスの特徴を見せ、今夜の試合を楽しんでいた」とコメントしていた。 南野は試合後に自身のインスタグラムを更新。チームのパフォーマンスを評価し、感謝した。 「素晴らしいチームのパフォーマンス。次のラウンドへ」 「素晴らしい応援をありがとうございました」 <span class="paragraph-title">【写真】南野拓実が勝利を喜ぶメッセージ!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CUGWrhbq4s9/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="13" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CUGWrhbq4s9/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CUGWrhbq4s9/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">南野拓実 takumi minamino(@takumi18minamino_official)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.09.22 10:56 Wed
twitterfacebook
thumb

三笘薫が移籍後初ゴール! カップ戦でチームの先制点を記録し7-0圧勝《クロッキー・カップ》

MF三笘薫がベルギーでの初ゴールを記録した。 21日、クロッキー・カップ(ベルギーカップ)の5回戦でユニオン・サン=ジロワーズはレブベーケ(ベルギー5部)と対戦。7-0で圧勝を収めた。 この試合に三笘は移籍後初の先発出場。立ち上がりから持ち味を見せると、4分にはボックス手前左でパスを受けた三笘が得意のドリブル突破。2人を置き去りにし、相手DF1人をかわしてグラウンダーのクロス。これを味方が合わせるが、オフサイドとなりゴールは認められない。 しかし、16分に待望の移籍後初ゴール。ボックス内左で味方の落としを受けた三笘が左足を振り抜き、チームの先制点を奪った。 切れ味鋭いプレーを見せた三笘。前半は1-0で折り返したが、後半にチームはゴールラッシュ。相手との実力差もあったこともあり、後半だけで6ゴール。7-0の勝利を収めた。 昇格組のサン=ジロワーズはリーグ戦でも好調を維持しており第8節を終えて暫定2位につけている。 なお、26日にはジュピラー・プロ・リーグの第9節で東京オリンピックを戦い同じ川崎フロンターレで育ったMF三好康児の所属するアントワープと対戦する。 2021.09.22 10:30 Wed
twitterfacebook
thumb

2ゴールの南野拓実をクロップ監督が称賛「頭の良い選手」、「今夜の試合を楽しんでいた」

リバプールのユルゲン・クロップ監督が、2ゴールの活躍を見せた日本代表MF南野拓実について語った。クラブ公式サイトが伝えた。 21日、リバプールはEFLカップ(カラバオカップ)3回戦でノリッジと対戦。南野は今季初出場を果たした。 その南野は4分、左CKからディヴォク・オリジがヘディングで落としたボールを素早く反転シュート。見事に抑えたボールが狭いコースを抜けて決まり、リバプールが幸先良く先制する。 50分にはそのオリジがヘディングで追加点を奪うと、80分には南野が追加点。ボックス内右でパスを受けると、そのまま縦にドリブルを仕掛け、相手DFの対応をかわしてシュートを流し込んだ。 先発起用に応え、2ゴールと結果を残した南野に対してクロップ監督が試合後にコメント。2つのゴールを決めたパフォーマンスを評価した。 「彼は今とても良い状態にある。あまりプレーしていなかったことは知っているが、悪い時にはケガをし、復帰して来てこうなった」 「時々、簡単なことではないが、彼はトップクラスの特徴を見せ、今夜の試合を楽しんでいた」 「それは彼にとっても我々にとっても重要なことだ。これが彼の助けにもなり、我々の助けにもなる」 また、ここまで起用できなかった理由はケガやコンディションだったとし、2つのゴールを称賛した。 「彼にフラストレーションが溜まっていたかどうかは分からない。選手はプレーしたいと思っているのは当然で、それがあまり起きなかったことをも事実だ」 「彼は代表チームで活動し、そこでケガをし、戻って来てすぐに体調を崩し、復帰のためにコンディションを整えた。今では、16週間プレーしなかったということではなく、ケガをしてからの時間が問題だ」 「他の選手もケガをして、復帰するには時間が必要だが、タキ(南野の愛称)は良い状態にあり、とてもよくトレーニングしており、2つのゴールに値する」 「最初のゴールは本当に意識が高く、頭の回転も早く、良いフィニッシュだった。2つ目は、実際には100%見えていたわけではないが、短く小さなスペースでのボックス内での加速は本当に良かった」 「彼はプレシーズンで本当に良い状態だった。そしてスタートしたが、ケガをした。今シーズンの残りがこれから始まる。誰も心配はいらない。タキは大丈夫だ」 その南野は、前半は3トップの一角でプレーしたものの、後半には中盤のインサイドで起用した点についても説明した。 「今日はタキがとてもタフに見えたので、中盤の選手としてプレーする彼を望んだ。ハーフスペースを十分に使えていなかったので、彼をそこに置いた」 「左ウイングにもう少し自由なオックスレイドを置きたかった。それが理由で、彼をゲームに繋いでおくためだった」 「タキは頭の良い選手で、色々なポジションでプレーできるのが理由だ」 <span class="paragraph-title">【動画】南野拓実の技あり今シーズン初ゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="tl" dir="ltr">It&#39;s that man Takumi Minamino! <a href="https://t.co/GOusJKigSB">pic.twitter.com/GOusJKigSB</a></p>&mdash; ESPN FC (@ESPNFC) <a href="https://twitter.com/ESPNFC/status/1440388276863451141?ref_src=twsrc%5Etfw">September 21, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.09.22 07:18 Wed
twitterfacebook
thumb

今季初先発の南野が2Gと躍動!ノリッジ撃破のリバプールが4回戦進出《EFLカップ》

南野拓実が所属するリバプールは21日、EFLカップ(カラバオカップ)3回戦でノリッジと対戦し3-0で勝利した。南野はフル出場し、4分と80分にゴールを記録した。 2012年ぶりの優勝を目指すリバプールは、直近のクリスタル・パレス戦の先発からコナテとツィミカス以外9人変更。3トップにゴードン、南野、オリジを据えた[4-3-3]を採用し、中盤にはC・ジョーンズ、N・ケイタ、オックスレイド=チェンバレンを起用した。 リーグ戦5連敗中のノリッジに対し、リバプールは開始早々に先制する。4分、左CKをファーサイドのオリジが頭で合わせると、相手DFに当たりゴール前にこぼれたボールを最後は南野が右足で流し込んだ。 幸先よく先制したリバプールは、24分にも右サイドからカットインしたゴードンがミドルシュートでゴールを狙ったが、このシュートはわずかにゴール右に外れた。 ハーフタイムにかけては一進一退が続いたが、リバプールは41分にミドルシュートのこぼれ球に反応したギアンヌリスをブラッドリーがボックス内で倒してしまいPKを献上。しかし、ツォリスのPKはGKケレハーが残した足で弾き出した。 迎えた後半、リバプールは開始早々の47分に自陣でのボールロストからピンチを招く。ブラッドリーからボールを奪ったイダーが左サイドから折り返しを供給すると、ツォリスがフリックしたボールを走り込んだレース=メルが右足で合わせたが、シュートは枠の上に外れた。 ピンチを凌いだリバプールは50分、C・ジョーンズのパスで左サイド深くまで駆け上がったツィミカスのクロスをゴール前のオリジが頭で叩き込み、追加点を奪った。 さらにリバプールは80分、敵陣でのハイプレスから相手のパスをブラッドリーが引っかけると、ボックス右のチェンバレンがワンタッチパスを受けた南野がゴール前まで持ち出し冷静にゴールネットを揺らした。 結局、試合はそのまま3-0でタイムアップ。南野の2ゴールなどで勝利したリバプールが4回戦進出を決めた。 <span class="paragraph-title">【動画】南野拓実の技あり今シーズン初ゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="tl" dir="ltr">It&#39;s that man Takumi Minamino! <a href="https://t.co/GOusJKigSB">pic.twitter.com/GOusJKigSB</a></p>&mdash; ESPN FC (@ESPNFC) <a href="https://twitter.com/ESPNFC/status/1440388276863451141?ref_src=twsrc%5Etfw">September 21, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.09.22 05:45 Wed
twitterfacebook
thumb

アーセナルで躍動中のDF冨安健洋、サッカーを始めた意外過ぎるキッカケは「アゴのケガ」

アーセナルの日本代表DF冨安健洋が、クラブのインタビューでサッカーを始めた意外なキッカケを明かした。 今夏の移籍市場でアーセナルは、1億5680万ポンド(約238億円)とプレミアリーグで最多の大金を投じ、将来性豊かな若手選手たちを獲得した。 その中の1人である冨安は、9月に入りチームに合流。1日半のトレーニングでノリッジ戦でプレミアリーグデビューを果たすと、冨安をよく知らない懐疑的なファンの評価を一蹴。素晴らしいパフォーマンスでスタンディングオベーションを受けると、18日のバーンリー戦でも出色の出来でクリーンシートに貢献していた。 日に日に評価が高まる冨安だが、クラブのインタビューでサッカーを始めたキッカケについてコメント。幼少期のある事件により、今の冨安があることが判明した。 「僕は水泳選手にはなりたかったわけではないんですが、2人の姉がいて、2人は水泳していました。だから、僕も姉たちのように水泳するつもりでした」 「でも、アゴをケガしてしまったので泳ぐことができず、サッカーを始めました。僕はサッカーをするために計画を変えたんです」 「僕はトレッドミルで遊んでいました。確か5歳の時かそれぐらいだったと思います。何歳だったかは覚えていません」 「姉はケガをしたといい、僕は祖母のところに行って『ケガをした』と言いました」 「僕は病院に行きました。手術の間、僕は常に『暑い、暑い、暑い』と言っていたようです。でも、そんなことは覚えていません。でも祖母が言っていました」 <span class="paragraph-title">【動画】冨安健洋がサッカーを始めたきっかけを語る</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJ6T3dsaWZxWSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.09.21 19:30 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly