首位攻防戦はいわきが攻勢も我慢の松本を崩せずゴールレス、勝ち点1差に上位4チームがひしめく大混戦【明治安田J3第18節】

2022.08.07 18:38 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
明治安田生命J3リーグ第18節の延期分、いわきFCvs松本山雅FCが7日にJヴィレッジスタジアムで行われ、ゴールレスドローに終わった。

7月23日に予定されていた一戦は、松本の選手、スタッフが複数名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受け、トップチームが活動停止の措置を取ったために、延期となっていた。

勝ち点「1」差で迎える首位のいわき(勝ち点38)と4位・松本(勝ち点37)の首位攻防戦。いわきは江川慶城が4月17日以来の先発起用となり、先週のカターレ富山戦で投入直後に同点弾をマークした有田稜もスタメンに抜擢された。
一方の松本は、名波浩監督が新型コロナウイルスの陽性判定を受けたためにベンチ入りできず。三浦文丈コーチが指揮を執る。野々村鷹人が今季初先発を飾り、スリーセンターの右に、1週間前のヴァンラーレ八戸戦で右のセンターバックを務めた下川陽太がウイングバックに入った。

有馬幸太郎や江川が序盤からフィニッシュを見せるなど、前への推進力を生かしたシンプルな攻撃で主導権を握ったいわきは、18分にクリックリスタートを用いてボックス左から岩渕弘人。さらには、GKが弾いたボールを有馬が狙うも、クロスバーを越える。

直後にもボックス右から狙った有馬だったが、プレー続行不可能に。試合立ち上がりのシュート時に左足首を痛めた影響か、担架で運ばれて24分に谷村海那と交代となった。

ただ、その後も前回対戦時にゴールを奪った日高大がカットインからの左足を見せるなど、依然としていわきペースのまま、ゴールレスで前半を終えた。

シュート数でも圧倒された劣勢の松本はハーフタイムに小松蓮からルカオにスイッチし、61分にも2枚替えを行うが、思うように攻撃へと転じることができず、耐えながらチャンスをうかがう展開が続く。横山歩夢が倒されてボックスギリギリ手前右でのFKを獲得するも、外山凌の左足はポストのわずか左へそれた。

J3最多の37得点を挙げているいわきは終始優位にゲームを進めたものの、終盤の家泉怜依の強烈ミドルも枠をそれ、いわきと並んで最少タイ14失点の松本の守備を最後までこじ開けることはできずにタイムアップ。勝ち点「1」を分け合い、順位変動は起こらなかった。

いわきFC 0-0 松本山雅FC

◆第18節
▽7/23
アスルクラロ沼津 0-1 FC今治
福島ユナイテッドFC 3-2 ガイナーレ鳥取
藤枝MYFC 3-1 ギラヴァンツ北九州
SC相模原 2-3 愛媛FC
ヴァンラーレ八戸 0-1 鹿児島ユナイテッドFC
FC岐阜 2-1 カマタマーレ讃岐

▽7/24
Y.S.C.C.横浜 1-2 カターレ富山
AC長野パルセイロ 3-2 テゲバジャーロ宮崎

▽8月7日
いわきFC 0-0 松本山雅FC


関連ニュース
thumb

今治新指揮官にコーチから昇格の高木理己氏 「過去の正しさをこれからの未来で証明する」

FC今治は27日、2023シーズンのトップチーム監督に高木理己氏(44)の就任を発表した。 かつて市立船橋高校や、山梨学院大附属高校、帝京第三高校のほか、京都サンガF.C.、ガイナーレ鳥取、湘南ベルマーレを指導した高木氏。鳥取で監督を務めた後、2021年5月から今治のトップチームコーチに就任した。 今季の今治は明治安田生命J3リーグ5位でフィニッシュしたが、橋川和晃監督が今季限りで退任。高木氏はコーチからの内部昇格という形でチームの陣頭指揮を執る運びとなり、クラブを通じて意気込みを語っている。 「FC今治に関わる全ての皆様、こんにちは。今季、ヘッドコーチを務めさせていただきました高木理己です。橋川監督が先頭に立ち、突き進んだFC今治の舵輪を引き継がせていただく事となりました」 「このクラブに脈々と受け継がれる、『 Progression 』(前進する) 『 Proactive 』(主体的かつ積極的に) というマインドを体現するチームを築き上げると共に、過去の正しさをこれからの未来で証明する為に邁進していきたいと思います」 「そして、私をこの地に導いてくださったのは、前監督である布啓一郎さんです。私が15歳の時に繋がったこのご縁が、己の人生の背骨となっています」 「人と人とが手を取り、会話をし、結束し、繋がっていく事で創り出されるものの強固さと素晴らしさを体現する事。これは私の使命です。FC今治に関わる全ての皆様の熱量を動力に変え、この船を我々の目指す場所まで押し進めます!! 皆様の熱いご声援を宜しくお願い致します!! 里山スタジアムでお待ちしています!!」 2022.11.27 15:50 Sun
twitterfacebook
thumb

鳥取MF永島悠史が26歳で現役引退 「サッカー選手として過ごしてきたこの8年間はとても幸せな時間」

ガイナーレ鳥取は27日、MF永島悠史(26)が今季をもって現役を引退する旨を発表した。 永島は京都サンガF.C.のアカデミー出身で、トップチーム昇格後、FC岐阜でもプレー。2021年から鳥取に活躍の場を移した。その鳥取では移籍1年目に明治安田生命J3リーグ16試合で3得点。今季も出場数こそ少ないながらも9試合でプレーして1得点だったが、引退を決断した。 通算成績はJ2リーグ75試合7得点、J3リーグ44試合6得点、天皇杯5試合出場。若き日は世代別代表にも名を連ね、8年間のプロ生活に幕を下ろす永島はクラブを通じて 「今シーズン限りでプロサッカー選手を引退することを決断しました。5歳の時にサッカーを始め、これまで21年間サッカーを続けてきました。17歳の時、U-17のW杯に出場し、それ以来再び日の丸を背負って戦うことを目標にプロの世界に入り、これまで日々全力で取り組んできましたが結果は遠く及びませんでした」 「思い描いていたプロ生活とは違い、嬉しいことや楽しいことより辛いこと、苦しいことの方が多いサッカー人生ではありましたが、それでもサッカー選手として過ごしてきたこの8年間はとても幸せな時間でした」 「京都サンガ、FC岐阜、ガイナーレ鳥取で出会った選手、監督、コーチ、トレーナー、スタッフ、ファン、サポーター、スポンサー企業の皆さま。多くの方に支えられてここまでプレーすることができました。ありがとうございました! これからは別の道を歩みますが次のステージでも自分らしく頑張っていきます! 8年間本当にありがとうございました!」 2022.11.27 12:30 Sun
twitterfacebook
thumb

藤枝が大卒ルーキー中井崇仁の契約更新を発表 「未来を考えるとワクワクが止まりません」

藤枝MYFCは27日、FW中井崇仁(23)と2023シーズンの契約を更新した旨を発表した。 中井は尚志高校出身で、法政大学から今季入団。チームが明治安田生命J3リーグ2位でJ2昇格を決めたなか、中井自身も9試合に出場した。 クラブを通じて「来シーズンもこのクラブで闘わせていただくこととなりました。とても感謝しています」と報告。来季に向けて決意を語った。 『”藤枝MYFCは中井が来てから変わったよね”と言われるように頑張ります。』 今年の新体制発表会見で言ったことを昨日のように思い出します。9試合(309分)0ゴール 僕のプロ1年目の成績です。ストライカーと自負し2桁得点を意気込みながらも、この不甲斐ない結果となりとても悔しい気持ちです」 「ただ、これらの結果は自分が今から何を変えていくべきなのか、そしてどういう未来を描いていくべきなのかと考えるうえで、大事な『過去』となります。この過去があったからこそ僕は大きな成功を手に入れるはずです。つまり、何が言いたいかというと、まだ過程にしかすぎず、人生の旅の途中であるということです」 「僕がJ2開幕戦でスタメンをとり、初ゴールを奪う。そこから安定してゴールを奪い、J2リーグ得点王になる。そんな未来を考えるとワクワクが止まりません。でもそれが可能なのがフットボールで、それを可能にするのが僕の生き方。だから人生は楽しい。だからフットボールは辞められない。個人的に難しいシーズンの中でも、チームがJ2昇格したことも、何か神様が僕にメッセージをくれているような気がします」 「出発点ではなく、到達点で勝つ!! みなさん、来年も藤枝MYFCと共に人生を謳歌していきましょう!! 長くなりました。申し訳ございません。p.s なかんだの部屋2 はまだ検討中です!(思ったよりカロリー消費がすごかったため)」 2022.11.27 12:20 Sun
twitterfacebook
thumb

八戸、25試合出場の服部一輝が1年で退団 「これからもポジティブにやっていきます!」

ヴァンラーレ八戸は27日、GK服部一輝(27)の契約満了を発表した。 かつてFC東京のアカデミーにも在籍した服部は明治大学、カターレ富山、カマタマーレ讃岐、福島ユナイテッドFCを経て、八戸に今季入団。明治安田生命J3リーグの25試合でプレーしたが、1年で退団の運びとなった。退団を受け、別れの挨拶をしている。 「ヴァンラーレ八戸を退団することになりました。J2昇格を掲げシーズンをスタートしたにも関わらず10位という不甲斐ない結果に終わってしまい、大変申し訳なく思っています。ただ、後半戦からは皆さんが楽しい!と思って頂けるような試合が少しは出来たのではないかとも思っています」 「僕はまだまだ上手くなれる。絶賛成長中です! 自分を信じてこれからもポジティブにやっていきます! 来シーズンのヴァンラーレ八戸に関わる皆さんが幸せなシーズンを送れることを願っています! ヴァンラーレ八戸を応援してくださった皆様、1年間という短い間でしたがありがとうございました!」 2022.11.27 11:20 Sun
twitterfacebook
thumb

札幌が濱大耀と契約満了…2年間を過ごす富山からも退団

北海道コンサドーレ札幌は26日、DF濱大耀(24)との契約満了を発表した。 濱は札幌のアカデミー出身で、2017年にトップチーム昇格。2021年からはカターレ富山に貸し出されたが、2年間を通じて明治安田生命J3リーグで出番なしだった。 富山からも退団が決まった濱は両クラブを通じて別れの挨拶をしている。 ◆北海道コンサドーレ札幌 「北海道コンサドーレ札幌に関わる皆様、ユースから数えて9年間の間、たくさんの声援とサポートありがとうございました。ここ2年間はレンタル先での活動でしたが、札幌にいた4年間、ユースでの活動を含めれば7年間、本当に沢山の経験をさせてもらいました」 「9年間で毎日のように『結果で恩返しを』と闘志を燃やし進んできましたが、最後まで叶えることができずにチームを去ることになってしまい、申し訳なく思います。ですが、四方田さんやミシャさんのもとでサッカーを学べたこと、札幌のトップレベルの選手たちとしのぎを削り切磋琢磨できたとこと、迫力あるスタジアムでたくさんの応援の中プレーできたこと、札幌での日々はサッカー選手として、とても幸運なことだったと思えます 「ここでの経験を生かして次の場所でも頑張りたいと思います。最後に、お世話になったファンやサポーター、パートナー、チーム関係者の皆様、9年間本当にありがとうございました」 ◆カターレ富山 「カターレ富山に関わる皆様、2年間という短い間でしたが、ありがとうございました。今シーズンは昨年の怪我の影響で、シーズン中に復帰することは叶いませんでした。また、チームとしてJ2に復帰する目標を達成することができず、個人としてそこに全く貢献できなかったことを申し訳なく思います」 「僕の短いキャリアの中でも断トツで苦しい1年間でしたが、ファンやサポーターの皆さんがかけてくれる声援や日頃からのサポート、監督やコーチ、チームドクターやトレーナー、そしてチームメイトに支えられて今日まで練習に励むことができました」 「富山での2年間の経験を生かして、今後も自分らしく頑張っていこうと思います。またどこかで皆さんに会えることを楽しみにしています。2年間ありがとうございました」 2022.11.26 17:35 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly