U-19日本代表、海外にもルーツを持つ2選手の招集に冨樫剛一監督「日本代表が世界で勝つためには必要なものになる」

2022.05.23 21:05 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
23日、第48回モーリスレベロトーナメント(旧:トゥーロン国際大会)に臨むU-19日本代表メンバーが発表された。

コロナ禍において、このチームはおよそ2年半ぶりに海外遠征を実施。今回のメンバーには大学生が4名招集された他、海外組で3名、またJリーグでも出番を得ている選手などが招集された。

記者会見に臨んだ冨樫剛一監督は久々の海外遠征について言及。しっかりと結果を残したいと語った。

「2020年1月の終わりにスペインのカナリア遠征に U-18が行って以来の海外遠征となります。トレーニングキャンプで大学選抜やJリーグクラブに協力をいただき、強度の高いトレーニングマッチをしてきました」

「しかし、我々日本代表は対外国と戦うことで、環境が違う、当たり前が違うところでいかにブレないチームを作るかを目指してやってきています」

「日常のトレーニングや試合状況でU-19の選手がポジションによっても試合に絡めていない中で、その中でもより通常のトレーニング、ゲームに関わることが多い選手という中で悩みましたが、このメンバーを選びました」

また、海外でプレーし日本以外にもルーツを持つ2選手を招集した点にも触れた。

「日本サッカー協会として国外にも日本にルーツを持つ選手、日本を強くしたい、世界で戦って日本代表で勝っていきたいという選手をしっかりスカウティングでき、今回招集することができました」

「彼らは文化、教育が違う中で、それでも同じフットボール、日本を強くしたいという思いがある中で、そういう選手を1つのチームとして今大会非常に強いチームと戦えるということで、チームとしてまとめてゲームに向かっていくということが私の仕事だと思います。良いゲームをしてきたいと思います」

冨樫監督は、改めて今回招集したDF前田ハドー慈英(ブラックバーン)、DF髙橋センダゴルタ仁胡(バルセロナ)、FW二田理央(ヴァッカー・インスブルック)についての選考理由を語った。

「海外に駐在しているスカウティングをしているメンバーが日本サッカー協会としてもいるので、彼らがしっかりとスカウティングしてくれて、常に情報を共有しています」

「直接は見に行けなかったですが、しっかりと映像を確認したこと。また、本人たちとしっかりとウェブでミーティングをして、彼らの意思というものを確認した上で、日本のためにしっかりと戦いたいということだったので、今回選ばせてもらいました」

新たにチームに加わることとなる中で、難しさも当然出てくる。しかし、冨樫監督はこのような選手たちが日本代表に入ってくることは重要だと語った。

「これから日本代表が世界で勝つためには必要なものになると思います。選手たちもそういう選手たちといかにボールを共有してサッカーをしていくのか。指導者も言語も含めて、彼らをいかに受け入れて、彼らの手助けができるかというのは、これからの日本代表に向けては非常に大事になると思います」

「自分たちも本当に何が起こるか分からないですが、自分もすこす向こうに居させていただいて、日本で育ってきた選手たちの良い部分、向こうで育っている選手たちの当たり前の基準というのをしっかりと日本を強くするために共有できればと考えています」

それぞれの印象についても冨樫監督はコメント。3選手ともに持ち味があると紹介した。

「二田に関しては、U-18でもやっていましたが少しケガをして途中で離脱してしまいました。彼は本当にゴールを取る意欲というものは当時から強く、向こうでも数字を残したということで、今回の基準を満たしていると思います」

「ブラックバーンの慈英は、主戦場は右サイドバックになると思いますが、非常に上下動ができて、より攻撃的なプレーが我々のチームにとって非常に有効になると思っています」

「仁胡は学年は下になりますが、バルセロナの選手らしいビルドアップ。主戦場は左サイドになると思いますが、そこからのゲームメイクや得点に絡んでいく部分は自分たちにとっても面白い存在になると思っています」

非常に能力の高い3選手を招集できたU-19日本代表。この動きは、世界を見てもスタンダードになることだろうと語った。

「戦略的に、日本だけじゃなく海外の代表チームはほとんどのチームがやっていると思っています」

「今回選んだ2名以外にも、もっとたくさんのルーツを持つ選手、他のカテゴリにも実はたくさんいます」

「その中でも今回U-19として不足しているポジションであったり、勝負して欲しいポジション、チームをどういう風にアジア予選、次のワールドカップに向かっていくかということでメンバーを選ばせてもらいました」

一方で国内組では、しっかりとチームで試合に絡んでいる選手が多く招集されている。また、大岩剛監督が率いるU-21日本代表も同時期にウズベキスタンでAFC U-23アジアカップを戦うことになり、選手の兼ね合いも出てくるとした。

「非常に大岩監督ともコミュニケーションを取りながら、下のカテゴリーの森山(佳郎)監督ともコミュニケーションを取りながら、我々は最終的にA代表にいかに選手を上げていくのかということで考えているので、U-19は大事な予選やU-20WA杯がありますが、いかにA代表で世界で戦っていくのか、そういう選手を選んでいくのかというところが最も大事だと考えているので、大岩監督の方で主力になるのであれば、そちらにいくべきだと思います」

国内組でも注目は、10番を背負うFW横山歩夢(松本山雅FC)。明治安田J3では6得点を記録し得点ランキングトップタイに並んでいる。

チームはリーグ戦の他、天皇杯も戦う中で派遣しているが、冨樫監督は、名波浩監督の理解があってこそだとした。

「彼だけでなく、こういう状況の中、招集に応じてもらって感謝しきれない思いです。横山選手に関しては、先日天皇杯の時に向こうに伺って、名波監督にも挨拶させていただきました」

「監督が代表に対して、10番を背負っていた選手なので、代表への思い、そして松本山雅というチームから日本代表選手が選ばれるというものの重みということをものすごく話をしていただけて、快く送り出していただけたので、自分にとっては責任がある仕事だなと考えさせていただきました」

「自分も選手として代表に届かなかったところで言えば、代表選手というのはすごいものだと思っていますし、覚悟を持って選手たちがここにきてくれるんだなということを改めて感じているので、招集させていただいたチームには感謝の想いです」

日本は初戦でアルジェリア代表、第2戦でコモロ代表、第3戦でコロンビア代表と対戦。6月12日に決勝を迎える。

関連ニュース
thumb

コロンビアとの天王山に敗れたU-19日本代表は準決勝進出ならず…《モーリス・レベロトーナメント》

U-19日本代表は6日、モーリス・レベロトーナメント(旧トゥーロン国際大会)でU-19コロンビア代表と対戦し、1-2で敗戦した。 2023年のFIFA U-20ワールドカップ(W杯)出場を目指すU-19日本代表にとって試金石となる今大会。前節のコモロ代表をPK戦の末に敗れ、1勝1敗の2位で迎えた日本は、同勝ち点で並ぶ首位に立つコロンビアとの一戦に臨んだ。 グループ首位通過へ負けられない日本は、コモロ戦の先発からGK木村凌也、DF中野伸哉、MF山根陸、MF屋敷優成以外の7人変更。DF高井幸大、MF佐野航大、FW坂本一彩の3選手が今大会初出場を飾った。なお、新型コロナウイルス陽性判定の冨樫剛一監督が不在となった中、船越優蔵コーチが引き続き暫定指揮官を務めた。 ◆U-19日本代表(スターティングメンバー) GK:木村凌也(日本大) DF:屋敷優成(大分)、高井幸大(川崎U-18)、田中隼人(柏)、中野伸哉(鳥栖) MF:宇野禅斗(町田)、 MF:北野颯太(C大阪)、佐野航大(岡山)、山根陸(横浜FM)、山崎太新(筑波大) FW:坂本一彩(G大阪) 前節の[4-4-2]から[4-1-4-1]へ布陣を変えて臨んだ日本は4分、佐野のスルーパスで右サイド深くまで抜け出した坂本の折り返しを走りこんだ北野がダイレクトで合わせたが、シュートはわずかにゴール右に逸れた。 以降は徐々にボールの主導権を握った日本が比較的容易にアタッキングサードまでボールを運ぶが、相手の集中した守備を前になかなか決定機まで持ち込めない。 クーリングブレイク後も押し込む日本だが、不用意なミスからピンチを迎える。36分、GK木村凌也のクリアミスをボックス右手前でカスティージョにカットされると、そのままボックス右まで持ち込まれて右足のシュートを許す。しかし、これは右ポストを直撃し難を逃れた。 ピンチを凌いだ日本は、前半アディショナルタイム1分に中盤でパスカットからショートカウンターを仕掛けると、佐野のスルーパスからボックス左に侵入した坂本が切り返しでマークを振り切りシュート。しかし、これは左サイドネットに外れた。 ゴールレスで迎えた後半、中野を下げて松田隼風を投入した日本だが、開始早々に失点を許す。47分、敵陣からのロングフィードを高井が中途半端なクリアで対応すると、ボックス左でボールをカットしたカペサスがマイナスへ折り返しを供給。ペナルティアークに走りこんだプエルタスのシュートは、ブロックに入った松田に当たり、そのままゴール左に吸い込まれた。 先制を許した日本は、60分に山根と山崎を下げて中村仁郎と升掛友護を投入。しかし、日本は直後に再び失点する。61分、バイタルエリア中央でボールキープしたルナの落としを受けたプエルタスがワンタッチで縦につけると、ボックス内でパスを受けたカペサスが左足のシュートをゴール左に突き刺した。 何とか反撃に転じたい日本は、72分に坂本と佐野を下げて二田理央と福井太智をピッチに送り出したが、アンヘルを前線に残して堅守速攻を徹底するコロンビアを崩しきれずに時間が経過。 それでも日本は88分、果敢にドリブルで仕掛けた松田がボックス左でオラヤに倒されPKを獲得。このPKを中村がゴール右に決め、1点を返したが反撃はここまで。試合はそのまま1-2でコロンビアが勝利。 この結果、コロンビアが首位で決勝トーナメントに進出。1勝2敗の日本は順位決定戦に回ることとなった。 U-19日本代表 1-2 U-21コロンビア代表 【日本】 中村仁郎(後44[PK]) 【コロンビア】 プエルタス(後2) カペサス(後半16) ◆U-19日本代表 GK:木村凌也(日本大) DF:屋敷優成(大分)、高井幸大(川崎F)、田中隼人(柏)、中野伸哉(鳥栖)[→松田隼風(水戸)] MF:宇野禅斗(町田)、 MF:北野颯太(C大阪)、佐野航大(岡山)[→福井太智(鳥栖)]、山根陸(横浜FM)[→中村仁郎(G大阪)]、山崎太新(筑波大)[→升掛友護(柏)] FW:坂本一彩(G大阪)[→二田理央(ヴァッカー・インスブルック)] 2022.06.06 23:10 Mon
twitterfacebook
thumb

U-19日本代表、GK木村凌也が躍動でコモロ戦はゴールレス…PK戦で敗戦も首位キープ《モーリス・レベロトーナメント》

U-19日本代表は3日、モーリス・レベロトーナメント(旧トゥーロン国際大会)でU-20コモロ代表と対戦し、0-0のドローに終わった。その後、行われたPK戦では0-3の敗戦となった。 2023年のFIFA U-20ワールドカップ(W杯)出場を目指すU-19日本代表にとって試金石となる今大会。初陣となったU-21アルジェリア代表戦をFW北野颯太(C大阪)のゴールで1-0と競り勝った日本は、コモロを相手に連勝を狙った。 U-21コロンビア代表戦でPK戦を制してグループ2位となったアフリカ勢との一戦では、初戦から先発5人を変更。最終ラインにDF髙橋センダゴルタ仁胡、DF工藤孝太が入り、同じくMF福井太智、MF中村仁郎の2選手が今大会初出場を飾った。なお、新型コロナウイルス陽性判定の冨樫剛一監督が不在となった中、船越優蔵コーチが引き続き暫定指揮官を務めた。 ◆U-19日本代表(スターティングメンバー) GK:木村凌也(日本大) DF:中野伸哉(鳥栖)、菊地脩太(清水)、工藤孝太(浦和)、松田隼風(水戸) MF:屋敷優成(大分)、山根陸(横浜FM)、福井太智(鳥栖)、髙橋センダゴルタ仁胡(バルセロナ) FW:中村仁郎(G大阪)、横山歩夢(松本) コモロの会場入り遅延によって25分遅れでの開催となった第2戦。初戦の[4-2-3-1]から[4-4-2]へ布陣を変えて臨んだ日本は集中した入りを見せるが、開始5分には相手のカウンターからボックス中央のハダリに際どい左足のシュートを許す。 立ち上がりの失点こそ免れた日本だが、初戦のアルジェリア戦と同様に相手との球際の勝負で劣勢を強いられて押し込まれる時間帯が続く。17分にもエメリク・アフメドに鋭いミドルシュートを浴びるが、GK木村凌也の好守で事なきを得る。 以降は徐々にボールを持つ時間を増やすものの、相手陣内ではなかなか効果的な繋ぎ、崩しを見せられず苦戦が続く日本。相手のハイラインの背後を狙ったフィード、髙橋が積極的に仕掛ける左サイドから攻め手を窺うが、フィニッシュまで持ち込めない。 前半終盤にかけては再び押し込まれる状況が続き、サイドバックの背後を突かれてのクロス、ミス絡みのショートカウンターの形から幾度もピンチを招いたが、GK木村を中心に最後のところで粘った。 結局、シュート0も最低限のゴールレスで試合を折り返した日本。ハーフタイム明けには中村を下げてMF宇野禅斗(町田)を投入し、中盤の強度を高める。 ハーフタイムの修正でリズムを変えたいところだが、後半も球際の劣勢と自陣での軽率なミスが重なり押し込まれる状況は変わらない。そういった中、流れを変えたい日本ベンチは57分、中野と髙橋を下げてDF前田ハドー慈英(ブラックバーン)、升掛友護(柏)を同時投入。この交代直後に得た相手陣内左サイドでのセットプレーではファーに流れた横山がヘディングシュートを放つが、このファーストシュートは枠を捉え切れない。 それでも、直後にもスローインの流れから横山がシュートまで持ち込むなど、ようやく相手陣内でフィニッシュまで持ち込む場面を作り出す日本。70分には山根を下げて切り札の北野を投入すると、直後の右CKではショートコーナーからゴールライン際で仕掛けた福井のシュートがあわやオウンゴール誘発というチャンスも創出した。 後半終盤にかけては消耗戦色濃くなり、両チームにゴールのチャンスが訪れるオープンな展開に。その流れで日本は横山、升掛にボックス内で決定機が訪れるが、相手GKなどの好守に阻まれる。 その後、88分には相手の右クロスから2度の決定的なヘディングシュートを許した日本だったが、頼れる守護神が圧巻の反射神経でゴールを割らせず。そして、試合はこのまま0-0でタイムアップを迎えた。 勝者が勝ち点1を獲得できるPK戦で日本は後攻に。GK木村が相手の2人目のシュートを見事にストップしたものの、1人目の宇野、2人目の二田、3人目の升掛がまさかの連続で失敗。そして、コモロの4人目にきっちり決められて0-3で敗戦。この結果、勝ち点1獲得に留まった日本はコモロに勝ち点4で並ばれたものの、首位キープに成功した。 なお、準決勝進出を懸けたグループステージ最終節のコロンビア戦は6日に開催される。 U-19日本代表 0-0(PK:0-3) U-21コモロ代表 ◆U-19日本代表 GK:木村凌也(日本大) DF:中野伸哉(鳥栖)[→前田ハドー慈英(ブラックバーン)]、菊地脩太(清水)、工藤孝太(浦和)、松田隼風(水戸) MF:屋敷優成(大分)、山根陸(横浜FM)[→北野颯太(C大阪)]、福井太智(鳥栖)、髙橋センダゴルタ仁胡(バルセロナ)[→升掛友護(柏)] FW:中村仁郎(G大阪)[→宇野禅斗(町田)]、横山歩夢(松本)[→二田理央(インスブルック)] 2022.06.03 23:39 Fri
twitterfacebook
thumb

U-19日本代表が北野颯太のゴールで白星発進! GK木村凌也が圧巻の好守連発で完封勝利に貢献《モーリス・レベロトーナメント》

U-19日本代表は31日、モーリス・レベロトーナメント(旧トゥーロン国際大会)でU-21アルジェリア代表と対戦し、1-0で勝利した。 2023年のFIFA U-20ワールドカップ(W杯)出場を目指すU-19日本代表にとって試金石となる今大会。3年ぶりとなる今大会の初陣に向けては新型コロナウイルス陽性判定の冨樫剛一監督が不在となった中、船越優蔵コーチを暫定指揮官に据えた。先発メンバーはGK木村凌也、MF山崎太新の大学生2選手を含め、全員が国内組の構成となった。 ◆U-19日本代表(スターティングメンバー) GK:木村凌也(日本大) DF:中野伸哉(鳥栖)、菊地脩太(清水)、田中隼人(柏)、松田隼風(水戸) MF:山根陸(横浜FM)、宇野禅斗(町田) MF:升掛友護(柏)、北野颯太(C大阪)、山崎太新(筑波大) FW:横山歩夢(松本) 立ち上がりからピッチコンディション、相手のフィジカルに苦戦して押し込まれる入りが続く日本。10分過ぎには縦へのシンプルなボール、カウンターからFWジェムシュにボックス内で続けて決定機を与えるが、ここはGK木村の見事な連続セーブで事なきを得る。 以降は北野らの背後へのランニングを軸に攻め手を窺う日本だが、なかなか攻め切れない場面が目立つ。逆に、相手の高速カウンターに晒されると、FWブルビナに際どいシュートを続けて許すが、ここもGK木村のビッグセーブで凌ぐ。 何とか守勢を凌いで反撃の機会を窺う日本は20分、ボックス内でうまく半身でボールを受けた横山が鋭い右足のシュートをニアに飛ばして最初のシュートを放つ。 最初の決定機をモノにできなかったものの、前半30分を過ぎた辺りからボールの主導権を掴み相手を押し返す。そして、升掛と山崎の両翼や横山がアタッキングサードでチャレンジするシーンも増えていく。 その後、前半終了間際のラストプレーではショートコーナーの流れから横山が再び鋭い右足のシュートを枠の左上隅に飛ばすが、ここは相手GKの好守に阻まれた。 徐々に盛り返した中、ゴールレスで後半に臨んだ日本は前半の反省点を生かして集中した入りを見せる。決定機までは持ち込めない状況の中、56分には升掛と横山を下げてMF屋敷優成(大分)、FW二田理央(インスブルック)を同時投入。すると、この交代直後に待望の先制点が生まれる。 57分、相手中盤の不用意なヘディングでのバックパスがペナルティアーク付近に流れると、二田が競ったボールに抜け目なく反応した北野がDFを交わしてボックス内でGKと一対一に。相手のポジションを冷静に見極めて左足の強烈なシュートを左下隅に突き刺した。 先制後はビハインドを追うアルジェリアの攻勢に晒されるが、菊地と田中の2センターバックを中心に身体を張った粘りの対応で決定機まで持ち込ませない。 後半半ばを過ぎて運動量低下によって徐々に試合がオープンな展開となった中、79分には山崎を下げて佐野航大(岡山)を投入。中盤を3センターの形に変更し、セカンドボールや中央の守備にテコ入れを図る。 試合終盤にかけては完全に押し込まれる苦しい時間帯が続く日本だが、相手のシュートミスやGK木村のゴール至近距離での気迫の顔面セーブなどもあり、同点ゴールを許さず。このまま試合をクローズした。 なお、指揮官不在の中で初戦を白星で飾った日本は、6月3日にU-21コモロ代表との第2戦に臨む。 U-19日本代表 1-0 U-21アルジェリア代表 【日本】 北野颯太(57分) ◆U-19日本代表 GK:木村凌也(日本大) DF:中野伸哉(鳥栖)、菊地脩太(清水)、田中隼人(柏)、松田隼風(水戸) MF:山根陸(横浜FM)、宇野禅斗(町田) MF:升掛友護(柏)[→屋敷優成(大分)]、北野颯太(C大阪)[→坂本一彩(G大阪)]、山崎太新(筑波大)[→佐野航大(岡山)] FW:横山歩夢(松本)[→二田理央(インスブルック)] 2022.05.31 22:59 Tue
twitterfacebook
thumb

U-19日本代表の冨樫剛一監督が新型コロナ陽性、フランス遠征中で31日にアルジェリア戦

日本サッカー協会(JFA)は31日、U-19日本代表の冨樫剛一監督が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性反応を示したことを発表した。 第48回モーリスレベロトーナメント(旧:トゥーロン国際)に参加しているU-19日本代表。31日は初戦のアルジェリア代表戦が行われる。 フランスにて活動しているU-19日本代表だが、日本代表活動ガイドラインに従って30日に実施した独自検査において、冨樫監督が陽性となったとのことだ。 冨樫監督は、出国前を含めて陰性だったとのこと。現在は軽い咽頭痛があり、チームから離れて療養しているとのことだ。 なお、チーム内に濃厚接触者はおらず、31日の検査でも全員が陰性に。試合への影響はないという。 2022.05.31 17:10 Tue
twitterfacebook
thumb

フランス遠征のU-19日本代表、G大阪FW坂本一彩を追加招集!

日本サッカー協会(JFA)は27日、U-19日本代表にガンバ大阪のFW坂本一彩を追加招集を発表した。 坂本はG大阪ユースから昇格1年目のストライカー。最近は出番がない状況だが、ここまで明治安田生命J1リーグ4試合とJリーグYBCルヴァンカップ4試合の計8試合でプレーしている。 U-19日本代表は5月29日から旧トゥーロン国際大会である第48回モーリスレベロトーナメントに参戦のため、フランスへ。アルジェリア代表、コモロ代表、コロンビア代表と対戦する。 2022.05.27 16:45 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly