イタリア代表FWベロッティはローマへ? ザニオーロ放出なら本格交渉スタートか

2022.07.05 18:34 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
トリノとの契約が満了となったイタリア代表FWアンドレア・ベロッティ(28)に対し、ローマが関心を強めているようだ。

2015年夏からトリノに在籍していたベロッティは、2016-17シーズンにセリエAで26得点を挙げて一気にブレイク。以来、移籍市場が開くたびにビッグクラブ行きが噂されてきたが、幾度も残留を繰り返していた。

だが、とうとう先月30日付で契約満了で退団が決定。現役イタリア代表選手をフリーで獲得できるチャンスとあって、数多のクラブが関心を寄せているが、ここにきてローマ移籍の可能性が徐々に高まっているようだ。
イタリア『TuttoMercatoWeb』によると、ローマのジョゼ・モウリーニョ監督は、イタリア代表MFニコロ・ザニオーロ(23)のユベントス行きが決定した場合は、その後釜としてベロッティを迎え入れたい考え。イングランド代表FWタミー・エイブラハムとベロッティによる2トップを望んでいるとみられている。

あくまでザニオーロを放出した場合のみとのことだが、ザニオーロはすでにユベントスと個人間合意に至ったと報じられているため、交渉に本腰を入れる可能性は極めて高いと言える。

ローマの他には、ウェストハムやモナコ、ガラタサライ、フェネルバフチェからの関心が強いとされるベロッティだが、選手本人の優先順位はセリエA残留とのこと。イタリア国内でもその去就には大きな注目が集まっている。

関連ニュース
thumb

四面楚歌のザニオーロ… 母親がローマに恨み節「これほどまで憎しみを生み出すなんて」

去就問題に揺れるローマのイタリア代表MFニコロ・ザニオーロ(23)だが、母親はSNSでローマへの恨み節を綴っている。イタリア『カルチョメルカート』が伝えた。 ザニオーロは今冬のローマ退団を希望し、ミランかボーンマスへの移籍が濃厚に。だが、個人合意済みのミランはローマの要求額を満たせず断念し、反対に要求額を満たしたボーンマス行きは本人が拒否と、どちらへの移籍も実現せずに終幕した。 その矢先、ジョゼ・モウリーニョ監督が記者会見で「残念ながら残るようだ」と発言し、練習から除外されていたことが明るみに。ローマでの居場所もなくなりつつあり、ゼネラル・マネージャー(GM)のチアゴ・ピント氏がインタビューで「解決策を模索中」と話したように難しい状況に陥っている。 ローマとしては移籍市場閉幕までになんとか売却したいところだが、ザニオーロのお騒がせ家族として度々話題にあがる母フランチェスカ・コスタさんが自身のSNSを更新。モウリーニョ監督の発言も念頭にあったのか、「これほどまでに憎しみを生み出すなんて、度が過ぎているわ」と、息子を四面楚歌に追い込んだとしてローマを非難している。 また、29日にローマがナポリに1-2で敗戦した際は、ザニオーロはメンバー外だったにもかかわらず、試合後に一部のローマサポーターが自宅まで押しかけ、「敗戦の責任はザニオーロ」と叫ぶなどし、警察が出動する事態となっている。 退団を望むザニオーロ、その意向を受けて高値での売却を模索するクラブ、敗戦に苛立つサポーター、息子を庇いたい母親…ローマは残りわずかな移籍期間中にザニオーロの売却先を見つけられるだろうか。 2023.01.30 20:42 Mon
twitterfacebook
thumb

移籍希望のザニオーロはボーンマス行きを拒否、クラブSDは「本当に難しい状況だ」

ローマでスポーツ・ディレクター(SD)を務めるチアゴ・ピント氏が、移籍を希望するイタリア代表MFニコロ・ザニオーロ(23)の現状を説明した。 ローマとの契約交渉が暗礁に乗り上げ、今冬の退団を希望しているザニオーロ。しかし、本人が個人合意していたミランはローマを満足させるオファーを提示できず、交渉は破談に終わった。 一方で、ローマは移籍金3000万ユーロ(約42億5000万円)+ボーナスのオファーを提示したボーンマスと合意したものの、今度はザニオーロ側が移籍を拒否。クラブに反旗を翻したザニオーロはジョゼ・モウリーニョ監督によって練習からも外されており、宙に浮いた状態が続いている。 『DAZN』の取材に応じたピント氏は、現在クラブが解決策を全力で探していると強調。同時に、ザニオーロの去就が決まらなければ、新たな補強もできない苦しい状況を明かしている。 「我々に何が起こっているか、もう誰もが知っているだろう。ニコロはクラブに退団を求め、我々は彼の代理人と共にあらゆる方法で解決策を見つけようとしてきた。そして、その解決策(ボーンマスからのオファー)が届いたのだが、ニコロはこの解決策にあまり満足しなかったようだ」 「彼は移籍を希望しており、我々はファイナンシャル・フェアプレーに従う必要がある。だから、ニコロが移籍を拒否している以上、クラブは代わりとなる選手の獲得を進められないのだ」 「移籍市場はまだ48時間残っている。これから何が起こるかはわからないが、クラブやみんなにとって今は本当に難しい状況だ」 2023.01.30 17:50 Mon
twitterfacebook
thumb

「ドログバと同じレベル」 モウリーニョ監督は絶好調オシムヘンを評価も「ダイブはやめるべき」

ローマのジョゼ・モウリーニョ監督が、ナポリのナイジェリア代表FWビクター・オシムヘンに忠告した。『フットボール・イタリア』が伝えている。 2020年夏にナポリへ加入して以来、負傷や新型コロナウイルス感染に悩まされながらもストライカーとして活躍してきたオシムヘン。3シーズン目を迎えた今季はセリエAの16試合で14ゴール4アシストの成績を収め、得点ランキングトップに立つ活躍を見せている。 29日に行われたセリエA第20節のローマ戦でも、圧巻の個人技から先制弾を決めてチームを勝利に導き、首位クラブのエースとして存在感を示した。 しかし、そんな絶好調のオシムヘンに対して、モウリーニョ監督は忠告があるようだ。直接対決が終わった後の記者会見で、指揮官はオシムヘンをかつての教え子であり、共に数多くの栄冠を手にした元コートジボワール代表FWのディディエ・ドログバ氏となぞらえて評価。一方で、将来的にプレミアリーグでプレーするなら、ダイブ癖を直す必要があると指摘した。 「ビクターはドログバと同じレベルにあると私は思っている。ただし、ディディエはああしたダイブはしなかった」 「これからビクターが変わるのであれば、何も問題はないさ。私が大金のあるクラブで指揮していたなら、彼の獲得に動くだろうね。ただ、もし彼がいつかイングランドに行く気であるなら、変わる必要があるだろう。なぜなら、イタリアの人々は彼のダイブに対して寛容な姿勢を見せているが、プレミアリーグでは容赦なく厳しい非難を浴びるだろう」 「私は彼に対して、『素晴らしいゴールを決めるのだから、ダイビングはやめなければならない』と言ったよ。今日も、彼のゴールは素晴らしかった。今シーズン初めに対峙したときも同じようなプレーを見せられたし、素晴らしい選手なのは間違いない。だが、ダイブはやめるべきだ」 2023.01.30 16:33 Mon
twitterfacebook
thumb

首位に善戦も新年初黒星…モウリーニョ監督は「十分勝利に値する試合だった」

ローマのジョゼ・モウリーニョ監督が、敗北を嘆いた。クラブ公式サイトが伝えている。 ローマは敵地で29日に行われたセリエA第20節で、ナポリと対戦した。年明けから無敗と好調を維持するチームは立ち上がりから強度の高い攻防を繰り広げると、徐々に首位相手に主導権を握ったが、17分にFWビクター・オシムヘンに圧巻の個人技を見せつけられ失点。後半も押し込む形を作ると75分にFWステファン・エル・シャーラウィのゴールで同点としたが、終盤に再びリードを許し1-2で敗れた。 デルビー・デル・ソーレに敗北して新年初黒星を喫したモウリーニョ監督は、試合後に内容に見合わない結果だったと強調。今日のようなパフォーマンスを引き続き示していきたいと意気込んだ。 「最初の1分から最高のパフォーマンスを見せられていた。オシムヘンにゴールを許して15分くらいは、失点のショックを受けていたように思う。だが、その後は常に主導権を握り、良いプレーができただろう。高い位置からプレスをかけ、ボールを奪い返し、よく守っていた」 「敗戦でも自信がつく試合はある。これは矛盾しているようだが、今回の試合後の感想はそれだ。我々がナポリにもっとも汗をかかせ、怖がらせたチームなのは間違いないだろう。いつもここは素晴らしい雰囲気のスタジアムだが、今日はまるで人がいないかのようだった」 「結果は明らかにネガティブだが、今日は前よりも自信を持ってここを去れる。そしてそれ以上に、交代で入った3人が昨シーズンはプリマヴェーラのピッチでプレーしていた若者だったこと、今日ここに来て彼らのしっかりとしたプレーを見られたことは、非常に嬉しく誇りだ」 「フットボールは時に不公平であり、勝つべきチームが負けることもある。今日の試合は十分勝利に値するものだっただろう。だから、結果にはがっかりだが、選手にはこう言ったんだ。『負けたときに笑ってはいられないだろう。悲しんでくれ。だが、今夜のような精神が必要なのだ。水曜日のクレモネーゼ戦では、オリンピコでみんなに会える』とね」 2023.01.30 12:29 Mon
twitterfacebook
thumb

ナポリがローマ下して首位キープ、指揮官「引き分けに甘んじないことが重要だった」

ナポリのルチアーノ・スパレッティ監督が勝利を喜んだ。イタリア『スカイ』が伝えている。 29日に行われたセリエA第20節でローマをホームに迎えたナポリ。立ち上がりから強度の高い攻防を続いた中、17分にナイジェリア代表FWビクター・オシムヘンが強烈な右足のボレーシュートを叩き込んで先制に成功する。しかし、試合を折り返してからは相手のチャンスが増え、75分には相手FWステファン・エル・シャーラウィのゴールを許して失点。一瞬の隙を突かれて追いつかれたが、86分にアルゼンチン代表FWジョバンニ・シメオネが見事な反転シュートを決めて勝ち越しに成功し、2-1で勝利を収めた。 今季2度目のデルビー・デル・ソーレで白星を挙げ、2位以下に13ポイント差を付けた首位ナポリ。スパレッティ監督は試合後、この勝利の重要性を強調した。 「用具係からベンチの最後の一人までが勝利への意志を示せば、こういった試合でも勝てる」 「今日は決して引き分けに甘んじないことが重要だった。チームは激しい戦いを繰り広げた」 また、見事なタッチから先制ゴールとなるボレーシュートを決めたオシムヘンを称賛。様々な局面において能力を発揮できるその万能性を高く評価した。 「オシムヘンのゴールには彼のクオリティ、テクニック、パーソナリティのすべてが詰まっている。彼は2人の相手DFのタイミングを外し、ゴールを決め切った」 「彼はカウンターで持ち味を出したり、相手にチェイスしたりと、試合における選手の枠をすべてを埋めてしまうような選手だ」 2023.01.30 11:53 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly