「より厳しい声をかけるべきだった」オマーン戦を振り返る遠藤航、大一番の2試合には「いかに勝ちに持っていけるかにトライしたい」

2021.10.04 19:40 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
日本代表は4日、サウジアラビアのジッダでカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選に向けた活動をスタートさせる。

週末の試合を終えて選手たちが続々と合流。先んじてジッダ入りしていた森保一監督に加え、現時点では11選手が合流。遠藤航室屋成田中碧川島永嗣植田直通オナイウ阿道浅野拓磨橋岡大樹守田英正冨安健洋中山雄太が現地入りし、新型コロナウイルス(COVID-19)のPCR検査で陰性が確認されている。

4日からトレーニングがスタートする中、MF遠藤航(シュツットガルト)がメディアのオンライン取材に応対。今回のサウジアラビア代表戦、オーストラリア代表戦に向けて語った。
「非常にこの2試合が大事なことは、みんな分かっているところではあるし、僕らは1敗しているので、アウェイだろうがホームだろうが勝利を目指していきます」

「チームとしてこの2つの難しい試合を、いかに勝ちに持っていけるかにトライしたいと思います」

9月の初戦となったオマーン代表戦では、どこか動きが重く、結果として黒星スタートとなった。9月の代表戦は難しいことが多くなるが、今回気をつけたい点について問われた遠藤は、ネガティブにはなっていないとし、チームでしっかり対応していきたいと語った。

「ポジティブなことを言えば、前回の代表活動から期間がそんなに空いていないです。9、10、11月は3カ月のトータルでどう考えるかが大事で、あまり懸念していませんし、ネガティブになっていないです」

「今回に関しては、サウジアラビアとオーストラリアにどうするか。相手の分析や相手の戦い方、システムに対してどう守っていくのかなどは、しっかり確認しなければいけないです」

「チームとしても選手同士で話したり、監督と話したりということは間違い無く大事です」

そのサウジアラビアとは2019年のアジアカップで対戦。日本は苦しみながらも1-0で勝利を収めていた。

遠藤はサウジアラビアの印象について「アジアカップでやっていた時は、しっかりボールを動かすというのは変わっていないと思います。同じチームでやっている選手が多いので、チームとしての完成度は高いイメージがあります。そこは大きく変わらないと思います」とコメント。監督が代わっていても、大きな変化はないだろうとした。

また観客動員が認められていることから、久々にアウェイを感じる試合となる。その点については「元々人が入れば声が聞こえづらいという環境でやってきているので、そこまで気にせずにやらなければいけないです。相手の戦い方、守備の配置など、理解した上でピッチでプレーすることが大事です」と語り、事前の準備が大事だと語った。

さらに「アウェイで難しい戦いで、全部自分たちの時間帯で進められるわけではないことを試合前にしっかり想定して戦うことが大事です。今どういう状況かを1人1人が認識した上で戦うことが、難しい試合では大事になると思います」と語り、しっかりと試合が始まってからピッチ上で判断できるかが大事だとした。

9月は日本でオマーンと対戦し、カタールで中国代表と対戦したが、今回はサウジアラビアで試合を行った後に日本へといく。

時差という点ではヨーロッパから1時間で移動距離も短いが、その点については「そこは大きいです。アウェイで難しい試合になりますが、コンディション面では移動や時差もないことは、海外の選手たちはいつも通り普段の調整ができます。時差を考えなくて良いのは個人的には良いです」と語り、やはり調整面では違いが出るだろうとした。

さらに「基本的には時差の対策も慣れてきているので、そんなに多く変えることはないですが、寝る時間だったり移動したり、向こうでの生活は意識しているので、そこがあまりないです。移動距離を含めて負担もないので、リカバリーも少なく、より良いトレーニングがピッチでできると思います」と、試合に向けて良い準備ができると語った。

9月の戦いでは、試合後に感じていたことを語っていたが、普段から遠藤はチーム内でしっかりと意見を言うタイプだが、反省した部分もあるという。

「オマーン戦に関していえば、戦い方云々というより、ベースの部分でしっかり戦うことなどは少し見失っていました。そこは僕がピッチ上でプレーしているときに、より厳しい声をかけるべきだったかなとかは考えたりはしました」

「言い過ぎても良くないと思っているので、バランスはチームの雰囲気を見ながら難しいですが、今は代表でずっと試合に出させてもらっていて、自分の中でも中心としてやらなければいけないという感覚はあるので、もっとピッチで思っていることは表現した方が良いのかなと思います」

その上で、この2試合に向けて感じていることは「そこも僕は結構周りの選手に言っていて、監督にもオマーン戦の後に話をしているので、チームとしてのベースの部分、システム的にどういう戦い方をするのかは、選手同士、監督とも話しているつもりです。今回もそこは変える必要はなく、思っている以上にコミュニケーションは取っています」と語り、「メディアに言っている部分は監督とも選手とも話している部分を話しているので、言いたいことは言えるようにしたいと思います」と、感じたことはしっかりと言えていると語った。

遠藤にとって代表の中心となったのはロシアW杯後のこと。予選も中心選手として戦うのが今回が初めてだ。

その点については「自分の立場は前回の予選とは変わっています。今はプレッシャーがある中でやらなければいけないですが、日本代表としてはサウジだろうがオーストラリアだろうが、力を見せて勝っていかなければいけないと思っています」と、日本としての結果を求めていきたいとした。

さらに「色々なプレッシャーがある中で、自分の良さを出す事にフォーカスしていますし、勝つ負けるは試合をやってみなければわからないです。今の戦いを楽しめるかどうかが大事です。プレッシャーで楽しめない人もいますが、ピッチに立てている自分自身、ここまで来れていることを楽しんで、自分の良さを出していきたいと思います」とし、ピッチ上で試合を楽しみたいとした。

関連ニュース
thumb

「すっかり看板選手に」「バリかっこえぇやん」三笘薫がリバプール戦で主役に? クラブが激推しでMDPの表紙に採用「今日の主役扱い」

ブライトン&ホーブ・アルビオンの日本代表MF三笘薫が再び注目を集めている。 ブライトンは29日、FAカップ4回戦でリバプールをホームに迎えて戦う。 14日に対戦したプレミアリーグ第20節では、同じホームで3-0と快勝。三笘も先発出場し、アシスト未遂の活躍を見せていた。 圧倒的な存在感をここまで見せている三笘。2週間ぶりの再戦となった中、この試合のマッチデー・プログラムの表紙を飾ることとなった。 クラブのSNSがマッチデー・プログラムを投稿。その隣には三笘のスパイク、そして後ろには三笘のユニフォームと三笘づくしとなっている。 ファンは「今日の主役扱い」、「凄い勢いで駆け上がってる」、「バリかっこえぇやん」、「すっかり看板選手に」、「クラブとサポのスターになってる」、「最高です」とコメントが寄せられている。 リーグ戦では圧倒した相手だが、今夜は果たして。前節のレスター・シティ戦ではスーパーゴールを決めただけに、三笘が再び輝くのか注目が集まる。 <span class="paragraph-title">【写真】ブライトンが三笘づくしの写真を公開!マッチデーの表紙に採用</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Today&#39;s cover star. <a href="https://t.co/Yk8a81D34E">pic.twitter.com/Yk8a81D34E</a></p>&mdash; Brighton &amp; Hove Albion (@OfficialBHAFC) <a href="https://twitter.com/OfficialBHAFC/status/1619677693649522690?ref_src=twsrc%5Etfw">January 29, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.01.29 22:22 Sun
twitterfacebook
thumb

39歳10日、長谷部誠が偉業達成! フランクフルト史上最年長、FPとしてのブンデスリーガ出場を達成

フランクフルトのMF長谷部誠が偉大な記録を打ち立てた。 28日、ブンデスリーガ第18節でフランクフルトはバイエルンとアウェイで対戦した。 首位を走るバイエルンと、6位につけるフランクフルトの対戦。両者の勝ち点差は「5」であり、フランクフルトとしては勝利したい一戦だ。 長谷部は再開後の2試合はベンチに座っていたが、この大一番で先発出場。昨年10月に負傷したこともあり、リーグ戦10試合ぶりの出場となった。 3バックの一角としてフル出場。チームの引き分けに貢献した長谷部だが、偉大な記録を樹立する。 1月18日に39歳の誕生日を迎えた長谷部。この試合は39歳と10日での出場となったが、フランクフルト史上、フィールドプレーヤーとして最年長でのブンデスリーガ出場選手となった。 2008年1月に浦和レッズからヴォルフスブルクへと完全移籍してから15年が経過。ブンデスリーガの現役選手で最も長くプレーする選手であったが、長い歴史を誇るフランクフルトでも歴史を刻むこととなった。 <span class="paragraph-title">【動画】長谷部が記録樹立!鎌田は相手3人を引きつけるタメから同点弾シスト</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="Yi8rQ1WX_ko";var video_start = 32;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.01.29 11:45 Sun
twitterfacebook
thumb

堂安律が巧みな動き出しで同点直後の決勝ゴールをアシスト! 今季ブンデス4アシスト目

フライブルクの日本代表MF堂安律がアシストで魅せた。 28日、ブンデスリーガ第18節でフライブルクはホームにアウグスブルクを迎えた。 6位と好位置につけるフライブルクと14位のアウグスブルクの対戦。堂安律は[3-4-3]の右ウイングで先発出場を果たした。 リーグ再開後は数字を残せていない堂安。チームも6失点の惨敗に始まり、2試合で勝利がない状況だったが、この試合も13分に先制するも29分にPKで追いつかれてしまう。 嫌なムードが漂った中、直後の30分に堂安がチームを救う。ゴール前への浮き球のパスをミハエル・グレゴリッチュが頭で落とすと、ボックス内に入っていた堂安が相手選手と競り合いながらもダイレクトで折り返し。最後は、ルーカス・ホーラーが押し込んだ。 味方が競り勝つことを信じて走っていた堂安の好プレー。これが今シーズンのブンデスリーガで4アシスト目となった。 なお、試合は3-1でフライブルクが勝利。再開後初勝利を飾った。 <span class="paragraph-title">【動画】味方を信じた動きだし!追いつかれた1分後に堂安律が勝ち越し弾アシスト</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="Lmjm6ehlD0w";var video_start = 138;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.01.29 11:10 Sun
twitterfacebook
thumb

「落ち着きえぐい」「パス完璧!」鎌田大地、3人を引きつけるタメから同点弾アシストにファン称賛「鎌田は誇りだ」

フランクフルトの日本代表MF鎌田大地がアシストで魅せた。 28日、ブンデスリーガ第18節でフランクフルトはバイエルンとアウェイで対戦した。 首位を走るバイエルンと、6位につけるフランクフルトの対戦。両者の勝ち点差は「5」であり、フランクフルトとしては勝利したい一戦だ。 試合は34分にバイエルンがレロイ・サネのゴールで先制。リードした後もフランクフルトを攻めるが、追加点を許さない。 すると69分、フランクフルトはカウンター。バイタルエリアでパスを受けた鎌田はしっかりとキープして時間を作ると、3人を引きつけてパス。ボックス内左でパスを受けたランダル・コロ・ムアニが1人を振り切りネットを揺らした。 ファンは「落ち着きえぐい」、「パス完璧!」、「鎌田は誇りだ」、「鎌田は怖い存在だ」とコメント。巧みなシュートを決めたコロ・ムアニと共に称賛されている。 <span class="paragraph-title">【動画】相手3人を引きつけるタメから鎌田大地が同点弾をアシスト</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="Yi8rQ1WX_ko";var video_start = 32;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.01.29 10:35 Sun
twitterfacebook
thumb

パリ五輪目指すU-22日本代表、3月遠征でU-22ドイツ代表戦! 大岩剛監督「成長に繋げていきたい」

日本サッカー協会(JFA)は28日、U-22日本代表が今年3月にU-22ドイツ代表と対戦する旨を発表した。 大岩剛監督が指揮を執るU-22日本。2024年のパリ・オリンピックを目指して、3月にも海外遠征の実施が決まるなか、同月24日にフランクフルトでU-22ドイツとの一戦が実現した。 試合のキックオフは18時15分(日本時間25日午前2時15分)を予定。チームを束ねる大岩監督はドイツとの対戦決定を受け、コメントした。 「パリオリンピック出場に向けて大事な年となる2023年の初戦で、ドイツという素晴らしいチームと対戦できることを嬉しく思っています。FIFAワールドカップカタール大会でのSAMURAI BLUE(日本代表)のドイツ戦は多くの方の記憶に新しいところです」 「『SAMURAI BLUE経由パリオリンピック』を掲げるこのグループとしても、サッカー大国に勝つことだけを考えて取り組み、勝負の先にあるチームとしての、そして個人としての成長に繋げていきたいと思います」 2023.01.28 16:45 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly