称賛集まる冨安健洋はアーセナルの救世主に、ダービー完勝で際立つトッテナムと明暗分けた右SBの補強

2021.10.01 12:57 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
今シーズンのプレミアリーグで開幕から無得点で3連敗と最悪のスタートを切ったアーセナル。対して、ノース・ロンドンのライバルであるトッテナムは開幕戦で王者のマンチェスター・シティを破るなど、1-0で3連勝を飾った。

対象的なシーズンのスタートに、サポーターはそれぞれの思いがあっただろう。

しかし、9月のインターナショナル・マッチウィークが明けると、アーセナルは下位相手に苦しみながらも1-0で連勝。一方のトッテナムは、それまでの好調がウソのように0-3で連敗を喫し、ノース・ロンドン・ダービーへと臨んだ。

9月26日に行われたダービーの結果はご存知の通り。立ち上がりから主導権を握ったアーセナルが、前半で3ゴールを奪う完璧なスタートを見せると、後半にソン・フンミンに1点を返されるも3-1で快勝。順位でもトッテナムを追い抜くことができた。

この敗戦に対し、トッテナムOBのジェイミー・オハラ氏は『talkSPORT』で「ゴミのようなスパーズに勝ち、ヨーロッパで優勝したかのようだ」と勝利に沸くアーセナルを酷評したが、試合前には「Bチームに1億3500万ポンドも費やした」とアーセナルの補強をバカにしており、単なる負け惜しみとして嘲笑されていた。

ただ、実際にはアーセナルファンも懐疑的だったことは事実だろう。特に、最後に獲得した日本代表DF冨安健洋には疑問の目が向けられた。

この冨安は、長らくトッテナムが獲得を狙っていたが、ボローニャとの折り合いがつかなかったこと、そして冨安より安価に獲得できたことから、バルセロナからブラジル代表DFエメルソン・ロイヤルを獲得していた。

しかし、この獲得が明暗を分けていると言っても良い。エメルソンは第4節のクリスタル・パレス戦、第5節のチェルシー戦と先発するもともに0-3で敗戦。アーセナル戦は後半から途中出場した。

対する冨安は同じ第4節のノリッジ戦でデビューを果たすと第5節のバーンリー戦にも出場。圧巻のスタッツで右サイドバックとして仕事をしていた。

そしてトッテナム戦である。イングランド代表FWハリー・ケインや韓国代表FWソン・フンミンと、トッテナムの主軸でありプレミアリーグで結果を残している相手を封じると、空中戦の勝率は100%。さらに3試合でドリブル突破を一度も許さず、ファン投票によるマン・オブ・ザ・マッチに選出されていた。

試合前、アーセナルでもキャプテンを務めた元イングランド代表DFトニー・アダムス氏は、DFカラム・チャンバースと比較し「正直に言えば、彼(ミケル・アルテタ監督)はチャンバースをチームから外し、殺してしまった。しかし、彼は冨安を加えた」と語り、「他の選手とともにプレーする必要がある。もし彼がそのポジションで、全てのデュエルに勝ってくれるなら、私は嬉しい」とコメント。疑いの目で冨安を見ていた。

しかし、ノース・ロンドン・ダービーでのパフォーマンスを見た後は「トミのポジショニングは素晴らしかった。トミが大好きで、彼のポジショニングは素晴らしかった。彼らはピッチの至る所で超越し、前半で試合は終わっていた」と手放しで絶賛。手のひら返しとも言えるが、クラブのレジェンドも高く評価した。

これは元イングランド代表FWでアーセナルでもエースとして活躍したイアン・ライト氏も同じだ。「冨安にはとてもとても感謝している」、「彼と契約した時の無礼な態度を覚えているだろう。彼はまだデュエルで負けておらず、今も素晴らしいパフォーマンスを見せている」と手放しで絶賛していた。

さらに、ギャリー・リネカー氏も冨安を評価。「特筆すべきは、右サイドにの冨安だ。冨安はアーセナルを何度も救った」と語り、「彼は2度もやってくれた。このフォローがなければ、ゴールを与えていた可能性がある」と、トッテナム戦でのカバーリングを評価していた。

冨安獲得を望んでいながら、最後にエメルソンを選択したトッテナムと、最後まで追い続け批判を受ける覚悟で冨安を獲得したアーセナル。ノース・ロンドンで起きた右サイドバックを巡る争いは、今の所冨安の完勝と言える。



1 2

関連ニュース
thumb

ラカゼットが自身の去就に言及「1月まで待つ」

アーセナルのフランス代表FWアレクサンドル・ラカゼット(30)が、フランス『テレフット』の取材で去就について言及した。 現行契約が今シーズン限りとなっていることから、退団の噂が後を絶たないラカゼット。一部ではアトレティコ・マドリー行きが取り沙汰されるなど、契約満了を迎える来夏に向けて情報が錯綜している。 そんな中、本人が去就について開口。代理人が動いていることを明かしながらも、慎重に決める姿勢を強調。特に現時点では、ワールドカップにも焦点を当てているようだ。 「代理人が少し右往左往しているのは本当だ。でも1月まで何もない。ちゃんと決断して動きたいんだ」 「何が期待できるか、面白そうなチャレンジかどうか、プロジェクトが気にいるかどうか、僕が頼りにされているかどうかを見ている。だからまだ決めかねているし、むしろ1月まで待って自分の立ち位置を決めたい」 「前回のワールドカップ前は代表に呼ばれたり呼ばれなかったりで、とても大会に参加できるとは思わなかった。このままでは、また僕はフランス代表のサポーターになってしまうだろうね」 2021.11.28 19:41 Sun
twitterfacebook
thumb

アルテタ、大敗からのバウンスバックに満足 割って入るトップ4争いには「一戦一戦を大切に」

アーセナルのミケル・アルテタ監督がしっかりとしたバウンスバックに満足感を示した。クラブ公式サイトが伝えている。 27日に行われたプレミアリーグ第13節でニューカッスルと対戦したアーセナル。前節、0-4の大敗を喫したリバプール戦から巻き返しが求められる試合は決定力を欠いてゴールレスで試合を折り返す。 それでも、56分にボックス内での連携からMFブカヨ・サカのゴールで先制し、66分にDF冨安健洋のクロスを途中交代のFWガブリエウ・マルティネッリが技ありのダイレクトシュートで追加点。2-0の勝利を収めた。 しっかりと立ち直ってみせたアルテタ監督も勝利しての連敗阻止を喜び、内容も振り返った。 「勝利してのバウンスバックが本当に大事だった。前半は様々な局面があったなかで、自分が思ったような試合ができたが、相手の脅威になり切れず、痛めつけることもできていなかった。ファイナルサードでの早さと落ち着きが足りなかった」 「後半はそれらをうまくコントロールした。プレーの構造を失わないようにしつつ、あるスペースを脅かしていく必要があったと思うし、それができたと思う。2ゴールを決めてからは試合をコントロールすることができた」 また、サカとマルティネッリに「彼らを信頼しないとね。そうすれば、彼らが困難に直面しても自信が湧いてくるはず」とコメント。トップ4争いにしっかりと割って入るチーム状況にも見解を示している。 「我々は一戦一戦を大切にしている。アンフィールドで敗北してから、明らかに違う視点で物事を見始めているかもしれないが、それまでも良い走りをしてきたし、それを続けないとね」 「我々がどこにたどり着くのかを見守ってみよう。だが、今はこの試合を分析して、できるだけ早くマンチェスター・ユナイテッド戦の準備をしよう。もう日にちもないのだから」 2021.11.28 12:40 Sun
twitterfacebook
thumb

「神すぎる」絶妙ループパスでアーセナル初アシストの冨安健洋、マルティネッリのゴールも絶賛「どっちもスーパー」

アーセナルの日本代表DF冨安健洋が、ついにアシストを記録した。 27日、プレミアリーグ第13節でアーセナルはホームにニューカッスルを迎えた。 前節はリバプールに4失点大敗と力の差を見せつけられたアーセナル。冨安はこの試合も右サイドバックとして先発フル出場を果たした。 冨安は同サイドのMFアラン・サン=マクシマンとのマッチアップが注目されたが、常に高い位置を取り、チーム全体としてサン=マクシマンとの距離を詰めることでボールを運ばせない対応を見せ、逆に冨安が高い位置を取ることで守備をさせるという策がハマり、終始押し込み続けた。 ただゴールが奪えていなかったアーセナルだが、後半に入り左サイドで見事な崩しを見せ、56分にブカヨ・サカが先制点を記録。しかし、64分に足を痛めて交代。代わりに投入されたガブリエル・マルティネッリが仕事をする。 66分、高い位置を取り続けた冨安がマルティネッリの動き出しを見て浮き球のパス。マルティネッリは、後方から来たボールをダイレクトで柔らかく合わせてゴール。スーパーゴールを記録した。 このゴールには、「ベルカンプすぎる」とレジェンドである元オランダ代表FWデニス・ベルカンプ氏を彷彿とさせるゴールだとの評価もある上、「スーパーゴール」だと大きな話題に。また、GKが飛び出せない絶妙な位置への浮き球のパスを送った冨安のアシストも高く評価。「ゴールもアシストも神すぎる」、「どっちもスーパー」とアシストもゴールも最高のものだとの評価が集まった。 今シーズンはなかなか出番が訪れないマルティネッリだが、過密日程になるこの先の戦いでは大きな力となるかもしれない。 <span class="paragraph-title">【動画】冨安の見事な浮き球パスをマルティネッリが技あり弾!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="vjhq4ynx0PY";var video_start = 295;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2021.11.28 12:04 Sun
twitterfacebook
thumb

冨安健洋が加入後初アシスト! アーセナルが最下位ニューカッスルに快勝で前節大敗を払しょく《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第13節、アーセナルvsニューカッスルが27日にエミレーツ・スタジアムで行われ、ホームのアーセナルが2-0で勝利した。なお、アーセナルのDF冨安健洋はフル出場した。 現在、5位のアーセナル(勝ち点20)は前節、鬼門アンフィールドで0-4の大敗を喫してリーグ戦9戦ぶりの敗戦を喫した。その惨敗からのリバウンドメンタリティが試される今節は、開幕から12戦未勝利が続く最下位のニューカッスル(勝ち点6)と対戦した。 アルテタ監督はリバプール戦からラカゼットに代えてウーデゴールを起用した以外、同じメンバーを起用した。 新型コロナウイルスから回復したエディ・ハウがベンチ初采配となったニューカッスルをホームで迎え撃ったアーセナルは、立ち上がりから相手を押し込んでいく。 ボールの主導権を握り、守備の局面でも連動したプレスで相手にカウンターの形を作らせない安定した試合運びを見せるが、集中した相手の守備を前になかなか決定機まで持ち込めず。 16分にはサンビ・ロコンガの浮き球の斜めのパスに反応したサカがボックス右でスライディングシュートを試みるが、このシュートは惜しくも枠の右へ外れる。さらに、20分には冨安のボール奪取から仕掛けたショートカウンターによって好位置でFKを獲得。ここでウーデゴールが左足で直接狙うが、枠の左を捉えたシュートはGKドゥブラフカの好守に遭う。 一方、守勢が続いたニューカッスルも前半半ばを過ぎてようやく反撃に出る。30分、ボックス手前右でルーズボールに反応したシェルヴェイが強烈なミドルシュートを枠の右上隅に飛ばすが、ここはGKラムズデールが見事な反応で手に当てると、ボールはクロスバーを叩く。さらに、セットプレーの二次攻撃から再びシェルヴェイが右足を振り抜くが、これもラムズデールがキャッチした。 守護神のビッグセーブでピンチを凌いだアーセナルは前半終盤にかけて攻勢を強めていく。31分に冨安がカットインから枠のわずか右に外れる左足のシュートを放つなど、ヌーノ・タヴァレスとの両サイドバックが積極的にフィニッシュに顔を出す。さらに、41分にはボックス左で仕掛けたサカの折り返しからスミス・ロウがダイビングヘッド。GKドゥブラフカが弾いたところにオーバメヤンが詰めたが、ここは至近距離からのシュートを決め切れず。 75%を超えるボール支配率を記録しながらも、最後の精度を欠いたアーセナルは0-0のスコアで後半を迎える。引き続き相手を自陣深くに押し込む形を作った中、早い時間帯にゴールをこじ開ける。 56分、左サイドに流れたサカが一度スミス・ロウに預けてボックス左の背後に動き出すと、タヴァレスを経由したボールが繋がる。ここでサカはGKにうまくコースを消されていたものの、左足のシュートをゴール右下隅へ突き刺した。 良い時間帯に先制に成功したアーセナルだが、殊勲のサカが左の内転筋を痛めて64分にマルティネッリとの負傷交代を強いられる。さらに、直後には相手に背後を取られてタヴァレスが自陣ボックス内でカラム・ウィルソンを後方から倒してしまう。痛恨のPK献上かに思われたが、ここはVARの介入も入ったものの、お咎めなしの判定となった。 すると、直後の66分にはアーセナルに追加点が生まれる。相手陣内へ持ち上がったホワイトから縦パスを受けた冨安が浮き球のクロスを入れると、これにボックス右で反応したマルティネッリが自身の頭上を越えてくるボールを見事な右足インサイドのダイレクトボレーで合せた。 冨安の今季初アシストからマルティネッリにファインゴールが生まれたアーセナルは、ここからゲームコントロール優先の戦い方にシフト。相手の反撃を危なげなく凌ぎながらカウンターで追加点を狙う。 その後、オーバメヤンとトーマスを下げてラカゼット、エルネニーの投入で逃げ切り態勢に。幾度か一矢報いたい相手の攻勢に晒されてピンチもあったが、守護神ラムズデールを中心にきっちり守り切った。 そして、最下位ニューカッスル相手に完勝のアーセナルはリバプール戦惨敗からのバウンスバックに成功。次節はマンチェスター・ユナイテッドとのビッグマッチに臨むことになった。 2021.11.27 23:34 Sat
twitterfacebook
thumb

凱旋するウィロックを歓迎するアルテタ監督、今夏の放出は「難しい決断だった」

アーセナルのミケル・アルテタ監督が、今夏ニューカッスルへと移籍したMFジョー・ウィロックについて言及した。クラブ公式サイトが伝えている。 27日に行われるプレミアリーグ第13節でニューカッスルをホームに迎えるアーセナル。ウィロックも試合に出場が予想され、古巣対決となる。 出場機会の少なさから、昨シーズン後半はレンタル移籍でニューカッスルへと加入すると、ラスト7試合連続でゴールを決めるなどの活躍。今季も出場機会が得られない可能性もあることから本人が移籍を熱望し、移籍金2940万ユーロ(約38億円)で完全移籍していた。 今季ここまでリーグ戦で10試合に出場しているウィロックだが、アルテタ監督は売却が「難しい決断だった」とコメント。エミレーツ・スタジアムへの凱旋を歓迎した。 「ジョー(・ウィロック)が凱旋するのは素晴らしいことだ。我々はみな、ジョーのことが大好きだよ」 「もちろん、彼を手放すというのは難しい決断だったが、彼はそこで出場機会を確保し、新たな挑戦のために必要なことを示したと思う」 「今週ではないが、私は彼と話したよ。前にもプレーしたことがあるし、彼は自分が歓迎されると知っているはずだよ」 2021.11.27 13:00 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly