今季プレミア最優秀ゴールはタウンゼントがシティ相手に決めたスーパーボレー!2019.05.21 21:35 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
21日、2018-19シーズンのプレミアリーグ最優秀ゴールが発表され、クリスタル・パレスの元イングランド代表MFアンドロス・タウンゼントが昨年12月22日の第18節、マンチェスター・シティ戦で決めたスーパーボレー弾が選出された。イギリスのビール製造会社『カーリング・ブルワリー』の協賛するカーリング・プレミアリーグ・ゴール・オブ・ザ・アワード。

月間最優秀選手&監督賞と共に毎月発表されていた月間最優秀ゴールには、トッテナムFWソン・フンミンがチェルシー戦で決めた敵陣を切り裂くロングドリブルでのゴール(2018年11月)、チェルシーMFエデン・アザールがウェストハム戦で決めた5人抜きの衝撃ドリブル弾(2019年4月)、マンチェスター・シティDFヴァンサン・コンパニがレスター・シティ戦で決めたスーパーミドル弾(2019年5月)など、10個のゴールが選出されていた。

その10個のノミネートゴールからファン投票によって最終的に選出されたのが、タウンゼントのスーパーボレー弾だった。

敵地エティハド・スタジアムに乗り込んだタウンゼントは、1-1のスコアで迎えた前半の35分、セットプレーの流れからペナルティアーク手前で相手MFベルナルド・シウバのヘディングクリアに反応すると、これを左足ダイレクトボレーで合わす。すると、抑えの利いた高速シュートがゴール右上隅を射抜き、名手エデルソンもお手上げのスーパーゴールとなった。

そして、敵地でシティを3-2で破る上で大きなターニングポイントとなったこのスーパーゴールに関して敵将ジョゼップ・グアルディオラ監督は、「信じられないようなゴール」と思わず脱帽した。

また、これまでも幾つかのスーパーゴールを決めてきたタウンゼントも「僕のキャリアにおいてベストなゴールだろうね」と自画自賛していた。

なお、2018-19シーズンのプレミアリーグ最優秀ゴール候補は以下の通り。

◆文句なしの最優秀ゴール!
https://twitter.com/carling/status/1130790435943792641

◆ゴラッソの競演!
https://twitter.com/carling/status/1128691750749470720

2018年8月 ジャン・ミシェル・セリ(フルアムvsバーンリー)
2018年9月 ダニエル・スタリッジ(チェルシーvsリバプール)
2018年10月 アーロン・ラムジー(フルアムvsアーセナル)
2018年11月 ソン・フンミン(トッテナムvsチェルシー)
2018年12月 アンドロス・タウンゼント(マン・シティvsC・パレス)

2019年1月 アンドレ・シュールレ(バーンリーvsフルアム)
2019年2月 ファビアン・シェア(ニューカッスルvsバーンリー)
2019年3月 アントニー・ノッカール(C・パレスvsブライトン)
2019年4月 エデン・アザール(チェルシーvsウェストハム)
2019年5月 ヴァンサン・コンパニ(マン・シティvsレスター)
コメント
関連ニュース
thumb

エメリ、ザハ獲得を希望…クラブ上層部に補強費増額を要求か

アーセナルが、クリスタル・パレスに所属するコートジボワール代表FWウィルフリード・ザハ(26)の獲得に興味を示しているようだ。イギリス『メトロ』が報じた。 アーセナルを率いるウナイ・エメリ監督は、ポリバレントFWとして、ザハの獲得を望んでいるという。しかし、ガナーズはチャンピオンズリーグ(CL)の出場権を逃したことで、選手の売却費用を除き4500万ポンド(約61億5000万円)と言われる乏しい補強費と緊縮財政を強いられている。 既報によれば、ザハのプライスタグは1億ポンド(約136億9000万円)。そのため、エメリ監督は、コートジボワール代表FW獲得に向けて、クラブ上層部に補強費の増額を要求したようだ。 そのザハは今年4月に「タイトル争いができるより高いレベルでのプレーを目指さないといけない」とステップアップを希望。同メディアは現状、ザハが古巣のマンチェスター・ユナイテッド復帰に近づいているとし、迅速に交渉する必要があると見解を示している。 2013年夏にクルスタル・パレスからユナイテッドに移籍したザハだったが、鳴かず飛ばずに終わり、レンタル生活を経て、2015年夏にクリスタル・パレスに復帰。それ以降は、切れ味抜群のドリブルで輝きを取り戻すと、今シーズンの公式戦36試合で10ゴール10アシストの数字を残した。 2019.06.24 20:55 Mon
twitterfacebook
thumb

ワン=ビサカ狙うユナイテッド、今週末中の取引完了を希望

クリスタル・パレスに所属するU-21イングランド代表DFアーロン・ワン=ビサカ(21)のマンチェスター・ユナイテッド移籍が今週末中にも決着するかもしれない。イギリスのロンドン地元紙『イブニング・スタンダード』が報じた。 今夏、右サイドバックを補強ポイントの1つに掲げるユナイテッド。その筆頭に挙がっているのが、今シーズンのクリスタル・パレスで年間最優秀選手に輝くなど、プレミアリーグ屈指の右サイドバックとして株を上げたワン=ビサカだ。 ユナイテッドは、すでにワン=ビサカと週給8万ポンド(約1000万円)の条件で個人合意。現時点で合意に至っていないクリスタル・パレスとのクラブ間交渉に関しても、48時間以内にまとめたい意向だという。 なお、見込まれる成立額は6000万ポンド(約82億円)で、クリスタル・パレス側は5000万ポンド(約68億3000万円)の前支払いを要求。この金額で成立となれば、イングランド史上最高額のサイドバックとなる。 4000万ポンド(約54億6000万円)の1stオファーから徐々にクリスタル・パレスの要求額に歩み寄る姿勢をみせているといわれるユナイテッド。ウェールズから獲得したウェールズ代表MFダニエル・ジェームズに続く今夏2人目の新戦力到着となるか。 2019.06.22 11:00 Sat
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、ワン=ビサカ獲得か SB史上最高額で合意

マンチェスター・ユナイテッドがクリスタル・パレスに所属するU-21イングランド代表DFアーロン・ワン=ビサカ(21)の移籍交渉をまとめたようだ。イギリス『レコード』が報じている。 今夏、右サイドバックを補強ポイントの1つに掲げるユナイテッド。その筆頭に挙がっているのが、今シーズンのクリスタル・パレスで年間最優秀選手に輝くなど、プレミアリーグ屈指の右サイドバックとして株を上げたワン=ビサカだ。 移籍金4000万ポンド(約54億5000万円)の1stオファーでクリスタル・パレスを納得させられなかったユナイテッドだが、最終的に5500万ポンド(約75億円)でクラブ間合意に達したという。 これが事実であれば、同額はマンチェスター・シティに所属するフランス代表DFバンジャマン・メンディが2017年夏にモナコから加入時に記録した5750万ユーロ(現レートで約69億7000万円)を上回るサイドバック史上最高額となる。 なお、ユナイテッドは今夏、スウォンジーからウェールズ代表MFダニエル・ジェームズ(21)を獲得。この報道どおり、ワン=ビサカは2人目の新戦力として赤い悪魔入りとなるのだろうか。 2019.06.20 13:10 Thu
twitterfacebook
thumb

ワン=ビサカ獲得へリベンジ! ユナイテッド、移籍金上積みで2度目のオファーを提示

マンチェスター・ユナイテッドが、クリスタル・パレスに所属するU-21イングランド代表DFアーロン・ワン=ビサカ(21)に再度オファーを提示したようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 C・パレス下部組織出身のワン=ビサカは、2018年にトップチームデビュー。推進力抜群のドリブルと、長い足を生かしたしなやかな体つきから繰り出す対人守備が魅力の右サイドバックであり、今シーズンのクラブ年間最優秀選手に輝いている。 同メディアによると、そのワン=ビサカ獲得に向け、ユナイテッドは先日、3500万ポンド(約47億5000万円)のオファーを提示。しかし、C・パレス側に拒否されていた。そして今回伝えられるところによると、ユナイテッドは1500万(約20億3000万円)ポンドを上積みした5000万ポンド(約67億8000万円)で2度目のオファーを提示したという。 ただ、その内容は3500万ポンド(約47億5000万円)と1500万ポンド(約20億3000万円)の分割払い。C・パレスは一括払いであれば、4500万ポンド(約61億円)から5000万ポンド(約67億8000万円)で移籍に応じる意向も、この契約内容には納得いかず。またも失敗に終わったようだ。 ワン=ビサカはユナイテッド移籍に前向き。しかし、トランスファーリクエストを提出することや移籍を訴えることは考えていないようだ。 2019.06.18 15:35 Tue
twitterfacebook
thumb

ワン=ビサカ、ユナイテッド移籍に前向きか

クリスタル・パレスに所属するU-21イングランド代表DFアーロン・ワン=ビサカ(21)は、マンチェスター・ユナイテッド移籍に前向きだという。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 今シーズンのクリスタル・パレスで年間最優秀選手に輝くなど、プレミアリーグ屈指の右サイドバックとして株を上げたワン=ビサカ。今夏、右サイドバックの強化に動くユナイテッドの関心が指摘され続けており、動向に注目が集まっている。 ワン=ビサカを売る気がないクリスタル・パレスは、そのユナイテッドから4000万ポンド(約54億9000万円)の1stオファーが届いたが、拒否しており、5000万ポンド(約68億6000万円)以上での売却方針を固めているという。 ただ、ワン=ビサカ本人は移籍に好意的。クリスタル・パレスとの契約を3年残している状況もあり、現時点でトランスファーリクエストこそ提出していないが、2度目のオファーを準備するユナイテッドへの移籍を考慮している模様だ。 2019.06.14 10:45 Fri
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース