日本代表戦にも出場したセルビア代表DFミトロビッチがヘタフェに完全移籍

2021.07.06 18:56 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ヘタフェは6日、ストラスブールのセルビア代表DFステファン・ミトロビッチ(31)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2024年6月30日までの3年間となる。

ミトロビッチはツルヴェナ・ズヴェズダの下部組織出身。ファーストチームに昇格することなくスロベニアのペトルチャルカへと完全移籍。その後、チェコのズブロヨフカ・ブルノ、セルビアのメタラツを経て、2012年にベルギーのコルトレイクへと加入する。

その後、ベンフィカやレアル・バジャドリー、フライブルク、ヘントでプレーすると、2018年7月からストラスブールでプレーしていた。

リーグ・アンでは89試合に出場し3ゴール1アシスト。ジュピラー・プロ・リーグでは84試合で6ゴールを記録。ストラスブールでは日本代表GK川島永嗣と、ヘント時代はFW久保裕也とチームメイトとしてプレーしていた。

また、セルビア代表としても26キャップを記録。6月に行われた日本代表との試合にもキャプテンとして出場していた。


関連ニュース
thumb

ヘタフェのチェコ代表MFヤンクトがスパルタ・プラハへ買取OP付きのレンタル移籍

スパルタ・プラハは10日、ヘタフェのチェコ代表MFヤクブ・ヤンクト (26)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。 1年間のレンタル移籍で、買い取りオプションもついているという。 ヤンクトはウディネーゼやアスコリ、サンプドリアでプレー。2021年8月にヘタフェに完全移籍で加入した。 ヘタフェでは、ふくらはぎのケガの影響などもあり公式戦15試合の出場で2アシストに終わっていた。 世代別のチェコ代表の他、A代表でも45試合で4ゴールを記録。左サイドバックやサイドハーフなど、左サイドのスペシャリストとして知られている。 2022.08.10 20:48 Wed
twitterfacebook
thumb

サンプドリア、ローマで構想外のビジャールを買取OP付きのレンタルで獲得

サンプドリアは8日、ローマに所属するスペイン代表MFゴンサロ・ビジャール(24)を買い取りオプション付きのレンタル移籍で獲得した。 2020年1月にエルチェから完全移籍で加入した優れた戦術眼とパスセンス、キープ力を誇る大器のビジャールは、昨シーズンは途中出場がメインながらも公式戦47試合に出場。前指揮官パウロ・フォンセカの下ではブレイクの兆しを見せていた。 しかし、前半戦を通して2ボランチを採用していたポルトガル人指揮官の下では守備の強度、ダイレクト志向が強いスタイルへの順応に苦戦。ヨーロッパ・カンファレンスリーグでは予選を含め6試合に出場したものの、セリエAでは1度も出番が与えられず、今冬にヘタフェへレンタル移籍。 ヘタフェではラ・リーガ10試合に出場し1アシストを記録していた。 2022.08.09 07:00 Tue
twitterfacebook
thumb

ヘタフェがレアルFWマジョラルの完全移籍獲得で合意、5年契約

ヘタフェは1日、レアル・マドリーのスペイン人FWボルハ・マジョラル(25)の完全移籍加入で合意に達したことを発表した。 契約期間は2027年6月30日までの5年間となるとのことだ。4日に正式発表されるという。 マジョラルはマドリーの下部組織出身。2016年7月にファーストチームに昇格すると、そのままヴォルフスブルクへとレンタル移籍。その後もレバンテ、ローマへのレンタル移籍を経験。2022年1月からはヘタフェにレンタル移籍していた。 ヘタフェでは2021-22シーズンのラ・リーガで18試合に出場し6ゴール1アシストを記録していた。 マドリーでは公式戦通算33試合で7ゴール4アシストを記録していた。 2022.08.01 21:12 Mon
twitterfacebook
thumb

ヘタフェの元アルゼンチン代表DFホナタン・シルバ、降格グラナダにレンタル

ラ・リーガ2部に降格したグラナダは26日、ヘタフェの元アルゼンチン代表DFホナタン・シルバ(28)を1年間のレンタルで獲得したことを発表した。 アルゼンチン代表として2試合の出場歴を持つ左サイドバックのホナタン・シルバは、スポルティングCPで活躍後、ローマやレガネスに在籍。 そして昨夏、レガネスからヘタフェに完全移籍していたが、ラ・リーガ9試合の出場に終わっていた。 両クラブ間では前日、スペイン人MFルイス・ミジャ(27)がヘタフェに完全移籍していた。 2022.07.26 22:30 Tue
twitterfacebook
thumb

ヘタフェが降格のグラナダからスペイン人MFルイス・ミジャの獲得を正式発表!

ヘタフェは25日、グラナダからスペイン人MFルイス・ミジャ(27)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2027年6月30日までの5年となる。 元スペイン代表MFとしてバルセロナやレアル・マドリーでプレーしたルイス・ミジャ氏を父に持つミジャはアトレティコ・マドリーのユースチームに所属するもファーストチーム昇格は果たせず。その後はラージョ・バジェカーノB、アルコルコン、ギフエロ、フエンブラダ、テネリフェなど、セグンダ・ディビシオンのチームを転々としていた。 2020年7月にグラナダに加入してラ・リーガデビューを果たすと、昨シーズンはシーズンを通して主軸としてプレーし、公式戦36試合に出場して3ゴール4アシストの成績をマーク。しかし、チームは残留争いに巻き込まれ、ラ・リーガ最終節で勝ち切れなかったことから降格が決まった。 なお、移籍金については公表されていないが、スペイン『アス』によるとヘタフェは移籍金500万ユーロ(約6億9000万円)を支払ったほか、DFミゲル・ルビオとDFイグナシ・ミケルの譲渡、DFエリック・カバコとDFジョナサン・シルバのレンタル移籍も取引に含まれた模様だ。 2022.07.26 11:05 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly