アンチェロッティに去られたエバートン、後任としてリヨン退任の指揮官に関心?

2021.06.11 17:43 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
エバートンが前リヨンの指揮官であるルディ・ガルシア氏(57)の招へいに関心を示しているようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。

エバートンは2019年12月からカルロ・アンチェロッティ監督(62)が指揮をとっていたが、ジネディーヌ・ジダン監督(48)が今シーズン限りで去ることになったレアル・マドリーが、後任として同監督にオファーを提出。イタリア人指揮官がこれを受け入れ1日に退任したことで、エバートンは突如として指揮官の地位が空白になっている。

エバートンは後任候補として、まずは今季限りでウォルバーハンプトンを退任したヌーノ・エスピリト・サント監督(47)に接触。しかし、金銭面やコーチングスタッフとの契約面が原因で合意には至らなかったようだ。

その他の候補として、リバプールでの指揮経験を持つラファエル・ベニテス氏(61)や、かつてマンチェスター・シティ、ウェストハムを率いた経験を持つベティスのマヌエル・ペジェグリーニ監督(67)、リールのクリストフ・ガルティエ監督(54)、ブライトンのグレアム・ポッター監督(46)、ベルギー代表のロベルト・マルティネス監督(47)の名前が挙がっている。

こうした状況のなか、フランス『レキップ』によると今季限りでリヨンを退団したガルシア氏も、エバートンの候補リストの1人に名を連ねているようだ。

ガルシア氏はこれまでリール、ローマ、マルセイユ、リヨンなどの指揮官を歴任。リールではクラブに1955年ぶりのタイトルをもたらすなど手腕を発揮したほか、リヨンでは2019-20シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝でマンチェスター・シティを破り、ベスト4進出を成し遂げた。

エバートンとガルシア氏の交渉はまだ初期の段階と報じられており、指揮官就任に向け、今後の進展が注目されている。

関連ニュース
thumb

エバートン残留を予想するハメス「カルロが僕を連れて行くとは思わない」

エバートンのコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスが、来季もクラブに残ると予想している。イギリス『デイリー・メール』が伝えた。 昨夏にレアル・マドリーから完全移籍でエバートンに加入したハメス。かつてマドリーやバイエルンで師弟関係にあったカルロ・アンチェロッティ監督に誘われる形での移籍となった中、初挑戦のプレミアリーグで23試合に出場し6ゴール5アシストと、序盤戦の好調を支える原動力となった。 ところが今月、その恩師がマドリーに復帰。ジネディーヌ・ジダン監督が退任したことを受けて、かつてチャンピオンズリーグ制覇に導いた名将を呼び戻したのだ。 ハメスにとっては突如突き放された思いだろうが、ここまでコロンビア代表MFに関するマドリー復帰の噂はない。同選手自身も「アンチェロッティが僕を連れて行くとは思わない」と、インスタグラムのライブチャットでエバートン残留を予想した。 「(マドリーに戻るか)わからない。そうはならないと思う。エバートンにもう1年残ったとしても、それでハッピーだよ」 「アンチェロッティが僕を連れて行くことはないだろう。レアル・マドリーでの僕のサイクルは終わった。あのクラブに行くことはないだろうけど、僕もまだまだ若いんだ」 2021.06.14 14:52 Mon
twitterfacebook
thumb

モイーズがウェストハムと新たに3年契約へ! 古巣エバートンの引き抜き噂も

ウェストハムのデイビッド・モイーズ監督(58)が契約更新に至ったようだ。 2019年12月から再びウェストハムを率い始め、チームをプレミアリーグ残留に導いたモイーズ監督。そうして迎えた今季は上位をかき乱す存在となり、最終的にトップ4の座こそ逃したが、19勝8分け11敗の6位でフィニッシュした。 クラブ史上最多の65ポイントを積み上げ、来季のヨーロッパリーグ(EL)出場権をもたらしたモイーズ監督だが、2度目のウェストハム指揮が決定した際に締結した1年半契約は今季が最終年。今夏の動向に注目が集まっている状況だった。 古巣エバートンが電撃退任したカルロ・アンチェロッティ氏の後任として関心を示すともいわれるスコットランド人指揮官だが、イギリス『デイリー・メール』によると、ウェストハムとの新契約に合意。新たな契約期間は3年になる模様だ。 なお、モイーズ監督の下でアシスタントコーチを務めるスチュアート・ピアース氏は先日、『talkSPORT』で指揮官が契約延長で合意に達したことを示唆。「信頼して『次のレベルに行こう』と言うなら、その信頼を示さねば」と話していた。 2021.06.11 10:45 Fri
twitterfacebook
thumb

エバートン、今季加入のオルセン、キングら5選手が退団…

エバートンは4日、スウェーデン代表GKロビン・オルセン(31)とノルウェー代表FWジョシュア・キング(29)ら5選手の退団を発表した。 今シーズン、ローマから1年間のレンタル移籍で加入したオルセンは、守護神であるイングランド代表GKジョーダン・ピックフォードと正GKを争い、プレミアリーグ7試合を含む公式戦11試合に出場していた。しかし、クラブサイドに完全移籍で買い取る意思はなく、レンタル満了に伴い、保有元のローマに戻ることになった。 一方、ボーンマスの主力として活躍していたキングは、今年2月にボーンマスから完全移籍で加入。途中出場を中心にリーグ戦11試合に出場したが、ノーゴールに終わっていた。エバートンとの契約は今シーズン終了までとなっており、両者の契約には来シーズン以降の延長オプションがあったが、話し合いの末にオプション行使が見送られることになった。 また、両選手以外ではそれぞれ今シーズンにミドルズブラ、サウサンプトンにレンタル移籍していたDRコンゴ代表FWヤニック・ボラシエ(32)、元イングランド代表FWセオ・ウォルコット(32)、ボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFムハメド・ベシッチ(28)の3選手の退団も併せて伝えられている。 2021.06.04 23:43 Fri
twitterfacebook
thumb

リシャルリソンにレアル・マドリー電撃復帰の恩師熱視線 エバートンのスタンスは…

エバートンのブラジル代表FWリシャルリソン(24)にレアル・マドリー行きの可能性が浮上している。イギリス『Football Insider』が報じた。 レアル・マドリーは先日、今季限りでジネディーヌ・ジダン体制に終止符。来季からの指揮官として招へいしたのが再任となるカルロ・アンチェロッティ氏だ。 アンチェロッティ氏は2019年12月からエバートンを指揮。2024年まで契約が残る状況だったが、それを解消する形で6年ぶりのレアル・マドリー復帰を決断した。 そんなアンチェロッティ氏はエバートンから教え子も引っ張ってこようとしているという。それがイタリア人指揮官から重宝され、主力を張ったリシャルリソンだ。 リシャルリソンは2019年12月に2024年まで契約を更新したが、エバートン側は選手本人が移籍を求めるようであれば、オファーに傾ける意向もあるようだ。 その理由は新体制発足後に大きな投資を投じる場合、ファイナンシャルフェアプレー(FFP)を考慮して資金調達が必要なため。そうなれば、選手売却が必至だという。 リシャルリソンはワトフォードでの活躍を受け、2018年夏にエバートン入りすると、公式戦119試合出場で42得点を記録。40試合に出場した今季は13得点を挙げた。 2021.06.04 12:30 Fri
twitterfacebook
thumb

エバートン、アンチェロッティ監督の後任にヌーノ監督を指名か

エバートンがウォルバーハンプトンの監督を退任したヌーノ・エスピリト・サント氏(47)の招へいに興味を持っているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 エバートンでは、2019年12月から1年半にわたりチームを率いていたカルロ・アンチェロッティ監督がレアル・マドリーに引き抜かれる形で退任。 現在新たな指揮官を探しており、今季スコットランド・プレミアリーグを無敗優勝したレンジャーズのスティーブン・ジェラード監督や元リバプール指揮官のラファエル・ベニテス氏や今季限りでローマを退任したパウロ・フォンセカ監督らが後任候補にリストアップされていた。 今回の報道によれば、エバートンは2日に後任監督についての役員会議を実施。その中で、最も支持を集めたがヌーノ監督だったようだ。 2017年5月に当時チャンピオンシップ(イングランド2部)に所属していたウォルバーハンプトンの指揮官に就任したヌーノ監督は、就任1年目にチャンピオンシップ優勝を果たしてプレミアリーグに昇格に導くと、そこからの2シーズンいずれも7位の好成績を収めただけでなく、昨シーズンはクラブを50年ぶりのヨーロッパリーグ(EL)準々決勝進出に導いた。 しかし、今シーズンは負傷者に悩まされたこともありプレミアリーグ13位に終わると、シーズン終了後の退任が発表されていた。 なお、ヌーノ監督には同じく新指揮官を探しているトッテナムやクリスタル・パレスなどが興味を持っている状況。新天地はどこになるだろうか。 2021.06.03 00:15 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly