アンチェロッティに去られたエバートン、後任としてリヨン退任の指揮官に関心?

2021.06.11 17:43 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
エバートンが前リヨンの指揮官であるルディ・ガルシア氏(57)の招へいに関心を示しているようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。エバートンは2019年12月からカルロ・アンチェロッティ監督(62)が指揮をとっていたが、ジネディーヌ・ジダン監督(48)が今シーズン限りで去ることになったレアル・マドリーが、後任として同監督にオファーを提出。イタリア人指揮官がこれを受け入れ1日に退任したことで、エバートンは突如として指揮官の地位が空白になっている。

エバートンは後任候補として、まずは今季限りでウォルバーハンプトンを退任したヌーノ・エスピリト・サント監督(47)に接触。しかし、金銭面やコーチングスタッフとの契約面が原因で合意には至らなかったようだ。

その他の候補として、リバプールでの指揮経験を持つラファエル・ベニテス氏(61)や、かつてマンチェスター・シティ、ウェストハムを率いた経験を持つベティスのマヌエル・ペジェグリーニ監督(67)、リールのクリストフ・ガルティエ監督(54)、ブライトンのグレアム・ポッター監督(46)、ベルギー代表のロベルト・マルティネス監督(47)の名前が挙がっている。

こうした状況のなか、フランス『レキップ』によると今季限りでリヨンを退団したガルシア氏も、エバートンの候補リストの1人に名を連ねているようだ。

ガルシア氏はこれまでリール、ローマ、マルセイユ、リヨンなどの指揮官を歴任。リールではクラブに1955年ぶりのタイトルをもたらすなど手腕を発揮したほか、リヨンでは2019-20シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝でマンチェスター・シティを破り、ベスト4進出を成し遂げた。

エバートンとガルシア氏の交渉はまだ初期の段階と報じられており、指揮官就任に向け、今後の進展が注目されている。
関連ニュース
thumb

去就不透明のハメスがヒント「プレーしてないのはイタリアだけ」

エバートンのコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスが去就に関するヒントを残した。スペイン『マルカ』が伝えている。 昨夏に恩師であるカルロ・アンチェロッティ監督に誘われる形でエバートンへ移籍したハメス・ロドリゲス。シーズン序盤から攻撃の中核を担ったが、今夏にそのアンチェロッティ監督がレアル・マドリーに引き抜かれたため、現在その去就は不透明となっている。 新たにエバートンの新監督となったラファエル・ベニテスからは戦力外宣言が通告されたとの報道もある中、『マルカ』のインタビューで去就に関するヒントを残した。 「僕はもうほとんど全てのリーグでプレーした。残ってるのはイタリアだけだね」 「あそこでプレーするのは素晴らしいことだろうし、その記録も作りたい。だけど未来に何が起こるかなんてわからない」 そんなハメス・ロドリゲスにはミラン行きの噂があるものの、「本当にわからない」と強調。今はトレーニングに励むだけと、落ち着いた様子を見せた。 「それは非常に複雑なテーマだね。何が起こるか見てみよう。イエスもノーも言いたくない」 「今はただ懸命にトレーニングに励むだけだ。来たるべき時に備えながらね」 2021.07.31 16:30 Sat
twitterfacebook
thumb

五輪連覇目指すリシャルリソン、過密日程とブラジル代表への思いについて語る「たとえ休暇がなくても…」

エバートンのブラジル代表FWリシャルリソンが、休暇の少なさと東京五輪にかける思いについてコメントした。ブラジル『グローボ』が伝えている。 エバートンでのシーズンを終えた後、コパ・アメリカ2021にブラジル代表として参加したリシャルリソン。全7試合に出場し、1ゴール1アシストを記録して母国の準優勝に貢献した。 また、その後は東京オリンピック出場を巡ってクラブを説得。その甲斐あってか追加招集を受けると、グループステージ3試合で5ゴールを挙げて得点ランキング1位に立ち、2大会連続の金メダルを狙うチームを牽引している。 休む暇もなく、家族ともなかなか会えない日々を過ごすセレソンのストライカーは、多忙なスケジュールについて言及。休みがなくとも母国のために戦いたいようだ。 「大変なのはどうしようもないことだ。だからこそ僕はエバートンに五輪出場を求めた」 「このユニフォームを着てプレーするために、そしてここに来るために戦ったよ。たとえ休暇がなくても、休暇が必要だとしてもね」 「2年以上も家族に会えず、ちゃんと一緒にいられなかった」 「でも、幸せだよ。チームメイトには感謝している。彼らがいなければゴールを決めることはできなかっただろう」 また、どれだけ疲れていようとも、最後までピッチに残って戦いたいとコメント。プレミアリーグの環境のおかげで、試合終盤でもプレー可能なようだ。 「(アンドレ・)ジャルディン監督に交代するかどうか聞かれたよ」 「だけど、僕は『残りたい』と返事した。そのあと2点を決めたんだ」 「プレミアリーグでは、フィジカル面で消耗が激しい。それもあって、試合終盤に多くのゴールが決まる」 「僕は疲れていても、最後までピッチに残ることに慣れている。チームメイトが試合を殺すのを手伝うことができると思っているよ」 2021.07.30 15:50 Fri
twitterfacebook
thumb

エバートン主将コールマン、2023年まで契約延長

エバートンは28日、アイルランド代表DFシーマス・コールマン(32)との契約を2023年6月まで延長したことを発表した。 2009年にアイルランドのスライゴ・ローヴァーズからエバートンに加入したコールマンは、これまで公式戦350試合に出場して26ゴール31アシストを記録。昨季はプレミアリーグ25試合に出場していた。 契約延長に至ったコールマンはクラブの公式サイトで次のように語っている。 「エバートンでのプレーを続けることができて光栄だよ。これまでのように努力を続けることが大事だと思っていたが、クラブは応えてくれた。とても嬉しいね。これからもできるだけ長く現役を続け、若い選手たちに自分の経験を伝えたい。彼らをサポートし、ピッチ上でもできる限り貢献していきたいね」 2021.07.29 06:30 Thu
twitterfacebook
thumb

児童性的虐待容疑のエバートン選手、妻が逮捕数日前に家を出て行っていた

先週、児童性的虐待の容疑でエバートンの選手が逮捕されたという驚きのニュースが出たが、進展があったようだ。 イングランドをはじめとして大きな話題となった選手による児童政敵虐待容疑。7月16日にグレーター・マンチェスター警察が31歳の男を逮捕。捜査を進めるとしていた。 選手の名前は明かされなかったものの、エバートンが「トップチームの選手を一時活動停止にしました。クラブは当局の捜査を引き続きサポートします」と声明を発表していた。 クラブは捜査を行なっている最中に活動を停止させるとした中、警察は自宅を家宅捜索。いくつかのものを押収したという。 そんな中、イギリス『サン』がこの件の続報を伝え、妻が逮捕の数日前に家を出て行っていたと報じた。 一方で、選手の両親と兄妹は、選手をサポートするために「安全な家」に一緒にいるとのことだ。 今回の事件を巡っては、「エバートン」「31歳」という少ないヒントを元にネット上では犯人特定が大きな騒動に。その中でイングランド代表MFファビアン・デルフが疑われ、誤った情報が拡散される事態となっていた。 「デルフにとってここ数日は難しい状況が続いている。全く無実であるのに、エバートンが選手の名前を出すのを拒んだため、混乱に巻き込まれた」と関係者は語っている。また「噂はソーシャルメディアで広まり、ネット上では冤罪や残酷な情報の嵐となっている」と、勝手に犯人だと決めつけて叩かれているとされている。 エバートンでは今回逮捕された選手については驚きを隠せないとのこと。「選手たちは皆、それが誤解か、何かの取り違えだと思っている」とし、実際に選手が児童性的虐待をしていたとは考えられていないようだ。 2021.07.23 18:20 Fri
twitterfacebook
thumb

エバートンで燻ったベルナール、UAE移籍…契約期間は2年

UAEのシャールジャFCは22日、エバートンから元ブラジル代表MFベルナール(28)を獲得したことを発表した。契約期間は2年となる。 アトレチコ・ミネイロでプロデビューを果たしたベルナールは2013年夏のシャフタール・ドネツク移籍を機に欧州挑戦。契約満了までの5年間を過ごして着実に評価を高めると、2018年夏に4年契約でエバートンにフリー加入した。 初年度こそ公式戦36試合に出場したが、徐々に序列が低下。2013年のブラジル代表初選出から14キャップで1得点の代表歴も持つ攻撃的MFだが、昨季も公式戦18試合の出場で3ゴールにとどまり、先発機会も5回しか得られなかった。 加入の決まったシャールジャは、UAEリーグの初代チャンピオンにも輝いた強豪クラブ。かつて鹿島アントラーズでプレーしたブラジル人MFカイオも在籍している。 2021.07.23 16:02 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly