日本代表が直面した2年前の悪夢が過る“わずか”ながらも決定的な差/日本代表コラム

2020.11.18 19:45 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
あれから2年余り──ほとんどの人が絶望のどん底に落とされたであろう、あの試合を思い出させる結末となってしまった。日本代表は17日、国際親善試合でメキシコ代表と対戦。結果は0-2でメキシコが勝利を収めた。


◆森保ジャパン、FIFAランキング11位のメキシコに奮闘も後半2失点で惜敗

日本の平日早朝というなかなかないタイミングで行われる試合。ただ、出勤前、登校前に早起きして観戦した方も多いのではないだろうか。また、在宅ワークも増えている今の時期であれば、より観られた方も多いのかもしれない。

眠い目を擦りながらも早起きした人たちは、「早起きは三文の徳」という諺を実感したと思ったかもしれない。それぐらい前半の日本代表は可能性を感じさせた。

◆日本が主導権、敵将に“最悪”とまで言わせるパフォーマンス

パナマ代表戦から中3日の日本と、韓国代表戦から中2日のメキシコと、コンディションの差はあれど、日本は立ち上がりから積極的な入りを見せる。

最初の10分ぐらいはメキシコに効果的な攻撃こそさせなかったものの、日本もプレスに引っかかるシーンがあり、一進一退の攻防となった。しかし徐々に日本の前線がコンビネーションを見せ躍動する。

10分すぎには2列目右サイドの伊東純也(ヘンク)が中央に絞ってプレスをかけてボールを奪うと左へ展開。ボックス内でパスを受けた鎌田大地(フランクフルト)が相手を引きつけて中央へ送るも、これには鈴木武蔵(ベールスホット)がわずかに合わず、先制のチャンスを逃す。

さらに12分には、再びボール奪取から原口元気(ハノーファー)がドリブルでカットインから強烈なミドルシュート。枠を捉えていたシュートだったが、GKギジェルモ・オチョアが鋭い反応でセーブする。

そして15分には左サイドで粘った原口が中央へ折り返すと、フリーで受けた鈴木がボックス内中央からシュート。しかし、これはオチョアの右足で防がれる。

その後も右サイドを再三攻め上がる伊東からのクロスに原口が飛び込むなど、日本が圧倒していた時間帯が続いたが、結局メキシコのゴールネットが揺れることはなかった。

メキシコ代表のヘラルド・マルティーノ監督は試合後に「前半の20分、25分間は、私が代表監督に就任してからの2年間で最悪の時間だった」とコメントするほど、メキシコに何もさせず、まさに日本の時間帯だった。

◆前半のツケを払うことになった45分間

再三のチャンスを決め切れなかった日本だが、後半はそのツケを払うことになってしまう。

鎌田と原口が攻撃のキーマンとなっていたことを見抜いたマルティーノ監督はDFルイス・ロドリゲスを右サイドバックに、DFエドソン・アルバレスをボランチに置いて鎌田のマークにつけ、ダブルボランチにしてバイタルエリアのケアを行った。

さらに、中2日からくる立ち上がりの悪さを45分間凌いだことで、後半はギアを上げ、プレスの強度やデュエルでの勝率を上げていった。

それと同時に日本はズルズルと後退。強度を上げるためか、MF柴崎岳(レガネス)と鈴木を下げ、MF橋本拳人(FCロストフ)とMF南野拓実(リバプール)を起用したが、これが裏目に。中盤のバランスが崩れ、前半からメキシコの攻撃の芽を摘み、攻撃のスイッチを入れていたMF遠藤航(シュツットガルト)をメキシコは封じに行き主導権を握ることに成功。そして、押し込んだ状態で難しい局面をエースのFWラウール・ヒメネスが決め切って先制したのだ。

明らかに日本よりは決定機の数が少なかったメキシコだが、そこを決め切って先に試合を動かすあたり、やはりレベルが1つも2つも違うことを証明した。シュートのアイデアもさすがだが、良い時間帯で仕留めるチームとしての能力の高さは日本にはないものだった。

ビハインドとなった日本だが、押し上げることができない。鎌田にもボールが入らなくなり、前線の4枚はプレスに走らされることに。さらに無理やり縦につけようとすればそこを狙われ、メキシコボールにされるという悪循環が続いた。その結果、南野に入れたボールを奪われた流れからFWイルビング・ロサーノにゴールを許し、5分間で2失点。その後は、ピッチが霧に包まれたように、日本のサッカーも霧の中に入り込み、0-2で敗れた。

◆わずかでも決定的な差

前半は日本、後半はメキシコという45分ずつで大きく流れが変わった試合だが、こういった試合をモノにできなければ、ワールドカップでベスト8に入ることはできないだろう。

いや、このメキシコですら1994年のアメリカ・ワールドカップから7大会連続でベスト16で敗退している。そのメキシコに良いようにやられている今のままでは、ベスト8に自信を持って進めるとは言えないだろう。

両チームの差は様々なところにあるが、大きくは2つだと考えられる。1つは90分間でゲームをデザインする力だ。

森保一監督が就任してから、日本代表はピッチ内での対応力を身に付けようと活動を続けてきた。それは、冒頭でも触れた2018年のロシア・ワールドカップ ラウンド16でのベルギー代表戦での苦すぎる経験があるからだ。

誰もがベルギー優勢だと考えていたあの試合、日本が原口と乾貴士のゴールで2点のリードを奪う。日本人を含め多くの人が予想していなかった番狂わせが起こると思ったが、その後に起きたことは悲劇としか言えなかった。

あの試合で日本が痛感したのは、ピッチ上での対応力、判断が勝敗を分けるということだった。2点ビハインドになったベルギーのロベルト・マルティネス監督は、スピードとテクニックに優れるドリエス・メルテンスとヤニク・フェレイラ・カラスコを下げ、高さのあるマルアン・フェライニナセル・シャドゥリを投入する。そのメッセージを受け取ったベルギーの選手たちは、高さで日本に対抗し、セットプレーから5分間で2点を奪って同点とした。

あの試合にも出場していた原口は、メキシコ戦後に「実力がすごくある相手に対して、なんで毎回こうなるんだという感情になりました」と本音を吐露。良い試合運びをしながらも、簡単に相手にゴールを許す展開に「まさにフラッシュバックしました」とベルギー戦を思い出したといった。

2年が経過し、日本代表が成長していないとは言わない。ただ、ワールドカップでベスト8に入るだけの力は、まだ備わっていないことを痛感させられたメキシコ戦だった。

そして2つ目は、そのデザインを可能にする基本的なプレー精度だ。メキシコ戦では細かなミスが特に後半に散見。パフォーマンスが徐々に落ち、メキシコが勢いづく要因にもなった。吉田麻也(サンプドリア)は「1個つながれば、1個相手のプレスをかいくぐれば、もう1mボールが前に出てれば、というシーンが非常に多かった」とコメントした。あと1歩というところの精度を上げなければ、デザインした通りには上手くいかなくなってしまう。

柴崎も「選手個々人の能力というか、メキシコの選手はテクニックもしっかりしていたので、そこで差が出てしまった」と語った。個々人が残り2年でさらにレベルアップしなければ、日本がベスト8に入ることは難しいだろう。

◆あと2年で何を積み上げていくか

試合前に「指標になる試合」と原口や柴崎は口にしていたが、まさに日本代表の現在地を知る良い機会となった。もちろん勝って課題を見つけられた方が良いが、この試合をこの状況下でこのタイミングで行えたことは非常に大きな価値がある。

「今日がワールドカップじゃなくてよかった」と試合後に原口が語ったが、貴重な経験を2年前にできたことは大きい。「この2年間を無駄にせず」とも語ったように、長いか短いかは分からないが、残りの2年でやるべきことは整理できるはずだ。

アジアでの戦いだけでは感じられない課題、そして日本国内での親善試合では得ることのできない経験を今回の日本代表はしたはずだ。次は来年3月のカタール・ワールドカップ アジア2次予選。Jリーグ組も予選では招集される可能性もあるが、この4カ月で誰が何を積み上げるか。それぞれのクラブでのプレーにより一層注目する4カ月となりそうだ。
《超ワールドサッカー編集部・菅野剛史》
関連ニュース
thumb

緊急事態宣言の延長で3月下旬のIMDに影響か?/六川亨の日本サッカー見聞録

JFA(日本サッカー協会)の技術委員会は3月4日に今年3回目の会合を開き、終了後に反町技術委員長が記者からの質問に応じた。 7日を期限としていた4都府県の緊急事態宣言を菅首相は2週間程度延長する意向を示したことで、反町技術委員長は「アンダーカテゴリーの活動は延期する」と決定した。 気になる3月下旬のIMD(インターナショナルマッチデー)でのサムライブルーのW杯アジア2次予選モンゴル戦とU-24日本代表のテストマッチ2試合だが、反町技術委員長は「2週間程度の“程度"が気になる。2週間弱になるのか、最終的に政府の決断に従うが、我々は活動したい。それを政府がどんな判断をするか。五輪の活動も含めてお願いしている段階で、解除されたらできるよう粛々と準備を進めている。持ちうるものすべてを生かして万全の対策をとりたい」と決意を表明した。 反町技術委員長によるとアルゼンチンは3月20、21日まで国内リーグがあるため来日は試合直前になる。そこでアスリートトラック(ホテルとスタジアムと練習場の往復に移動を制限し、専用車で移動することを条件に14日間の待機措置の免除)が適用されることが試合開催の前提条件となる。 それは30日のモンゴル戦も同様で、延期となった25日のミャンマー戦(日産スタジアム)の代わりのテストマッチに関しては、3月1日の会見で反町技術委員長は「現実的にアジアしかない」と話していたが、韓国が浮上していることを質問されると「それはノーコメント」と言葉を濁した。 ただ、補足して「活動はしたい。できるだけ強い相手と」と述べたため、韓国との対戦になる可能性は高いだろう。 政府の緊急事態宣言の延長が決まれば、Jリーグは8日に予定されているNPB(日本野球機構)と専門ドクターによる対策連絡会議で善後策を協議することになるだろう。4都府県での試合は20時までに終了するようキックオフ時間を18時に早めることが予想され、J1リーグなら来週水曜10日の第3節と17日の第5節が対象試合となる。 そして観客数も5000人か50パーセントの少ない方ということになるだろう。その代わり、緊急事態宣言の出されていない地域では、引き続きキャパシティの50パーセントの入場者を認めるよう働きかけるのではないだろうか。 気になるのは昨日3日に名古屋と対戦する予定だったG大阪の4選手に陽性判定が出て、もう1人が濃厚接触疑い者ということで試合が中止されたことだ。これ以上、感染が拡大しないことを祈りつつ、感染経路の追跡はしっかり行って欲しい。 今回の中止により、G大阪が名古屋との代替日程を確保できない場合、今シーズンは降格があるため「みなし開催」として0-3で敗戦となる可能性もある。くれぐれも初のケースとならないよう、代替日程の確保に全力で取り組んでもらいたい。 <hr>【文・六川亨】<br/><div id="cws_ad">1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた</div> 2021.03.04 21:50 Thu
twitterfacebook
thumb

U-24日本代表が今月にU-24アルゼンチン代表と2連戦! 東京五輪出場国と力試し

日本サッカー協会(JFA)は1日、今月のU-24日本代表活動として、U-24アルゼンチン代表との2試合実施を発表した。 1試合目は26日に東京スタジアムで開催され、2試合目は29日に北九州スタジアムで予定。U-24日本代表にとって、昨年1月以来となる実に1年2カ月ぶりの対外試合となる。 U-24アルゼンチン代表は南米予選を1位で通過して、今夏開催予定の東京オリンピック出場権を獲得。U-24日本代表にとっても本番を想定した力試しの一戦になりそうだ。 なお、いずれの試合もる国際親善試合として催され、ナイトゲームで調整。U-24日本代表とU-24アルゼンチン代表の対戦は2017年12月のチーム立ち上げ以降初だという。 2021.03.01 17:35 Mon
twitterfacebook
thumb

【2022年カタールへ期待の選手vol.64】2019年J王者のポステコグルー監督が才能を高く評価。18歳のドリブラーは高みを目指す/樺山諒乃介(横浜F・マリノス/FW)

「彼はまだ若い。キャンプでチャンスをつかみ、開幕戦でデビューした。彼にとっては悔しいデビュー戦になったし、ホントに残念な結果だったが、まだまだ伸びしろがある。これからしっかりと成長を見ていきたいし、楽しみにしています」 2020年Jリーグ・天皇杯の2冠・川崎フロンターレに2019年J1王者の横浜F・マリノスが挑んだ26日の2021年J開幕戦。序盤から川崎Fが圧倒的にボールを支配し、家長昭博が立て続けに2ゴールを奪う中、アンジェ・ポステコグルー監督が高評価したトリコロールの18歳・樺山諒乃介が爪痕を残した。 横浜FMでは2007年の長谷川アーリア・ジャスール(FC町田ゼルビア)以来という高卒開幕スタメンを勝ち取った背番号35は、相手最終ラインのジェジエウやアンカーのジョアン・シミッチに積極果敢にプレスをかけにいき、アグレッシブさを前面に押し出した。 そして前半39分にはジェジエウら2枚相手に得意のドリブルでしかけ、緩急をつけながらかわしてみせた。ゴール前に送ったラストパスには誰も反応せず、得点には至らなかったが、プロデビュー戦で思い切ってよさを出しに行ける強心臓ぶりが大いに光った。 2点のビハインドを巻き返すべく、ポステコグルー監督は後半から水沼宏太や前田大然ら実績ある面々を投入したため、樺山は45分で交代を余儀なくされた。が、王者相手に真っ向勝負に打って出た経験は大きな財産になったはずだ。 「スタメンと知らされた時は正直、嬉しかったです。キャンプからアピールしてきて、メンバーに入れたらいいなと考えていたけど、まさかスタメンとは思いませんでした。ただ、どれだけ自信を持って挑んでも、やっぱり王者はすごかった。楽しかったけど、全然自分のよさを出せなかったですね。どんな相手でも自分のよさを出せるようにしないといけないという課題が残りました」と本人も最高峰チームとの実力差を素直に認めていた。 大阪のRIP ACE(リップエース)FCに在籍した中学時代から注目を集め、興国高校時代には2018年U-16代表としてインターナショナルドリームカップに参戦するなど、大器の予感を漂わせてきた樺山。高校3年になる前の2020年2月には横浜FM入りが内定し、練習にも参加していた。他の10代選手よりは一歩早くプロの水に馴染んだはずだったが、川崎Fの連動したハイプレスとダイレクトパスを素早くつなぐ攻撃は想像を絶するものだったのだろう。 しかしながら、そこに食らいつかなければ明るい未来は開けてこない。横浜から日の丸を背負った川口能活(U-24日本代表GKコーチ)や中村俊輔(横浜FC)、齊藤学(名古屋)といった偉大な先人たちも、最初から順風満帆だったわけではないのだ。 中村俊輔の例を振り返ると、桐光学園からプロ入りした頃は線が細く、90分戦えるフィジカルを備えていなかった。そこで当時のアスカルゴルタ監督が後半25〜30分に投入し、徐々に強度に慣れるように仕向け、プレー時間を伸ばしていった。その結果、1年後には、岡田武史監督(現FC今治代表)率いる日本代表候補に呼ばれるまでになった。 かつてオーストラリア代表を指揮し、横浜FMをJ1王者へと導いたポステコグルー監督から才能を買われた樺山も少なからずチャンスを与えられるはず。そこでJ1の強度に適応し、攻守両面で獅子奮迅の働きを見せ、ドリブル突破という自身の武器を発揮できるようになれば、定位置確保も見えてくる。エウベルやマルコス・ジュニオールら外国人助っ人のコンディションが整っていない今はまさに千載一遇の好機。ここで畳みかけていくべきだ。 「自分のよさというのは、ドリブルで局面を打開することと、スルーパスやドリブルでチャンスメイクしてゴールをお膳立てすること。そうやって今回もチームの得点に関われるようにしたかったですね。前向きに仕掛けられる時にはもっと積極的にドリブルに行って、1回のチャンスでもゴールにつなげられるようにしたいと強く思いました」 本人は自身のやるべきことを明確に見据えている様子。それをいち早く早く具現化できるかどうかが肝心だ。幸いにして、今季の横浜FMにはYBCルヴァンカップもあり、若手の出場機会は増える。しかも3〜6月は超過密日程。どうしてもローテーションが必要になる。となれば、無尽蔵に走れる若さは大きな武器になる。そこを前面に押し出すことが、今の樺山に求められている。 2002年生まれの彼は2002年ワールドカップが横浜FMの本拠地・日産スタジアムで開催されたことを実際に見ていない世代。それでも、リバウド、ロナウド、ロナウジーニョの3Rが世界王者に君臨したことは知っているだろう。彼らが躍動し、世界を震撼させたピッチで10代のスター候補生が見る者を驚かすような仕事を見せてくれれば、日本サッカー界も活性化されるだろう。 昨今は久保建英(ヘタフェ)を筆頭に海外移籍した10代選手がやや停滞気味であるだけに、Jリーグの若手に気を吐いてもらう必要がある。2月27日の開幕戦でも阿部勇樹(浦和)や大久保嘉人(C大阪)らおっさん軍団の活躍が目立ったが、彼らから主役の座を奪い取る10代の台頭が大いに待たれるところ。 名門クラブで中村俊輔ら先人たちも達成できなかった開幕スタメンを勝ち取った樺山はその筆頭ではないか。貪欲に泥臭く前へ突き進み、新風をもたらしてほしいものである。 <hr>【文・元川悦子】<br/><div id="cws_ad">長野県松本市生まれ。千葉大学卒業後、夕刊紙記者などを経て、94年からフリーのサッカーライターとなる。Jリーグ、日本代表、海外まで幅広くフォローし、日本代表は特に精力的な取材を行い、アウェイでもほぼ毎試合足を運んでいる。積極的な選手とのコミュニケーションを活かして、選手の生の声を伝える。</div> 2021.02.28 16:30 Sun
twitterfacebook
thumb

え? 3月しっかり大事な1試合はやらない感じなんですか!? の巻/倉井史也のJリーグ

先週はモンゴル戦、やっちゃうぞっていうリリースがあったんですけど、今週はミャンマー戦やりませんって、どうなってんだ3月は!! って感じになってきました!! そりゃ確かにミャンマーは今、サッカーどころじゃないかもしれませんからね。まずは命を大事にしてねって感じだし。 と、そういう同情はありつつ、今後の予定ってどうなりそうなのかを今週は検証してみたりします。まず去年、日本サッカー協会が発表した今年の日本代表の予定は、 ・03月25日(木)ミャンマー戦(日産スタジアム)※延期決定 [同日 タジキスタンvsモンゴル] ・03月30日(火)モンゴル戦(アウェイ扱い・フクアリ) [同日 ミャンマーvsキルギス:延期] ・06月03日(木)キリンチャレンジ(札幌ドーム) ・06月07日(月)タジキスタン戦(吹田) ・06月11日(金)キリンチャレンジ(ノエスタ) ・06月15日(火)キルギス戦(吹田) さらにFIFAが指定する試合日は ・08月30日(月)〜09月07日(火) ・10月04日(月)〜10月12日(火) ・11月08日(月)〜11月16日(火) ってことはですね、6月のキリンチャレンジカップを1試合止めてそこでやるかってのが現実的なんですよね。ただ本当を言うと、さっさと予選突破を決めちゃえば、残りの試合は東京五輪の準備のために使えるのにっていうのもあるでしょ? 現時点では 順:チーム/点/試/勝/分/敗/得/失/差 1:日本/12/4/4/0/0/13/0/+13 2:キルギス/7/5/2/1/2/10/5/+5 3:タジキスタン/7/5/2/1/2/6/8/-2 4:ミャンマー/6/5/2/0/3/5/13/-8 5:モンゴル/3/5/1/0/4/2/10/-8 だから、あと2勝すればこのグループは突破できるんだし。 だから日本とミャンマーの2カ国間で調整して4月、5月あたりに試合をやるか、ってことも考えていいと思うんです。だって07月22日(木)〜08月07日(土)は東京五輪がある予定だし(汗)、その前の07月12日(月)と07月17日(土)はU-24日本代表の準備試合が入ってるし。 じゃあ、4月、5月って試合スケジュールどうなの? っていうと、○が空いてる日、そして×はACLの関係で難しいだろうって日。 【4月】 月・火・水・木・金・土・日 ■・■・■・○・2・3・4 ○・6・7・○・○・10・11 ○・×・14・×・16・17・○ ○・×・21・22・×・24・25 ×・27・×・×・× 【5月】 月・火・水・木・金・土・日 ■・■・■・■・■・1・2 ×・×・×・×・×・8・9 ○・○・12・○・○・15・16 ○・○・○・○・○・22・23 ○・○・26・27・○・29・30 31 いや、もうすでにパンパンなんですけど。でも何とかここにぶっ込めないか? 海外組は帰ってこられないかもしれないけど!! ね? どうですかね? ってこのコラムにしては珍しく前向きな提案型……か、訳もわかってなくて言い放ってるだけなんですけどね。 <hr>【倉井史也】 試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。 2021.02.20 12:30 Sat
twitterfacebook
thumb

日本代表、3月のW杯予選のミャンマー代表戦が延期に

日本サッカー協会(JFA)は19日、3月25日に日産スタジアムで開催予定だったカタール・ワールドカップ アジア2次予選兼AFC アジアカップ中国2023予選のミャンマー代表戦が延期となったことを発表した。 JFAによると、ミャンマーサッカー連盟より、アジアサッカー連盟(AFC)に対して3月のインターナショナルマッチカレンダーで予定している試合の開催延期を求めるレターが提出。AFCがこれを承認したとのことだ。 ミャンマーは、2月に予定されていたオマーン代表とのフレンドリーマッチが中止となっており、3月には日本戦のほか、バーレーン代表とのフレンドリーマッチも予定されていた。 現時点で新たな日程は未定とのこと。決定次第発表されるという。 日本代表は、3月にミャンマーとモンゴル代表とワールドカップ予選を戦う予定。モンゴル代表戦はアウェイでの試合の予定だったが、新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大の影響を受け、日本国内で開催。3月30日にフクダ電子アリーナで行われる。 2021.02.19 17:52 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly