日本代表が直面した2年前の悪夢が過る“わずか”ながらも決定的な差/日本代表コラム

2020.11.18 19:45 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
◆日本が主導権、敵将に“最悪”とまで言わせるパフォーマンス

パナマ代表戦から中3日の日本と、韓国代表戦から中2日のメキシコと、コンディションの差はあれど、日本は立ち上がりから積極的な入りを見せる。

最初の10分ぐらいはメキシコに効果的な攻撃こそさせなかったものの、日本もプレスに引っかかるシーンがあり、一進一退の攻防となった。しかし徐々に日本の前線がコンビネーションを見せ躍動する。

10分すぎには2列目右サイドの伊東純也(ヘンク)が中央に絞ってプレスをかけてボールを奪うと左へ展開。ボックス内でパスを受けた鎌田大地(フランクフルト)が相手を引きつけて中央へ送るも、これには鈴木武蔵(ベールスホット)がわずかに合わず、先制のチャンスを逃す。

さらに12分には、再びボール奪取から原口元気(ハノーファー)がドリブルでカットインから強烈なミドルシュート。枠を捉えていたシュートだったが、GKギジェルモ・オチョアが鋭い反応でセーブする。

そして15分には左サイドで粘った原口が中央へ折り返すと、フリーで受けた鈴木がボックス内中央からシュート。しかし、これはオチョアの右足で防がれる。

その後も右サイドを再三攻め上がる伊東からのクロスに原口が飛び込むなど、日本が圧倒していた時間帯が続いたが、結局メキシコのゴールネットが揺れることはなかった。

メキシコ代表のヘラルド・マルティーノ監督は試合後に「前半の20分、25分間は、私が代表監督に就任してからの2年間で最悪の時間だった」とコメントするほど、メキシコに何もさせず、まさに日本の時間帯だった。





関連ニュース
thumb

日本が泣いたPK戦を英『BBC』解説者が論じる 「練習したことがないかのよう」

カタール・ワールドカップ(W杯)のラウンド16で力尽きた日本代表について、イギリス『BBC』の解説者勢が勝負の行方を決したPK戦の不出来を指摘している。 グループステージでドイツ代表、スペイン代表とW杯優勝経験国を連破して首位突破を決め、16強入りした日本。5日のラウンド16では前回準優勝のクロアチア代表と激突して前半終盤に先制したが、後半に追いつかれ、延長戦の末にPK戦を迎えた。 日本の先行でスタートしたPK戦だが、4人目までに1番手のFW南野拓実、2番手のMF三笘薫、4人目のDF吉田麻也が相手GKにコースを完全に読み切られ、失敗。一方、クロアチアは3人目こそ左ポストを叩いたが、残り3選手が成功させ、勝負を決した。 PK戦は運任せなところもあるが、クロアチアと比べて単純に質の部分で劣った感も。そんなPK戦をアラン・シアラー氏とアシュリー・ウィリアムズ氏が振り返っている。 シアラー氏は「彼らはPKを蹴りにいくとき、あまりにも淡白だった。ボールを強く蹴り込めたり、狙い通りにいった選手がいたのかわからない。ボールを置いて、コースを決め、思い切って蹴るものだ」と論じた。 一方、ウィリアムズ氏は「あのPK戦では日本に信念が欠け、クロアチアのような自信がないように感じた。前半が非常に良かったからタフで、残念だ。今大会を通じてもずっと素晴らしい存在だったしね」と評した。 また、シアラー氏は「最終的に経験がものを言った」とも語り、あのようなプレッシャーがかかる場数の違いが両国の差として今回の結果に反映されたのではと結論づけた。 「あの状況下のプレッシャーがどういうものなのか、経験者ならば知っているし、クロアチアの方がずっとうまく対処した。日本からすれば、非常に悔しい思いをしたことだろう。まるでPKの練習をしたことがないような感じだったし、彼らには大きすぎた」 2022.12.06 11:50 Tue
twitterfacebook
thumb

「尊敬に値する」スタンドに深々とお辞儀する森保監督に海外からも反響「日本を称賛しないのは難しい」

日本代表の森保一監督の振る舞いに反響が生まれている。 5日、カタール・ワールドカップ(W杯)のラウンド16でクロアチア代表と対戦した日本。前回大会準優勝国相手に先制した日本だが、後半に同点に追い付かれると、延長でも決着はつかずPK戦に突入。最後は経験値の差で敗れ、4度目のベスト8挑戦は失敗に終わった。 試合後には多くの選手たちが涙を流した中、チームを指揮してきた森保監督は選手たちを慰めた後スタンドに応援にきたサポーターたちに向かって深々と一礼をした。 最後は90度近くまで頭を下げたその姿は海外でも反響。『ESPN』の公式SNSでも「日本代表の森保一監督は、カタールまで応援に駆けつけてくれたファンに感謝の気持ちを込めてお辞儀した 尊敬!」と取り上げられ、ファンからも「リスペクト!」、「素晴らしい指揮官だ」、「最後まで丁寧だった」、「日本を称賛しないのは難しい」といった声が集まっている。 インタビューや会見では常々ファンやサポーターへの感謝を欠かさない森保監督。クロアチア戦後の姿からもその思いがヒシヒシと伝わってきた。 <span class="paragraph-title">【写真】さらに頭を下げ、最後には90度近く、いや90度以上頭を下げた森保監督</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Japan manager Hajime Moriyasu bowed in appreciation to the fans who traveled all the way to Qatar to support their team <br><br>Respect! <a href="https://t.co/zokP53cCoC">pic.twitter.com/zokP53cCoC</a></p>&mdash; ESPN FC (@ESPNFC) <a href="https://twitter.com/ESPNFC/status/1599840417742262272?ref_src=twsrc%5Etfw">December 5, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.12.06 11:00 Tue
twitterfacebook
thumb

相手GK称えた森保一監督、3人失敗のPK戦で日本サッカーの課題を指摘「強く狙ったところに蹴る技術は改善しなければ」

日本代表の森保一監督が、日本サッカーが抱える課題の1つにキックの技術を挙げた。 5日、カタール・ワールドカップ(W杯)のラウンド16が行われ、日本は史上初のベスト8進出を懸け、前回大会準優勝のクロアチア代表と対戦した。 今大会はドイツ代表、スペイン代表と2つのW杯王者とグループステージで同居。突破がの可能性が非常に難しいと見られた中、日本は初戦でドイツに逆転勝利。そして第3戦でスペインに逆転勝利を収め、グループステージを首位で突破した。 そして迎えたクロアチア戦。相手に支配される時間帯もありながら前田大然のゴールで先制。今大会を通じて初めて先制したが、後半に追いつかれると、そのまま試合は120分を終えても1-1で終了。PK戦では3人が相手GKにセーブされるなどし、1-3で敗れ、4度目の挑戦でもベスト16を超えることはできなかった。 勝利まで近づいていた中での敗戦。またしても越えられなかった壁だが、その運命を託されたPK戦では、1人目の南野拓実、三笘薫が失敗。そして4人目の吉田麻也も失敗して敗退となった。 失敗した全てのシュートが相手GKドミニク・リヴァコビッチによってセーブされたが、どのシュートも力なく、コースが甘いものに。相手のGKを褒めるしかないというシュートではなかったのも事実だ。 試合後の記者会見でPK戦について問われた森保監督は「運だと思いますし、訓練だと思います」とコメント。日本のキックの技術がまだまだ足りていなく、日本サッカーが抱える課題の1つであると言及した。 「これまでも育成年代も含めて色んなことを経験させてもらいましたが、ボールを強く狙ったところに決めていくという所では、日本とヨーロッパであったり世界のトップで走るチームの差はあるなと感じてきていました」 「今日の試合に関しては、相手のGKが本当に素晴らしかったですし、PKを止められたところはあると思いますが、もっと強く狙ったところに蹴れることが駆け引きにつながると思うので、今後の日本サッカーでは改善しなければいけないところの1つだと思っています」 2022.12.06 10:57 Tue
twitterfacebook
thumb

「ワクワクして感動して、悔しくて涙が出てくる」日向坂46・影山優佳さんが日本代表への想いを綴る「叶う夢を叶えたいです!」

日向坂46の影山優佳さんが、カタール・ワールドカップ(W杯)の戦いを終えた日本代表についての想いを綴った。 5日、日本は史上初のベスト8進出を懸け、前回大会準優勝のクロアチア代表とラウンド16で対戦した。 今大会はドイツ代表、スペイン代表と2つのW杯王者とグループステージで同居。突破がの可能性が非常に難しいと見られた中、日本は初戦でドイツに逆転勝利。そして第3戦でスペインに逆転勝利を収め、グループステージを首位で突破した。 そして迎えたクロアチア戦。相手に支配される時間帯もありながら前田大然のゴールで先制。今大会を通じて初めて先制したが、後半に追いつかれると、そのまま試合は120分を終えても1-1で終了。PK戦では3人が相手GKにセーブされるなどし、1-3で敗れ、4度目の挑戦でもベスト16を超えることはできなかった。 普段からサッカー好きとして知られ、サッカーへの愛情と鋭い分析が話題の影山さんは、「ABEMA」では日本戦の中継にも出演するなど本領を発揮。このクロアチア戦も、1-1でPK戦にも連れ込んで勝利すると予想し、ほぼ的中させるという鋭さを見せていた。 その影山さんは試合後に自身のインスタグラムを更新。番組の台本に自分が感じたことをメモしたものを公開するとともに、悔しさも残る中で、日本代表への想いを長文で綴った。 「日本 対 クロアチアの試合が終わりました。取り急ぎ、私の想いを書きとめさせていただきます。散文となりそうです、すみません!」 「本当に本当にレベルの高く素晴らしいゲームを私たちに届けてくださりありがとうございました!私はアジア最終予選から応援アンバサダーのような役職をいただき、ファンの皆さんの先頭に立って日本を応援する覚悟で日々取り組ませていただきました」 「そこでは日本代表の戦術をはじめとした様々な試行錯誤の過程を学ばせていただいたとともに、今のこの世界や社会でファンのみなさんの「声」がどれほどストレートに心にずしんと届くかということを身をもって感じることができました」 「日本中からの応援を一身に背負って、仲間のために勝利のために、自分を信じて諦めずに突き進んでいく代表選手・監督に私も勇気や感動をいただきました。改めて、本当にありがとうございます」 「「信じれば夢は叶う」という言葉をさも自分が生み出したかのように日本の試合のたびに口にしていたのですが、そう思わせてくれたのも実際にそうしたのもみなさんの力です」 「どうしても手の届かない目標がより鮮明にかたちづくられて、たとえ初めはそれが口に出すことを躊躇するほど大きなことだったとしても、叶う夢、叶うからこそ叶えたい夢になるんだなあと思うようになりました」 「だからこそ、これからは!叶う夢を叶えたいです!」 「みなさんと一緒に叶う夢を追い続けたいです!だってこんなにも楽しくてワクワクして感動して、悔しくて涙が出てくるんですもん!最高です。最高に素敵です」 「私はその場で浮かんだ言葉たちをまとめるのが下手で、これまで台本1ページ1ページにその言葉をメモしてきました」 「今回の生放送上で、突然溢れ出た言葉をうまく自分で処理できず申し訳なく思っています。もしよろしければそのメモたちを見ていただけると嬉しいなあと思います。よろしくお願いします!」 「そして、ワールドカップはまだまだ続いていきます!これからさらに白熱するワールドカップを盛り上げていくために精進していきます!」 「今回の大進撃を機に「サッカーって楽しい」「さらに好きになった」というみなさんにも、例えば「日本と激闘を繰り広げたクロアチアがどのように世界を相手に挑戦していくのか」「日本が勝ったスペインってこんなに強いんだなあ」といったように、この先も続く楽しみや興奮を感じながらワールドカップという最高の舞台を私と一緒に味わっていただけたら嬉しいです。これからもよろしくお願いします!!!!!!」 「泣くのは嬉し涙だけって、スペイン戦の時に誓ったので、おうちに帰った今、ゆっくりと自分の感情と向き合うことにします」 多くの人が想像していなかった結果を残した日本代表への想い。同じ想いを持つ人は、今この時点では多いはず。日本サッカーの未来のためにも、その想いを持ち続けていってもらいたいところだ。 <span class="paragraph-title">【写真】台本に書かれた日本代表へ想い、真っ白な私服に代表のタオマフ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/ClzHMNhhwTx/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/ClzHMNhhwTx/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/ClzHMNhhwTx/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">影山優佳 / Yuka Kageyama(@kageyamayuka_official)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.12.06 10:42 Tue
twitterfacebook
thumb

涙する前田大然を抱きしめ慰めたクロアチア選手はセルティックのチームメイト、日本のファンも「ありがとう」「大然の分まで頑張ってくれ」

カタール・ワールドカップ(W杯)の舞台でセルティックのクロアチア代表DFヨシプ・ユラノビッチが日本代表FW前田大然を慰めた。 5日に行われたカタールW杯のラウンド16、日本vsクロアチアの一戦。試合は延長戦でも決着がつかず、日本はPK戦を1-3で落とし無念の敗退となった。 4度目のベスト8挑戦も失敗に終わり、PKを外した選手だけでなく多くの選手が涙を流した日本。そんな中、目に涙を浮かべる前田のもとへ歩み寄り、慰めたのがユラノビッチだった。 ユラノビッチはセルティックで前田と一緒にプレー。今回の試合では右サイドバックとしてフル出場し、前田と競る場面もあった。 そんな2人が抱擁する姿をセルティックの公式SNSも投稿。ファンからは「ありがとう」、「また泣けてきた」、「大然の分まで頑張ってくれ」、「これもW杯」とユラノビッチ振る舞いに感動する声が多く上がっている。 <span class="paragraph-title">【動画】前田大然を抱きしめ頭に慰めのキス ユラノビッチの優しい行い</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Josip Juranovic and Daizen Maeda at FT after Croatia knocked Japan out of the World Cup <a href="https://t.co/rZifmfF4Rl">pic.twitter.com/rZifmfF4Rl</a></p>&mdash; The Celtic Way (@celticway1888) <a href="https://twitter.com/celticway1888/status/1599823135313866753?ref_src=twsrc%5Etfw">December 5, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <span class="paragraph-title">【写真】前田大然とユラノビッチの感動のハグ</span> <span data-other-div="movie2"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="und" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/FIFAWorldCup?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#FIFAWorldCup</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/CelticFC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#CelticFC</a> <a href="https://t.co/rcLS5B27Du">pic.twitter.com/rcLS5B27Du</a></p>&mdash; Celtic Football Club (@CelticFC) <a href="https://twitter.com/CelticFC/status/1599883508901519360?ref_src=twsrc%5Etfw">December 5, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.12.06 10:35 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly