チルウェル売却のレスター、スポルティングの逸材DFに興味か 違約金以下での獲得も可能?

2020.11.18 19:15 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レスター・シティがスポルティング・リスボンに所属するU-21ポルトガル代表DFヌーノ・メンデス(18)に興味を示しているようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。

スポルティングの生え抜きであるメンデスは、昨シーズン終盤戦に頭角を現した左サイドのスペシャリスト。新型コロナウイルスによる中断明けの6月にトップチームデビューを果たすと、瞬く間にレギュラーポジションを確保し、今季もここまで公式戦全9試合に先発出場している。

情報によると、メンデスには4000万ポンド(約55億2000万円)のバイアウト条項があるものの、コロナによる財政難からより安価での売却を検討せざるを得ない状況に瀕している模様。そこにレスターをはじめ、多くのプレミアリーグクラブが注目しているようだ。

レスターは、今夏にDFベン・チルウェルをチェルシーに引き抜かれ、代わりに左サイドバックでも起用可能な右利きのDFティモシー・カスターニュを獲得。DFクリスティアン・フックスやDFルーク・トーマスらも左サイドバックをカバーできるが、今季は3バックをメインに採用している。その中で首位につけているため、危機的状況というわけでもないが、ポルトガルで評価を高める逸材の動向には引き続き観察を続ける模様だ。

一方で、スポルティングは売却額を引き上げるためにメンデスとの契約更新を準備しているとの情報もあり、予算次第で新たなFWの獲得も考慮しているというブレンダン・ロジャーズ監督がどう動くか注目だ。

関連ニュース
thumb

レスターが“150億円”を投じた新トレーニングセンターの様子を公開、巨大すぎる敷地には21個のピッチを完備

レスター・シティが新しいトレーニングセンターの様子を公開した。 2019年春に着工した新たな施設は昨年末に完成した。1億ポンド(約150億円)を投じて建設されたとされる複合施設は、広さ185エーカー(約75万㎡)で14個のフルサイズピッチを含む、21個のコートを完備。全天候型と思われるピッチは透明なドーム状の屋根で覆われ、採光性も考えられている。 メインの投光照明付きのショーピッチもあり、少数ながら一般市民と訪問メディア用に座席も用意されている。 周囲の環境にも配慮すべく、雨水を制御し、動植物をサポートするために新しく4つの減衰池を設置。豊富な自然の野生生物を助けるために、敷地全体には2万本を超える新しい木や針葉樹が植えられた。 2015-16年にはプレミアリーグを制覇し、昨季はFAカップのタイトルを手にしたレスター・シティ。今季のプレミアリーグでは、ここまで第4節を終えて2勝2敗で9位につけている。 また、16日にはヨーロッパリーグ(EL)グループC第1節でナポリをホームに迎える。施設面での充実を初の国際タイトル獲得に向けて追い風にしたいところだ。 https://www.lcfc.com/news/1950709/leicester-citys-spectacular-new-training-ground-the-numbers <span class="paragraph-title">【動画】大きすぎるレスターの新トレーニングセンター</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="tiktok-embed" cite="https://www.tiktok.com/@lcfc/video/7007369153514310918" data-video-id="7007369153514310918" style="max-width: 605px;min-width: 325px;" > <section> <a target="_blank" title="@lcfc" href="https://www.tiktok.com/@lcfc">@lcfc</a> <p>Welcome to our training ground </p> <a target="_blank" title=" CITY OF ANGELS 24KGoldn Funk Remix - LLusion" href="https://www.tiktok.com/music/CITY-OF-ANGELS-24KGoldn-Funk-Remix-6783833309634988806"> CITY OF ANGELS 24KGoldn Funk Remix - LLusion</a> </section> </blockquote> <script async src="https://www.tiktok.com/embed.js"></script> 2021.09.17 07:35 Fri
twitterfacebook
thumb

【EL第1節まとめ】優勝候補対決は白熱のドロー決着!ウェストハム、レバークーゼン、リヨンは順当に白星発進

2021-22シーズンのヨーロッパリーグ(EL)・グループステージ第1節が16日にヨーロッパ各地で行われた。 グループC第1節では共に優勝候補に挙がるレスター・シティvsナポリのビッグマッチが行われ2-2の引き分けに終わった。 試合が動いたのは立ち上がりの9分、ダカとのワンツーで左サイドを突破したバーンズのクロスをファーサイドに走りこんだアジョセ・ペレスが右足ボレーで流し込み、レスターが先制した。 先制を許したナポリは37分、ボックス右深くから侵入したオシムヘンの折り返しをジエリンスキがシュート。さらに45分にはインシーニェの右クロスからロサーノが頭で合わせたが、共にシュートはGKシュマイケルの好セーブに防がれた。 迎えた後半、再びゴールネットを揺らしたのはレスターだった。54分、敵陣での細かなパスワークからダカがゴールネットを揺らしたが、わずかにオフサイドラインを出ており、VARの末にオフサイドを取られた。 それでもレスターは64分、中盤でボールをカットしたイヘアナチョが右サイドからダイアゴナルパスを送ると、バイタルエリア左で受けたバーンズがボックス左からシュートを流し込んだ。 2失点を喫したナポリだが、すぐに反撃を開始。すると69分、相手ボックス付近でワンタッチパスを繰り返すと、ファビアン・ルイスのパスをボックス内で受けたオシムヘンがトラップで前を向くと飛び出したGKの上を越すループシュートを流し込んだ。 さらにナポリは、87分にもポリターノの右クロスからオシムヘンがヘディングシュートを突き刺し、土壇場で同点に。結局、試合はそのまま2-2のドローで終了した。 また、グループH初戦でディナモ・ザグレブのホームに乗り込んだウェストハムは、22分にランシーニのプレッシャーでカテリーヌのGKへのバックパスを誘うと、これを狙っていたアントニオがボックス左でボールをカット。飛び出したGKをかわし無人のゴールにシュートを流し込んだ。 先制したウェストハムは、後半開始早々の50分にも左サイドを突破したしたライスがボックス左から相手GKの股下を抜くシュートを決め、2-0で勝利した。 その他の強豪チームでは、レバークーゼンがパラシオスとヴィルツのゴールなどでフェレンツヴァーロシュに逆転勝利。リヨンもエカンビとスリマリのゴールでレンジャーズに2-0で快勝。一方、ラツィオはガラタサライにアウェイで0-1の敗戦となった。 ■ELグループステージ第1節結果 ◆グループA ブレンビー 0-0 スパルタ・プラハ レンジャーズ 0-2 リヨン ◆グループB モナコ 1-0 シュトゥルム・グラーツ PSV 2-2 レアル・ソシエダ ◆グループC レスター・シティ 2-2 ナポリ スパルタク・モスクワ 0-1 レギア・ワルシャワ ◆グループD フランクフルト 1-1 フェネルバフチェ オリンピアコス 2-1 アントワープ ◆グループE ロコモティフ・モスクワ 1-1 マルセイユ ガラタサライ 1-0 ラツィオ ◆グループF ツルヴェナ・ズヴェズダ 2-1 ブラガ ミッティラン 1-1 ルドゴレツ ◆グループG ベティス 4-3 セルティック レバークーゼン 2-1 フェレンツヴァーロシュ ◆グループH ラピド・ウィーン 0-1 ヘンク ディナモ・ザグレブ 0-2 ウェストハム 2021.09.17 06:50 Fri
twitterfacebook
thumb

EL初戦に自信を覗かせるレスター、ロジャーズ監督「良い結果が得られると思う」

レスター・シティのブレンダン・ロジャーズ監督がナポリ戦への意気込みを語った。クラブ公式サイトが伝えている。 16日にヨーロッパリーグ(EL)を控えるレスター・シティは、グループCの初戦でナポリとホームで対戦する。 戦力としては現在、イングランド人DFジェームズ・ジャスティン(22)が右ヒザ前十字じん帯の断裂、U-21フランス代表DFヴェスレイ・フォファナが腓骨骨折の重傷と最終ラインの2人が長期離脱を余儀なくされている状況だ。 ただ、その他に大きなケガ人はいないことから、ロジャーズ監督は「ケガの面では非常によく見えている」とコメントしている。 さらに、今年からレギュレーションが変更となり、グループステージの首位がラウンド16へストレートイン、2位となった場合はチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ3位とのプレーオフに回ることとなっている。 この点に関しても指揮官は昨年の結果(ELグループGで首位)を踏まえて問題ないと考えているようだ。『touch wood』という幸運を呼び込むおまじないを使って次にように述べた。 「昨年の私の考えは、グループをトップで終えることだった。そして、それを達成した。(ナポリ戦は)どのチームで試合をすることになっても自信がある。選手たちがフィットネスに戻ってきたので、深みを作るために何人かのプレーヤーを連れてきた。うまくいけば、今からクリスマスまでの間に見ることができる」 「試合が近いのでとても重要な時期だ。選手が必要になります。どのメンバーを送り出しても、良い結果が得られると思う。ここ数シーズンは残念だったけれど、木に触れてみて、うまくいけば、我々は必要なフィットネスと少しの幸運を手に入れられる」 2021.09.16 21:45 Thu
twitterfacebook
thumb

ベルナルド・シウバが決勝弾! シティがレスター撃破で3戦連続完封勝利《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第4節、レスター・シティvsマンチェスター・シティが11日にキング・パワー・スタジアムで行われ、アウェイのシティが0-1で勝利した。 レスターはインターナショナルマッチウィーク前に行われた前節のノリッジ戦を2-1で競り勝ち、2勝1敗とまずまずの滑り出しを見せている。前節からはソユンクを除く最終ライン3枚を変更し、カスターニュと共にヴェステルゴーア、バートランドの元サウサンプトンコンビが起用された。 一方、トッテナムとの開幕戦を落としたシティは、以降ノリッジ、アーセナルにいずれも5-0の圧勝を収めてバウンスバックに成功。昨季の序盤戦で大敗するなど、やや相性が悪い難敵とのアウェイゲームでは、アーセナル戦と全く同じスタメンを採用。ブラジル代表派遣を拒否したことで、FIFAからの出場停止の可能性が報じられたGKエデルソンやガブリエウ・ジェズスもお咎めなしで無事起用された。 開幕前のコミュニティ・シールドで対峙した両者による今季3勝目を懸けた強豪対決。試合はホームのレスターがシティを意識した堅守速攻スタイルを採用したことで、序盤からアウェイチームがボールの主導権を握る。 開始6分にはボックス内でジェズス、ベルナルド・シウバ、ギュンドアンとシティが連続で3本のシュートを放つが、これはレスター守備陣の身体を張った対応に遭う。 一方、レスターもヴァーディら前線のスピードを生かしたカウンターで応戦。8分にはヴァーディが右サイド深くに侵攻し、逆サイドに走り込むバーンズを狙った高精度のクロスを供給するが、バーンズが相手と交錯しながらも放ったシュートはGKエデルソンの好守に遭う。 その後は圧倒的にボールを握るシティがグリーリッシュの仕掛けや、前線で積極的に駆け引きを見せるフェラン・トーレスを起点にチャンスを創出。だが、最後の場面で粘るレスターの守備をこじ開けられず。ただ、レスターもヴェステルゴーアをターゲットにしたセットプレー、カウンターから幾度か見せ場を作るが、こちらもシティの堅守をこじ開けるまでには至らず。 コミュニティ・シールド同様に拮抗した攻防が続く中、試合はゴールレスで後半に突入。立ち上がりの48分にはヴァーディの右クロスからバーンズに決定機も、ヘディングシュートはクロスバーを掠めて枠を越える。さらに、直後には相手最終ラインの背後を取ったヴァーディがボックス内でGKエデルソンをかわして無人のゴールへシュートを流し込むが、これは惜しくもオフサイドの判定となった。 後半に入ってやや守勢を強いられるシティだったが、粘りの守備でピンチを凌ぐと、60分過ぎにゴールをこじ開ける。62分、相手を押し込んでカンセロがボックス外から果敢にミドルシュートを放つ。このこぼれ球をゴール左で回収したベルナルド・シウバが角度のないところから左足のシュートをゴール右隅に突き刺した。 先手を奪ったシティは66分、フェラン・トーレスを下げてスターリングを投入。攻撃のアプローチを変えながら追加点を狙う。対するレスターはマディソン、バーンズを下げて、イヘアナチョとこれがデビュー戦となるルックマンを試合終盤に同時投入した。 すると76分、カウンターから前線でキープしたイヘアナチョのスルーパスに、抜け出したルックマンに決定機。だが、ここはGKエデルソンにうまくシュートコースを消されてデビュー戦ゴールとはならず。 その後は代表戦明けという状況もあり、やや消耗戦が色濃い展開となった中、ホームチームがより優勢に試合を運んだものの、要所を締めるシティの堅守を前にゴールが遠い。 そして、試合はこのままタイムアップを迎え、コミュニティ・シールドのリベンジを果たしたシティが3試合連続のクリーンシートで3連勝を飾った。 2021.09.12 02:10 Sun
twitterfacebook
thumb

ここ3戦苦戦続きのレスターに敬意を表すペップ「私は彼らの大ファン」

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が、レスター・シティのブレンダン・ロジャーズ監督に敬意を表した。クラブ公式サイトが伝えている。 11日に行われるプレミアリーグ第4節でレスターとのアウェイ戦に臨むシティ。0-1で敗れた今季のコミュニティ・シールドのリベンジマッチとなる。また、昨シーズンの第3節ではホームで2-5の大敗を喫しており、ここ3戦は1勝2敗と苦杯をなめている相手だ。 そんなレスターをペグアルディオラ監督は紛れもない優勝候補のひとつと見ており、敵将であるブレンダン・ロジャーズ監督からは多くを学んでいると敬意を示した。 「レスターは、ここ数年はトップを狙えるクラブのひとつであり、トップクラスのチームだ。私は彼らの監督の大ファンで、彼のチームを見て多くのことを学んでいる」 「また、彼らには一流のスポーツディレクターがいて、必要とする選手ともれなく契約まで結びつけている。レスターとのアウェイ戦は常にタフな試合となる。だが、我々はチャレンジする準備ができているよ」 また、グアルディオラ監督は新戦力のMFジャック・グリーリッシュについても言及。先のインターナショナルマッチウィークではイングランド代表に招集され、ポーランド代表戦ではプレースタイルがら多くのファウルを受けることになった。昨季にプレミアリーグでは最も被ファウルの多い選手だったが、指揮官はあまり気にしていないようだ。 「私が気にしているのは、彼がどうやって自分自身を向上させるかということだ。彼のボール捌きが(ファウルを誘う)原因なのかはわからない。彼がプレーする時、彼は自分とチームのためにアクションを起こす。それによって相手が彼をファウルで止めることがある。時にはノーファウルと言われることもあるが、夜中に眠れなくなるほど頭を悩ませるようなことではない」 2021.09.11 17:00 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly