チルウェル売却のレスター、スポルティングの逸材DFに興味か 違約金以下での獲得も可能?

2020.11.18 19:15 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レスター・シティがスポルティング・リスボンに所属するU-21ポルトガル代表DFヌーノ・メンデス(18)に興味を示しているようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。スポルティングの生え抜きであるメンデスは、昨シーズン終盤戦に頭角を現した左サイドのスペシャリスト。新型コロナウイルスによる中断明けの6月にトップチームデビューを果たすと、瞬く間にレギュラーポジションを確保し、今季もここまで公式戦全9試合に先発出場している。

情報によると、メンデスには4000万ポンド(約55億2000万円)のバイアウト条項があるものの、コロナによる財政難からより安価での売却を検討せざるを得ない状況に瀕している模様。そこにレスターをはじめ、多くのプレミアリーグクラブが注目しているようだ。


レスターは、今夏にDFベン・チルウェルをチェルシーに引き抜かれ、代わりに左サイドバックでも起用可能な右利きのDFティモシー・カスターニュを獲得。DFクリスティアン・フックスやDFルーク・トーマスらも左サイドバックをカバーできるが、今季は3バックをメインに採用している。その中で首位につけているため、危機的状況というわけでもないが、ポルトガルで評価を高める逸材の動向には引き続き観察を続ける模様だ。

一方で、スポルティングは売却額を引き上げるためにメンデスとの契約更新を準備しているとの情報もあり、予算次第で新たなFWの獲得も考慮しているというブレンダン・ロジャーズ監督がどう動くか注目だ。
関連ニュース
thumb

レーティング:チェルシー 0-1 レスター・シティ《FAカップ》

FAカップ決勝、チェルシーvsレスター・シティが15日にウェンブリー・スタジアムで行われ、1-0で勝利したレスターがクラブ史上初のFAカップ制覇を成し遂げた。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。   ▽チェルシー採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210516_0_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 1 ケパ 5.5 失点に責任なし。危なげない守備対応に繋ぎの場面ではリスクを冒さず丁寧に味方に繋いだ   DF 24 R・ジェームズ 6.0 スタートからではあまり見ない3バックの右でプレー。失点に関与してしまったが、それ以外は素晴らしいプレー。マッチアップしたヴァーディに粘り強く対応し、高精度のキックでチャンスも演出   6 チアゴ・シウバ 6.0 最終ラインをうまく統率し、相手2トップに決定的な仕事を許さず。攻撃の場面でも的確な配球、セットプレー時にも賢いプレーを見せた   2 リュディガー 6.0 攻守両面でミスの少ない堅実なプレーを披露。イヘアナチョに対して球際の部分でもソリッドな対応が光った   MF 28 アスピリクエタ 5.5 右ウイングバックのポジションで後ろのジェームズをサポートしたが、攻撃の部分でなかなか良い部分を出せなかった   (→ハドソン=オドイ 5.0) 引かれた相手に対して決定的な仕事はできず   7 カンテ 6.0 エンディディら古巣の若手MFを相手に一歩も譲らず。的確なカバーリングで相手の攻撃をスピードアップさせず、攻撃では後方支援を心掛けた   5 ジョルジーニョ 5.5 相手のプレッシャーをいなしながら要所でクリーンなボールを前線に通す。守備でも運動量と強度を維持   (→ハヴァーツ 5.0) なかなか攻撃面で見せ場を作れぬままタイムアップを迎えた   3 マルコス・アロンソ 5.0 守備ではまずまず奮闘も、攻撃の局面では持ち味であるフィニッシュに絡む仕事をあまり見せられず   (→チルウェル 6.0) 古巣に2度冷や汗をかかせるなど、個人としては上々の出来   FW 19 マウント 6.0 普段に比べてアタッキングサードでのプレー関与は限定的も、相手の嫌がるプレーを幾度も仕掛けた。ファインフィニッシュはシュマイケルのビッグセーブに阻まれる   11 ヴェルナー 5.0 抜け目なく相手のミスや背後を狙うプレーを見せたが、シュート精度を含めフィニッシュの判断が悪かった   (→ジルー -)   22 ツィエク 5.0 守備の貢献や繋ぎ役としてはまずまずも、アタッキングサードでは相手の強度の高い守備に苦戦   (→プリシッチ 5.0) なかなか局面を打開できなかった   監督 トゥヘル 5.0 ヴァーディ対策と思われるリース・ジェームズ起用は当たったが、直近のアーセナル戦に続き先制されて引かれた後の手詰まり感は払しょくできず   ▽レスター・シティ採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210516_0_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 1 シュマイケル 7.5 チームを救う2つのビッグセーブで父ピーターも獲得したタイトルを掴み取る。マイボール時も空いている味方を冷静に使えていた   DF 3 フォファナ 7.0 3バックの右と中央で相手攻撃陣に見事な対応。高い身体能力を生かした無理の利くプレーと冷静な判断が光った   6 エバンス 5.5 軽傷を抱える中での強行出場も前半30分過ぎに無念の負傷交代…。それまでは攻守に奮闘していた   (→オルブライトン 5.5) スクランブル投入となった中で立ち上がりにミスもあったが、後半はきっちりアジャストして普段通りの安定したプレーを見せた   4 ソユンク 6.5 背後を狙うヴェルナーらに粘り強く対応。攻守のセットプレーでは頼もしい存在となった   MF 7 カスターニュ 6.0 右のウイングバックと3バックの右でプレー。安定したビルドアップと身体を張った守備対応で貢献   8 ティーレマンス 7.5 FAカップ史に残るスーパーゴールを決めた。自由を与えないアグレッシブな守備と視野の広さを生かした正確なパスで決定機を創出   17 アジョセ・ペレス 6.0 攻撃ではなかなか怖さを出せなかったが、献身的な守備で先制点の起点となる決定的な仕事を果たした   (→チョードリー -)   25 エンディディ 6.5 配球役として普段ほど良さは出せなかったが、強度の高い守備でフィルター役としては見事な出来だった   33 トーマス 6.0 決勝点をアシスト。攻守両面で気迫のこもったハードワークを見せた   (→モーガン -)   FW 14 イヘアナチョ 5.0 リュディガーのタイトな寄せに苦しんで試合から締め出された   (→マディソン 5.5) 守備では最低限の仕事をこなしたが、攻撃面では期待されたカウンターの起点役を担えず   9 ヴァーディ 5.5 幾度か背後を取って相手守備の脅威となったが、ジェームズらにうまく対応された   監督 ロジャーズ 7.0 難敵相手に堂々たるパフォーマンスをみせ、クラブに史上初のFAカップ制覇をもたらす   ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! ティーレマンス(レスター・シティ) 守備の主役はシュマイケルとフォファナだったが、攻撃の主役としてチームにタイトルをもたらす圧巻のミドルシュートを決めた。攻守両面で仕事量はかなり多かったが、質と量を最後まで落とさなかった。   チェルシー 0-1 レスター・シティ 【レスター・シティ】 ティーレマンス(後18) 2021.05.16 03:51 Sun
twitterfacebook
thumb

レスターがチェルシー撃破で初優勝! ティーレマンスのスーパーミドルにシュマイケルが圧巻のセーブ!《FAカップ》

FAカップ決勝、チェルシーvsレスター・シティが15日にウェンブリー・スタジアムで行われ、1-0で勝利したレスターがクラブ史上初のFAカップ制覇を成し遂げた。   準決勝でマンチェスター・シティのクアドルプルを阻んで2シーズン連続のファイナル進出を果たしたチェルシー。トゥヘル体制初タイトルにもなる、3シーズンぶり通算9度目となるFAカップ制覇に向けては0-1で敗れた直近のアーセナル戦から先発5人を変更。ズマとチルウェル、ギルモア、プリシッチ、ハヴァーツに代えてリュディガー、マルコス・アロンソ、カンテ、ツィエク、ヴェルナーを起用した。   一方、サウサンプトンを退けて1968-69シーズン以来、約50年ぶりのファイナル到達となったレスター。対戦相手同様にロジャーズ体制で初となるクラブ史上初の同タイトル獲得を目指す大一番に向けては2-1で競り勝ったマンチェスター・ユナイテッド戦からオルブライトンに代えて負傷明けのエバンスを起用した以外、同じメンバーを継続。ただ、並びを[4-4-2]から[3-4-1-2]に戻した。   3日後にリーグ戦でもトップ4フィニッシュを懸けたシックスポインターを控える4位チェルシーと3位レスターによる運命のファイナルは、2万人超を集めた聖地ウェンブリーでスタート。スタンドの熱狂的な雰囲気に呼応するように互いに前から相手のビルドアップに強い制限をかけるアグレッシブな入りを見せる中、レスターが普段通りの戦いを見せたのに対して、チェルシーはアスピリクエタを右ウイングバック、リース・ジェームズを3バックの右に配置する相手を意識した戦い方を選択した。   序盤は右に流れるヴェルナーとマウントのコンビでチェルシーが相手の背後を突く良い仕掛けを見せたが、相手の堅守を脅かすまでには至らず。逆に、レスターはボールを握られる展開が続くも、16分にはティーレマンスの浮き球パスに抜け出したカスターニュの際どい折り返しからゴール前のヴァーディが右足のダイレクトシュートを放つ。しかし、これはR・ジェームズのブロックに阻まれた。   互いにリスクを回避しつつ相手の守備のズレを狙う緊迫感のある攻防が繰り広げられていく。よりフィニッシュの場面を創出するチェルシーは29分、右CKの場面でショートコーナーからマウントがボックス右で上げたクロスをリュディガーとチアゴ・シウバのセンターバックコンビで繋ぎ、最後はゴール右で浮いたアスピリクエタにチャンスも、手前でヴェルナーが触ったことでうまく合わせ切れない。   その後、ケガをおしての先発となったエバンスが古傷の再発かプレー続行不可能になると、33分にオルブライトンが緊急投入される。これに伴い、カスターニュが3バックの右、オルブライトンが右のウイングバックにポジションを取った。   以降も膠着状態が続く中、前半終了間際にはオルブライトンの不用意なバックパスを奪ってカウンターに持ち込んだヴェルナー、ティーレマンスの絶妙なフィードに抜け出したヴェルナーと両エースに決定機が訪れるが、いずれも決め切ることはできず。白熱のファイナルはゴールレスでの折り返しとなった。   選手交代なしで臨んだ後半も一進一退の攻防が続く。互いに幾度か相手陣内の深い位置まで侵攻するものの、集中した相手の守備を上回ることができず。   しかし、60分過ぎにはFAカップ史において語り継がれるであろうスーパーなゴールが均衡を破った。63分、最後尾のリース・ジェームズの不用意な縦パスをアジョセ・ペレスが身体を張ったブロックで引っかけると、こぼれ球を回収したトーマスがボックス手前のスペースで浮いたティーレマンスに繋ぐ。そのままボックス手前まで持ち上がったティーレマンスが右足を振り抜くと、強烈なミドルシュートがゴール左上隅の完璧なコースに突き刺さった。   ベルギー代表MFのファインゴールで待望のリードを手にしたレスターは後半序盤の段階から準備していたマディソンをイヘアナチョに代えて投入。一方、ビハインドを負ったチェルシーはマルコス・アロンソ、ツィエクに代えてチルウェル、プリシッチを同時投入。さらに、75分にはアスピリクエタとジョルジーニョを下げてハヴァーツ、ハドソン=オドイの投入で前がかる。   すると、リスクを冒して攻め込むチェルシーは78分、セットプレーの二次攻撃からボックス右でカンテが上げたクロスを古巣対戦のチルウェルがドンピシャのヘディングシュート。これが枠の左に向かうが、GKシュマイケルが圧巻のワンハンドセーブではじき出す。   その後もチェルシーが猛攻を仕掛ける展開の中で82分にはヴェルナーに代えてジルーを投入し、よりパワープレーを意識した戦い方にシフト。これに対してレスターは重鎮モーガンを最終ラインに入れて応対。87分にはジルーの競ったこぼれ球に反応したマウントが枠の右を捉えた強烈なシュートを放つが、これもレスターの守護神が驚異的な反応ではじき出し、チェルシーの前に立ちはだかった。   その後、89分にはチェルシーに最大の見せ場が訪れる。89分、チアゴ・シウバのフィードに抜け出したチルウェルがボックス左で折り返しを入れると、ソユンク、モーガンと2人のDFに当たったボールがゴールネットを揺らした。土壇場での劇的同点ゴールかに思われたが、、VARのレビューの結果、チルウェルの抜け出しの場面でオフサイドの判定が下されてゴールは取り消しとなった。   そして、VARに救われて窮地を凌いだレスターが今度こそ試合をクローズし、1-0の勝利。この結果、5度目の挑戦で鬼門ファイナルを制したレスターがクラブ史上初のFAカップ制覇を成し遂げた。   一方、2年連続ファイナル敗退となったチェルシーは公式戦2連敗で、3日後のリーグ戦でレスターへのリベンジを誓うことになった。 2021.05.16 03:23 Sun
twitterfacebook
thumb

レスターを成長させた指揮官に感謝する守護神シュマイケル「大きなターニングポイントだった」

レスター・シティのデンマーク代表GKカスパー・シュマイケルが、クラブの順調な歩みやブレンダン・ロジャーズ監督の功績について語った。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 現在プレミアリーグ3位のレスターは、来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得に向け、し烈なトップ4争いを繰り広げている。加えて、FAカップでも決勝に進出しており、15日にウェンブリー・スタジアムでチェルシーと雌雄を決する予定だ。 チームの守護神として活躍するシュマイケルは、昨年12月に新しい練習場が完成するなど着実な成長を遂げているクラブを称賛。同時に、2019年2月から就任したロジャーズ監督の手腕も大きいと語った。 「間違いなく、今クラブは素晴らしい状態にある。インフラが整い、これから本格的な活動を開始できるだろう。レスターのようなクラブがいわゆるビッグ6に入るのは常に難しいが、僕らはここで再び挑戦して本当に一生懸命働き、できる限りのことをしている」 「クラブにとって大きなターニングポイントの1つは、ブレンダンが来たことだ。彼は明確なアイデンティティ、集中力、方向性、リーダーシップをチームに与えてくれた」 「以前は自分たちがカウンター型なのかポゼッション型なのか、あるいはその中間なのか見極められていなかった。自分たちが機能しているのかも分からなかったんだ。しかし、今や2シーズン連続でリーグのトップグループにいて、カップファイナルにも進出している」 また、2011年からレスターに所属するシュマイケルは、加入した当初からクラブの成長を信じ続けていたとコメント。今のレスターの成長はなるべくしてなったものだと強調している。 「僕がこのクラブと契約したとき、会長は『我々は挑戦的であり、5年後にはCLに参加しているだろう』と言っていた。彼がそう話した時、僕にはふざけているようには見えなかったんだ」 「それが僕にとっての信念となり、クラブの皆にも信念を植え付けてくれたのだと思う。当時の彼らは本気でクラブへの投資を考えており、今のような状態にしたいと思っていたんだ」 「僕が知っているのは、進歩や卓越性へのコミットメントがそこにあるということだ。レスターが国内のトップクラブの1つとみなされることや、僕たちのリーダーシップについて、今や疑いはない」 2021.05.15 13:35 Sat
twitterfacebook
thumb

オルブライトンがFA杯決勝に感慨「子供の頃から夢見た舞台」

レスター・シティのイングランド人MFマーク・オルブライトンが、FAカップ決勝は子供の頃からの夢だったと語っている。大会公式サイトがコメントを伝えた。 準々決勝ではマンチェスター・ユナイテッド、準決勝ではサウサンプトンを下して、52年ぶりの決勝進出を果たしたレスター。15日に行われる大一番では2年連続で決勝へ駒を進めたチェルシーと対戦する。 レスターでは全選手が初めてのFAカップ決勝戦となる中で、イングランド人であるオルブライトンにとってその思いは一際強い。子供の頃から夢見た舞台だったと感慨に浸った。 「僕たちは皆、この試合をとても楽しみにしているよ。FAカップ決勝は少年時代から見ていたもので、いつかプレーできることを夢見ていた。僕も一ファンとして決勝戦を現地で観戦したこともあるし、テレビでもよく観ていた。それだけ特別なものなんだ」 「FAカップがサッカー界で最大級のカップ戦であるという事実は変えることはできない。誰もが愛してやまない大会だ」 「非現実的だね。FAカップの決勝戦ということを考えると、とても大きなことのように感じるけど、僕たちは他の試合と同じように考えている。ここは僕らが望んだステージで、ここにくることはクラブとして達成したい目標と一致している。でもあまり考えすぎないようにしたい」 また、ウェンブリー・スタジアムで行われるこの決勝では、準決勝を超える約6250人のレスターファンの動員が予定されている。オルブライトンは「ファンの存在はとても幸せなこと」とコメントし、選手にとっても特別な瞬間になると、大きな期待を寄せた。 2021.05.14 18:45 Fri
twitterfacebook
thumb

マウントがFA杯優勝を切望「昨季の悔しさは二度と味わいたくない」

チェルシーのイングランド代表MFメイソン・マウントが、FAカップ決勝に向けて並々ならぬ意気込みを示している。大会公式サイトがコメントを伝えた。 準決勝ではマンチェスター・シティを下し、2年連続となる決勝進出を果たしたチェルシー。前回大会はアーセナルとのロンドン・ダービーとなった中で、FWクリスチャン・プリシッチのゴールで先制するも、FWピエール=エメリク・オーバメヤンにPKを含む2ゴールを許し、逆転負けで涙を飲んだ。 その試合で先発出場し、プリシッチのゴールをアシストしたマウントをはじめ、チェルシーの選手たちにとってはその悔しさを晴らしたい大きな一戦となる。早くも二度目のFAカップ決勝となる22歳は、今でも苦味が残っていることを明かし、優勝に向けて秘める想いを口にした。 「あのような試合で負けた感覚はいつまでも残っているものだ。他のチームがトロフィーを掲げて祝福しているのを見ると、その感情が蘇ってくるんだ。もう二度と味わいたくないね」 「僕たちは勝者なんだ。トロフィーを勝ち取りたい。そこに最も重きを置いている。だからそのチャンスがあるのなら、どんなことでもやる。僕たちは優勝に飢えているんだよ」 「今季はトロフィーを獲得する大きな大きなチャンスだ。ぜひとも勝ちたいよ」 レスター・シティとの決勝は日本時間15日25:15にキックオフとなる。 2021.05.14 17:36 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly