【日本代表プレビュー】この先2年の指標となる試合、チャレンジを忘れず現在地を測る《国際親善試合/日本vsメキシコ》

2020.11.17 15:30 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
17日、国際親善試合で日本代表はメキシコ代表と対戦する。10月に引き続き行われているオーストリア遠征。オールヨーロッパ組で臨んでいる今回の遠征だが、13日に行われたパナマ代表戦では1-0と勝利を収めた。

チームのベースではない[3-4-2-1]のシステムで臨んだ一戦。森保一監督は、「4バックをベースに活動してきた中で、3バックの機会を持ってもらって戦術理解度を高めてもらうため」、そして「ほぼ全ての選手に3バックをプレーしてもらうため」と、パナマ戦の意図を明かした。

そのパナマ戦では前半こそシステムと選手の入れ替えがあり「みんな迷いがありながら、意識が繋がっていない状態で前半はプレーしていた感じがします」とDF長友佑都(マルセイユ)も語った通り、苦しい状況となっていたが、後半はMF遠藤航(シュツットガルト)の投入により、中盤でのボール奪取とそこからテンポよく前線にボールを出すという展開を作れ、遠藤の縦パスからMF久保建英(ビジャレアル)が出したスルーパスに反応したMF南野拓実(リバプール)が得たPKを南野が自ら決めて1-0とした。

◆これ以上ないテストマッチの相手
©JFA

そのパナマ戦から中3日、日本代表が対戦するのはメキシコ代表だ。かねてからフィジカル面やプレースタイルから日本のお手本とも言われてきたメキシコ。FIFAランキングでも日本よりはるか上位の11位に位置している。

森保監督も「常にワールドカップのグループリーグを突破する世界の強豪」と前日会見でコメント。「技術の高さ、戦術理解度も高く、流れを読む力、クレバーな部分があり、賢いチーム」とメキシコの特徴を語っていた。

14日に行われた韓国代表との試合では、先制を許しながらも、4分間で3ゴールを奪うなどし3-2で逆転勝利。実力の高さを見せつける形となった。

これには選手たちも「相手が緩んでいる時にしっかりチャンスをものにするしたたかさがある」(南野)や「非常に強いんだろうなという印象」(吉田麻也/サンプドリア)など、強豪であることを実感したという声が多く挙がっていた。

韓国戦ではハイプレスを仕掛けてきたメキシコ。中盤での攻防はかなり試合のポイントとなるが「しっかりとボールを動かして相手を崩せるプレーをしたい」(柴崎岳/レガネス)と語り、プレス回避をしながら、良い攻撃に繋げることがカギとなりそうだ。

ただ「守備の局面で1人1人が上回れるように選手たちにはチャレンジしてもらいたい」と森保監督はコメント。選手からも「いつもやっていることを継続してやる」という声が多く聞かれており、メキシコ相手にどこまで通用するのかを測りに行く可能性が高い。「指標にしやすい試合」(原口元気/ハノーファー)と言うように、現在地を測る上ではベストな相手と言えるだろう。

◆日本がお手本としてきた国と対戦
Getty Images

対するメキシコ代表は、韓国戦から中2日での日本戦となる。かつてパラグアイ代表として日本代表と2010年の南アフリカ・ワールドカップで戦ったこともあり、バルセロナやアルゼンチン代表も指揮したヘラルド・マルティーノ監督が率いている。

チームを率いて2年目のマルティーノ監督は、「日本代表はダイナミックなチームで個人のテクニックにも優れているチーム。選手たちが攻撃で前に出るときは、規律だったプレーをするという印象がある」と日本の印象について語った。

その日本を警戒するマルティーノ監督だが「これまでの方向性を保って、どう戦うのか。その戦術とは別に、これまでやってきたことを継続してやっていきたい」とコメント。メキシコも自分たちの力を測ることを目的とし、継続路線で戦いに臨むとしている。

メキシコ代表はワールドカップで7大会連続ベスト16入り。過去にはベスト8まで勝ち上がったこともあるチームであり、2022年のカタール・ワールドカップで日本が目指すベスト8を経験している強豪だ。

選手のコンディションも含め、韓国戦から中2日と難しい試合となり「1つ目はフィジカル面で100%の選手だけを選ぶということ。もう1つは、リスクを決して犯さないことだ」と主力選手の一部を起用しないことも示唆していた。

ただ、組織力で高いレベルを見せるメキシコ。親善試合とは言え、日本としては貴重なテストマッチになることは間違いなさそうだ。

◆予想スターティングメンバー[4-2-3-1]
©JFA

GK:シュミット・ダニエル
DF:酒井宏樹、吉田麻也、冨安健洋中山雄太
MF:柴崎岳、遠藤航
MF:伊東純也鎌田大地、原口元気
FW:南野拓実
監督:森保一

パナマ戦では[3-4-2-1]のシステムで臨んだ日本代表だが、メキシコ戦は[4-2-3-1]のシステムで臨むと予想する。

まずGKはシュミット・ダニエル(シント=トロイデン)と予想する。10月も1戦目が権田修一(ポルティモネンセ)、2戦目がシュミット・ダニエルとなったが、今回もその可能性は高い。簡単に蹴り出さないサッカーを目指す日本として、メキシコのレベル相手に後方からのビルドアップがどこまでできるかを確認する必要はある。足元の技術に長けるシュミット・ダニエルが適任だろう。

4バックに関しては、パナマ戦で先発を外れたDF酒井宏樹(マルセイユ)が右サイドバックに、そしてDF冨安健洋(ボローニャ)がセンターバックに入るだろう。そしてセンターバックのもう1人は吉田が務め、左サイドバックにはMF中山雄太(ズヴォレ)が入ると予想する。

パナマ戦では長友が左ウイングバックに入ったが、パフォーマンスが高いとは言えず、クラブでもまだ試合での出場が少なくコンディションが良いとは言えない。一方、短い時間ながらパナマ戦でプレーした中山は動きも悪くなく、クラブでは左サイドバックでプレー。テストという意味でも中山の起用を予想する。

ボランチのコンビは、パナマ戦で好プレーを連発した遠藤と柴崎のコンビを予想する。パナマ戦での攻守にわたるプレーを見たら、遠藤がファーストチョイスになる。メキシコ相手にどこまでできるのかを図る必要があるだろう。一方で、柴崎はパナマ戦でも途中交代。改めてチームをコントロールするという役割を遠藤を相棒にしてどこまでできるか。ピッチ内での調整もよりできる可能性があり、このコンビで臨むと様子する。

2列目は右からMF伊東純也(ヘンク)、MF鎌田大地(フランクフルト)、原口が並ぶと予想する。伊東はパナマ戦で出場機会がなかったが、メキシコ戦に温存したと予想。右サイドを攻守で躍動する姿を見たい。また、左サイドにはパナマ戦に途中出場した原口を推す。短い時間ではあったがサイドを活性化。周りを見る力も備え、メキシコ相手には攻守で躍動してくれるはずだ。

そしてトップ下には鎌田を置きたい。パナマ戦では途中出場ながら、FW浅野拓磨(パルチザン・ベオグラード)を生かす巧みなパスや、シャドーを生かす動きなど、非凡なセンスを見せつけた。コートジボワール戦でもトップ下で良いプレーを見せていただけに、今回もらしさを見せてもらいたい。

1トップは様々な選択肢が考えられるが、南野が入ると予想する。ポイントとしては裏への動きとポストプレーができること、また2列目のメンバーとのコンビネーションも良好だと考えられるからだ。そしてもう1つは守備面での貢献だ。1トップに入ることでプレスのスイッチを入れる役割を担うが、リバプールで積み上げたものを発揮する良い機会だ。チーム全体を連動させる動きから、しっかりと得点まで奪えるか。チャレンジするという意味でも見たい組み合わせの1つだ。

◆W杯本番を想定した戦いに
©JFA

メキシコ戦を終えれば、次の代表活動は来年3月のカタール・ワールドカップ アジア2次予選となる。

前日に吉田が「全部の選手がワールドカップを想定して戦わないといけないなというのは、前回の試合の反省点です」と語っていたが、パナマ戦の反省点は終盤の得点チャンスを決めきらなかったことだとした。

メキシコは実力から行けばワールドカップではポット1か2に入ることが想定され、日本はグループステージで同居する相手となる。吉田は「ポット1、2に入ってくるチームに確実に勝ち点3をワールドカップで取らなくてはいけないので、非常に良い相手です」とし、メキシコ戦はワールドカップを想定しても重要な相手だと語った。

実際に今がW杯であれば、ポット3の日本がパナマ(ポット4)に勝利し、2戦目でポット2のメキシコと対戦するという状況。ポット1との対戦が残ると考えれば、このメキシコ戦で勝ち点を取ることがグループステージ突破を呼び込むこととなる。その想定をいかにして、ピッチ内で対応力を発揮するかがこの試合のポイントとなるだろう。

「ワールドカップのベルギー戦が1つの基準になっていて、あの試合でできなかったことがこの4年間でやるというテーマでもあります」と語った吉田。森保監督も「10月、11月はいろいろな人の努力で活動させてもらっていることを大切にして、今後の成長につなげていきたいです」と語っており、チャレンジし、トライすることで、2022年にレベルアップした姿を見せることが目的だ。

強豪相手にどのようなサッカーを展開できるのか。日本代表vsメキシコ代表は、17日(火)の29時(18日午前5時)にキックオフを迎える。
コメント
関連ニュース
thumb

個人の事情で…なでしこジャパン候補から浦和DF南萌華が離脱

日本サッカー協会(JFA)は25日、なでしこジャパン候補メンバーから浦和レッズレディースDF南萌華が離脱することを発表した。 JFAによると、南は個人の事情のため離脱するとのことだ。なお代替選手はいないとのことだ。 なでしこジャパン候補は、すでにDF宮川麻都(日テレ・東京ヴェルディベレーザ)が不参加となり、FW上野真実(愛媛FCレディース)が離脱していた。 2020.11.25 11:01 Wed
twitterfacebook
thumb

なでしこジャパン候補の愛媛FW上野真実がコンディション不良でキャンプから離脱

日本サッカー協会(JFA)は24日、なでしこジャパン候補トレーニングキャンプから、愛媛FCレディースのFW上野真実が離脱することを発表した。 JFAの発表によると、上野はコンディション不良のために代表チームを離脱するとのことだ。なお、追加の選手は招集されない。 なでしこジャパン候補では、DF宮川麻都(日テレ・東京ヴェルディベレーザ)が不参加。代わりに浦和レッズレディースのDF高橋はなが招集された。 2020.11.24 12:05 Tue
twitterfacebook
thumb

負傷のDF宮川麻都がなでしこジャパン不参加、浦和DF高橋はなが追加招集

日本サッカー協会(JFA)は22日、なでしこジャパン候補メンバーのDF宮川麻都(日テレ・東京ヴェルディベレーザ)が不参加となったことを発表した。 JFAによると、宮川はケガのために不参加に。代わりに浦和レッズレディースのDF高橋はなが招集された。 なでしこジャパンは23日からトレーニングキャンプを実施。29日までキャンプを行い、ふたば未来学園高、いわきFC U-18との合同トレーニングも予定されている。 2020.11.22 21:05 Sun
twitterfacebook
thumb

メキシコ戦も代わり映えのしない選手交代/六川亨の日本サッカー見聞録

J1リーグは川崎Fが優勝に王手をかけ、ACLに出場する3チームはドーハへと旅立った。試合はCS放送でしか見られないが、それも仕方ないだろう。 FIFA(国際サッカー連盟)はクラブW杯を来年2月1日から11日にかけて開催するらしい。スポンサーやテレビ放映権の契約などから開催しないわけにはいかないのだろう。一方AFC(アジアサッカー連盟)は、来年2月のACLプレーオフを実施しないと発表したばかり。お互い契約にがんじがらめになっているのかもしれないが、この足並みの悪さはなんとかしてほしいものだ。 そして日本代表である。メキシコに0-2と敗れたことで、森保監督に対する風当たりもだいぶ強くなっている。もしも原口のミドルシュートと、鈴木がGKと1対1のチャンスを確実に決めていれば2-2のドローだったかもしれない。あるいは、左足のキックにはいつも不安がつきまとうものの、シュートブロックに定評のある権田のような活躍をシュミット・ダニエルがしていたら、2-0で勝っていたかもしれない。 そんなお気楽なことを書いているとお叱りを受けるかもしれないが、それだけ期待が高かっただけに、その反動として森保監督に批判が集中したのだろう。 前半のメキシコにはつけいる隙が十分にあった。情報不足(日本はパナマ戦からスタメンを9人交代)からか、様子見のところもあった。しかし前半で見切ると、マルティノ監督はハーフタイムに2人の選手交代とシステム変更で日本の攻撃に蓋をする。そして攻撃の選手2人を同時交代でゴールを狙いに行き(実際には交代直前にヒメネスが先制)、終盤は試合を締めにかかった。 特に難しいことをしたわけではない。セオリー通りの采配と言えるだろう。 そして森保監督である。柴崎(橋本)と鈴木(南野)の交代が予定通りだったのかどうかは不明だが、その後に切った交代カードも効果的かと問われれば首をひねらざるをえない。例えが悪いのは十分承知しているつもりだが、どこを切っても同じ顔の「金太郎飴」よろしく、あまり代わり映えしないのだ。 パナマ戦後のことである。森保監督は不慮のケガやアクシデントで選手を招集できなかったとしても、「誰とでも組める――を連係連動しながらトライして欲しい。理想を求めながら、理想通りにいかなくてもその中でいかに勝っていくか」をテーマに掲げた。 こうしたチーム作りは、特に攻撃陣は似たようなタイプの選手が揃う危険をはらんでいる。 例えば理想論として、攻撃的な布陣を組んだ時は1トップに大迫、2列目は左に中島、トップ下に南野(鎌田)を配置したとする。右は堂安なのか久保なのか、はたまた三好らテクニシャンタイプか、伊東、浅野、あるいは永井のようなスピード系を起用したとする。要はそのとき好調な選手だ。選手が変わればプレースタイルも変わるが、それでも攻撃のバリエーションに大きな変化は生じない。 森保監督の采配はワンパターンと言われるが、そうした選手を揃えているのだから変化が起きようがない。これがクラブチームだったら、主力選手のコンビネーションを熟成させる時間もたっぷりあったことだろう。しかし代表チームにそうした余裕はない。 メキシコ戦で森保監督は6枚の交代カードのうち5枚しか切らなかった。正確には「切れなかった」と言うべきだろう。5枚目の三好にしても、何を彼に期待したのか意図を感じ取れなかった。 この試合を「ロストフの悲劇」に例えるメディアもあったが、それは大げさというもの。単なるテストマッチだし、相手の格も違う。それでも教訓としたいのは、劣勢のベルギーがフェライニという長身FWを投入したことだ。古くは06年ドイツW杯初戦のオーストラリアも、日本にリードを許すとケーヒルという飛び道具を使って逆転に成功した。 洋の東西を問わず、いつの時代も劣勢で残り時間が少なくなったら空中戦に活路を見いだすのがセオリーだ。しかし森保ジャパンは地上戦しかできない弱点がある。長身FWがいたとしても「ドメスティックな選手」と諦めているのかテストすらしていない。ここらあたり、日本人の特性を理解している日本人監督ゆえの弊害かもしれない。 となると、やはり“劇薬"を使えるのは外国人監督ということになるのだろうか。あるいは過去にもあったように、外国人選手に日本国籍を取得してもらうしか方法はないのだろうか。 もう1つ、「ロストフの悲劇」を忘れないのはいいが、その前にアジア最終予選を勝ち抜かなくてはカタールに行けない。19年のアジア杯はトルクメニスタン、オマーン、ウズベク、サウジ、ベトナムといずれも1点差の薄氷を踏む勝利で、サウジ戦などはワンサイドで押し込まれた。そして決勝でもカタールに1-3の完敗だ。まずは足下を見つめ直す意味でも、来年のテストマッチは中東勢との対戦を増やして欲しい。 <div id="cws_ad"><hr>【文・六川亨】</br>1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた</div> 2020.11.19 19:30 Thu
twitterfacebook
thumb

日本人3名もランクイン!欧州主要リーグの空中戦の強さTOP100

サッカー関連のあらゆる統計データを研究している機関『CIES Football Observatory』が発表した今シーズンの空中戦での勝率ランキング。欧州の主要リーグで最低20回の空中戦(守備時)を記録した選手を対象としている。 ランキングの上位を見ると、190㎝の身長を生かしたパワフルな守備でチェルシーの最終ラインを支えているフランス代表DFクル・ズマ(96.3%)がトップに立ち、アタランタのDFベラト・ディムスティ(95.7%)にマンチェスター・ユナイテッドのDFハリー・マグワイア(90%)、レアル・マドリーDFラファエル・ヴァランとボルドーDFパブロ(ともに88%)が続いている。 <div id="cws_ad">◆ 冨安健洋、ミラン相手に決めたセリエA初ゴールは強烈ミドル!<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJuYWJBTEIxMyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> そんな中、トップ100まで目線を広げると、3人の日本代表戦士が名を連ねている。 日本人トップに輝いたのは、セルクル・ブルージュに所属するDF植田直通だ。今季ここまでリーグ戦7試合にフル出場している植田は、30回のうち23回の勝利を挙げており、その勝率はトップの76.7%だった。 この数値はバルセロナの元スペイン代表DFジェラール・ピケ(74.1%)よりも高い。植田は10月の国際親善試合のコートジボワール戦でヘディングシュートを決めていたが、その空中戦の強さは本物のようだ。 さらに、ボローニャのDF冨安健洋が72.7%で続く。ボローニャは今季リーグ戦でここまで13失点を喫しているが、センターバックを任される冨安の評価は悪くなく、空中戦も33回中24回勝利としっかりと結果を残している。 そして、3人目はフローニンヘンで絶対的なセンターバックに数えられているDF板倉滉だ。板倉はここまでのリーグ全8試合にフル出場しており、今季は空中戦においても28回中20回勝利で勝率71.4%と、大きな成長を見せている。 僅差ではあるが、3人ともアトレティコ・マドリーの堅守を支えるモンテネグロ代表DFステファン・サビッチ(71.0%)を上回っており、相当優秀な数字だ。 日本代表にはこの3人に加え、189cmの吉田麻也(サンプドリア)もおり、センターバックの高さ、空中戦に関しては心配いらなそうだ。 <div style="text-align:left;" id="cws_ad">◆空中戦(守備時)の勝率TOP100<br />1.クル・ズマ(チェルシー):96.3%<br />2.ベラト・ディムスティ(アタランタ):95.7%<br />3.ハリー・マグワイア(マンチェスター・ユナイテッド):90.0%<br />4.ラファエル・ヴァラン(レアル・マドリー) :88.0%<br />4.パブロ(ボルドー):88.0%<br />4.セバスティアン・ホルメン(ヴィレムII):88.0%<br />7.オリヴィエ・ボスカリ(PSV) :87.5%<br />7.ジョン・ルクミ(ヘンク) :87.5%<br />7.ロレンツォ・トネッリ(サンプドリア) :87.5%<br />10.ジェリー・ミナ(エバートン) :86.2%<br />11.ロイク・ベード(ランス) :86.1%<br />11.ジェームズ・タルコウスキ(バーンリー) :86.1%<br />13.アレクサンドル・プツコ(アフマト・グロズヌイ) :85.7%<br />14.サリフ・サネ(シャルケ) :84.9%<br />15.ヴェドラン・チョルカ(ロコモティフ・モスクワ) :84.8%<br />15.ジョニー・エバンズ(レスター・シティ) :84.6%<br />15.ダンテ(ニース) :84.6%<br />18.フィリップ・ウレモビッチ(ルビン・カザン) :84.0%<br />19.ディミトリス・シオバス(ウエスカ) :83.9%<br />20.ジョエル・アブ・ハンナ(ゾリャ) :83.3%<br />20.タイロン・ミングス(アストン・ビラ) :83.3%<br />20.ペドロ・ビガス(エイバル) :83.3%<br />20.ラミ・ベンセバイニ(ボルシアMG) :83.3%<br />24.アーメッド・トゥーバ(RKCヴァールヴァイク) :82.9%<br />25.コライ・ギュンター(ヴェローナ) :82.1%<br />26.ドゥイエ・チャレタ=ツァル(マルセイユ) :81.5%<br />27.ヤン・ベドナレク(サウサンプトン) :81.4%<br />28.ヴィリー・オルバン(RBライプツィヒ) :81.1%<br />29.マルコス・セネシ(フェイエノールト) :80.8%<br />29.ユーリ・クラフチュク(リヴィウ) :80.8%<br />29.ダニーリョ・ドゥヒ(フィテッセ) :80.8%<br />32.ウラジーミル・ルイコフ(ウラル) :80.6%<br />33.ヴィタリー・ヴェルニドゥブ(ゾリャ) :80.5%<br />34.ムリロ・セルケイラ(ロコモティフ・モスクワ) :80.0%<br />34.ミロシュ・スタメンコビッチ(ルフ・リヴィウ) :80.0%<br />34.リアム・クーパー(リーズ・ユナイテッド) :80.0%<br />34.イリヤ・クテポフ(スパルタク・モスクワ) :80.0%<br />38.アンドレイ・セミョーノフ(アフマト・グロズヌイ) :79.5%<br />39.オリビエ・デスハハト(ズルテ・ワヘレム) :79.4%<br />40.ブルーノ・エケレマンガ(ディジョン) :79.3%<br />41.ローラン・コシエルニー(ボルドー) :79.0%<br />42.マッツ・フンメルス(ドルトムント) :78.6%<br />42.ラウール・ガルシア (アスレティック・ビルバオ) :78.6%<br />42.マット・ドハーティ(トッテナム) :78.6%<br />45.ウィルケル・アンヘル(アフマト・グロズヌイ) :78.4%<br />46.デヤン・ロブレン(ゼニト) :78.2%<br />47.イゴール・ディヴェイエフ(CSKAモスクワ) :78.1%<br />48.ジョナス・タム(デスナ) :77.8%<br />48.ピート・ビイエン(ADOデンハーグ) :77.8%<br />50.マリオ・フェルナンデス(CSKAモスクワ) :77.5%<br />51.ラウール・アルビオル(ビジャレアル) :77.4%<br />51.アデソイエ・オレボル(タンボフ) :77.4%<br />51.パヴェル・ボシュニエヴィク(ヘーレンフェーン) :77.4%<br />54.ダビド・ガルシア(オサスナ) :77.1%<br />54.イバン・オルデツ(ディナモ・モスクワ) :77.1%<br />56.ビクトール・ラグアルディア(アラベス) :76.9%<br />56.ウィリー・ボリ(ウォルバーハンプトン) :76.9%<br />58.ロマン・ゾブニン (スパルタク・モスクワ) :76.7%<br />58.マッテオ・ロヴァト(ヴェローナ) :76.7%<br />58.植田直通(セルクル・ブルージュ) :76.7%<br />61.アルトゥール・テアテ(オーステンデ) :76.6%<br />62.マクシム・オスピエンコ(ロストフ) :76.5 %<br />63.アレクサンドル・マルティノビッチ(クラスノダール) :76.2%<br />64.マルティン・ヒンテレッガー(フランクフルト) :75.9%<br />64.ソロモン・クビルクベリア(ロートル・ヴォルゴグラード) :75.9%<br />64.ステファン・ストランドベルグ(ウラル) :75.9%<br />67.アンドレイ・ジロット(ナント) :75.9%<br />68.バンジャマン・アンドレ(リール) :75.8%<br />69.ヴォロジミル・アデミク(ドニプロ) :75.7%<br />70.カール・スターフェルト(ルビン・カザン) :75.0%<br />70.ヨアヒム・ヴァン・ダンメ(メヘレン) :75.0%<br />70.ギオルジ・ジキア(スパルタク・モスクワ) :75.0%<br />70.ジョン・アンソニー・ブルックス(ヴォルフスブルク) :75.0%<br />74.ヤニク・ヴェステルゴーア( サウサンプトン) :74.3%<br />75.ティモシー・デライク(コルトレイク) :74.2%<br />76.バート・ヴィレンツ (スパルタ・ロッテルダム) :74.1%<br />76.ジェラール・ピケ(バルセロナ) :74.1%<br />78.オイス・フェリックス・ウドゥオカイ(アウクスブルク) :73.5%<br />78.サミュエル・ジゴ(スパルタク・モスクワ) :73.5%<br />78.ディラン・バツビンシカ(アントワープ) :73.5%<br />81.ロビン・ル・ノルマン(レアル・ソシエダ) :73.0%<br />81.ソスラン・タカソフ(タンボフ) :73.0%<br />83.スヴェン・ボトマン(リール) :72.7%<br />83.冨安健洋 (ボローニャ) :72.7%<br />83.ヤン・ヴェルトンゲン(ベンフィカ) :72.7%<br />83.ジーニョ・ファンフースデン(スタンダール・リエージュ) :72.7%<br />87.セドリク・ゴグア(ロートル・ヴォルゴグラード) :72.6%<br />88.アンドリー・ヒチェンコ(デスナ) :72.5%<br />89.ウィリアン・ロカ(ポルティモネンセ) :72.3%<br />90.マルセロ(リヨン) :72.1%<br />91.ベノワ・プーラン(オイペン) :71.9%<br />92.板倉滉(フローニンヘン) :71.4%<br />92.ローレンス・デ・ボック(ズルテ・ワヘレム) :71.4%<br />94.オリバー・アビルドガール(ルビン・カザン) :71.3%<br />95.アサト・ベリイェフ(ロートル・ヴォルゴグラード) :71.1%<br />96.アブドゥライエ・セック(アントワープ) :71.0%<br />96.ステファン・サビッチ(アトレティコ・マドリー) :71.0%<br />96.トミー・スト・イアゴー(ユトレヒト) :71.0%<br />96.ミゲル・ムリージョ(アンデルレヒト) :71.0%<br />96.ケビン・ロング(バーンリー) :71.0%</div> 2020.11.19 16:30 Thu
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly