バレンシア、最終ライン強化に向けルガーニ&フォイスの獲得を画策

2020.09.29 00:47 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バレンシアが残り少なくなった今夏の移籍市場でイングランドとイタリアからセンターバック2選手の獲得に動いているようだ。スペイン『Cadena COPE』が伝えている。今夏、バレンシアでは財政難によるチーム崩壊が進んでおり、マンチェスター・シティに移籍したFWフェラン・トーレスをはじめ、MFフランシス・コクランやMFダニエル・パレホ、FWロドリゴモレノを売却せざるを得ない事態に陥っている。

特に最終ラインではアタランタへレンタル移籍したDFクリスティアーノ・ピッチーニやレンタルバックとなったDFアレッサンドロ・フロレンツィら5選手がチームを離れており、今夏での補強が急務となっていた。

そこで白羽の矢が立ったのが、ユベントスに所属するイタリア代表DFダニエレ・ルガーニ(26)とトッテナムに所属するアルゼンチン代表DFフアン・フォイス(22)だ。

ルガーニは2015年の冬にエンポリからユベントスに加入。ユベントスでは在籍5年半で公式戦101試合の出場しているが、近年では熾烈なレギュラー争いに苦しみ、マウリツィオ・サッリ前監督が就任した昨季はセリエAで10試合の出場にとどまっていた。

また、すでに開幕した今季もアンドレア・ピルロ新監督の構想外となっており、放出候補に名前が挙げられている。

一方、2017年夏にエストゥディアンテスからトッテナムに加入したフォイス。2018-19シーズンは同胞マウリシオ・ポチェッティーノ前監督の下、公式戦17試合に出場。しかし、更なる飛躍が期待された昨シーズンは公式戦7試合の出場にとどまっていた。

とりわけ、昨年11月に就任したジョゼ・モウリーニョ監督の信頼を勝ち取れず、今シーズンもここまでベンチ外が続いている。
コメント
関連ニュース
thumb

不協和音のバレンシア、会長が選手たちと会談 団結と責任感を求む

ピッチ内外で問題山積みのバレンシアでは、会長を務めるアニル・マーシー氏が状況改善のため、選手たちと会談の場を持ったようだ。スペイン『アス』が伝えている。 バレンシアは2018-19シーズンにコパ・デル・レイ優勝を果たし、11シーズンぶりのタイトルをチームにもたらしたマルセリーノ・ガルシア監督を2019年9月に解任。理由はオーナーであるピーター・リム氏との不和だったとされている。それ以降、低迷から抜け出せず、ピッチ外でも混迷の時期が続く状態だ。 今夏、新型コロナウイルスの影響で財政がひっ迫しているとして、MFダニエル・パレホ、MFフランシス・コクラン、FWロドリゴ・モレノら主力を大量に放出。一方で、新戦力の獲得はなく、ハビ・グラシア監督は約束違反だとして辞任を表明した。 クラブは高額な違約金の支払いを求めることで何とかグラシア監督を留任させたが、今度は移籍を求めたMFジェフリー・コンドグビアが自身の『インスタグラム』内でマーシー会長を痛烈に批判。次から次へと問題が生じる状況でチームがまとまるはずもなく、今シーズンのラ・リーガでは7試合を終え2勝1分け4敗の14位に低迷している。 『アス』によると、事態を重く見たマーシー会長は、29日の練習を前に、チームのまとめ役であるDFホセ・ガヤ、GKジャウメ・ドメネク、DFガブリエウ・パウリスタ、MFカルロス・ソレール、そしてコンドグビアの5人と会談の場を設けたようだ。 マーシー会長は現在、リーグ3連敗中のチームに対して、団結と責任感を持って立ち直ってほしいというメッセージを送ったという。また、コーチングスタッフや選手との関係改善も目的のようだ。選手たち以外に、マーシー会長は先週、グラシア監督とも昼食をともにし、そこでも激励のメッセージを送っている。 この会談後に注目されているのが、2週間前に会長を猛批判したコンドグビアの反応だ。コンドグビアは現在、負傷を理由に練習に参加しておらず、チームの中には彼の負傷を疑う声もある。クラブはマーシー会長との会談をきっかけとしてチームへの復帰を望んでいるが、現時点で動きはなく、11月1日に予定するラ・リーガ第8節のヘタフェ戦欠場が確実視されている。 2020.10.30 16:10 Fri
twitterfacebook
thumb

バレンシア戦で退場の久保の2枚目の警告が取り消しに! 次節カディス戦も出場可能に

スペインサッカー連盟(RFEF)は21日、ラ・リーガ第6節のビジャレアルvsバレンシアで退場処分を科されたビジャレアルの日本代表MF久保建英に対する2枚目の警告を取り消したことを発表した。 ビジャレアルは18日に行われたラ・リーガ第6節でバレンシアと対戦して、2-1で勝利。この試合もベンチからスタートした久保は64分に投入され、その5分後に古巣戦だった元スペイン代表MFダニエル・パレホの決勝ゴールをアシストした。 しかし、久保は同試合で72分にイエローカードを受けると、後半アディショナルタイムにスライディングでイーブンボールにチャレンジしようとした際、スペイン人MFカルロス・ソレールと交錯。主審から2度目の警告を受け、退場を命じられてしまった。 試合後、ビジャレアルのウナイ・エメリ監督は久保に対する退場処分を厳しい判定と見立てて、異議申し立てに動く意向を表明。その後、ラ・リーガの競技委員会による再検証が行われた結果、久保に対する2枚目の警告が誤りだったと判断され、今回の出場停止取り消しとなった。 これにより久保は、25日に行われるラ・リーガ第7節カディス戦の出場が可能になった。 2020.10.22 00:10 Thu
twitterfacebook
thumb

久保が決勝点演出も終了間際に退場…ビジャレアル、元エース&主将弾でバレンシアとのダービー制す!《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第6節、ビジャレアルとバレンシアによるバレンシア自治州ダービーがエスタディオ・デ・ラ・セラミカで行われ、ホームのビジャレアルが2-1で勝利した。なお、ビジャレアルMF久保建英は64分から出場し、92分に2枚目の警告によって退場となった。 今夏、主将のパレホ、コクランが移籍したことで、因縁強まる今回の自治州ダービー。その中で前節のアトレティコ・マドリー戦で5試合連続途中出場となった久保は、エースFWジェラール・モレノの負傷による不在もあり、初先発が期待されたが引き続きベンチスタートとなった。 注目のダービーは開始早々に動く。ボックス手前右でボールを持ったチュクウェゼからの対角の浮き球パスに反応した左サイドバックのペドラサがDFガブリエウに倒されてPKを獲得。これをバレンシアの元エースであるパコ・アルカセルが冷静に流し込んだ。 幸先良く先制に成功したホームチームはボールの主導権を握り、[4-4-2]のブロックを敷くアウェイチームに対して、パレホ、イボーラを中心に小気味よくボールを動かし、9分にはそのパレホがミドルシュートで古巣のゴールを脅かす。 その後もビハインドのバレンシアが慎重な戦い方を選択したこともあり、ビジャレアルがストレスなく押し気味に試合を進めていく。 ただ、時間の経過と共にフィニッシュの回数が減り始めると、バレンシアが圧巻のゴラッソで追いつく。37分、左CKのショートコーナーからボックス手前左でパスを受けたゴンサロ・ゲデスがそのまま中に切り込み、パレホの股間を抜く強烈な右足の弾丸ミドルシュートをゴール左隅に突き刺した。 ビジャレアルペースも1-1のイーブンで折り返した試合はより拮抗した展開に。互いに序盤から相手ゴールに迫っていくが、最後のところで精度を欠く。そういった中、ビジャレアルベンチは64分、トリゲロス、チュクウェゼに代えて久保と古巣初対戦のコクランをピッチに送り込む。 すると、この交代が勝ち越しゴールに繋がる。69分、左サイド深くに侵攻したモイ・ゴメスからボックス手前左でマイナスのパスを受けた久保が、ヴァスと交錯しながら後方スペースにヒールで落とす。これを拾ったパレホが強烈な右足のミドルシュートを放つと、クロスバーの内側を叩いたボールが古巣のネットを揺らした。 久保のお膳立てからバレンシアの元主将パレホにゴールが生まれ、ビジャレアルはその後も優勢に試合を運んでいく。一方、バレンシアは3枚替えを含む、積極的な選手交代で再び同点を目指す。 試合終盤にかけてはバレンシアの攻勢が続く中、ビジャレアルにアクシデント。92分、すでに1枚カードをもらっていた久保がボール奪取を狙ってスライディングを敢行した際に、遅れて入ってきたソレールの太ももを軽くスパイクしてしまい、2枚目のカードが掲示され、痛恨の退場となった。 それでも、残り時間を10人で守り切ったビジャレアルが元エース、元主将のゴールでバレンシアを破り、2試合ぶりの白星を手にした。 2020.10.19 01:08 Mon
twitterfacebook
thumb

バレンシアへの怒りを表明したコンドグビア 「プロジェクトを破壊し、監督と僕をだました」

バレンシアの中央アフリカ代表MFジェフリー・コンドグビアが、混乱の続くクラブに対して不満を明確にした。スペイン『マルカ』などが伝えている。 バレンシアは今夏の移籍市場で、スペイン代表MFダニエル・パレホやフランス人MFフランシス・コクラン、スペイン代表FWロドリゴ・モレノなど主力を大量に放出した。 一方で、新戦力の獲得はなく、クラブに補強の約束を破られたとして、ハビ・グラシア監督が辞意を表明。クラブ側が高額な契約解除金の支払いをグラシア監督に求めたことで結果的に留任となったが、その混乱ぶりは隠せていない。 こうした混迷に拍車をかけるような出来事がまたしても発生した。コンドグビアは自身の『インスタグラム』で次のような文章を投稿し、バレンシアのアニル・マーシー会長を痛烈に批判している。 「野心的なプロジェクトは破壊され、監督を騙し、最後には僕も騙した。ありがとう、アニル・マーシー」 コンドグビアには、ガーナ代表MFトーマス・パルティを放出し、市場閉幕から1カ月間国内での補強が許されているアトレティコ・マドリーが強い興味を示していた。しかし、契約の解釈に問題が生じ、最終的にバレンシア側が売却を拒否。コンドグビアはクラブの対応に怒りを募らせたという。 『マルカ』によると、コンドグビアの契約にはこの市場まで8000万ユーロ(約98億5700万円)の契約解除金が生じる条項があったが、次の市場では3000万ユーロ(36億9600万円)にまで減額される内容になっているようだ。 コンドグビア側はアトレティコが動いたのは夏の市場が閉まった後であり、この契約解除金減額が適応されると考えていたのに対して、バレンシア側はあくまで夏の移籍市場に関連する取引であり、減額はされないと主張。両者の解釈に食い違いが生じていた。 また、同メディアが伝えるところでは、コンドグビアの今回のメッセージには選手個人の問題以上の告発があるという。好成績を収めていたマルセリーノ・ガルシア・トラル監督の解任でプロジェクトを破壊し、グラシア監督との補強の約束を反故にしたクラブへの、積もりに積もった鬱憤が爆発した形といえるだろう。 2020.10.16 15:48 Fri
twitterfacebook
thumb

トーマス流出のアトレティコ、後釜にバレンシア主力MFの引き抜きを画策か

アトレティコ・マドリーがバレンシアに所属する中央アフリカ代表MFジェフリー・コンドグビア(27)の獲得に動くようだ。スペイン『アス』が伝えた。 移籍市場最終日の5日に契約解除金の5000万ユーロ(約62億3000万円)を支払われる形でガーナ代表MFトーマス・パルティ(27)をアーセナルに流出したアトレティコ。移籍市場は閉幕したものの、1カ月以内ならスペイン国内から選手を獲得できる措置があるため、代わりとなるボランチの確保に向かうようだ。 元々、レバンテのスペイン代表MFホセ・カンパーニャをトップターゲットにしていたが、高価のため獲得が難しく、マジョルカのガーナ代表MFイドリス・ババの名前もメディアによっては挙げられていたが、アトレティコからの関心は得られなかった模様。 その中で白羽の矢が立ったのがコンドグビアだったという。アトレティコにはトーマス売却で得た5000万ユーロがあるが、財政難のため選手獲得に使えるのは最大25%まで。 一方、バレンシア側は移籍金2500万ユーロ(約31億1000万円)を要求しているようで、『アス』の情報を信じるならば、両クラブには現状では倍の差があるということになる。 なお、アトレティコはトーマスと入れ替わる形でアーセナルからウルグアイ代表MFルーカス・トレイラをレンタルで獲得しているが、ディエゴ・シメオネ監督は両選手が別のタイプの選手だと考えているとのことだ。 2020.10.10 18:30 Sat
twitterfacebook