乱闘騒ぎ、5人退場でもマルセイユ陣営は大喜び! PSG戦は栄誉ある勝利だった

2020.09.17 17:15 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
乱闘騒ぎにまで発展し、大きな注目を集めているパリ・サンジェルマン(PSG)vsマルセイユの“ル・クラスィク”だが、この試合はマルセイユにとってはとても大きな意味のある一戦だった。13日に行われたリーグ・アン第3節、PSGvsマルセイユは、0-1でアウェイのマルセイユが勝利。終了間際に両軍合わせて5名が退場する乱闘騒ぎばかりに注目が集まってしまったが、マルセイユ、そしてアンドレ・ビラス=ボアス監督にとっては、栄誉ある勝利だった。

◆歓喜の輪に長友佑都の姿も! PSG撃破、ロッカールームで歓喜爆発

まず、マルセイユにとって、リーグ・アンでPSGに勝利したことは、およそ9年ぶりの出来事。2011年11月を最後に、16試合で勝利できず(3分け13敗)、“ル・クラスィク”での不名誉な記録に終止符を打っていたのだ。

過去10シーズンで8度優勝しているPSGだが、マルセイユでも手が付けられなかった状況。しかし、それに終止符を打てたということは、PSGの連覇を止めるだけでなく、マルセイユとしても2009-10シーズン以来のリーグ優勝を達成できる可能性もあるだろう。

そして、ビラス=ボアス監督にとっても栄誉ある勝利だった。2019-20シーズンから指揮を執るビラス=ボアス監督だが、このPSG戦がリーグ・アンで30試合目の指揮に。この勝利で18勝8分け4敗の成績となったが、この勝率60%はマルセイユの監督として、就任から30試合での成績で史上最高の勝率を誇ることとなった。

これまでもルディ・ガルシアマルセロ・ビエルサディディエ・デシャンなど、様々な監督が指揮をしてきたが、ビラス=ボアス監督が最初の30試合に関しては、最高の監督に輝くこととなったのだ。

ちなみに、この試合は開始7分に日本代表DF酒井宏樹へイエローカードが提示されたことを皮切りに14枚のイエローカードと3枚のレッドカードが提示されていたが、これは21世紀のリーグ・アンにおいて最多記録とのこと。最終的に乱闘にまで発展してしまったが、それも致し方ない激しい試合だったことも数字で示されている。
コメント
関連ニュース
thumb

現地紙がシティ戦3失点の酒井宏樹を酷評「フォーデンとジンチェンコが背後で宴を開いた」

マルセイユは27日、チャンピオンズリーグ(CL)グループC第2節でマンチェスター・シティと対戦した。 試合は序盤から導権をシティに握られたマルセイユが、守勢一方にまわる展開に。前半にバックパスのパスミスからシティに先制を許すと、その後もマルセイユが押し込まれる展開が最後まで続き、後半にも2失点を許したマルセイユが0-3とシティに惨敗した。 <div id="cws_ad">◆名門マルセイユで活躍を続ける酒井宏樹のリーグ・アン初ゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJCclNKT0NRaiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 日本代表DF酒井宏樹は、[5-3-2]と守備的な布陣を採用したマルセイユの右のウイングバックで先発フル出場していたが、3失点の惨敗に現地メディアからは酷評を受けている。 フランス『Foot Mercato』は試合後のレーティングで、酒井にチーム最低タイとなる「3」の評価を付け、「フォーデンへのマークも、攻撃参加してきたジンチェンコへのマークも遅く、彼らが背後で宴を開いていた」と守備面でのパフォーマンスを痛烈に批判。「後半に入り、攻撃面ではやや存在感を見せていたが、限界が見えていた」「ここ数ヶ月、マルセイユサポーターは彼のパフォーマンスに苛立ちを覚えていたが、今日の試合では信頼を回復することはできない」と寸評を付けている。 ただし、酒井の出来だけが悪かったわけではなく、ホームでの0-3という一方的な敗戦ということもあり、孤軍奮闘の活躍を見せて「6」の評価を得たDFアルバロ・ゴンサレス以外、酒井を含む守備陣は全員「3」の評価を受けている。 久々のCL出場を果たしたものの、これで2連敗と幸先の悪いスタートとなったマルセイユは、グループ内唯一の勝ち点0で最下位に沈んでいる。リーグ戦ではここまで8試合を戦い4勝3分1敗の4位につけるなど、調子は悪くないだけに、CLでの今後の復調に期待だ。 2020.10.28 17:25 Wed
twitterfacebook
thumb

パフォーマンス称えるもシティ相手に3失点黒星を語るビラス=ボアス監督「ミスの代償を払うこととなった」

マルセイユのアンドレ・ビラス=ボアス監督が、マンチェスター・シティ戦を振り返った。『UEFA.com』が伝えた。 マルセイユは27日、チャンピオンズリーグ (CL)グループC第2節でシティと対戦。18分にフェラン・トーレスに先制ゴールを許すも、その後は粘り強く戦い失点を許さない。 後半も粘り強く戦っていが、76分にイルカイ・ギュンドアン、81分にラヒーム・スターリングにゴールを許し、0-3で敗戦となった。 ビラス=ボアス監督は、シティ戦を振り返り、2点目が難しくしたとコメント。選手たちのパフォーマンスは悪くなかったと語った。 「2つ目のゴールは、状況を好転させ始めていた我々にとって大きな打撃となった。前半はシティのプレスを回避するのに苦労し、パスの精度も悪く、1-0となってしまった」 「プレーするのが難しい試合だった。そして、我々はミスの代償を払うこととなった」 「あまり深い位置で守らなかった。そして、選手たちは素晴らしいプレーを見せた」 「3-4-3や中盤をダイヤモンドにしてシティと対戦することは決してなかった。彼らは5人で守られることに慣れていると思う」 2020.10.28 11:30 Wed
twitterfacebook
thumb

デ・ブライネ躍動のシティが酒井フル出場のマルセイユに快勝! ポルト中島は途中出場で2点目の起点に《CL》

チャンピオンズリーグ(CL)グループC第2節、マルセイユvsマンチェスター・シティが27日にヴェロドロームで行われ、アウェイのシティが0-3で勝利した。なお、マルセイユのDF酒井宏樹は先発フル出場。DF長友佑都はベンチ入りも出場機会はなかった。 久々のCL参戦となったマルセイユはオリンピアコスとの初戦で酒井がCLデビューを飾ったが、試合終了間際の失点によって無念の黒星スタートとなった。週末のロリアン戦を1-0で制してリーグ連勝の形で迎えたホームでの第2戦では優勝候補シティを迎え撃った。この試合では[5-3-2]の守備的な布陣を採用し、酒井は右のウイングバックで先発した。 一方、ポルトとの初戦を3-1の逆転勝利で制したシティだが、直近のリーグ戦ではウェストハム相手に1-1のドローに終わり、なかなか波に乗り切れない序盤戦となっている。CL連勝を目指すこの一戦ではウェストハム戦から先発5人を変更。デ・ブライネが先発復帰を果たし、アグエロの再離脱でストライカー不在の中、フェラン・トーレスが最前線に入り、フォーデンとスターリングと3トップを組んだ。 試合は戦前の布陣からも窺えたようにボールを保持するシティが後方に重心を置くマルセイユを押し込む展開に。立ち上がりからデ・ブライネ、フォーデンとシュートを浴びせかけると、18分には相手陣内ボックス付近でロニエの不用意な横パスを奪ったデ・ブライネの正確なグラウンダーのクロスに反応したフェラン・トーレスがワンタッチで流し込んだ。 良い流れの中で先制に成功したシティはその後も質の高いパスワーク、素早い攻守の切り替えでマルセイユを圧倒。ジンチェンコが2点目に迫るなど、攻勢を続ける。 一方、立ち上がりから守備に追われるマルセイユはなかなか自陣からボールを運ぶことができない。42分にはラドンジッチがようやくファーストシュートを放つが、これはGKエデルソンにがっちりとキャッチされた。 シティの1点リードで折り返した後半も試合展開に大きな変化はなし。55分にトヴァンが両チームを通じて最初のシュートを放ったが、依然として試合の主導権はアウェイチームが握る。 すると、後半半ばを過ぎた76分に試合を決定づけるシティの2点目が生まれる。フォーデンが左サイド深くに抜け出して入れたクロスをファーに走り込んだスターリングが頭で折り返すと、フェラン・トーレスに当たってゴール前にこぼれたところをギュンドアンがすかさず右足で蹴り込んだ。 さらに、シティは81分にも右サイドに抜け出したデ・ブライネからの正確な折り返しをスターリングがワンタッチで蹴り込み、トドメの3点目とした。そして、マルセイユを攻守に圧倒したシティが3-0の快勝でグループステージ連勝を飾った。 また、同日行われたグループB第2節のもう1試合、ポルトvsオリンピアコスは、ホームのポルトが2-0で勝利している。なお、ポルトFW中島翔哉は60分から途中出場している。 今大会初勝利を目指すホームのポルトは、前半の11分に相手のビルドアップのミスを突いてファビオ・ヴィエイラが先制点を奪取。さらに、85分に中島の縦パスに抜け出した右サイドのマレガのクロスを、ゴール前に飛び込んだセルジオ・オリヴェイラが頭で合わせ、試合を決定づける2点目とした。 そして、このまま相手の反撃を凌ぎ切ったポルトが今大会初勝利を挙げている。 マルセイユ 0-3 マンチェスター・シティ 【マンチェスター・シティ】 フェラン・トーレス(前18) ギュンドアン(後31) スターリング(後36) ポルト 2-0 オリンピアコス 【ポルト】 ファビオ・ヴィエイラ(前11) セルジオ・オリベイラ(後40) 2020.10.28 07:06 Wed
twitterfacebook
thumb

【CLグループ第2節プレビュー①】酒井&長友、奥川が欧州屈指の強豪に挑む!

チャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第2節の8試合が27日に開催される。ここではA~Dの開幕節のマッチプレビューを紹介していく。 ◆グループA:奥川が初勝利を懸けてアトレティコと激突! <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/get20201026_100_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 《26:55》 ロコモティフ・モスクワ vs バイエルン 《29:00》 アトレティコ・マドリー vs ザルツブルク グループA初戦ではバイエルンとアトレティコの突破本命候補同士が、いきなり対戦。拮抗した展開が予想された中、FWコマンの2ゴール1アシストの活躍などで世界屈指の堅守を4度こじ開けた前大会王者が4-0の圧勝で白星発進。一方、その2強に食い込みたいザルツブルクとロコモティフ・モスクワの一戦は、2-2の痛み分けに終わっている。 連覇に向け最高のスタートを切ったバイエルンは、今回の第2節でロコモティフ・モスクワとのアウェイゲームに臨む。先週末に行われたフランクフルト戦では足首を痛めたDFアルフォンソ・デイビスの長期離脱というアクシデントに見舞われたが、主砲FWレヴァンドフスキのハットトリックの活躍などで5-0の圧勝を飾っている。今週末のリーグ戦では格下ケルンとの対戦となるため、アウェイ開催となるこの一戦では主力の起用が可能だ。勢いに乗るエースの今季CL初ゴールできっちり格下を退けて勝ち点3を持ち帰りたい。 初戦の結果を受けて、早くもバイエルン独走の気配が漂う中、2位通過を狙うアトレティコと、ザルツブルクは今大会初勝利を懸けて対峙する。ホーム開催となるアトレティコは初戦で前大会王者に完膚なきまでに叩きのめされたが、週末のリーグ戦では難敵ベティス相手に苦戦を強いられた中、MFマルコス・ジョレンテ、FWスアレスの2ゴールで勝ち切ってバウンスバックに成功。 対するザルツブルクは一部主力を温存しながらもオーストリア・ウィーンに同じく2-0で勝利。ロコモティフ・モスクワとの初戦で途中出場だったMF奥川雅也はリーグ戦も途中出場となっており、今回のアトレティコ戦では先発起用も期待される。 ◆グループB:マドリー黒星発進で混戦模様の中、重要な第2戦 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/get20201026_100_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 《26:55》 シャフタール vs インテル 《29:00》 ボルシアMG vs レアル・マドリー 大本命のレアル・マドリー、残り1枠を3クラブで争うことが予想されたグループBの初戦は波乱含みの展開に。ホームで今季の戦いをスタートしたマドリーだが、シャフタール相手に前半3失点を喫すると、後半に1点差に迫ったものの、2-3の黒星スタートとなった。また、ホームチーム優位と見られたインテルとボルシアMGの一戦も、劣勢のインテルがFWルカクの2ゴールで何とかドローに持ち込む薄氷のドローとなった。 優勝候補マドリーを敵地で破る最高のスタートを切ったシャフタールは、国内リーグでは1人少ないヴォルスクラ相手に1-1のドローとなったが、パフォーマンス自体はまずまず。連勝を狙うホームゲームでは昨季のヨーロッパリーグ準決勝で0-5の大敗を喫した因縁の相手に対して、マドリー戦で躍動したMFテテやMFソロモンといった中盤の選手たちの活躍に期待だ。一方、初戦のドローによって勝ち点3奪取が求められるインテルは、週末のジェノア戦で公式戦4試合ぶりの白星を挙げており、良いメンタル状態で臨めるはずだ。やはりウクライナ王者撃破のキーマンは、前述のELで躍動したルカクとなるはずだ。 前述の2チームの潰し合いに期待しつつ、今季CL初勝利を目指すマドリーは、ボルシアMGとのアウェイゲームに臨む。ホームで公式戦連敗とジダン監督の去就問題に発展した中、直近のエル・クラシコでは敵地でバルセロナを3-1で破る会心の勝利を収めた。そして、今回の一戦ではクラシコ勝利の立役者であるDFセルヒオ・ラモスが今季CL初出場を飾る見込みだ。また、コンディション不良が続いたMFアザールも招集メンバー入りを果たしており、今季初出場が見込まれる。その強豪をホームで迎え撃つボルシアMGでは敵将ジダン監督の盟友であるリリアン・テュラムを父親に持ち、10番を背負うFWマルクス・テュラムのパフォーマンスに注目したい。 ◆グループC:酒井&長友がシティと激突! <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/get20201026_100_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 《29:00》 ポルト vs オリンピアコス マルセイユ vs マンチェスター・シティ 優勝候補マンチェスター・シティが頭一つ抜けているグループCでは、残り1枠を巡る混戦が予想される中、初戦では早くも予想通りの結果となった。ホームでポルトを迎え撃ったシティは先制を許したが、MFギュンドアンの鮮烈な直接FKなど3ゴールを奪って3-1の逆転勝利を飾った。もう1カードのオリンピアコスとマルセイユの一戦は、終始拮抗した展開となったものの、試合終了間際にFWコカの劇的ゴールが生まれたホームのオリンピアコスが白星スタートを飾った。 久々のCLグループステージで洗礼を浴びることになったマルセイユは、連勝を狙うシティをホームで迎え撃つ。直近のリーグ戦ではロリアンを1-0で下し、連勝を飾っており、オリンピアコス戦の敗戦を払拭。オリンピアコス戦でCLデビューを飾ったDF酒井宏樹も軽快な動きで完封勝利に貢献している。ただ、シティ相手に劣勢は必至だけにFWスターリングらとのマッチアップで粘りの対応が求められる。DF長友佑都に関してはDFアマヴィの復帰に伴い出場機会を減らしており、今回の一戦でもベンチスタートとなる見込みだ。 対するシティは貫録の白星スタートとなったが、リーグ戦ではウェストハム相手に1-1のドローに終わるなど、なかなか波に乗れない序盤戦となっている。また、復帰したばかりのFWアグエロがハムストリングのケガで再離脱を強いられており、復帰間近のFWガブリエウ・ジェズスと共に欠場となる。そのため、ハマーズ戦で復帰したMFデ・ブライネやFWマフレズらがスターリングと共にゴールスコアラーとしての活躍が期待される。 また、ポルトとオリンピアコスの一戦では、前節のシティ戦で約7カ月ぶりの実戦復帰を果たしてCLデビューを飾ったFW中島翔哉のプレーに注目だ。直近のジル・ヴィセンテ戦では先発出場でチームを勝利に導く決勝点をアシストしており、一時確執が指摘されたセルジオ・コンセイソン監督から再び信頼を得ている。そのため、今回のオリンピアコスでは途中出場が濃厚となっているが、ジョーカーとして流れを変える働きに期待したい。 ◆グループD:打ち合い必至のアタランタvsアヤックス! <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/get20201026_100_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 《29:00》 リバプール vs ミッティラン アタランタ vs アヤックス ミッティランを除く3強が揃ったグループDでは三つ巴を予感させる初戦に。昨季8強のアタランタは格下ミッティラン相手に自慢の攻撃陣が爆発して4-0の快勝スタート。一方、アヤックスとリバプールの一戦はがっぷり四つの勝負となった中、アヤックスDFタグリアフィコのオウンゴールが勝敗を分ける結果となり、一昨季王者が敵地で白星スタートを飾った。 第2節の注目は初戦で明暗分かれたアタッキングフットボールを志すアタランタとアヤックスの直接対決だ。連敗スタートとなった昨季と異なり、格下ミッティランに快勝したアタランタだが、直近のリーグ戦ではナポリに1-4、サンプドリアに1-3とらしくない大敗が続いている。攻撃面では相変わらずの破壊力を誇り、元々打ち勝つスタイルを志すチームだが、突破を争うライバルとの直接対決ということもあり、より攻守のバランスが求められる。 対するアヤックスはプレミア王者相手に黒星スタートもパフォーマンス自体は素晴らしかった。その証拠に直近のVVVフェンロ戦では19歳の新星FWラシナ・トラオレの5ゴールを含む、歴史的な13ゴールを奪っての大勝を飾っている。この勢いに乗って、アタランタの強力なマンツーマン守備をうまくいなして大量得点での今季CL初勝利を狙いたい。 また、開幕連勝を目指すリバプールは週末に上位相手に勝ち点を拾っている難敵ウェストハムとの一戦を控えていることもあり、今回のミッティラン戦では幾つかのポジションでターンオーバーが見込まれる。そういった中、FW南野拓実に先発のチャンスが与えられる可能性は十分にありそうだ。直近のシェフィールド・ユナイテッド戦ではポジションを争うFWフィルミノ、FWジョタがいずれもゴールを記録しており、今回の一戦では目に見える結果を残したい。 2020.10.27 18:00 Tue
twitterfacebook
thumb

シティ戦に臨むビラス=ボアス「胸を借りるつもりで」

マルセイユのアンドレ・ビラス=ボアス監督が、チャンピオンズリーグ(CL)のマンチェスター・シティ戦は胸を借りるつもりで挑むとコメントしている。 27日に行われるCL・グループC第2節で同組最強のシティをホームに迎え打つマルセイユ。7シーズンぶりの大舞台で初戦はオリンピアコスに敗戦し、早速レベルの高さを体感したポルトガル人指揮官は、ヨーロッパでも屈指のスカッドを誇るシティ戦を前に、レッスンに臨む心境であることを明かした。 「選手たちにとって、シティと対戦することは私と同じように感じているに違いない。相手は優勝を目指すヨーロッパのビッグチーム。我々にとって自分たちの力量を測るチャンスになる」 「親善試合のバイエルン戦(7月31日)もそうだった。皆にとって非常に良い経験になった。今回もそうなるはずだ。ベロドロームが無観客なのはとても残念だがね」 「とにかくシティはハイラインで仕掛けてくるため、低い位置での守備を強いられることになる。一方で、彼らが引いたとしても、前線には(セルヒオ・)アグエロや(ラヒーム・)スターリング、(リヤド・)マフレズが待機している。対応しなければならない状況はたくさん訪れるだろう」 「(直近の)ロリアン戦はもう少し高い位置でプレーしたかったが、相手がロングボールを使ってきたから下がらざるを得なかった。自分たちのスタイルは少なからず相手次第ということだ」 「シティ戦は、我々のスタイルで戦えればと思う。流動的に相手のプレッシャーを取り除く解決策を見つけながらね。そしてハイプレスもロープレスも駆使しながらね。彼らには60から65%のボール支配を許すことになる。それは確実だ」 2020.10.27 17:55 Tue
twitterfacebook