「私は気に入らない」ネイマールら両チーム合計5名が退場の一戦、PSGトゥヘル監督が語る

2020.09.14 10:35 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
パリ・サンジェルマン(PSG)のトーマス・トゥヘル監督が、マルセイユとの一戦を振り返った。PSGは13日、リーグ・アン第3節でマルセイユと対戦。7分の酒井宏樹のイエローカードを皮切りに両チームで14枚のイエローカード、5人の退場者を出す乱戦となった。なお、試合は0-1でアウェイのマルセイユが勝利し、PSGは開幕から連敗となった。

結果以上のパフォーマンスを見せながらも開幕連敗となったPSGのトゥヘル監督は試合を振り返り、もう少し簡単ではない試合になると思っていたとコメント。負けた理由が見つけられないと語った。

「複雑な試合ではなかった。我々のチームは最高だった。テクニック的にもフィジカル的にもだ。明らかに最高のチームだった。もっと難しい試合になることを期待していたが、そうではなかった」

「唯一思うことは、目標を達成できなかったこと。サッカーでは、本当に理由がなく、なぜこのように試合に負けたのかを受け入れ、理解するのが難しいこともある」

「現場では、不運以外の理由を見つけることができない。最後の3分間は長すぎたし、我々も反応しすぎた。スタジアムにいた人は、この状況が最初から始まって悪化していったことを知っているが、それも我々の責任だ」

また、後半アディショナルタイムにはピッチ上で一悶着。GKからのフィードに対し、ダリオ・ベネデットレアンドロ・パレデスと競り合うと乱闘騒ぎに発展。蹴り合ったレイヴァン・クルザワジョルダン・アマヴィが一発退場。さらに、最初に競り合って揉めたベネデットとパレデスは2枚目のイエローカードをもらい両選手も退場。4名が退場した中、主審はVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)からの連絡を受けてモニターをチェック。ネイマールアルバロ・ゴンサレスの頭を叩いていたことが確認され、一発退場となった。

敗戦に加え、試合終了直前に3名が退場したトゥヘル監督は苦言を呈しながらも、試合中のパフォーマンスを改めて評価した。

「この3枚のレッドカードに苦しむのは我々だ。多すぎるし、私は気に入らない。この結果も嫌いだ。しかし、私は我々がどのようにプレーしたのか、戦い方、メンタリティ、とても高い回復力が好きだ」

「我々はとても素晴らしい個人のパフォーマンスを見せ、満足いくチームでのパフォーマンスを見せた」
コメント
関連ニュース
thumb

ネイマール、酒井宏樹への「クソ中国人」発言の瞬間の動画が公開…30日に重い処分が決定か

試合終了間際の乱闘事件から、人種差別発言の問題に発展しているパリ・サンジェルマン(PSG)とマルセイユの“ル・クラスィク”。その中でも最も注目を集めていたブラジル代表FWネイマールの発言だが、そのシーンの動画が公開された。 動画を公開したのは、スペイン『カデナ・セル』。ラジオ番組『El Larguero』がネイマールがマルセイユの日本代表DF酒井宏樹に対して侮辱的な発言をしているシーンのビデオを独占公開した。 その動画では、「chino de mierda(クソ中国人)」と「puta Liga(くそリーグ)」という言葉が発せられている。 この発言に対して、酒井は笑顔で応対しているが、決定的な動画が出てしまったことでネイマールには重い処分が下されることになるようだ。 ネイマールはビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)による退場処分を受け、最大で3試合の出場停止処分が下されている。しかし、フランス・プロリーグ機構(LFP)はネイマールの人種差別発言の処分については調査の関係上先延ばしにしており、30日にも発表される見通しだ。 ネイマール自身もマルセイユのDFアルバロ・ゴンサレスに人種差別発言を受けたと訴えており、こちらの件の処分も30日に決まる予定。何れにしても、“ル・クラスィク”で起こった事件の決着はやっと着きそうだ。 この試合では、すでにPSGのDFレイヴァン・クルザワが6試合、FWネイマールとMFレアンドロ・パレデスに2試合の出場停止と追加で1試合、マルセイユのDFジョルダン・アマヴィに3試合、MFダリオ・ベネデットが1試合の出場停止が課され、追加で唾吐き行為が発覚したPSGのアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリアが4試合の出場停止処分となっていた。 <div id="cws_ad">◆酒井宏樹に対するネイマールが侮辱発言の瞬間<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="es" dir="ltr"> EXCLUSIVA <a href="https://twitter.com/ellarguero?ref_src=twsrc%5Etfw">@ElLarguero</a> <br><br> <a href="https://twitter.com/La_SER?ref_src=twsrc%5Etfw">@La_SER</a> accede al vídeo que demuestra que Neymar insultó a Hiroki Sakai en el PSG - Olympique de Marsella del pasado 13 de septiembre<br><br> Neymar llamó &quot;chino de mierda&quot; a Sakai y dijo también &quot;puta liga&quot;<a href="https://t.co/gkkkUhvp3X">https://t.co/gkkkUhvp3X</a> <a href="https://t.co/p2uCSnmOBg">pic.twitter.com/p2uCSnmOBg</a></p>&mdash; El Larguero (@ellarguero) <a href="https://twitter.com/ellarguero/status/1311056762418667524?ref_src=twsrc%5Etfw">September 29, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2020.09.30 17:25 Wed
twitterfacebook
thumb

クリアボールを空中で奪ってそのままゴール…!フランスのレジェンド、マケレレが決めた驚愕ゴール【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は元フランス代表MFのクロード・マケレレ氏がパリ・サンジェルマン(PSG)で決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆マケレレがPSGで決めた驚愕のゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJDMDk1NHVjSiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> フランスでのプロデビューを経て、レアル・マドリーやチェルシーなど、ビッグクラブを渡り歩いたマケレレ氏。守備的MFとして活躍し、数多くのタイトルを勝ち取った。 チェルシーで活躍した後、PSGで現役を引退したマケレレ氏だが、そのPSGでの唯一の得点となるスーパーゴールを、2009年12月16日に行われたリーグ・アン第11節のランス戦で決めている。 0-0の硬直した展開が続く70分、PSGが攻め込み、ボックス内まで侵入するものの、相手DFにクリアされてしまう。しかしこのクリアボールをボックス外にいたマケレレが空中でインターセプト。そのままFWメブリュト・エルディングと華麗なワンツーを決め、ゴール前まで進むと、GKの1vs1を冷静に制し、先制ゴールを決めてみせた。 このゴールで1-0としたPSGだったが、直後に追いつかれ、試合は1-1のドローに終わっている。 2020.09.30 16:00 Wed
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドが新たなストライカーとしてカバーニorヨビッチを獲得?

マンチェスター・ユナイテッドに新たなストライカーの獲得を目指す動きがあるようだ。 今夏の移籍市場でプレミアリーグのライバルが順調に補強を進めるなか、メインターゲットのドルトムントでプレーするイングランド代表MFジェイドン・サンチョの交渉が難航を極め、オランダ代表MFドニー・ファン・デ・ベークの獲得のみにとどまるユナイテッド。今夏の移籍市場における10月5日の閉幕日が刻々と迫っているが、移籍市場に精通するジャンルカ・ディ・マルツィオ氏によると、水面下で新たなストライカーも探しているという。 『Gianlucadimarzio.com』によれば、ユナイテッドは候補として2選手を注視。1人目は昨季限りでパリ・サンジェルマン(PSG)と契約切れとなり、フリーのウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニ(33)だ。アトレティコ・マドリーやベンフィカが移籍先に挙がっているが、ユナイテッドとの交渉に入っている模様だ。 そして、もう1人は昨夏にフランクフルトからレアル・マドリー入りしたものの、元フランス代表FWカリム・ベンゼマを脅かす活躍に至らず、移籍の可能性が取り沙汰されるセルビア代表FWルカ・ヨビッチ(22)。ユナイテッドはレンタルでの獲得を睨み、レアル・マドリーとも話し合っているとみられる。 今もサンチョの獲得を目指す動きが指摘され、新たな左サイドバックとしてポルトに所属するブラジル代表DFアレックス・テレスの獲得にも乗り出しているユナイテッドだが、今夏の移籍市場最終週にカバーニとヨビッチのいずれかとの契約も視野に入れているとのこと。果たして、実現するのだろうか。 2020.09.30 09:30 Wed
twitterfacebook
thumb

PSG、若手GKブルカと契約延長! スペイン2部カルタヘナへのレンタル移籍も決定

パリ・サンジェルマン(PSG)は28日、チェルシーからU-21ポーランド代表GKマーシン・ブルカ(20)との契約を2025年6月30日まで延長したことを発表した。また、スペインのセグンダ・ディビシオン(2部)のカルタヘナに今シーズン終了までレンタル移籍することも併せて伝えている。 母国のエスコラ・ヴァルソヴィアでプロキャリアをスタートした199cmの長身GKは、2016年7月にチェルシーのアカデミーに加入。トップチームデビューは果たされなかったものの、ユースチームやリザーブチームの主力として活躍していた。 昨夏にはフリートランスファーでPSGに2年契約で加入し、2019年8月末のメス戦でリーグ・アンデビュー。今シーズンはチームにとっての開幕戦となったリーグ・アン第2節のRCランス戦にフル出場も、自身のミスが相手の決勝点に繋がり、0-1の敗戦を喫していた。 2020.09.29 14:00 Tue
twitterfacebook
thumb

イブラヒモビッチの威力が勝る!壁に当たりながらもゴールにねじ込んだPSG時代の強烈シュート【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は、ミランの元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチがパリ・サンジェルマン(PSG)時代に決めたフリーキックだ。 <div id="cws_ad">◆イブラヒモビッチがゴールにねじ込んだ強烈シュート<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJQU1V2cWhlRCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 行く先々でゴールを積み重ねてきたイブラヒモビッチ。38歳になってもなお衰えを知らない。イブラヒモビッチと言えば強烈なキックも武器の一つだが、2013年12月22日に行われたリーグ・アン第19節のリール戦では、破壊力満点のFKも決めている。 スコアレスで迎えた36分、PSGはバイタルエリア右でFKを獲得する。キッカーのイブラヒモビッチは味方FWのルーカス・モウラが空けたコースを狙うが、わずかに逸れたシュートは相手の壁にぶつかってしまう。 しかし、イブラヒモビッチが振り切ったシュートは少し軌道を変えたままゴールへと一直線に向かい、相手GKも反応できない魔球となってネットを揺らした。 ややラッキーな面もあったものの、イブラヒモビッチの弾丸シュートが中途半端な壁では止められないと分かった瞬間であった。 2020.09.28 23:59 Mon
twitterfacebook