アーセナル、D・ルイスら今月末で契約終了の4選手が残留! マリ&セドリックは完全移籍に

2020.06.24 17:30 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アーセナルは24日、今月末で契約が終了する4選手の残留を発表した。イギリス『BBC』が伝えている。

新型コロナウイルス(COVID-19)の影響による長期間の中断によって、世界各国のリーグでは通常の契約期間を超えてシーズンを戦っている。

そういった状況の中、国際サッカー連盟(FIFA)は特例として6月30日の契約期間終了後にシーズン完了までの短期間の契約延長を許可。その契約期日は6月23日までとなっていた。

そして、アーセナルでは元ブラジル代表DFダビド・ルイス(33)、スペイン人DFパブロ・マリ(26)、元ポルトガル代表DFセドリック・ソアレス(28)、スペイン代表MFダニ・セバージョス(23)の4選手がそのケースに該当していた。

アーセナルの発表によると、昨夏にチェルシーから1年契約で加入したダビド・ルイスは、新たに1年間の契約延長にサインしており、2021年夏まで残留することに。

また、今冬にフラメンゴから買い取りオプションが付随したシーズン終了までのレンタル移籍で加入していたマリに関しては、一部で総額1600万ユーロ(約19億3000万円)と伝えられるオプション行使によって完全移籍での加入に。契約期間は4年と見られている。

さらに、今冬にサウサンプトンから今シーズン終了までのレンタル移籍で加入したセドリックは、6月30日に保有元のサウサンプトンとの契約が満了するため、7月1日付けでアーセナルにフリートランスファーでの加入となる。契約期間はマリと同様に4年と見られている。

一方、昨夏にレアル・マドリーから1年間のレンタル移籍で加入したセバージョスに関してはレンタル期間を延長する形で、今シーズン終了まで残留する。

アーセナルでテクニカル・ディレクターを務めるエドゥ氏は、4選手との契約状況について以下のように説明している。

「4人のプレーヤーが今後も我々のスカッドの一員として留まってくれることを心から嬉しく思う。彼らはミケル(・アルテタ)と私にとって長期的なテクニカルプランの一部だ。彼らは我々のスカッドに適切なバランスをもたらしてくれるはずだ」

ダビドは我々にとって本当に重要なプレーヤーだ。彼は今シーズンのほとんどの試合に出場しており、チームにとって重要な存在だ。彼のパス能力、ピッチ内外でのコミュニケーションはチーム全員を助けている」

「残念なことにパブロはマンチェスター・シティ戦で負傷してしまった。ミケルは就任以降、左利きのセンターバックを求めていた。そういった中、我々はパブロに本当に満足している。彼の振る舞い、トレーニングに臨む姿勢、そのメンタリティとクオリティのすべてにね。彼はケガを負ってしまったが、我々は将来に向け彼を留めておけることに満足している」

「セドリックも同様に我々にとっての重要なプレーヤーになるはずだ。残念なことに彼は幾つかのケガに悩まされてきたが、復帰に向けた準備は整いつつある。そして、右サイドバックのポジションで我々に力を与えてくれるはずだ」

「ダニが今シーズンをこのクラブで終えることを嬉しく思う。彼はここまで良い貢献をしてくれている。彼が今シーズンを素晴らしい形で終えることを楽しみにしているよ」

関連ニュース
thumb

中盤補強を模索のアーセナル、来冬に再びドウグラス・ルイスへオファーか

アーセナルは来冬にアストン・ビラからブラジル代表MFドウグラス・ルイス(24)の獲得に再び向かうようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 今夏に中盤の強化を目指したアーセナル。移籍マーケットの終盤にドウグラス・ルイスを獲得しようとする動きが取り沙汰されたが、デッドラインデイに出した移籍金2500万ポンド(約41億7000万円)のオファーは断られた。 それでも、アーセナルは依然としてドウグラス・ルイスの獲得を諦めず、改めて獲得する計画を進めているとのこと。中盤の主軸であるMFトーマス・パルティの度重なる負傷に不満を抱くミケル・アルテタ監督は新たな中盤の確保を熱望しているという。 ドウグラス・ルイスとビラの契約は来夏までで、スティーブン・ジェラード監督は契約延長を希望するが、ステップアップを望む選手側に交渉を進める意思はない模様。アーセナルはこの状況を利用して、夏よりも安い1500万ポンド(約23億3000万円)程度の移籍金で獲得可能と踏んでいるようだ。 ドウグラス・ルイスはビラで公式戦通算118試合に出場して7ゴール8アシストを記録。今季もプレミアリーグ6試合に出場するが、先発は2試合にとどまっている。 2022.09.29 12:48 Thu
twitterfacebook
thumb

「FIFAを訴えろ」アーセナルファン激怒、“最悪”と称されたアルテタ監督の顔に批判集まる

アーセナルのファンが侮辱されたとして怒り心頭のようだ。イギリス『デイリー・スター』が伝えた。 アーセナルファンの怒りを買ったのは、30日にリリース予定のサッカーゲーム『FIFA 23』だ。 大人気ゲームである『FIFA』シリーズの最後の作品としても注目され、多くのサッカーファンが手に取って楽しむもの。選手本人もプレーするほどの人気ぶりだ。 しかし、その中で毎度話題になるのが選手たちの顔。そっくりな作りの選手と全く似ても似つかない選手に二分され、これがファンの怒りを買うことも少なくない。 今回、アーセナルのファンが怒りを露わにしたのはミケル・アルテタ監督の顔。チームと再建している指揮官は“最悪“と称される顔となり、「FIFAを訴えるべきだ」とまで言われているほどだ。 また、アルテタ監督だけでなく、イングランド代表DFベン・ホワイトやMFエミール・スミス・ロウ、ベルギー代表MFアルベール・サンビ・ロコンガ、そして日本代表DF冨安健洋も全く似ていないという。 <span class="paragraph-title">【写真】一体これは誰? アーセナルファン激怒のアルテタ監督</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="et" dir="ltr">Mikel Arteta in FIFA '23. Cmon EA <br><br>Via <a href="https://twitter.com/GunnersReddit?ref_src=twsrc%5Etfw">@GunnersReddit</a> <a href="https://t.co/Jvu20dG3yH">pic.twitter.com/Jvu20dG3yH</a></p>&mdash; Dr. Rajpal Brar, DPT (@3cbPerformance) <a href="https://twitter.com/3cbPerformance/status/1574450911413346305?ref_src=twsrc%5Etfw">September 26, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.09.29 12:40 Thu
twitterfacebook
thumb

パルティがヒザ負傷でガーナ代表を離脱…ロンドンへ帰還

アーセナルのMFトーマス・パルティがケガのためガーナ代表を離脱した。ガーナサッカー協会(GFA)が発表している。 GFAによると、パルティは24日に行われたブラジル代表戦に先発予定だったが、試合前のアップ中にヒザに違和感を覚え、急遽欠場の判断が下されていた。 その後の各メディアの報告では、ケガは大したものではなく、27日に控えるニカラグア代表戦には出場可能と言われていたが、この度、「さらなる検査のため」として、アーセナルに戻ることになった。 今季のパルティは、太もものケガですでに公式戦5試合を欠場。チームではほとんど替えの利かない存在なだけに。これ以上の離脱は避けたいところだが…。 2022.09.25 21:40 Sun
twitterfacebook
thumb

チェルシーやアーセナルのオファーを認めたリシャルリソン、トッテナム入りの理由は「単純な話」

ブラジル代表FWリシャルリソンが、今夏のトッテナム移籍の裏側を語った。イギリス『イブニング・スタンダード』が報じた。 昨シーズンまでエバートンに所属していたリシャルリソン。エバートンでは公式戦152試合で53ゴール14アシストを記録。勝負強さと得点力を高く評価されていた。 今夏の人気銘柄となり、チェルシーやアーセナルが獲得に動いていた中、最終的にトッテナムへと移籍が決定。残念ながらプレミアリーグではまだゴールは決められていないものの、チャンピオンズリーグでは2試合で2ゴールを記録している。 ビッグクラブがこぞって獲得を狙っていた中、トッテナムへの移籍を決めた理由を明かしたリシャルリソン。チェルシーやアーセナルからの関心を知っていたとしながら、移籍に至った理由は実にシンプルなものだった。 「チェルシーがオファーを出してきたことは知っているし、アーセナルもエバートンに連絡して僕の状況を尋ねて来たと思う。でも、スパーズがそこに入ってきて、移籍金を支払った。単純な話だよ」 「エバートンはファイナンシャル・フェア・プレー(FFP)の問題を回避するため、何人かの選手を売却する必要があった。正直に言うと、交渉はとても短かったよ」 「トッテナムがエバートンにオファーを出したと聞いた時、僕はブラジルで休暇を過ごしていた。彼らはビッグクラブだったし、僕は嬉しかったよ」 「その後、クラブが契約を交渉することが全てだったけど、幸いなことに全てが上手くいった」 「交渉中にアントニオ・コンテから電話があり、どれだけ僕を獲得したいかを話してくれたんだ」 2022.09.24 22:35 Sat
twitterfacebook
thumb

本気でタイトル目指すアーセナル、“ネクスト“モドリッチに興味? 移籍金は69億円

チームの強化に余念がないアーセナルは、“ネクスト“モドリッチの獲得に興味を示しているようだ。イギリス『ミラー』が伝えた。 今夏の移籍市場でも、ブラジル代表FWガブリエウ・ジェズス、ウクライナ代表DFオレクサンドル・ジンチェンコとマンチェスター・シティから希望の選手を獲得するなど、チーム力のアップを図っているアーセナル。タイトル獲得に向けて、さらにチームを強化したいところだ。 ミケル・アルテタ監督とエドゥ氏がタッグを組んでチームを強化している中、今夏も話題になった中盤の選手の補強を考慮。スタッド・レンヌのクロアチア代表MFロヴロ・マイェル(24)の獲得に興味を示しているようだ。 ディナモ・ザグレブから、昨夏レンヌに完全移籍したマイェルは、同郷のレジェンドであるレアル・マドリーのMFルカ・モドリッチの後継者として期待を寄せられている。 レンヌでは公式戦44試合で7ゴール11アシスト。今シーズンも公式戦8試合で1ゴール2アシストを記録している。 クロアチア代表としてもプレーし、9試合で3ゴールを記録。22日に行われたデンマーク代表とのUEFAネーションズリーグでは、チームを勝利に導く1ゴールを記録していた。 すでに様々なクラブが目をつけており、バルセロナやマドリーも関心を寄せている様子。その中で、移籍金は4400万ポンド(約69億円)程度になるようだ。 今シーズンのアーセナルは、プレミアリーグの開幕から5連勝。マンチェスター・ユナイテッドには敗れたが、その後の試合も勝利し、7試合を終えて首位に立っている。リーグ内での競争力を保つためには層の厚さが必要と考えられており、早ければ冬にも獲得に動くようだが、どうなるだろうか。 2022.09.24 21:22 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly