13年ぶりJ1の横浜FCが新体制! 新戦力が意気込み

2020.01.14 13:00 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
横浜FCが13日、横浜市内のホテルで2020シーズン新体制発表会見を開いた。2019シーズンの明治安田生命J2リーグで2位となり、2007年以来のJ1返り咲きを果たした横浜FC。昨年途中からの指揮だったが、見事にチームを立て直してみせた下平隆宏監督の下、13年ぶりの参戦となる日本最高峰のリーグ定着を狙う。

新戦力は2名の復帰組を含めて13名。同日、高校サッカー選手権決勝で会見欠席のため、ビデオ出演したMF古宿理久を含む11名の新戦力はサポーターに挨拶するとともに、意気込みを口にした。
マギーニョ(←川崎フロンターレ/期限付き移籍)
©︎CWS Brains,LTD.

「皆さん、こんにちは。僕の名前はマギーニョです。去年、川崎フロンターレの選手でした。今年から横浜FCのために頑張りますので、よろしくお願いします」

小林友希(←ヴィッセル神戸/期限付き移籍)
©︎CWS Brains,LTD.

「皆さん。こんにちは。小林友希です。今シーズン、皆さんと一緒に1試合でも多く勝利を喜べるように全力を尽くしていきます。よろしくお願いします」

瀬古樹(←明治大学/新加入)
©︎CWS Brains,LTD.

「こんにちは。明治大学から加入しました、瀬古樹です。アグレッシブにやっていきたいと思います。よろしくお願いします」

一美和成(←ガンバ大阪/期限付き移籍)
©︎CWS Brains,LTD.

「皆さん、こんにちは。ガンバ大阪から期限付き移籍で加入しました、一美和成です。チームの勝利のために、全力で頑張ります。よろしくお願いします」

志知孝明(←水戸ホーリーホック/完全移籍)
©︎CWS Brains,LTD.

「水戸ホーリーホックから加入することになりました、志知孝明です。全力で戦います。よろしくお願いします」

星キョーワァン(←駒沢大学/新加入)
©︎CWS Brains,LTD.

「こんにちは。駒澤大学から加入することになりました、星キョーワァンです。魂込めて泥臭く戦うので、よろしくお願いします」

手塚康平(←柏レイソル/期限付き移籍)
©︎CWS Brains,LTD.

「こんにちは。柏レイソルから加入しました、手塚康平です。少しでも早く皆さんに認めてもらえるように頑張ります。よろしくお願いします」

熊川翔(←いわきFC/完全移籍)
©︎CWS Brains,LTD.

「こんにちは。いわきFCから加入することになりました、熊川翔です。チームの勝利のために日々全力で戦います。応援よろしくお願いします」

松尾佑介(←仙台大学/新加入)
©︎CWS Brains,LTD.

「こんにちは。仙台大学から加入しました、松尾佑介です。今年もチームのために戦いますので、応援よろしくお願いします」

六反勇治(←清水エスパルス/期限付き移籍)
©︎CWS Brains,LTD.

「こんにちは。清水エスパルスから加入した、六反勇治です。皆さんと一緒に戦うためにこのチームに来たので、厳しいシーズンになるかもしれないし、楽しいシーズンになるかもしれないし、それは自分たちで決められると思います。一緒に戦っていきましょう。よろしくお願いします」

古宿理久(←青森山田高校/新加入)
©︎CWS Brains,LTD.

「横浜FCに2020シーズンから加入内定しました、青森山田高校の古宿理久です。チームの勝利に貢献できるような選手になっていきたいと思います。これからよろしくお願いします」

関連ニュース
thumb

水戸が横浜FCのMF安永玲央を完全移籍で獲得、今季途中から期限付きで加入「目標である新しい景色を」

水戸ホーリーホックは25日、横浜FCのMF安永玲央(22)を完全移籍で獲得したことを発表した。 かつて横浜F・マリノスなどでプレーした安永聡太郎氏の息子である安永は、川崎フロンターレ、横浜FCの下部組織で育つと、2018年にトップチーム昇格。2019年途中からカターレ富山へと期限付き移籍を経験していた。 2022年も横浜FCでプレーを始めたが、シーズン途中に水戸へと期限付き移籍。水戸では明治安田生命J2リーグで9試合に出場していた。 安永は両クラブを通じてコメントしている。 ◆水戸ホーリーホック 「この度、横浜FCから完全移籍で加入することになりました安永玲央です。夏に秋葉監督に必要とされ加入しながらも期待に添えず申し訳なく思っていましたが、もう一度力を発揮するチャンスを頂き大変嬉しく思います」 「このチャンスを活かし水戸の目標である新しい景色をファン・サポーターの皆様と一緒に掴みにいきます。応援宜しくお願いいたします!」 ◆横浜FC 「この度、水戸に完全移籍することになりました。育成時代から含め7年間、本当にありがとうございました。ファン・サポーターの皆様の期待に応えることが出来ず、チームを去ることになり申し訳ありません」 「私自身、新しい場所でJ1リーグに戻って来れるように精進してまいります。横浜FCのJ1リーグでの活躍を心より応援しています」 2022.11.25 19:45 Fri
twitterfacebook
thumb

引退の中村俊輔が横浜FCでコーチに就任! 早速指導者キャリアスタート「サッカーとゼロから向き合う」

横浜FCは25日、今シーズン限りで現役を引退した元日本代表MF中村俊輔(44)がトップチームのコーチに就任することを発表した。 横浜マリノスでキャリアをスタートさせた中村は、レッジーナやセルティック、エスパニョールとヨーロッパでプレー。チャンピオンズリーグ(CL)の舞台でも得意の左足からのFKでゴールを決めるなど、世界を沸かせた。 その後日本に復帰し、横浜F・マリノス、ジュビロ磐田でプレー。横浜FCで現役を引退していた。また、日本代表としても98試合で24得点。2006年、2010年と2度のワールドカップに出場していた。 引退会見では指導者キャリアについても言及していた中、早速コーチに就任。中村はクラブを通じてコメントしている。 「2023シーズンより横浜FCトップチームコーチに就任し、指導者の道を歩ませていただきます。来季も横浜FCの一員として戦えることを大変嬉しく思います」 「指導者の方々から頂いた言葉や教えは、私のサッカー人生の中で、大きな糧となりました。私もそのような働きができるよう努めてまいります」 「今一度、サッカーとゼロから向き合い、様々なことに挑戦し失敗と成功を繰り返し、成長できればと考えております。今後ともよろしくお願い申し上げます」 2022.11.25 10:08 Fri
twitterfacebook
thumb

水戸、横浜FCのFW草野侑己を完全移籍で獲得!「特大なインパクトを与えるためやってきました」

水戸ホーリーホックは24日、横浜FCからFW草野侑己(26)の完全移籍加入を発表した。 北海道出身の草野は、2019年に阪南大学から横浜FC入り。デビューシーズンから明治安田生命J2リーグで11試合に出場して、4ゴール1アシストを記録した。 その後、レノファ山口FCを経て今季は琉球に期限付き移籍の形で加入。6月に左ヒザ内側側副靱帯を損傷しながらも、J3降格が決まったチームでリーグ戦22試合に出場して7ゴール2アシストの成績を残した。 新シーズンから水戸でプレーすることが決まった草野は、琉球を含む3つのクラブでそれぞれコメントしている。 ◆水戸ホーリーホック 「水戸ホーリーホックに関わるすべての皆様方。完全移籍で加入しました草野侑己です。皆様に特大なインパクトを与えるためやってきました。ゴールはもちろんチームを勝たせる選手になるため、このクラブで自分の価値を証明したいと思っています。よろしくお願いします」 ◆横浜FC 「横浜FCに関わるすべての皆様、4年間ありがとうございました。横浜FCでプレーできたのは2年間でしたが、その2年間は僕のサッカー人生にとってとても貴重な時間となりました。沢山の方々に応援してもらい、プロという一歩を横浜で踏み出せたことは本当に嬉しかったです」 「三ツ沢でプレーすること、そしてゴールすることは僕にとって1番の喜びでした。それはこれからも変わりません。もっと皆さんに僕のプレーを見てもらいたかったですし、僕のゴールで皆さんにたくさん喜んでもらいたかったですが、それがもう叶わないと思うと非常に悔しいです」 「ですが僕のサッカー人生は終わったわけではありません。またいつかこのピッチに帰ってこれるように、そして成長した姿を皆様にお見せできるように頑張りたいと思います。4年間本当にありがとうございました!またお会いできる日を楽しみにしています!ビッグになってまた会いましょう!!」 ◆FC琉球 「FC琉球に関わるすべての皆様方1年間ありがとうございました。怪我などもあり、皆さんの前でたくさんのプレーを見せることができなく非常に悔しく思っています。そしてJ 3降格してしまったこと、本当に申し訳なく自分の力のなさを痛感いたしました」 「またいつか成長した姿を皆様にお見せできるようにサッカー人生頑張っていきたいと思います。1年間でしたが本当に沖縄の地を好きになりました。自然豊かで家族もいつも楽しく過ごすことができました。1年間ありがとうございました」 2022.11.24 17:56 Thu
twitterfacebook
thumb

横浜FM、ユース出身FW山谷侑士の契約満了発表「12年間、横浜F・マリノスでプレーできてよかったです」

横浜F・マリノスは24日、FW山谷侑士(22)の契約満了を発表した。 神奈川県出身の山谷は、U-18まで横浜FMの下部組織に所属すると2019シーズンにプロデビュー。その後、水戸ホーリーホック、鹿児島ユナイテッドFCへのレンタルを経て、今シーズンは横浜FCに期限付き移籍の形で加入した。 同じく横浜を本拠地とするクラブで活躍が期待されたが、最後までポジションを掴むことはできず。1年でのJ1復帰を果たしたチームにおいて、リーグ戦2試合の出場にとどまった。 横浜FCからも期限付き移籍期間満了が発表された山谷は、両クラブを通じてコメントしている。 ◆横浜F・マリノス 「活躍してプレーしている姿を日産スタジアムで見せたかったのですが、自分の力不足で叶えることができず悔しいです。今より更に成長して頑張るので陰ながら応援していただけるとうれしいです。小学校から12年間、横浜F・マリノスでプレーできてよかったです。ありがとうございました!」 ◆横浜FC 「横浜FCファン・サポーターのみなさん。山谷侑士です。チームとしてはJ1昇格できましたが、個人としてはなかなかチームの力になれず悔しいシーズンでした。しかし、多くのことを横浜FCから学ぶことができました。チームは離れますが、どこかで再会した時は応援していただけると嬉しいです!1年間ありがとうございました!」 2022.11.24 13:23 Thu
twitterfacebook
thumb

横浜FCが四方田修平監督と契約更新、就任1年目でJ1復帰を果たす「より厳しい戦いが待っている」

横浜FCは15日、四方田修平監督(49)との契約更新を発表した。 コンサドーレ札幌のアシスタントコーチやU-18のコーチや監督、トップチームでも監督を務めた中、今シーズンから横浜FCの監督に就任した。 今シーズンはJ2に降格し、1年でのJ1に昇格したかったシーズン。42試合で23勝11分け8敗で2位となり、優勝は逃したものの自動昇格を果たしていた。 四方田監督はクラブを通じてコメントしている。 「横浜FCファミリーの皆様、来季も横浜FCで指揮を執らせていただくことになりました。みんなで苦労して掴んだJ1でのチャンスを大切にし、今後、J1に定着、そしてビッククラブへと成長していく為の大切なスタートの1年となるよう全力を尽くして参ります」 「J1ではより厳しい戦いが待っていると思いますが、ファン、サポーターの皆様と共にチーム一丸で乗り越えていきましょう!これからも熱いご声援よろしくお願いいたします」 2022.11.15 12:15 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly