横浜FC、タヴァレス監督解任の経緯説明 「自動昇格を目指す中これ以上上位と離されることは看過できない」

2019.05.16 19:48 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
横浜FCは16日、今月14日に発表したタヴァレス監督(62)の解任の経緯を説明した。横浜FCは14日、タヴァレス監督の解任を発表。さらに後任として、ヘッドコーチの下平隆宏氏(47)が昇格することを併せて伝えた。

タヴァレス監督は2017年10月からチームを指揮。昨シーズンは明治安田生命J2リーグを3位で終えてJ1昇格に迫ったが、今シーズンは開幕から13試合終了時点で4勝3分け6敗の14位に低迷していた。

今回、横浜FCは『ファン・サポーターの皆様へ』という形で上尾和大代表取締役社長COOから監督交代に踏み切った経緯を以下のように説明した。

「日頃より横浜FCへの熱いご声援をいただき厚く御礼申し上げます」

「2017シーズン途中より指揮を執っていただきましたタヴァレス監督の解任についての詳細をご説明致します」

「今シーズンは、昨シーズンわずかに届かなかったJ1昇格を至上命題として臨んだシーズンでありました。しかしながら現時点で4勝3分6敗の勝点15、リーグ14位と低迷しており、明確に自動昇格に照準を合わせたシーズンであるだけにこれ以上上位と離されることは看過できない状況でありました」

「シーズンは残り2/3となり、1試合・1ポイントも落とせないという危機感を持っており、まだまだ巻き返すことができるこの時期に監督の交代を行う決断を致しました」

「タヴァレス監督には、2017年シーズンの反省を踏まえて、2018シーズンにおいては1年を通してハードに戦える、競争力の高いチーム作りをお願いしました。怪我人も出る中で様々な選手がポジションを変えながら、また終盤には出場機会の少ない選手が出場機会を得て、最後に勝ち切るというチーム作りができていました。若手の積極的な起用からチーム全体の底上げができたことはクラブにとって大きな財産となり、タヴァレス監督の功績であると考えております」

「2019シーズンはそのベースを継続しながらより一層の進化を求めスタート致しましたが、ここ数試合低迷が続いており今般での交代に踏み切った次第です」

「後任である下平監督は、プレーモデルに応じた約束事を徹底する中で、選手たちの持つ個性を最大限に引き出し、論理的に指導するモチベーターです。選手自身に考えさせ、選手の自主性やアイデアを引き出すことに重きを置いている一方で、常に映像をもとにプレーを振り返り、共通認識を持った上でトレーニングにて改善し、戦術を落とし込む監督です」

「第14節のアウェイ鹿児島戦から第42節のホーム愛媛戦まで、1試合1試合を最後の試合のつもりで緊張感を持ちながらチーム一体となって全力で戦って参る所存です」
関連ニュース
thumb

横浜FCの選手1名が新型コロナ陽性…8月1日に予定されていた練習見学は中止

横浜FCは29日、選手1名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたことを発表した。 クラブの発表によると、当該選手は29日の早朝に発熱。抗原定性検査を受けたところ陽性であり、その後医師の診断により陽性判定となった。 なお、そのほかの選手、スタッフ全員は抗原検査により陰性となった。 また、体調不良や発熱などの症状を訴えている者はいないとのこと。濃厚接触者の特定を急いでいるという。なお、選手1名が濃厚接触者疑いとして、自主隔離を行っている。 当該選手はこれまで発熱もなく、28日までチーム活動に参加。しかし、29日に39.2℃の発熱があったとのことだ。 なお、8月1日(日)に予定されていた練習見学に関しては中止となった。 2021.07.29 18:40 Thu
twitterfacebook
thumb

横浜FCのDF前嶋洋太がトレーニング中に負傷、全治6週間

横浜FCは28日、DF前嶋洋太の負傷を発表した。 クラブの発表によると、前嶋は21日のトレーニング中に負傷したとのこと。23日に検査を行い、右足大腿四頭筋肉離れと診断されたとのことだ。 なお、全治は検査日より約6週間とのことだ。 前嶋は水戸ホーリーホックから今シーズン復帰。明治安田生命J1リーグで18試合に出場し1得点を記録していた。 2021.07.28 12:15 Wed
twitterfacebook
thumb

J2残留へ大宮が横浜FCのキャプテン、元日本代表GK南雄太を期限付きで獲得「ともに勝利を目指して戦えることが今から楽しみ」

大宮アルディージャは25日、横浜FCの元日本代表GK南雄太(41)を期限付き移籍で獲得したことを発表した。 期限付き移籍期間は2022年1月31日までとなる。背番号は「35」。 南は静岡学園高校から1998年に柏レイソルへと入団。長らく正守護神を務めると、2010年にロアッソ熊本へと完全移籍。2014年から横浜FCでプレーしていた。 これまでJ1で266試合、J2で363試合に出場している大ベテラン。今シーズンは明治安田生命J1で8試合の出場に終わっていた。 また、U-20日本代表として1997年のワールドユース(現U-20ワールドカップ)で準優勝。2000年のシドニー・オリンピックにも出場し、2001年には日本代表にも選出されていた。 南は両クラブを通じてコメントしている。 ◆大宮アルディージャ 「はじめまして!このたび横浜FCから移籍してきた南雄太です。大宮アルディージャというポテンシャルの高い素晴らしいクラブに加入することができて、大変嬉しく光栄に思います」 「自分の年齢的にもラストチャンスと思って覚悟をもってここに来ましたし、まずは残留、そして更に上へとチームが上昇するよう、自分の持てるすべてを出してチームの勝利ために全身全霊で闘うことを誓います」 「敵として何度も何度も大宮アルディージャと戦ってきましたが、NACK5スタジアム大宮の独特な雰囲気と熱いサポーターは本当に脅威で、正直あまり勝った記憶がないくらいです(笑)。そのようなサポーターとスタジアムが、今度は味方としてともに勝利を目指して戦えることが今から楽しみでなりません」 「このクラブは今の順位にいるクラブではないと思います。大宮アルディージャが本来あるべき位置に戻れるように全力を尽くして戦いますので、どうぞよろしくお願いいたします!」 ◆横浜FC 「このたび大宮アルディージャに期限付き移籍する事になりました。まず今季もキャプテンという大役を与えられ、現在チームが苦しい状況にもかかわらず、チームに貢献出来ずにシーズン途中でチームを離れてしまう事をただただ申し訳なく思います。7年半も在籍させて頂き、酸いも甘いも味わわせて頂いた横浜FCを去るというのは、自分の決断とはいえ今でも本当に寂しい限りです」 「2018年昇格プレーオフでアディショナルタイムに失点して敗退した失意のヴェルディ戦、J1昇格を決めた2019年最終節の歓喜の愛媛戦は自分のサッカー人生の中でも何ものにも代え難い忘れられない瞬間となりました。正直このまま横浜FCで自分は燃え尽きて引退するんだとも思っていました」 「そんな中、今年で42歳になる自分に届いた、自分を必要としてくれた大宮さんからのオファーは、とても刺激的で心が震えました。自分の気持ちに素直に今回挑戦する選択をしました。そして自分のサッカー人生も間違いなく終わりに近づく中、今回挑戦したいという自分のわがままを理解してくれたクラブには本当に感謝しても感謝しきれません。自分はクラブを離れますが、どんな時も愛着のある横浜FCの成功を願い応援しています」 「この苦境をクラブ全体で乗り越え、今年も必ず残留すると信じていますし、今後もJ1に定着していくクラブだと確信しています。『横浜FCに来てよかった!』と心の底から思える、素晴らしい7年半でした。横浜FCに関わる全ての皆様、本当にありがとうございました!」 大宮はGKフィリップ・クリャイッチが右ヒザ前十字じん帯断裂で今季絶望。現在は今季加入のGK上田智輝が正守護神となり、GK笠原昂史が2ndGKを務めている。 2021.07.25 10:15 Sun
twitterfacebook
thumb

横浜FCが今夏獲得の外国人選手4名の背番号を発表! 東京五輪出場のGKブローダーセンは「49」

横浜FCは24日、今夏獲得した新外国人選手4名の背番号を発表した。 ザンクト・パウリから加入のU-24ドイツ代表GKスベンド・ブローダーセン(24)は「49」、アトレチコ・ミネイロのDFガブリエウ・コスタ・フランサ(26)は「5」、セアラーのFWフェリペ・ヴィゼウ(24)は「50」、FWサウロ・ミネイロ(24)は「31」を着用する。 ブローダーセンは、ザンクト・パウリの下部組織出身。主にセカンドチームでプレーし、80試合に出場していた。 なお、U-24ドイツ代表として東京オリンピックに臨んでいる。 ガブリエウ・コスタ・フランサはアトレチコ・ミネイロの下部組織出身で、ボタフォゴでもプレー。カンピオナート・ブラジレイロ・セリエA(ブラジル1部)では110試合に出場し3ゴール3アシストを記録していた。 フェリペ・ヴィゼウはセリエAのウディネーゼにも在籍したことがあり、カンピオナート・ブラジレイロ・セリエAで61試合に出場し13ゴール1アシスト、イタリア・セリエAでは5試合の出場だった。 サウロ・ミネイロは、2020年9月にボルタ・レドンダからセアラーに加入。今シーズンはカンピオナート・ブラジレイロ・セリエAで9試合に出場し2ゴール1アシストを記録していた。 横浜FCは現在J1で最下位に位置。4チーム自動降格の中、逆転残留を目指している。 2021.07.24 11:45 Sat
twitterfacebook
thumb

横浜FC副主将の田代真一、古巣町田にレンタル移籍 「本当に嬉しく全てが楽しみ」

FC町田ゼルビアは23日、横浜FCからDF田代真一(33)の期限付き移籍加入を発表した。期間は2022年1月31日までで、背番号は「35」。26日からチームに合流する予定だ。 田代は横浜F・マリノス、町田、ジェフユナイテッド千葉、モンテディオ山形、V・ファーレン長崎を渡り歩き、2018シーズン途中から横浜FCでプレー。副主将を務める今季もここまで明治安田生命J1リーグ10試合出場で1得点をマークするなどの活躍を披露したが、2011年から2シーズンを過ごした町田復帰を決断した。 約10年ぶりの古巣復帰となる田代は町田の公式サイトを通じて、意気込みを語った。 「この度、FC町田ゼルビアに加入することになりました。田代真一です。僕自身、約10年ぶりにFC町田ゼルビアでプレーさせていただくことになりますが、本当に嬉しく全てが楽しみです。FC町田ゼルビアをJ1昇格させることに使命感を持って取り組んでいきます!」 「そして町田という地域の次世代を担う子供たちに夢を与えられる様にピッチで走り続けたいと思います。スタジアムを満員にできるよう常に結果に拘って日々努力します。引き続き熱い応援をよろしくお願いします。町田GIONスタジアムでお会いできる日を楽しみにしています」 一方、慣れ親しんだ横浜FCの公式サイトを通じては思い出を振り返るとともに、移籍の理由、そしてチームのJ1残留を願った。 「この度、FC町田ゼルビアに期限付き移籍する事になりました。横浜FCでは約3年間、数多く学び、経験することが出来ました。幼い頃から慣れ親しんだ三ツ沢で、プロとして試合をし、ゴールを決めて、そして昇格する事も出来ました。本当に僕自身、最高の思い出が詰まった3年間となりました。シーズン途中、そしてチームが苦しい状況の中、簡単な決断ではありませんでしたが、常にチャレンジし続けたいという思いからこの様な決断をさせて頂きました」 「今後はFC町田ゼルビアをJ1に昇格させる為に尽力していきますが、横浜FCの活躍と今後の発展を心から願っています。そして今シーズン残りの試合、苦しい状況に変わりはありませんが、残ったメンバーが覚悟を決めて必ずやってくれるはずです。是非最後まで一緒に戦って下さい。宜しくお願い致します。町田から応援しています! またお会い出来る日を楽しみにしてます。3年間本当にありがとうございました!」 2021.07.23 13:15 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly