クロアチア代表が10月のユーロ予選に向けたメンバーを発表! マドリーで故障者リスト入りのモドリッチも選出

2019.09.24 00:30 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
クロアチアサッカー協会(HNS)は23日、10月行われるユーロ2020予選に向けたクロアチア代表メンバー23名+予備メンバー4名を発表した。

クロアチ代表を率いるズラトコ・ダリッチ監督は、イバン・ラキティッチ(バルセロナ)やマテオ・コバチッチ(チェルシー)、MFイバン・ペリシッチ(バイエルン)、FWアンテ・レビッチ(ミラン)など主力を順当に選出。また、12日にマドリーが故障者リストに追加したMFルカ・モドリッチ(レアル・マドリー)もメンバー入りしている。

3勝1敗1分けでグループEの首位に立つクロアチアは、10月10日にホームでハンガリー代表と、13日にウェールズ代表とアウェイで対戦する。今回発表されたクロアチア代表メンバーは以下の通り。

◆クロアチア代表メンバー23名
GK
ロヴレ・カリニッチ(アストン・ビラ/イングランド)
シモン・スルガ(ルートン・タウン/イングランド)
ドミニク・リヴァコビッチ(ディナモ・ザグレブ)

DF
デヤン・ロブレン(リバプール/イングランド)
ティン・イェドバイ(アウグスブルク/ドイツ)
マテイ・ミトロビッチ(クラブ・ブルージュ/ベルギー)
ボルナ・バリシッチ(レンジャーズ/スコットランド)
カルロ・バルトレツ(コペンハーゲン/デンマーク)
ドマゴイ・ヴィダ(ベシクタシュ/トルコ)
ダリオ・メルニャク(チャイクル・リゼシュポル/トルコ)
ミレ・シュコリッチ(オシエク)

MF
ルカ・モドリッチ(レアル・マドリー/スペイン)
イバン・ラキティッチ(バルセロナ/スペイン)
マテオ・コバチッチ(チェルシー/イングランド)
ミラン・バデリ(フィオレンティーナ/イタリア)
マルセロ・ブロゾビッチ(インテル/イタリア)
マリオ・パシャリッチ(アタランタ/イタリア)
ニコラ・ヴラシッチ(CSKAモスクワ/ロシア)

FW
イバン・ペリシッチ(バイエルン/ドイツ)
ヨシップ・ブレカロ(ヴォルフスブルク/ドイツ)
アンテ・レビッチ(ミラン/イタリア)
ブルーノ・ペトコビッチ(ディナモ・ザグレブ)
ミスラフ・オルシッチ(ディナモ・ザグレブ)

◆予備登録メンバー
ディノ・ペリッチ(ディナモ・ザグレブ)
ミヨ・ツァクタシュ(ハイドゥク・スプリト)
フィリプ・ブラダリッチ(ハイドゥク・スプリト)
マルコ・ログ(カリアリ/イタリア)

関連ニュース
thumb

クロアチア代表が発表! モドリッチら主力にブンデスの2選手が初招集《カタールW杯欧州予選》

クロアチアサッカー連盟(HNS)は20日、来月のカタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選に臨むクロアチア代表メンバーを発表した。 ズラトコ・ダリッチ監督は24名に加え予備メンバー6名の合計30名を招集した。 今回のメンバーにはMFルカ・モドリッチ(レアル・マドリー)やMFマテオ・コバチッチ(チェルシー)、MFイバン・ペリシッチ(インテル)、MFマルセロ・ブロゾビッチ(インテル)らが順当に選出された。 また、DFヨシプ・スタニシッチ(バイエルン)とMFクリスティアン・ヤキッチ(フランクフルト)が初選出されている。 現在、W杯欧州予選グループHで4勝1敗1分けの首位に立つクロアチアは、10月8日にアウェイでキプロス代表戦と、同11日にはホームでスロバキア代表戦を戦う。 今回発表されたクロアチア代表メンバー24名と予備メンバー6名は以下の通り。 ◆クロアチア代表メンバー24名 GK イビツァ・イブシッチ(オシエク) ドミニク・リヴァコビッチ(ディナモ・ザグレブ) イヴォ・グルビッチ(リール/フランス) DF ミレ・シュコリッチ(オシエク) ドマゴイ・ヴィダ(ベシクタシュ/トルコ) ヨシプ・ユラノビッチ(セルティック/スコットランド) ボルナ・バリシッチ(レンジャーズ/スコットランド) フィリプ・ウレモビッチ(ルビン・カザン/ロシア) デヤン・ロブレン(ゼニト/ロシア) ボルナ・ソサ(シュツットガルト/ドイツ) ヨシュコ・グヴァルディオル(RBライプツィヒ/ドイツ) ヨシプ・スタニシッチ(バイエルン)※ MF ルカ・イバンシイッツ(ディナモ・ザグレブ) ニコラ・ヴラシッチ(ウェストハム/イングランド) マリオ・パシャリッチ(アタランタ/イタリア) マルセロ・ブロゾビッチ(インテル/イタリア) マテオ・コバチッチ(チェルシー/イングランド) ルカ・モドリッチ(レアル・マドリー/スペイン) クリスティアン・ヤキッチ(フランクフルト)※ FW アンドレイ・クラマリッチ(ホッフェンハイム/ドイツ) イバン・ペリシッチ(インテル/イタリア) ヨシプ・ブレカロ(トリノ/イタリア) ミスラフ・オルシッチ(ディナモ・ザグレブ) マルコ・リヴァヤ(ハイドゥク・スプリト) ◆予備メンバー6名 GK シモン・スルガ(ルートン・タウン/イングランド) DF ドゥイエ・チャレタ=ツァル(マルセイユ/フランス) MF ニコラ・モロ(ディナモ・モスクワ/ロシア) FW アンテ・ブディミル(オサスナ/スペイン) アントニオ=ミルコ・チョラク(マルメ/スウェーデン) クリスティヤン・ロブリッチ(ゴリツァ) ※初招集 2021.09.21 00:02 Tue
twitterfacebook
thumb

“36歳”を迎えたモドリッチが家族団らん誕生日ショットとともに力強い言葉「年齢はただの数字だよ」

レアル・マドリーのクロアチア代表MFルカ・モドリッチが9日、36歳の誕生日を迎えた。 モドリッチは9月に行われたカタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選のメンバーに一度は選出されたものの、筋肉系のトラブルで辞退。マドリーで調整を続けており、8日からクラブのトレーニングに合流している。 そのモドリッチは9日に誕生日を迎えると、自身のインスタグラムを更新。妻のヴァ―ニャさん、長男のイヴァノ君、長女のエマちゃん、次女のソフィアちゃんと家族勢揃いでお祝いしている場面を投稿。「36」のシルエットのロウソクがつけられたオブジェとともに年を1つ重ねたことを報告した。 36歳を迎えたモドリッチだが、「年齢はただの数字だよ。みんなありがとう」と力強い言葉とともに感謝を綴っている。 2018年に行われ、準優勝に導いたロシア・ワールドカップの疲れからか、一時期パフォーマンスを落としたモドリッチ。しかし、2019-20シーズンの終盤から抜群のパフォーマンスを見せると、昨シーズンも円熟味を増す抜群のゲームメイクに加え、中盤での泥臭い仕事をこなし、素晴らしい活躍を見せ「年齢はただの数字」だということを証明した。36歳で臨む今シーズンも大暴れを期待したい。 <span class="paragraph-title">【写真】モドリッチと妻とそっくりな子供たちの誕生日祝いショット</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CTnU8hDshj8/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="13" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CTnU8hDshj8/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CTnU8hDshj8/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Luka Modric(@lukamodric10)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.09.10 21:25 Fri
twitterfacebook
thumb

“高給”が障壁となり引退へ…35歳で引退発表の元クロアチア代表FWマンジュキッチは最後まで移籍先を模索

3日に現役引退を発表した元クロアチア代表FWマリオ・マンジュキッチ(35)だが、最後までキャリアを続ける可能性を模索していたようだ。スペイン『アス』が報じた。 母国のマルソニアでプロキャリアをスタートしたマンジュキッチは、NKザグレブ、ディナモ・ザグレブという国内の名門クラブを経て2010年にヴォルフスブルクに加入。そして、2012年にはドイツの盟主バイエルンへステップアップを果たすと、主力ストライカーとして2012-13シーズンのブンデスリーガ、チャンピオンズリーグ(CL)、DFBポカールのシーズントレブルに貢献した。 その後、アトレティコ・マドリーを経て2015年にユベントスに加入すると、本職のセンターフォワードに加え、左ウイングで新境地を開き4度のセリエA優勝などに貢献。その後、アル・ドゥハイル、ミランでのプレーを経て現役引退の運びとなった。 35歳での引退、まだまだプレーできる可能性があった中での決断となったが、最後のプレー場所としてはインドが浮上していたようだ。 インド・スーパーリーグは、11日まで移籍市場が開いている。そして、実際に獲得のオファーも届いていたようだが、高いサラリーがネックとなったようだ。 マンジュキッチの代理人はインドの様々なクラブと交渉。しかし、インドのクラブが支払えないほどの高いサラリーを求めていたとのこと。クラブは金銭面での支払いが不可能と判断し、オファーを取り消していたとのことだ。 クラブキャリアを通じては公式戦508試合に出場し、197ゴールを記録。ブンデスリーガ、セリエA、CL、FIFAクラブワールドカップなど、通算22個のトロフィーを獲得。また、2007年11月17日の北マケドニア代表戦でデビューを飾ったクロアチア代表では通算89試合に出場し、ダヴォール・シューケルに次ぐ歴代2位の33ゴールを記録したストライカー。条件を下げてまでのプレーは望まなかったことから、自身を安売りはしたくなかったのだろう。 <span class="paragraph-title">【動画】マンジュキッチ、ユベントス時代のゴール集</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJJZ1R2SGtieCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.09.09 22:15 Thu
twitterfacebook
thumb

ホームで3発快勝のクロアチアがグループ首位に浮上!《カタールW杯欧州予選》

クロアチア代表は7日、カタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループH第6節でスロベニア代表と対戦し、3-0で勝利した。 ここまで3勝1分け1敗でグループ2位のクロアチアは、辛勝した直近のスロベニア代表戦からスタメンを5人変更。チョラクやヴラシッチ、ソサらに替えてクラマリッチやペリシッチ、コバチッチらをスタメンで起用した。 立ち上がりから攻勢に試合を進めるクロアチアは20分に決定機。左サイドを抜け出したバリシッチが供給したクロスのこぼれ球をボックス中央で拾ったクラマリッチがシュート。しかし、これはGKオブラクがファインセーブ。さらに25分には、相手守備陣の連係ミスからリバヤが決定機を迎えたが、シュートは右サイドネットに外れた。 立て続けの決定機を逃したクロアチアだったが、33分に待望のゴールが生まれる。ユラノビッチの右クロスをファーサイドのパシャリッチがヘディングシュート。これは左ポストに弾かれたが、こぼれ球をゴール前のリバヤが頭で押し込んだ。 後半に入っても主導権を握るクロアチアは66分、ロブレンのロングフィードを左サイド高い位置で受けたペリシッチが、ドリブルでボックス内まで切り込み折り返すと、最後はゴール前のパシャリッチがワンタッチで流し込んだ。 リードを広げたクロアチアは、試合終了間際の94分にもヴラシッチがゴールネットを揺らし、3-0で快勝。ロシアを得失点差で上回り、グループ首位に浮上している。 また、同日に開催されたグループHその他の試合では、首位のロシア代表がホームでマルタ代表に2-0で勝利。4位のスロバキア代表は、ホームで6位のキプロス代表と対戦し2-0で勝利した。 2021.09.08 06:10 Wed
twitterfacebook
thumb

クロアチア、終盤のブロゾビッチ弾でスロバキアに競り勝つ《カタールW杯欧州予選》

カタール・ワールドカップ欧州予選グループH第5節、スロバキア代表vsクロアチア代表が4日に行われ、0-1でクロアチアが勝利した。 1勝3分けで3位に位置するスロバキアは、ハムシクやシュクリニアルらがスタメンとなった。 一方、2勝1分け1敗で2位ロシア代表と同勝ち点で並ぶ首位クロアチアは、ブロゾビッチやコバチッチ、ロブレンらがスタメンとなった。 徐々にクロアチアがポゼッションする流れとなると、11分にオルシッチのミドルシュートがバーに直撃。 その後もクロアチアがボールを握る中30分、スロバキアにチャンス。FKの流れからシャトカ、クツカが立て続けにシュートを浴びせたが、クロアチア守備陣の身体を張った対応に阻まれた。 ゴールレスで迎えた後半、クロアチアは55分に3枚替えを敢行。ペリシッチやパシャリッチを投入した。 それでも互角の攻防で推移していた中、終盤の81分にクロアチアに決勝ゴール。FKの流れからルーズボールをボックス手前のブロゾビッチが見事なボレーでネットを揺らした。 直後のピンチをGKイブシッチが立て続けに凌いだクロアチアは、試合終了間際のピンチも凌いで逃げ切り。同日開催の試合でキプロス代表に勝利したロシアと10ポイントで並んでいる。 2021.09.05 05:53 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly