メッシが遠征メンバー入り! バルセロナがドルトムント戦に向けたメンバー22名を発表《CL》

2019.09.17 01:10 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バルセロナは16日、翌日にアウェイで行われるチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第1節のドルトムント戦に向けた遠征メンバー22名を発表した。

バルセロナを率いるエルネスト・バルベルデ監督は、今回の一戦に向けてFW類ル・スアレスやFWアントワーヌ・グリーズマン、MFセルヒオ・ブスケッツ、DFジェラール・ピケら主力を順当に選出。

また、負傷明けのFWリオネル・メッシやGKネト、BチームのGKイグナシオ・ペーニャ、FWカルレスペレス、U-19チームのFWアンス・ファティも招集メンバーに名を連ねた。
その一方で負傷明けも万全ではないFWウスマーヌ・デンベレとインターナショナルウィークで負傷したDFサミュエル・ユムティティは招集外となっている。今回発表されたメンバーは以下の通り。

◆バルセロナ招集メンバー
GK
マーク=アンドレ・テア・シュテーゲン
ネト
イグナシオ・ペーニャ

DF
ネウソン・セメド
ジェラール・ピケ
ジャン=クレール・トディボ
クレマン・ラングレ
ムサ・ワゲ
ジョルディ・アルバ
セルジ・ロベルト
ジュニオル・フィルポ

MF
イバン・ラキティッチ
セルヒオ・ブスケッツ
アルトゥール
カルレス・アレーニャ
フレンキー・デ・ヨング
アルトゥーロ・ビダル

FW
ルイス・スアレス
リオネル・メッシ
アントワーヌ・グリーズマン
カルレスペレス
アンス・ファティ

関連ニュース
thumb

6年ぶりJ1復帰の新潟が選手背番号発表 復帰の新井は2番で「10」は空きのまま

アルビレックス新潟は12日、2023シーズンの新体制ならびに選手の背番号を発表した。 2022年の新潟はアルベル・プッチ・オルトネダ前監督が礎を築いたポジショナルプレーを、松橋力蔵監督のもとで継続・昇華。明治安田生命J2リーグで25勝9分け8敗、リーグ最多73得点、最少タイの35失点という成績を残し、見事に優勝を果たした。 6年振りのJ1復帰となる今季も引き続き松橋監督が指揮を執る。メンバーも大多数が契約を更新し、陣容に大きな変更点はない。 既存の期限付き移籍選手を除けば、チームを離れることが決まっているのは矢村健(→藤枝MYFC)とアレクサンドレ・ゲデス(→未定)の2人のみ。新加入選手も太田修介(←FC町田ゼルビア)と、3年ぶりに新潟復帰の新井直人(←セレッソ大阪)の2選手となっており、新卒で加入する選手は現状いない。 背番号もほぼ昨季を踏襲し、変更となったのは小見洋太(23→16)のみ。太田が「11」、新井は当時の「2」番を再び背負い、本間至恩が着用していた「10」は空きのままとなっている。 また、12日まで契約に関するリリースのない、柏レイソルから期限付き移籍中のイッペイ・シノヅカが、公開されたリストからは外れている。 ◆選手背番号一覧 GK 1.小島亨介 21.阿部航斗 24.瀬口拓弥 39.西村遥己 DF 2.新井直人←セレッソ大阪/完全 3.トーマス・デン 5.舞行龍ジェームズ 15.渡邊泰基 18.早川史哉 31.堀米悠斗 32.長谷川巧 35.千葉和彦 50.田上大地 MF 6.秋山裕紀 8.高宇洋 13.伊藤涼太郎 14.三戸舜介 19.星雄次 20.島田譲 22.松田詠太郎←横浜F・マリノス/期限付き移籍延長 25.藤原奏哉 29.シマブク・カズヨシ 33.高木善朗 47.吉田陣平 FW 7.谷口海斗 9.鈴木孝司 11.太田修介←FC町田ゼルビア/完全 16.小見洋太※背番号変更 2023.01.12 19:10 Thu
twitterfacebook
thumb

エース宇佐美貴史が7番継承、4年ぶり帰還の谷晃生は99番で再出発! G大阪の選手背番号決定

ガンバ大阪は9日に開催した2023シーズンのキックオフイベントで選手背番号を発表した。 昨季、最終戦で薄氷のJ1残留を決める苦しいシーズンを過ごしたG大阪。今季を迎えるにあたり、徳島ヴォルティスからスペイン指導者のダニエル・ポヤトス監督を招き入れ、再構築を目指す。 そんなG大阪が新たに発表した背番号で大きな注目を集めたのがFW宇佐美貴史。今や「39」が馴染み深いエースだが、今季からはMF遠藤保仁が2020年10月に移籍して以降、空く7番を継承する。 また、MF食野亮太郎が「40」→「8」に変わり、FW鈴木武蔵も「45」→「9」に。主な新戦力ではU-21日本代表DF半田陸が「3」、チュニジア代表FWイッサム・ジェバリが「11」に決まった。 3年間の修行先である湘南ベルマーレで日本代表に絡むまで成長を遂げ、復帰のGK谷晃生は「99」で再出発。なお、今季入団のMF高橋隆大とFW南野遥海だが、期限付き移籍で調整中だという。 ◆選手背番号一覧 GK 1.東口順昭 22.一森純 25.石川慧 99.谷晃生←湘南ベルマーレ/復帰 DF 2.福岡将太 3.半田陸←モンテディオ山形/完全 4.藤春廣輝 5.三浦弦太 13.高尾瑠 16.佐藤瑶大←ベガルタ仙台/復帰 20.クォン・ギョンウォン 24.黒川圭介 26.柳澤亘 34.江川湧清←V・ファーレン長崎/完全 MF 6.山本理仁 8.食野亮太郎※背番号変更 10.倉田秋 14.福田湧矢 17.奥野耕平 23.ダワン←SCサンタ・リラ(ブラジル)/完全移行 28.杉山直宏←ロアッソ熊本/完全 29.山本悠樹 41.中村仁郎 47.ファン・アラーノ 48.石毛秀樹 FW 7.宇佐美貴史※背番号変更 9.鈴木武蔵※背番号変更 11.イッサム・ジェバリ←オーデンセBK(デンマーク)/完全 21.塚元大←ツエーゲン金沢/復帰 37.山見大登 2023.01.09 19:55 Mon
twitterfacebook
thumb

大津祐樹は今季から77番に! 1年でのJ1返り咲きを期す磐田が選手背番号発表

ジュビロ磐田は9日、2023シーズンの新体制および、選手背番号を発表した。 昨季を3年ぶりに明治安田生命J1リーグで過ごしたが、最下位で降格が決まり、今季から再びJ2リーグが舞台となる磐田。横内昭展新監督の下、1年でのJ1返り咲きを期す。 そんな磐田だが、今オフはFWファビアン・ゴンザレスと契約時の規則違反で新規選手登録禁止処分を受け、既存戦力の維持とともに、レンタルバックと昇格で補強を図った。 背番号は既存戦力から3選手が変更となり、GK梶川裕嗣が「24」→「81」、DF森岡陸が「25」→「3」、FW大津祐樹が「11」→「77」に。昇格のFW後藤啓介は「42」をつける。 また、復帰勢ではDF鈴木海音が「15」、DF中川創が「22」、MF藤川虎太朗が「13」、MF針谷岳晃が「34」に決まっている。 ◆選手背番号一覧 GK 1.八田直樹 21.三浦龍輝 81.梶川裕嗣※背番号変更 DF 2.山本義道 3.森岡陸※背番号変更 4.松原后 5.小川大貴 6.伊藤槙人 15.鈴木海音←栃木SC/復帰 17.鈴木雄斗 22.中川創←FC琉球/復帰 36.リカルド・グラッサ 39.高野遼 MF 7.上原力也 8.大森晃太郎 10.山田大記 13.藤川虎太朗←ギラヴァンツ北九州/復帰 14.松本昌也 23.山本康裕 28.鹿沼直生 31.古川陽介 33.ドゥドゥ 34.針谷岳晃←ギラヴァンツ北九/復帰 38.藤原健介 40.金子翔太 44.植村洋斗 50.遠藤保仁 FW 9.杉本健勇←浦和レッズ/完全移行 18.ジャーメイン良 27.吉長真優 29.ファビアン・ゴンザレス 42.後藤啓介←ジュビロ磐田U-18/昇格 77.大津祐樹※背番号変更 2023.01.09 15:55 Mon
twitterfacebook
thumb

2年連続低迷の大宮が新体制発表! 生え抜き小島幹敏が「7」、デビュー戦で急造GK務めた栗本広輝が「8」、中野誠也が「9」に変更

大宮アルディージャは9日、2023シーズンの新体制、選手背番号を発表した。 2022シーズンは明治安田生命J2リーグを戦い、J1への昇格を目指したものの、霜田正浩監督の下で開幕から低迷。初勝利は第10節という状況に。その後も結果が出ないと、相馬直樹監督がシーズン途中に就任した。 粘り強い戦いを見せる一方で、結果は伴わず。降格圏で過ごす時期も長かったなか、最後はなんとか粘りを見せて19位で残留を果たした。 2シーズン続けてJ3降格の危機を味わった大宮は、巻き返したい今シーズンに向けて相馬監督が続投。ヘッドコーチに昨季途中までベガルタ仙台を指揮した原崎政人氏、コーチにクラブOBの金澤慎氏、フィジカルコーチにOBの横山知伸氏を迎えて臨むこととなる。 今オフは主軸のMF小野雅史、DF西村慧祐が揃ってモンテディオ山形へ移籍。また、生え抜きの若手を期限付き移籍で武者修行に出した一方で、チームの残留に貢献したDF袴田裕太郎(←ジュビロ磐田)とGK志村滉(←ギラヴァンツ北九州)を完全移籍、DF岡庭愁人(←FC東京)を期限付き移籍延長で確保。また、アカデミー育ちのDF浦上仁騎(←ヴァンフォーレ甲府)を完全移籍で獲得した他、MF石川俊輝も甲府から復帰した。 さらに、2年ぶりとなる外国籍選手としてFWアンジェロッティ(←柏レイソル)が期限付き移籍で加入した。 背番号は浦上が「5」、アンジェロッティが「19」を着用。また、MF小島幹敏が「26」から「7」、MF栗本広輝が「20」から「8」、MF三幸秀稔が「29」から「14」、FW中野誠也が「27」から「9」、FW山﨑倫が「47」から「13」に変更となった。 ◆選手背番号 GK 1.笠原昂史←V・ファーレン長崎/復帰 35.南雄太 40.志村滉←ギラヴァンツ北九州/期限付き移籍→完全移籍 50.若林学歩 DF 3.岡庭愁人←FC東京/期限付き移籍延長 5.浦上仁騎←ヴァンフォーレ甲府/完全移籍 17.新里亮 22.茂木力也 25.袴田裕太郎←ジュビロ磐田/期限付き移籍→完全移籍 34.大森理生←FC東京/期限付き移籍 38.鈴木俊也←早稲田大学/新加入 46.貫真郷 MF 6.大橋尚志 7.小島幹敏※背番号変更「26」 8.栗本広輝※背番号変更「20」 14.三幸秀稔※背番号変更「29」 15.大山啓輔 16.石川俊輝←ヴァンフォーレ甲府/復帰 31.阿部来誠←大宮アルディージャユース/昇格 32.高柳郁弥←東洋大学/新加入 39.泉澤仁 48.柴山昌也 FW 9.中野誠也※背番号変更「27」 10.河田篤秀 13.山﨑倫※背番号変更「47」 19.アンジェロッティ←柏レイソル/期限付き移籍 23.矢島輝一 28.富山貴光 33.室井彗佑←東洋大学/新加入 49.大澤朋也←愛媛FC/復帰 2023.01.09 13:10 Mon
twitterfacebook
thumb

京都が今季陣容を発表! パトリックが9番、井上黎生人&川﨑颯太は新背番号に

京都サンガF.C.は8日、2023シーズンのトップチーム編成および、選手背番号を発表した。 明治安田生命J1リーグ昇格初年度の昨季を16位でフィニッシュして、J1参入プレーオフに回ったが、残留を決めた京都。昨季よりもより安全圏での戦いが求められる今季に向けては守護神のGK上福元直人や最多得点者のFWピーター・ウタカが抜けたが、新卒やレンタルバック、昇格を含め、12選手を獲得した。 背番号は新たな得点源として期待されるFWパトリックが「9」に。昨季までの戦力ではDF井上黎生人が「31」→「4」、MF川崎颯太が「24」→「7」を新たに背負う。 なお、DF飯田貴敬、DFメンデス、FWマルティノス、FWイスマイラはこのメンバーリストに載っていない。 ◆選手背番号一覧 GK 1.若原智哉 21.ヴァルネル・ハーン←IFKヨーテボリ(スウェーデン)/完全 26.太田岳志 32.マイケル・ウッド DF 3.麻田将吾 4.井上黎生人※背番号変更 5.アピアタウィア久 6.三竿雄斗←大分トリニータ/完全 14.白井康介 20.福田心之助←明治大学/新加入 24.イヨハ理ヘンリー←サンフレッチェ広島/期限付き 29.植田悠太←京都サンガF.C.U-18/昇格 44.佐藤響←サガン鳥栖/完全移行 MF 7.川崎颯太※背番号変更 8.荒木大吾 10.福岡慎平 16.武田将平 18.松田天馬 19.金子大毅←浦和レッズ/完全移行 25.谷内田哲平←栃木SC/復帰 27.山田楓喜 33.三沢直人 39.平戸太貴←FC町田ゼルビア/完全 41.アラン・カリウス FW 9.パトリック←ガンバ大阪/完全 11.山崎凌吾 13.宮吉拓実 15.木村勇大←関西学院大学/新加入 17.木下康介←水戸ホーリーホック/完全 22.一美和成←徳島ヴォルティス/完全 23.豊川雄太 28.平賀大空←京都サンガF.C.U-18/昇格 47.パウリーニョ←FCメタリスト・ハルキウ(ウクライナ)/期限付き延長 2023.01.08 17:55 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly