アトレティコ、ベジェリン獲得へ?

2019.06.22 09:30 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アトレティコ・マドリーがアーセナルに所属するスペイン代表DFエクトル・ベジェリン(24)の獲得を狙っているようだ。イギリス『テレグラフ』が報じた。

今夏、フランス代表DFリュカ・エルナンデス(23)や、ウルグアイ代表DFディエゴ・ゴディン(33)、元スペイン代表DFフアンフラン(34)の退団が決まったアトレティコ。バックラインの強化を希望するディエゴ・シメオネ監督は、右サイドバックの新戦力として、ベジェリンを注視しているという。

そこで、アトレティコはアーセナルのウナイ・エメリ監督がセビージャ時代に指導したスペイン代表MFビトロ(29)の譲渡を含めたオファーで、ベジェリンの引き抜きを画策。だが、そのベジェリンの現行契約は2023年まであり、アーセナルに売却の意思はなく、安売りするつもりもない模様だ。
なお、ベジェリンは現在、大ケガからのカムバックを目指してリハビリ中。来シーズンに間に合わないことを想定して、アーセナルはウィングバックとしてもプレー可能であり、大連一方からの退団を希望しているベルギー代表MFヤニク・フェレイラ=カラスコ(25)の獲得に動いているとされる。

関連ニュース
thumb

大所帯フォレスト、補強止まらず! アトレティコDFフェリペ&ニューカッスルMFシェルヴェイとも交渉中

ノッティンガム・フォレストがアトレティコ・マドリーから元ブラジル代表DFフェリペ(33)、ニューカッスルから元イングランド代表MFジョンジョ・シェルヴェイ(30)の2選手獲得に近づいているようだ。 フェリペは身長190cmのセンターバックで、2016年夏にコリンチャンスからポルトへ移籍し、2019年夏には30歳でアトレティコへ加入。当初は主力としてプレーも、昨季終盤から徐々に出場機会が減り、今季はラ・リーガ3試合、チャンピオンズリーグ(CL)1試合、計283分間の出場にとどまっている。 一方、かつてリバプールでもプレーしていたシェルヴェイはニューカッスル在籍8シーズン目のセントラルハーフで、プレミアリーグ通算出場数は270試合。こちらも長らく主力としてクラブを支えてきたが、今季は序盤戦で長期離脱を余儀なくされ、復帰後も公式戦5試合出場にとどまっている。 イギリス『90min』によると、フォレストは両選手の獲得に向けて交渉中。昨夏には大量21選手を補強し、現在では34選手を抱える大所帯のため、フェリペとシェルヴェイの獲得に備え、イングランド人MFルイス・オブライエン(24)とイングランド人DFハリー・トフォロ(27)のレンタル放出を進めているという。 なお、フェリペは1月上旬にウォルバーハンプトン行きの交渉が決裂しており、シェルヴェイにはトルコからオファーが届いているものの、本人が難色。フォレストは両選手の獲得に自信を持っているとのことだ。 2023.01.30 13:40 Mon
twitterfacebook
thumb

途中投入のサウールが値千金の今季リーグ初ゴール! 難敵オサスナに競り勝ったアトレティコがダービー敗戦を払しょく《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第19節、オサスナvsアトレティコ・マドリーが29日にエル・サダールで行われ、アウェイのアトレティコが0-1で勝利した。 現在、4位のアトレティコは、コパ・デル・レイ準々決勝でセビージャを延長戦の末に破って勢いに乗る7位のオサスナとのアウェイゲームに臨んだ。 リーグ前節はバジャドリーに3-0の完勝を収め、リーグ3試合ぶりの白星を収めたシメオネのチーム。しかし、レアル・マドリーとの今季2度目のダービーとなった直近のコパでは延長戦の末に1-3で敗れ、チャンピオンズリーグに続くカップ戦敗退となった。その敗戦からのバウンスバックを図る一戦では先発2人を変更。サスペンションのサビッチに代えてヒメネス、ベンチスタートのモラタに代わってバリオスが起用された。 アンヘル・コレアとグリーズマンを最前線に配した[4-4-2]で臨んだアトレティコは、立ち上がりから試合の主導権を握る。だが、ミッドウィークのダービーの激闘による重さが散見され、なかなか攻撃のギアが上がっていかない。 前半半ばを過ぎてグリーズマンの正確なプレースキックからヒメネスのヘディングシュート、32分にはバリオスのミドルシュートと徐々に際どいシーンを増やし始めると、前半終盤は押し込んでグリーズマンに続けてシュートチャンスが訪れたが、ホームチームの堅守を前にジャブを打ち続けるにとどまった。 ほとんどピンチはないものの、前半の攻撃の停滞を受けてシメオネ監督は、レマルを下げてカラスコをハーフタイム明けに投入。立ち上がりの47分には中央をドリブルで突破したグリーズマンがボックス手前で左足を振っていくが、これはコースが甘くGK正面を突いた。 その後、アトレティコ同様に120分を戦ったコパの疲労が出始めるオサスナが60分に3枚替えを敢行し押し返す展開になると、シメオネ監督も早いタイミングで2枚替えを敢行。65分にコレアとバリオスを下げて切り札のモラタとサウールを投入した。 すると、アルゼンチン人指揮官によるこの勝負手が待望の先制点をもたらす。74分、自陣中央でボールを受けたデ・パウルがボールを受けに中盤に下りてきたモラタと入れ替わりで背後へ飛び出したサウールへ完璧なラストパスを供給。ディフェンスラインと完璧に入れ替わったサウールがそのままボックス内に抜け出すと、最後はGKのポジションを見極めてゴール右下隅へ右足のシュートを流し込み、今季のラ・リーガ初ゴールとした。 伏兵の大仕事によってリードを手にしたアトレティコは、ここから全体のプレー強度が上がっていくと、80分過ぎに続けて決定機が訪れる。まずはデ・パウルのスルーパスに抜け出したグリーズマンがボックス内でGKと一対一となるが、チップキック気味のシュートは相手GKの好守に遭う。さらに、直後にはカウンターからモラタがボックス内まで持ち込むが、シュートではなく並走するカラスコへのラストパスを選択すると、今度は必死の戻りを見せたDFのブロックに遭う。 追加点を奪えなかったことで、試合終盤はホームチームの情熱的な後押しを受けるオサスナの猛攻に晒されたアトレティコだったが、モンカジョーラの強烈なミドルシュートは守護神オブラクが冷静にはじき出し、ウノセロでのクローズに成功した。 この結果、苦しみながらもダービー敗戦からのバウンスバックに成功したアトレティコがリーグ連勝で前半戦の戦いを終えることになった。 2023.01.30 02:10 Mon
twitterfacebook
thumb

財政難バレンシア、1月全資金をサウール獲得に捧ぐ? 18カ月レンタルを画策

バレンシアが、アトレティコ・マドリーの元スペイン代表MFサウール・ニゲス(28)獲得を模索しているようだ。スペイン『Relevo』が伝えている。 アトレティコ通算361試合出場を誇るサウール。下部組織から在籍し、若手時代の武者修行を除けばクラブ一筋で歩んできたが、一昨季に出場機会が減り、昨季はチェルシーにレンタル移籍していた。 チェルシーでもさほどプレーできず、復帰した今季も途中出場がメイン。そんなサウールに対して今冬、ジェンナーロ・ガットゥーゾ監督率いるバレンシアが獲得を模索し続けているという。 バレンシアは当初、アトレティコに半年レンタルを提案も却下され、今度は来季までの18カ月レンタルを用意し、サウールの年俸700万ユーロ(約9億8000万円)を全て負担する姿勢を示しているとのことだ。 さらに、サウール獲得のために他の補強を諦める覚悟があるとされ、今冬まだ1人も獲得していないバレンシアが、1月に準備した資金を全てサウールに捧ぐことすらあり得ると考えられている。 気になるのはその実現性だが、バレンシア、アトレティコ、サウールの三者は27日に会談予定。ここでは買い取りオプションの有無についても話し合われるとされ、サウール本人はバレンシア行きを希望しているとのことだ。 2023.01.27 21:14 Fri
twitterfacebook
thumb

【ラ・リーガ第19節プレビュー】前半戦最終戦! 久保ソシエダが王者マドリーとの上位対決!

先週末に行われた第18節では、しばらく白星から遠ざかっていたアトレティコ・マドリーを含め上位陣が揃って勝利を収める波乱の少ない一節となった。 延期分1試合を残すスーペル・コパ参戦4チームを除く全チームにとって前半戦最終戦となる今節は、2位のレアル・マドリー(勝ち点41)と、3位のレアル・ソシエダ(勝ち点38)による上位対決に大きな注目が集まる。 スーペル・コパ決勝でバルセロナに敗れたレアル・マドリーだが、直後に行われたコパ・デル・レイでビジャレアルに3-2の逆転勝利を収めてバウンスバックに成功すると、リーグ前節は難所サン・マメスでアスレティック・ビルバオ相手に、FWベンゼマとMFクロースの2つのゴラッソで2-0の快勝を収めた。さらに、直近のコパ準々決勝ではアトレティコとの今季2度目のダービーで3-1の勝利。公式戦3連勝を飾った。 そのダービーではホームで先制を許したが、途中出場のFWロドリゴのスーペルゴラッソで追いつくと、延長戦ではDFサビッチの退場による数的優位を生かしてベンゼマ、FWヴィニシウスの両エースがゴールを重ねて勝ち切った。 エル・ブランコらしい勝負強い戦いぶりはポジティブだが、この試合では超過密日程の中で120分の戦いを強いられ、DFメンディが新たに負傷者リスト入り。フランス代表での経験を生かして左サイドバックの代役を担ったMFカマヴィンガのハイパフォーマンスは今後に向けたプラス材料も、DFアラバとMFチュアメニの回復が遅れていることも含め、絶好調の“ラ・レアル”とのタフな一戦に向けては大きな不安を残すところ。引き続き厳しいやり繰りとなる中、アンチェロッティ監督の手腕が上位対決勝利のカギを握る。 一方、MF久保建英を擁するソシエダは前節、ラージョに2-0の快勝しリーグ連勝を「5」に更新。ただ、直近のコパではバルセロナ相手にMFブライス・メンデスの前半の退場が響いて0-1の惜敗となり、公式戦連勝が「9」でストップとなった。それでも、筋肉系のトラブルでラージョ戦を回避した久保が、古巣対戦でクロスバー直撃のシュートや“アシスト未遂”など好パフォーマンスを披露した点は今回の上位対決に向けたプラス材料だ。 対戦相手同様にここに来て主力に負傷者が増え始めている中、前線は好調のFWセルロートに加え、FWオヤルサバルらの復帰で選手層を増やしており、公式戦2試合連続で古巣対戦となる久保は手薄な中盤での起用が見込まれる。疲労困憊の相手中盤に対して、攻守に積極的なチャレンジをみせ、ベルナベウ攻略に導きたい。 その2チームの潰し合いを期待しつつ、首位固めを目指すバルセロナ(勝ち点44)は、11位のジローナとのカタルーニャ自治州ダービーに臨む。会心の勝利を飾ったスーペル・コパ決勝後は格下セウタ戦で大勝を飾った一方、前節のヘタフェ戦、前述のコパでのソシエダ戦はいずれも渋い内容でのウノセロ勝利に。 今節は引き続きFWレヴァンドフスキ、FWフェラン・トーレスをサスペンションで欠く中、ダービーで士気が高い曲者とのタフなアウェイゲームとなる。好調のFWデンベレ、ここ数試合はゴールスコアラーとしても存在感を放つMFペドリ、MFガビを軸に早い時間帯にゴールをこじ開け、あとは守護神テア・シュテーゲンを中心とする鉄壁の守備で逃げ切りに持ち込みたい。 4位のアトレティコ(勝ち点31)は、コパ準々決勝でセビージャを延長戦の末に破って勢いに乗る7位のオサスナ(勝ち点28)とのアウェイゲームでダービー敗戦のバウンスバックを図る。 リーグ前節はFWグリーズマンの1ゴール1アシストの活躍でバジャドリーに3-0の完勝を収め、リーグ3試合ぶりの白星を収めた。ただ、前述のコパではリーグ前回対戦同様に退場者を出して自滅に近い形で逆転負け。心身ともに疲労を抱える形で難所パンプローナへ向かうことになった。ただ、ここ数試合のパフォーマンス自体は悪くないため、堅守オサスナ相手に好調の攻撃陣、新天地での試運転を終えたFWデパイらの爆発に期待したいところだ。 その他の試合では虎視眈々とトップ4浮上を狙う5位ビジャレアル(勝ち点31)、ここに来て公式戦3連敗と失速傾向の6位ベティス(勝ち点28)。未勝利での折り返しを避けたい最下位のエルチェと、15位のセビージャが対峙する一戦に注目したい。 《ラ・リーガ第19節》 ▽1/27(金) 《29:00》 アルメリア vs エスパニョール ▽1/28(土) 《22:00》 カディス vs マジョルカ 《24:15》 ジローナ vs バルセロナ 《26:30》 セビージャ vs エルチェ 《29:00》 ヘタフェ vs ベティス ▽1/29(日) 《22:00》 バジャドリー vs バレンシア 《24:15》 オサスナ vs アトレティコ・マドリー 《26:30》 セルタ vs アスレティック・ビルバオ 《29:00》 レアル・マドリー vs レアル・ソシエダ ▽1/30(月) 《29:00》 ビジャレアル vs ラージョ 2023.01.27 19:00 Fri
twitterfacebook
thumb

「社会の恥だ」アトレティコファンがレアルFWヴィニシウスを“首吊り人形”に…ヴィニシウスはお返しのゴール

アトレティコ・マドリーのファンが過激な行為に及んだ。 26日にコパ・デル・レイ準々決勝でレアル・マドリーと対戦したアトレティコ。前半に先制したものの同点に追い付かれると、延長戦の末に1-3で敗れた。 今季2度目のマドリード・ダービーは、普段以上に対立構造が明確に。試合前、アトレティコの不届きなサポーターが、マドリード市内の橋にレアル・マドリーのブラジル代表FWヴィニシウス・ジュニオールのユニフォームを着せた人形を吊るすという愚行を働いたのだ。橋には「マドリードはレアルを憎んでいる」と記されたバナーも掲げられていた。 この件についてはアトレティコも声明を発表。強く非難している。 「このような行為は反吐が出るし、許されないことであり、社会の恥だ。我々は、個人や組織の尊厳を傷つけるいかなる行為も断固として非難する」 「2つのクラブ間のライバル関係は最高だが、尊敬の念もまた同じだ。いかなる個人も、その意図や色がどうであれ、異なるサポーター間の共存を汚すことはできない。そうならないようにするのは、すべての人の責任だ」 「我々はこの卑劣な行為の犯人や加害者を知らないが、彼らの匿名性はその責任を回避するものではない。我々は、当局が何が起こったのかを明らかにすることに成功し、正義がこの種の行為を追放するのに役立つことを望んでいます」 なお、ヴィニシウスは試合にフル出場すると、試合終了間際にトドメの3点目。結果で見返している。 <span class="paragraph-title">【写真】これはひどい!ヴィニシウスのユニを着させた“首吊り人形”</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Atletico Madrid fans have hung a Viní Jr doll with a poster saying: “Madrid hates Real.” <a href="https://t.co/Ju763ryJnZ">pic.twitter.com/Ju763ryJnZ</a></p>&mdash; Madrid Xtra (@MadridXtra) <a href="https://twitter.com/MadridXtra/status/1618555650748850177?ref_src=twsrc%5Etfw">January 26, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.01.27 12:10 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly