4年間続くバルセロナ史上最高サイドバックの後継者探し、その結末は?

2020.09.27 17:00 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バルセロナは4年もの間、元ブラジル代表DFダニエウ・アウベスの後継者探しに苦闘している。セビージャで攻撃的サイドバックとしてブレイクを果たし、2008年夏に当時のサイドバック史上最高額となる推定移籍金3500万ユーロ(約43億円)でバルセロナへと加入したD・アウベス。

◆相性抜群!ダニエウ・アウベスとメッシのコンビネーション

ジョゼップ・グアルディオラ監督のもと移籍初年度から適応を見せると、公式戦54試合に出場し5ゴール14アシストと、大車輪の活躍でチームの3冠達成に大きく貢献した。

それからというもの、D・アウベスはバルセロナに欠かせぬ存在となり、特にリオネル・メッシと相性抜群のコンビネーションを見せる右サイドからの攻撃はチームの大きな武器であった。

また、カンテラ出身ではないものの在籍期間は8年と長く、その存在感はとてつもなく大きかった。それは2016年夏に去るまでの公式戦391試合出場、21ゴール100アシスト、さらには獲得タイトル23という数字からも見て分かる。

バルセロナは、D・アウベスの後継者候補としてカンテラで不動の右サイドバックを務めていたスペイン人DFマルティン・モントーヤに期待を寄せていたが、D・アウベスという大きな壁を越えることはできず、インテルへのレンタル移籍が失敗に終わったこともあり、D・アウベスと同じく2016年夏に退団した。

また、バルセロナは2014年にサンパウロからブラジル人DFドウグラスペレイラを獲得したものの、こちらは在籍した2シーズンで公式戦わずか8試合の出場にとどまり、その後は他クラブへレンタルされた後にベシクタシュに放出されている。

さらに、2015年夏にはD・アウベスと同様にセビージャで活躍を見せていたアレイシ・ビダルを獲得するも、ルイスエンリケ監督の信頼は掴めず、D・アウベス退団後はインテリオールを本職とするMFセルジ・ロベルトが右サイドバックで起用され、A・ビダルは2018年に古巣セビージャへと復帰している。

そうして、2017年にベンフィカから移籍金3000万ユーロ(当時のレートで約38億7000万円)で獲得したのがポルトガル代表DFネウソン・セメドだ。当時のバルセロナはマシア育ちでアーセナルに所属していたスペイン代表DFエクトル・ベジェリンの獲得を目指していたものの、高額な移籍金に二の足を踏み、セメドへとターゲットを変更していた。

セメドはこれまでの候補たちと比較すると十分な出来ではあったものの、D・アウベスの穴を埋めるまではいかずに、23日にウォルバーハンプトンへの移籍が発表されている。

その他にも2018年夏にオイペン(ベルギー)からバルセロナBに加わり、今季はギリシャのPAOKへレンタル移籍しているセネガル代表DFムサ・ワゲという存在もいるが、こちらは即戦力としての期待は薄いだろう。

ロナルド・クーマン監督新体制で迎える今季、バルセロナは右サイドバックの獲得に注力をしており、アヤックスのアメリカ代表DFセルジニョ・デスト(19)やノリッジ・シティでプレーするU-21イングランド代表DFマックス・アーロンズ(20)獲得への動きが報じられている。特にデストについては、クラブ間合意まで至っているようだ。

一方で、現在は母国のサンパウロに所属するD・アウベスが不振が続く現在のチーム状況に満足しておらず、サポーターとの関係悪化もあり、契約解消に向けての話し合いを行うとされている。さらに、退団した場合には再びヨーロッパでのプレーを希望しているという。

現実味は乏しいものの、37歳を迎えたD・アウベスのバルセロナ電撃復帰。そんなドラマを期待してしまったりもする。

関連ニュース
thumb

バルセロナ、デパイとF・デ・ヨングの負傷詳細を発表

バルセロナは26日、オランダ代表2選手の負傷詳細を発表した。 FWメンフィス・デパイは左大腿二頭筋の損傷、MFフレンキー・デ・ヨングは左大腿半腱様筋を伸ばしたことによる負傷とのことだ。 両選手共に22日に行われたUEFAネーションズリーグ・リーグA・グループ4第5節のポーランド戦で負傷していた。 スペイン『アス』によればデパイは約1カ月の離脱、F・デ・ヨングは約2週間の離脱になるだろうと報じている。 バルセロナでは今回の代表ウィークでDFロナルド・アラウホが右大腿部の内転筋腱の剥離で約2カ月半の離脱となった他、DFジュール・クンデが左大腿二頭筋の裂傷で約1カ月の離脱と、FIFAウイルスに苦しめられている。 2022.09.27 07:00 Tue
twitterfacebook
thumb

アラウホが手術を決断、2カ月半の離脱でカタールW杯欠場へ

バルセロナのウルグアイ代表DFロナルド・アラウホが手術を決断したようだ。スペイン『アス』が報じている。 アラウホは23日に行われたイラン代表との国際親善試合で先発。しかしキックオフから数十秒で右足内転筋を痛めてしまい、無念の交代に。バルセロナはアラウホの負傷について右大腿部の内転筋腱の剥離と発表していた。 保存療法での復帰の選択肢もあったが、再発のリスクが高いため手術を受けての完全復帰を目指すことにしたようだ。 『アス』によれば復帰までには2カ月半かかるため、11月20日に開幕するカタールW杯に間に合わないことになった。 2022.09.27 00:30 Tue
twitterfacebook
thumb

代表戦で負傷のバルサDFアラウホ、FIFAが毎日285万円支払いへ

ウルグアイ代表の活動で重傷を負ったバルセロナのDFロナルド・アラウホだが、これにより国際サッカー連盟(FIFA)が補償金を支払うことになるようだ。スペン『アス』が伝えた。 アラウホは23日に行われたイラン代表との国際親善試合で先発。しかしキックオフから数十秒で右足内転筋を痛めてしまい、無念の交代となっていた。 バルセロナはアラウホの負傷について右大腿部の内転筋腱の剥離と発表。全治は明かしていないが、『ムンド・デポルティボ』によれば手術を行った場合、11月20日に開幕するカタールW杯に間に合わない可能性が高いとされている。 ただ、代表戦で負傷したこともあり、欠場が28日以上続く場合は、FIFAが1日あたり2万458万ユーロ(約285万円)を支払うことが保証されている。 この金額は選手の固定給を考慮して算出されており、1年間もらい続ければ750万ユーロ(約10億4400万円)に達することに。年間では約8000万ユーロ(約111億3700万円)が割り当てられているという。 2022.09.26 22:12 Mon
twitterfacebook
thumb

バルサが来夏の獲得目指すベルナルド・シウバ、シティの要求額は約139億円?

マンチェスター・シティは、ポルトガル代表MFベルナルド・シウバ(28)の獲得を目指すバルセロナに対し、巨額の移籍金を要求する構えのようだ。 ベルナルド・シウバは今夏、バルセロナ行きが度々話題に。バルセロナ側はラ・リーガのサラリーキャップ問題もあり正式オファーを提示できなかったとされるが、選手にとってバルセロナは幼少期からの憧れのクラブであり、来夏こそ移籍が実現するのではと報じられている。 だが、バルセロナにとっては高いハードルがある模様。スペイン『ムンド・デポルディポ』によると、契約を2025年6月まで残すシティは8000万ユーロ(約111億円)以下で手放すつもりはなく、移籍金を1億ユーロ(約139億円)にまで設定しているという。 そのため、経営難のバルセロナがベルナルド・シウバを獲得するには、やはり選手の売却や「大幅な」人件費削減が不可欠とのこと。すでにスペイン代表MFセルヒオ・ブスケッツや同代表DFジョルディ・アルバらの退団が囁かれているが、多額の移籍金収益も得る必要がありそうだ。 2022.09.26 20:07 Mon
twitterfacebook
thumb

代表戦で負傷のアラウホ、手術の場合はW杯欠場へ

バルセロナのウルグアイ代表DFロナルド・アラウホにワールドカップ出場逸の危機が迫っているようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が報じた。 アラウホは23日に行われたイラン代表との国際親善試合で先発。しかしキックオフから数十秒で右足内転筋を痛めてしまい、無念の交代に。バルセロナはアラウホの負傷について右大腿部の内転筋腱の剥離と発表。全治は明かしていないが、『ムンド・デポルティボ』によれば手術を行った場合、11月20日に開幕するカタールW杯に間に合わない可能性が高いと主張している。 手術をせず保存療法での治療を選択した場合、復帰は早まるもののFWアンス・ファティのように再離脱を繰り返す可能性があり、難しい判断を迫られると記事は結んでいる。 2022.09.25 01:00 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly