ウナイ・エメリ Unai EMERY

ポジション 監督
国籍 スペイン
生年月日 1971年11月03日(52歳)
利き足
身長
体重
ニュース クラブ 監督データ
ニュース一覧

CL参戦決定のアストン・ビラが余剰戦力を整理中…デンドンケルはエバートンへ?

アストン・ビラがベルギー代表MFレアンデル・デンドンケル(29)の売却を水面下で進行中だ。 来季のチャンピオンズリーグ(CL)参戦を掴んだアストン・ビラ。ウナイ・エメリ体制下で野心あふれる補強に動き、一瞬たりとも後退せずにチーム力を上げてきての大きな成果だ。 そして、莫大なCL収益も手に入れたことで、今夏のさらなる補強が濃厚か。ただ、買いには売りが必須。イギリス『フットボール・インサイダー』いわく、レンタル放出中のデンドンケルをたとえ格安でも売却する見込みだという。 デンドンケルはベルギー代表歴も豊富なセントラルハーフ。22年のカタールW杯も2試合にスタメン出場したが、ビラでは同時期にエメリ監督が就任…これを境に少しずつ序列を落とし、とうとう今年1月にナポリへ貸し出された。 ナポリは買い取りオプションを保有も、ここまでリーグ戦3試合計21分間のプレーにとどまるデンドンケルを買い取るアイデアなどなく、ビラへの返却を決定済み。同選手を構想外とするビラは今夏で完全移籍させる方針を立てた。 そこへエバートン。 深刻な経営難により、人気銘柄のベルギー代表MFアマドゥ・オナナ(22)を今夏で売却するとみられる彼らは、後釜としてオナナにA代表でポジションを奪われたデンドンケルに照準…給与のすり合わせで課題があるようだが、ビラからはゴーサインを貰っているようだ。 ビラは、同じく構想外でアル・ドゥハイルへレンタル放出中の元ブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョ(31)についても、今夏の売却を進行中とみられている。 2024.05.21 14:15 Tue

ディナーパーティー中に43年ぶりのCL出場決定! アストン・ビラのエメリ監督が喜び「今日は特別な日。我々の夢だった」

アストン・ビラのウナイ・エメリ監督が、チャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得を喜んだ。クラブ公式サイトが伝えた。 2022年11月にアストン・ビラの指揮官に就任したエメリ監督。2年目を迎えた今シーズンは安定した戦いを続け、常にトップ4争いを繰り広げてきた。 ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)では準決勝でオリンピアコスに敗れて敗退となったが、4位を死守してCL出場権確保を目指していると、消化の少なかった5位のトッテナムが14日にマンチェスター・シティと対戦して敗戦。残り1試合で勝ち点差が「5」に広がり、アストン・ビラの4位が確定した。 1981-82シーズンのUEFAチャンピオンズカップ(現:チャンピオンズリーグ)で優勝しているアストン・ビラ。CLになってからは初出場となり、実に43年ぶりの出場となる。 トッテナムとシティの試合が行われていた中、アストン・ビラはビラ・パークでクラブのシーズン終了のディナーを行っており、選手や関係者が揃った中での嬉しい決定となった。 エメリ監督はディナーの会場で壇上に上がり、CL出場決定についてコメント。喜びを語った。 「今日はとても特別な日だ。我々の夢だった。ここまで来ることがシーズンを始めた時の我々の夢だった」 「チャンピオンズリーグでプレーできるということは、プレミアリーグに続いて最高なことだ」 「プレミアリーグでは世界最高のチームと対戦することができるが、それはとても難しことだ。チャンピオンズリーグでプレーするときは、同時に他の国の最高のチームと対戦することになる。そしてそれは凄いことだ」 「アストン・ビラの歴史が非常に長く、とても成功していることを我々は知っている。我々はこの歴史に対して常に責任を持っている」 「チャンピオンズリーグであっても、以前はヨーロッパピアンカップだったが、我々は自分たちのレベルを上げルコと、要求を厳しくすること、夢を実現しようとすることが責任だと知っていた」 「そして今、1982年のアストン・ビラが成し遂げたように、チャンピオンズリーグで優勝することは、我々がそこにいて、出場していれば、そうでない場合よりも簡単だ」 「それはもう1つの夢であり、最も重要なことは、夢を持ち、それに向かって一生懸命努力することだ」 「もちろん、私はとても、とても幸せで、サポーター、選手、そしてみんなのことを誇りに思っている。もっと楽しみたいし、来年我々にとって新たなチャレンジが始まる。再びチームを作り、強くなって、常にレベルを上げていく」 「これが我々の目標であり、常にサポーターのみんなと一緒に楽しむことを目指している。皆さんはクラブの中心だ」 <span class="paragraph-title">【動画】トッテナムが敗れアストン・ビラのCL出場が決まった瞬間!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="en" dir="ltr">THIS MOMENT. <a href="https://t.co/y5aLjEsq6t">pic.twitter.com/y5aLjEsq6t</a></p>&mdash; Aston Villa (@AVFCOfficial) <a href="https://twitter.com/AVFCOfficial/status/1790496353925087664?ref_src=twsrc%5Etfw">May 14, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.05.15 13:35 Wed

負傷交代のザニオーロは1カ月以上の離脱へ…ユーロ出場は絶望的に?

アストン・ビラのイタリア代表MFニコロ・ザニオーロは、ユーロ2024の出場が絶望的となったようだ。 今シーズン、ガラタサライからレンタル移籍でビラに加入したザニオーロ。しかし、ウナイ・エメリ監督の下で好調を維持するチームにあって中々思うような出場機会は得られず、プレミアリーグで25試合2ゴールを記録するも先発はわずか9試合にとどまっていた。 そんな中、14日に行われたプレミアリーグ第37節のリバプール戦は4試合ぶりのベンチ入りを果たすと、65分から途中出場。存在感を発揮したいところだったが接触プレーで足を痛めると、79分にピッチを退いていた。 イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』によると検査の結果は思わしくなく、微小骨折が確認された模様。今後さらなる検査が続けられるが、現状では少なくとも1カ月程度の離脱を余儀なくされる見込みとなっている。 これにより、6月から開幕するユーロ2024への出場も絶望的になった模様。元々今シーズンの不調によって選出が危ぶまれていたが、今回の負傷で代表選出の可能性は限りなく低くなったようだ。 ザニオーロにとっては失意のシーズンとなってしまっているが、本人は来シーズンにイタリアへの帰還を望んでいることもあり、ユーロ出場が叶わなかった場合に心機一転できるかが注目される。 2024.05.15 12:20 Wed

ニースがレンタル中のサンソンを完全移籍で獲得か、400万ユーロの買取OPを行使と現地報道

ニースがアストン・ビラからレンタル移籍しているフランス人MFモルガン・サンソン(28)の買い取りオプションを行使するようだ。チームを率いるフランチェスコ・ファリオーリ監督が明かした。 2021年1月にアストン・ビラへ加入するもウナイ・エメリ監督の構想外となったサンソンは、昨夏にニースへレンタル移籍で加入。ニースではセントラルMFとして定位置を確保すると、ここまで公式戦31試合で4ゴール3アシストを記録していた。 パリ・サンジェルマン(PSG)戦の前日会見に臨んだファリオーリ監督は、サンソンの去就について以下のように語った。 「モルガンは今後数シーズン、ニースの選手としてプレーする」 「モルガンは今シーズン、このチームに多くのものを与えてくれた。彼はここに残りたいという意思を示してくれた。この決定を彼も喜んでいると思うし、我々としても喜ばしいことだ」 なお、フランス『レキップ』によれば、サンソンの移籍金は400万ユーロ(6億8000万円)で、2027年6月30日までの3年契約を結んでいるという。 2024.05.15 08:32 Wed

2点差追いつかれドロー決着のリバプール、クロップ監督は選手たちの姿勢評価「未来への良い礎」

リバプールのユルゲン・クロップ監督が引き分けを振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 首位アーセナルと2位マンチェスター・シティの今節の勝利により逆転優勝の可能性が消滅し、プレミアリーグ3位フィニッシュが確定したリバプール。13日の第37節では4位アストン・ビラとの上位対決に臨んだ。 日本代表MF遠藤航も先発した中、U-21イングランド代表MFハーヴェイ・エリオットのクロスが相手のオウンゴールを誘い、開始2分で幸先良く先制。しかし、12分にすぐさま追いつかれてしまう。 それでもオランダ代表FWコーディ・ガクポのゴールで前半のうちに勝ち越し、後半開始早々のU-21イングランド代表DFジャレル・クアンサーのヘディング弾でリードは2点に。しかし、終盤にコロンビア代表FWジョン・デュランに2ゴールを許す形で、3-3のドロー決着となった。 2度追いつかれ、リバプールで最後のアウェイゲームを勝ちきれなかったクロップ監督だが、選手たちのパフォーマンスは評価。チャンピオンズリーグ(CL)出場圏内を死守したいチーム相手によく戦ったとコメントした。 「フラストレーションは感じていない。感じるべきかもしれないが、感じていない。私はとても幸せだ。こういった類の試合は以前にもあった。1つのチームが全てを懸けてプレーする試合だ」 「アストン・ビラにとって、チャンピオンズリーグ出場権はおそらく全てを意味する。そしてもう一方のチームはすでに順位が定まっている。今日の課題はキャラクターや態度を示すことだった。そして選手たちはセンセーショナルなキャラクターとセンセーショナルな態度を示した。私はそれに大いに満足している」 「今日ここでやったように、我々は良いチーム相手にも試合を支配できるということだ。ウナイ・エメリのチームは過去を振り返ってみても非常によく組織されている。彼らはアグレッシブに我々を追いつめたかったが、それができなかったのは我々がとても柔軟だったからだ。私はその点がとても気に入った」 また、クロップ監督はチームの未来にも言及。自らの抜ける来シーズン以降に向け、選手たちの見せる姿勢が重要だったと感じているようだ。 「彼ら(アストン・ビラ)は勝ち点1を手にした。それが現実だ。素晴らしいことではないが、これをどう評価するかは人による。今シーズンを象徴する物語だと考えてもなんでもいい。私はそうは思っていないというだけだ」 「私にとって今シーズンの物語は、選手たちが本当に本当に良いキャラクターやセンセーショナルな態度を見せていることだ。それが、今日我々がこの立ち位置にいる理由であり、79ポイントを獲得している理由だ」 「誰も聞きたくないことはわかっているが、今シーズン我々がリーグで3番目に優れたチームであることは、同時に我々がどのような状況からここまで持ってきたかということでもある。多くの変更を加えて改善してきた。私はそこが気に入っている」 「大喜びしているわけではないが、ここ1〜2週間はリーグで最高のチームにも2番目のチームにもなれないことを受け入れなければならなかった。これは未来への良い礎となるし、みんなが求められることの全てだ」 2024.05.14 10:33 Tue

「我々の手中にある」リバプール相手に劇的ドロー、CL出場権確保目指すアストン・ビラのエメリ監督が最終節へ「強い気持ちで向かいたい」

アストン・ビラのウナイ・エメリ監督が、リバプール戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 13日、プレミアリーグ第37節でアストン・ビラはリバプールをホームに迎えた。 トップ4フィニッシュを目指すアストン・ビラ。来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場を目指す中で4位につけており、3位のリバプールとの上位対決となった。 試合は開始早々にオウンゴールで失点して始まったが、12分にユーリ・ティーレマンスのゴールで追いつく。しかし、前半のうちに勝ち越しを許すと、後半早々にも失点。1-3とリードを広げられてしまった。 負ければ4位確保に暗雲が立ち込める可能性もある中、シーズンのホームラストマッチということもありサポーターが後押し。すると85分にジョン・デュランが1点を返すと、88分にもデュランがネットを揺らし土壇場で追いつくことに成功。その後も短い時間で逆転を目指したが、3-3の引き分けに終わった。 試合後、エメリ監督はドローを振り返り、残り1節への想いを語ると共に、サポーターの後押しが大きかったとした。 「日曜日にはクリスタル・パレスとの試合が1試合残っている。今日は勝ち点3を獲得するチャンスがあったのに、それを達成できなかった。だから、モチベーションは高い」 「我々はリバプールと対戦した。彼らは非常に誠実にプレーし、非常に良い競争をした。彼らを祝いたい」 「サポーターの感情を利用し、全力でプッシュする必要があった時、いつもより混乱したプレーをしたにも関わらず、我々は非常に良く戦った」 「我々は2ゴールを決めて引き分けた。終盤でもムサ・ディアビにチャンスを与え、勝ち点3を獲得するチャンスがあった」 「私はサポーターをとても誇りに思う。我々がここにいる様子、みんながどう感じているのか、そして我々がどのようにエネルギーと情熱をサポーターに伝えられたのかを誇りに思う」 また、残り1節で勝ち点68の4位。5位のトッテナムは1試合消化が少ない状況で、勝ち点差は「5」。14日にはトッテナムは優勝を争うマンチェスター・シティとの戦いが控えている。 仮にトッテナムが勝利しても、最終節で自力で4位になれるアストン・ビラ。しっかりと週末のクリスタル・パレス戦へ準備をするとした、 「それは我々の手中にあるし、明日は自分たちの仕事に集中しなければならない。我々は朝トレーニングし、リカバリーし、日曜日の試合に向けて備えるつもりだ」 「今日の試合と対戦相手のクリスタル・パレスを徹底的に分析していく」 「我々が持っているオプションを手にするため、強い気持ちでそこに向かいたいと思う」 <span class="paragraph-title">【動画】4位目指すアストン・ビラ、リバプール相手に劇的結末!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="6nTFRJNW7_4";var video_start = 5;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.05.14 09:35 Tue

「十分ではなかった」ECLの準決勝で敗退したアストン・ビラ、エメリ監督は来季以降へ意気込み「今後数年間に役立つことを願っている」

アストン・ビラのウナイ・エメリ監督が、ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)の準決勝敗退を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 9日、ECL準決勝でアストン・ビラはアウェイでオリンピアコスと対戦した。 1stレグは4-2でオリンピアコスが勝利。アストン・ビラは最低でも2点差をつけて勝利しなければいけなかったが、10分にアユブ・エル・カービにゴールを許し失点。その後チャンスを生かせないでいると、78分にもエル・カービにゴールを許し、2-0で敗戦。2戦合計で6-2と敗れ、準決勝で敗退トンった。 1981-82シーズンにチャンピオンズカップ(現:チャンピオンズリーグ)で優勝。それ以来のヨーロッパのタイトルを目前で逃すこととなった中、エメリ監督はアウェイまで来たサポーターに感謝。チームはチャンスを生かせずに敗れたが、再びヨーロッパの舞台に戻るための経験として必要だとした。 「我々のサポーターにおめでとうと言いたい。彼らは我々と一緒に楽しんでいた。残念な結果に終わったが、彼らが我々と一緒にここに来て、結果を取り戻そうとしてくれたことに感謝したいと思う」 「1stレグでは2ゴールのアドバンテージを失ったが、今日はここで難しい戦いとなった。前半は重要な瞬間だった。我々はゲームをコントロールして、得点のチャンスがあったが、得点することができなかった」 「彼らは1つのトランジションで得点したが、我々はそれで失点した。全体として、勝つことは非常に難しい。我々はこの大会とヨーロッパで経験を積み、準決勝でプレーし、今後数年間、我々がいるプロセスに向けて情報と経験を得る必要があると思う」 また、今シーズンはプレミアリーグで現在4位。来シーズンのヨーロッパリーグ出場は確定しており、チャンピオンズリーグ(CL)にも出場する可能性はある。13日には3位のリバプールとの試合を控えており、しっかりと準備したいとした。 「我々はプレミアリーグで素晴らしい目標に向かって戦っている。まず、我々は来年ヨーロッパリーグに出場するが、今年は成長している。第二に、我々にはチャンピオンズリーグに出場するチャンスがある」 「とても難しいことであり、我々にはサポーターが必要だ。月曜日のリバプールとの試合に集中し、メンタルを早急に変える必要がある」 改めて、エメリ監督は自分たちの戦いについて言及。この経験をしっかりと積み上げていきたいとした。 「決勝に進むには十分ではなかったが、決勝に進むのは非常に難しい。今年ヨーロッパで経験したことが今後数年間に役立つことを願っている」 「彼らは、我々がここでやりたいと思っているプロセスで我々を助けてくれ、常に改善し、より良くなろうと努めてくれる」 2024.05.10 16:20 Fri

プレミア最優秀監督の最終候補5名が発表! ペップ、クロップ時代にアルテタが割り込むか?

プレミアリーグは9日、2023-24シーズンの最優秀監督賞であるマネージャー・オブ・ザ・シーズンのノミネート監督5名を発表した。 シーズンも残すところあとわずか。2022-23シーズンに続いてアーセナルとマンチェスター・シティが優勝を争っている状況だ。 4連覇を目指すシティと20年ぶりの優勝を目指すアーセナル。両クラブを指揮するジョゼップ・グアルディオラ監督、ミケル・アルテタ監督がノミネートされている。 また、3位のリバプールを指揮し今季限りでの退任が決まっているユルゲン・クロップ監督、4位のアストン・ビラを指揮するウナイ・エメリ監督、そして3月の月間最優秀監督賞も受賞したボーンマスのアンドニ・イラオラ監督がノミネートされている。 ファン投票は5月13日まで、プレミアリーグの公式サイトから投票が可能。サッカー専門家委員会の投票と合わせて勝者が決定され、5月18日に受賞者が発表される。 ◆最優秀監督候補5名 ミケル・アルテタ監督(アーセナル) 今季成績:36試合26勝5分け5敗/+60 ウナイ・エメリ監督(アストン・ビラ) 今季成績:36試合20勝7分け9敗/+20 ジョゼップ・グアルディオラ監督(マンチェスター・シティ) 今季成績:35試合25勝7分け3敗/+54 ※4回受賞 アンドニ・イラオラ監督(ボーンマス) 今季成績:36試合13勝9分け14敗/-11 ユルゲン・クロップ監督(リバプール) 今季成績:36試合23勝9分け4敗/+43 ※2回受賞 2024.05.09 23:55 Thu

【ECL準決勝プレビュー】先勝オリンピアコス、ヴィオラの逃げ切りか、アストンビラ&ブルージュの逆転か? アテネ行き懸けた運命の第2戦

ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)準決勝の2ndレグが8、9日に開催される。ファイナル進出を懸けた第2戦の展望を紹介していく。 ◆準決勝2ndレグ ▽5/8(水) 《25:45》 クラブ・ブルージュ vs(AGG:2-3) フィオレンティーナ ▽5/9(木) 《28:00》 オリンピアコス vs(AGG:4-2) アストン・ビラ ◆逃げ切りで自国開催決勝か、逆転でギリシャに舞い戻るか <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/get20240507_101_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> ★予想スタメン ◆オリンピアコス◆ 【4-2-3-1】 GK:ツォラキス DF:ロジネイ、レトソス、カルモ、オルテガ MF:イボーラ、エッセ MF:フォルトゥニス、シキーニョ、ポデンセ FW:エル・カービ ◆アストン・ビラ◆ 【4-2-3-1】 GK:マルティネス DF:コンサ、ジエゴ・カルロス、パウ・トーレス、ディーニュ MF:ドウグラス・ルイス、マッギン MF:ディアビ、ティーレマンス、ベイリー FW:ワトキンス 共にセビージャでヨーロッパリーグ(EL)制覇の経験があるメンディリバル、ウナイ・エメリのスペイン人指揮官対決の初戦は戦前の予想を反して、前者が率いるオリンピアコスが敵地で4-2の先勝を収めた。 先週に要塞ビラ・パークで行われた一戦はホームのアストン・ビラが主導権を握りながらも、効果的なカウンター、ハイラインを巧みに攻略したオリンピアコスが主砲エル・カービの連続ゴールで2点を先行。その後、前半終了間際と後半入りでFWワトキンス、FWディアビと縦関係を築く2トップのゴールでホームチームが追いつく。しかし、直後にPKによるゴールでエル・カービがハットトリック、その後もMFエッセの幸運なミドルシュートでアウェイチームが一気に引き離すと、終盤のMFドウグラス・ルイスのPK失敗も響いたアストン・ビラがまさかの2点差負けを喫した。 敵地で望外の快勝を収めたギリシャの名門は、先週末に公式戦がなく中6日の休養を経て万全の状態で相手を迎え撃つ。会心のゲームを見せた前回対戦から大きな変更はなさそうだが、センターバックと守備的MFを担うノトイ、2列目で攻撃にアクセントを付けられるMFヨルゴス・マスラスの2選手がサスペンション明けで復帰し、逃げ切りを図る中で有効なオプションとして機能するはずだ。 一方、ホームで厳しい敗戦を喫したアストン・ビラは、先週末のプレミアリーグではブライトンに0-1の敗戦。一部ポジションでターンオーバーを敢行した中、不振の相手に完封負けを喫して今季2度目の公式戦連敗に。また、同試合ではFWロジャーズが筋肉系のトラブルで負傷交代しており、逆転突破へ3点が必要な大一番に不安を残す形となった。ただ、その他の負傷者では守護神マルティネス、MFティーレマンスらに復帰の可能性が出てきており、勝負強いその主力2人の復帰を追い風に逆転でのファイナル進出を目指す。 なお、今季ファイナルの舞台はAEKアテネが本拠地とするスタディオ・アギア・ソフィアとなっており、オリンピアコスが母国での決勝に駒を進めるか、あるいはアストン・ビラが再びギリシャの地に舞い戻るか。 ◆ヴィオラ2季連続決勝へ王手もベルギー史上初快挙のチャンスも十分 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/get20240507_101_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> ★予想スタメン ◆クラブ・ブルージュ◆ 【4-2-3-1】 GK:ミニョレ DF:サビー、オルドニェス、メシェレ、デ・カイパー MF:ヴェトレセン、バランタ MF:スコフ・オルセン、ヴァナケン、ヌサ FW:イゴール・チアゴ 出場停止者:MFオニェディカ ◆フィオレンティーナ◆ 【4-2-3-1】 GK:テラッチアーノ DF:ドゥドゥ、クアルタ、ラニエリ、ビラーギ MF:アルトゥール、ボナヴェントゥーラ MF:ニコラス・ゴンサレス、ベルトラン、ソッティル FW:ベロッティ 昨シーズン準優勝のフィオレンティーナと、ベルギー史上初の4強入りを果たしたブルージュの初戦は、激しい打ち合いの末に昨季ファイナリストが3-2の貫録勝ちを収めてホームで先勝した。 先週にスタディオ・アルテミオ・フランキで行われた1stレグは、スタメン抜擢のMFソッティルが開始5分に見事なボックス左角からのミドルシュートを突き刺してホームチームが先制に成功も、ブルージュが17分にMFヴァナケンのPKによるゴールで追いつく。その後は攻勢を仕掛けたフィオレンティーナが37分にFWベロッティの鮮やかな反転シュートで勝ち越すと、後半序盤にはMFオニェディカが2枚目のイエローカードを受けて退場に。 これで一気に流れはホームチームに傾くかに思われたが、退場直後にブルージュがカウンターから主砲イゴール・チアゴのゴールでスコアをタイに戻した。以降は10人のアウェイチームが粘り強く2-2を維持したが、後半アディショナルタイムに途中出場のFWエヌゾラがゴール前の混戦から押し込んだ劇的ゴールによってヴィオラが先勝した。 敵地で先勝を許した上に中盤の主力オニェディカをサスペンションで欠くことになったブルージュだが、先週末のリーグ戦ではアントワープに2-1の勝利を収めてバウンスバックに成功。さらに、負傷明けの守護神ミニョレの戦列復帰は追い風だ。逆転突破を狙う今節では[3-5-2]、[4-2-3-1]のいずれの布陣で臨むかに注目しつつ、FWヌサやFWスコフ・オルセンといったサイドアタッカーの活躍に期待したい。また、前回対戦でベンチ外となったMF本間至恩のベンチ入りにも期待したいところだ。 一方、リード時のゲーム運ぶに課題を残しながらも、接戦を制してアドバンテージを手にしたフィオレンティーナ。DFラニエリを除く先発10人を入れ替えて臨んだエラス・ヴェローナ戦は1-2の敗戦となったが、しっかりと主力のプレータイムをコントロールし、万全の状態で敵地へ乗り込む。逃げ切りを意識しつつ、FWニコラス・ゴンサレスを起点としたカウンター、セットプレーを軸にゴールを奪って勝ち切りたいところだ。 2024.05.08 18:30 Wed

エメリ監督がアストン・ビラと2027年まで契約延長!

アストン・ビラは23日、ウナイ・エメリ監督(52)との契約を2027年6月30日まで延長したことを発表した。 新契約にサインしたエメリ監督は、公式サイトで以下のようにコメントしている。 「私たちはビラのファン、クラブのオーナー、経営陣、そして私たちの誇りであるこの素晴らしい選手たちとともに歩む日々を楽しんでいる」 「私と経営陣は、オーナーのビジョンに共感している。ナセフ(・サウィリス)とウェス(・エデンス)はとても協力的で尊敬しているし、このフットボールクラブを発展させるための良い環境と適切な体制が整っている」 「私たちは、これまでに築き上げてきた勤勉な精神、賢明な決断、オーナーとの協調性を維持しなければならない。我々はより良くなるために努力する。そしてお互いに要求し合う。向上心は常にこのプロジェクトのモットーであり、またそうでなければならない」 これまでセビージャやパリ・サンジェルマン、アーセナルなどで監督を歴任したエメリ監督は、2022年10月に解任されたスティーブン・ジェラード前監督の後任としてビラの指揮官に就任。当時16位と低迷していたチームを7位まで押し上げ、ヨーロッパカンファレンスリーグ(ECL)出場権の獲得に導いた。 昨夏の移籍市場でDFパウ・トーレスやMFユーリ・ティーレマンス、FWムサ・ディアビらを獲得。リーグ戦とヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)の二足の草鞋となった今季は、ここまでプレミアリーグでチャンピオンズリーグ(CL)圏内の4位に位置し、ECLでは準決勝進出を決めている。 2024.04.23 23:40 Tue
もっと見る>
移籍履歴
移籍日 移籍元 移籍先 種類
2004年11月1日 Lorca Deportiva 引退 -
2003年7月1日 レガネス Lorca Deportiva 完全移籍
2002年7月1日 ラシン・フェロル レガネス 完全移籍
2000年7月1日 CD Toledo ラシン・フェロル 完全移籍
1996年7月1日 レアル・ソシエダ CD Toledo 完全移籍
1995年7月1日 San Sebastián CF レアル・ソシエダ 完全移籍
1990年7月1日 San Sebastián CF 完全移籍
監督履歴
就任日 退任日 チーム 種類
2022年11月1日 アストン・ビラ 監督
2021年6月4日 レアル・ウニオン オーナー
2020年7月23日 2022年10月25日 ビジャレアル 監督
2018年7月1日 2019年11月29日 アーセナル 監督
2016年7月1日 2018年6月30日 PSG 監督
2013年1月14日 2016年6月30日 セビージャ 監督
2012年7月1日 2012年11月25日 スパルタク・モスクワ 監督
2008年7月1日 2012年6月30日 バレンシア 監督
2006年7月1日 2008年6月30日 アルメリア 監督
2004年12月21日 2006年6月30日 Lorca Deportiva 監督
今季の成績
プレミアリーグ 38 20 8 10 0 0
UEFAヨーロッパ・カンファレンスリーグ 6 2 1 3 0 0
FAカップ 2 0 1 1 0 0
合計 46 22 10 14 0 0
出場試合
プレミアリーグ
第1節 2023-08-12 vs ニューカッスル
5 - 1
第2節 2023-08-20 vs エバートン
4 - 0
第3節 2023-08-27 vs バーンリー
1 - 3
第4節 2023-09-03 vs リバプール
3 - 0
第5節 2023-09-16 vs クリスタル・パレス
3 - 1
第6節 2023-09-24 vs チェルシー
0 - 1
第7節 2023-09-30 vs ブライトン&ホーヴ・アルビオン
6 - 1
第8節 2023-10-08 vs ウォルバーハンプトン
1 - 1
第9節 2023-10-22 vs ウェストハム
4 - 1
第10節 2023-10-29 vs ルートン・タウン
3 - 1
第11節 2023-11-05 vs ノッティンガム・フォレスト
2 - 0
第12節 2023-11-12 vs フルアム
3 - 1
第13節 2023-11-26 vs トッテナム
1 - 2
第14節 2023-12-03 vs ボーンマス
2 - 2
第15節 2023-12-06 vs マンチェスター・シティ
1 - 0
第16節 2023-12-09 vs アーセナル
1 - 0
第17節 2023-12-17 vs ブレントフォード
1 - 2
第18節 2023-12-22 vs シェフィールド・ユナイテッド
1 - 1
第19節 2023-12-26 vs マンチェスター・ユナイテッド
3 - 2
第20節 2023-12-30 vs バーンリー
3 - 2
第21節 2024-01-14 vs エバートン
0 - 0
第22節 2024-01-30 vs ニューカッスル
1 - 3
第23節 2024-02-03 vs シェフィールド・ユナイテッド
0 - 5
第24節 2024-02-11 vs マンチェスター・ユナイテッド
1 - 2
第25節 2024-02-17 vs フルアム
1 - 2
第26節 2024-02-24 vs ノッティンガム・フォレスト
4 - 2
第27節 2024-03-02 vs ルートン・タウン
2 - 3
第28節 2024-03-10 vs トッテナム
0 - 4
第29節 2024-03-17 vs ウェストハム
1 - 1
第30節 2024-03-30 vs ウォルバーハンプトン
2 - 0
第31節 2024-04-03 vs マンチェスター・シティ
4 - 1
第32節 2024-04-06 vs ブレントフォード
3 - 3
第33節 2024-04-14 vs アーセナル
0 - 2
第34節 2024-04-21 vs ボーンマス
3 - 1
第35節 2024-04-27 vs チェルシー
2 - 2
第36節 2024-05-05 vs ブライトン&ホーヴ・アルビオン
1 - 0
第37節 2024-05-13 vs リバプール
3 - 3
第38節 2024-05-19 vs クリスタル・パレス
5 - 0
UEFAヨーロッパ・カンファレンスリーグ
ラウンド16・1stレグ 2024-03-07 vs アヤックス
0 - 0
ラウンド16・2ndレグ 2024-03-14 vs アヤックス
4 - 0
準々決勝1stレグ 2024-04-11 vs リール
2 - 1
準々決勝2ndレグ 2024-04-18 vs リール
2 - 1
準決勝1stレグ 2024-05-02 vs オリンピアコス
2 - 4
準決勝2ndレグ 2024-05-09 vs オリンピアコス
2 - 0
FAカップ
4回戦 2024-01-26 vs チェルシー
0 - 0
4回戦再試合 2024-02-07 vs チェルシー
1 - 3