ドルトムント戦の長谷部誠、独誌の評価はチーム単独トップ…平均点ランキングでは4位タイに

2019.02.04 22:34 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
2日に行われたブンデスリーガ第20節のフランクフルトvsボルシア・ドルトムントは1-1の痛み分けで決着。ドイツ誌『キッカー』は、フランクフルトのリベロを務める元日本代表MFの長谷部誠のプレーにチーム単独最高点を与えた。

シーズン前半戦の終盤に負傷離脱を強いられた長谷部だが、2019年に入ってからの公式戦3試合にはすべてフル出場。現在ブンデスリーガで最強の攻撃力を誇る首位ドルトムントとの試合でも安定した守備を見せ、さらに前線にフィードを送るなどのプレーで勝ち点1に貢献した。

長谷部をブンデスリーガ“前半戦ベストCB”に選出した『キッカー』は、ドルトムント戦でのパフォーマンスもチーム単独トップの「2」と高く評価。フランクフルト側では「2.5」をつけられたDFダニーダ・コスタやMFセバスティアン・ローデ、FWアンテ・レビッチが続いている。また、GKロマン・ビュルキ、DFでプレーしたMFユリアン・ヴァイグルも「2」とドルトムント側のチーム最高タイとなり、ビュルキは同誌のマン・オブ・ザ・マッチと第20節ベスト11に選ばれた。

『キッカー』における長谷部の今季平均点は「2.75」となり、全フィールドプレーヤーのランキングで前節で10位まで下げていた順位を4位まで上げた。1位につける同僚FWルカ・ヨヴィッチとレバークーゼンMFカリム・ベララビ(「2.70」)、3位のマルコロイス(「2.71」)に次ぎ、同僚レビッチやホッフェンハイムMFケレム・デミルバイと並んでいる。

ゴールやアシストなど目に見える結果が高めに評価されがちの選手採点だが、『キッカー』の同ランキングではDF2選手がトップ10入り。「2.79」で10位に位置するホッフェンハイムの左SBニコ・シュルツ、そして3位の長谷部である。長谷部は現在のパフォーマンスを維持することで、“年間ベストCB”に選出される可能性もありそうだ。


提供:goal.com


関連ニュース
thumb

ユーベ行き濃厚のコスティッチ、10日のスーパー杯マドリー戦は不参加に

ユベントス行きが取り沙汰されるフランクフルトのセルビア代表MFフィリップ・コスティッチ(29)について、クラブ公式が決定的なアナウンスをしている。 今夏を通してユベントスとの関連が伝えられ続けたコスティッチ。有力な移籍情報を提供するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏は先日、同クラブが今週中に契約をまとめるため、本腰を入れたと報じた。 そんな中フランクフルトは9日、10日に控えるレアル・マドリーとのUEFAスーパーカップにセルビア代表MFが参加しないことを発表。合わせてスポーツ・ディレクターのマルクス・クレッシュ氏は「我々は常々、あらゆる方面から良いオファーがあれば、彼の道を邪魔することはしないし、積極的に話をしようと言ってきた。現在、他のクラブと有望な交渉中であり、解決は目前だ」と、クラブ名は明言しなかったものの、他クラブとの交渉が最終段階に入っていることが、メンバーから外れた理由であると伝えた。 また、9日にロマーノ氏は続報として、ユベントスとフランクフルトが1600万ユーロ+アドオンの条件でクラブ間合意したと報道。同日にはコスティッチはメディカルチェックのためトリノ入りするようだ。 2022.08.09 20:10 Tue
twitterfacebook
thumb

ユベントスがコスティッチ獲得を決断! 今週中にも契約締結か

フランクフルトに所属するセルビア代表MFフィリップ・コスティッチ(29)のユベントス移籍がまもなく決まる見込みだ。イタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏が報じている。 ユベントスのほかウェストハムからも関心が伝えられ、今夏の注目株の一人だったコスティッチ。ここまでの情報では、同選手はユベントス移籍を望み、ウェストハムからのオファーは拒否したとのことだった。 そして、ロマーノ氏によると、ユベントスが獲得に本腰を入れて、今週中にも契約をまとめる算段を立てているようだ。すでに個人間合意はしているものの、クラブ間では移籍金に400万ユーロのギャップがあるという。 コスティッチは2018年夏にハンブルガーSVから加入。初年度のレンタル移籍を含めて在籍4年間で公式戦171試合33ゴール64アシストを記録しており、昨季はヨーロッパリーグで3ゴール6アシストの成績を残して優勝に貢献していた。 2022.08.08 15:25 Mon
twitterfacebook
thumb

フランクフルトのFWパシエンシアがセルタへ完全移籍…3年契約

セルタは6日、フランクフルトの元ポルトガル代表FWゴンサロ・パシエンシア(28)を完全移籍で獲得することを発表した。 契約期間は2025年6月までとのこと。セルタは今夏7人目の補強となる。 パシエンシアは、ポルトの下部組織出身で、ファーストチーム昇格後は、オリンピアコス、リオ・アヴェ、ヴィトーリア・セトゥーバルへのレンタル移籍を経験。2018年7月にフランクフルトへと完全移籍する。 フランクフルト移籍後は、2020-21シーズンはシャルケへとレンタル移籍を経験。公式戦85試合で20ゴール7アシストを記録した。2021-22シーズンはブンデスリーガで18試合3ゴール、ヨーロッパリーグでは5試合で2ゴールを記録していた。 2022.08.06 22:07 Sat
twitterfacebook
thumb

フランクフルトサポーターの行為が裏目に…煙幕が自軍GKのブラインドとなり失点直結

アウェイチームへの圧力となるはずのホームサポーターの熱量が裏目に出てしまったようだ。 5日に行われたブンデスリーガ開幕戦、昨季ヨーロッパリーグ(EL)を制したフランクフルトは、リーグ11連覇を目指す王者バイエルンをホームに迎えた。 今シーズンの開幕戦、さらにはタイトルホルダー同士の一戦ということもあってか、サポーターは高揚。フランクフルトのゴール裏ではスモークがたかれた。だが、結果的にこれが相手チームへ恩恵を与えてしまった。 開始早々の5分、バイエルンはボックス手前右で得た約30mの位置でFKを得る。ピッチ内の一部にも充満した煙はフランクフルトのゴール周辺を多い、これに乗じたMFヨシュア・キミッヒが意表を突いて直接狙うと、シュートは右ポスト内側に当たってゴールに吸い込まれた。 『ESPN』によって「キミッヒが霧の中から決めた開幕ゴール」と紹介された一撃には、「キーパーは何も見えなかっただろうね」、「ファン自身のせい」、「トラップだった」のような、GKケビン・トラップへの同情やファンへの呆れ声などが届いている。 出はなをくじかれたフランクフルトは前半だけで5失点。試合も1-6で敗れる険しいスタートとなった。 <span class="paragraph-title">【動画】煙の中から突然飛んでくるキミッヒのFK</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/Cg46726pywz/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/Cg46726pywz/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/Cg46726pywz/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">ESPN FC(@espnfc)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.08.06 17:30 Sat
twitterfacebook
thumb

バイエルン監督、6発大勝のブンデス開幕戦に「前半は見てて気持ち良かった」 選手たちも揃って満足感示す

バイエルンのユリアン・ナーゲルスマン監督がブンデスリーガ開幕戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。 ナーゲルスマン体制1年目の昨季もブンデスリーガを制して、前人未到の10連覇を成し遂げたバイエルン。今季を迎えるにあたり、主砲のFWロベルト・レヴァンドフスキを失ってしまったが、FWサディオ・マネが新たに加わったほか、中盤と最終ラインにもDFマタイス・デ・リフト、MFライアン・グラフェンベルフという実力者を獲得した。 新シーズン開幕を告げるDFLスーパーカップではRBライプツィヒとの激しい打ち合いを5-3で制し、幸先の良い滑り出しを切ったドイツの絶対王者は5日、ブンデスリーガ開幕節でフランクフルトと対戦。ヨーロッパリーグ王者のホームに乗り込んでの一戦だったが、前半だけで5ゴールを奪うと、後半もネットを揺らして、6-1と大勝した。 バイエルン指揮2年目のリーグ開幕戦でも桁外れの強さを見せつけて白星スタートのナーゲルスマン監督は総じて満足感を示している。 「前半は我々のエネルギーが際立ったものだったし、後半にスローダウンするのは当然の成り行き。これからのカレンダーを考えると、スマートなやり方でもあった。フットボールに関して言えば、前半は見ていて気持ちの良いものだったよ」 また、開始5分のFK弾で大勝劇の口火を切ったMFヨシュア・キミッヒは「今日はピッチで本当に楽しめたよ。もちろん、またゼロで終われなかったのは批判の対象になるけど、進み具合は悪くなかった」とコメント。2発のMFジャマル・ミュージアラは「後半は盛り返されたけど、全体的に良い試合ができた」と手応えを口にした。 2022.08.06 12:40 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly