リバプールがPSG戦に向けた招集メンバー発表! 体調不良で欠場の可能性があったマネもメンバー入り《CL》

2018.11.28 01:10 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リバプールは27日、明日行われるチャンピオンズリーグ(CL)・グループC第5節のパリ・サンジェルマン(PSG)戦に向けた招集メンバー21名を発表した。▽リバプールを率いるユルゲン・クロップ監督は、FWモハメド・サラーやFWロベルト・フィルミノ、MFナビ・ケイタ、GKアリソンら主力を選出。また、体調不良により欠場が危ぶまれていたFWサディオ・マネも招集メンバー入りを果たした。

▽リバプールは現在、グループCで首位に立っており、PSG戦に勝利すれば決勝トーナメント進出が決まる状況となっている。リバプールの招集メンバーは以下の通り。

◆リバプール招集メンバー 21名
GK
アリソン・ベッカー
シモン・ミニョレ
カオイムヒン・ケレハー

DF
ヴィルヒル・ファン・ダイク
デヤン・ロブレン
ジョー・ゴメス
アルベルト・モレーノ
アンドリュー・ロバートソン
ジョエル・マティプ
トレント・アレクサンデル=アーノルド

MF
ファビーニョ
ジョルジニオ・ワイナルドゥム
ジェームズ・ミルナー
ナビ・ケイタ
ジョーダン・ヘンダーソン
ラファエウ・カマーチョ

FW
ロベルト・フィルミノ
サディオ・マネ
モハメド・サラー
ダニエル・スタリッジ
ジェルダン・シャキリ

関連ニュース
thumb

「タキは素晴らしい状態」バースデーゴールの南野拓実をクロップ監督も称賛「本当に素敵な時間だった」

リバプールのユルゲン・クロップ監督が、日本代表MF南野拓実を称賛した。クラブ公式サイトが伝えた。 リバプールは16日、プレミアリーグ第22節でブレントフォードをホームに迎えた。 アフリカ・ネーションズカップ(AFCON)により、エジプト代表FWモハメド・サラー、セネガル代表FWサディオ・マネという2人の強力なアタッカーを欠いているリバプール。しかし、ブレンフォードを全く寄せ付けなかった。 前半は少し苦しんだ中、44分にファビーニョのゴールで先制すると、69分にはアレックス・オックスレイド=チェンバレンのゴールで追加点を奪う。 すると74分に南野はそのオックスレイド=チェンバレンと交代で出場。迎えた77分、突然チャンスが訪れる。相手ゴールキックの場面、後方からビルドアップしようとしたブレントフォードだったが、投入されたばかりの南野が激しいチェイス。GKに一度戻してボールを繋ごうとするが、今度はロベルト・フィルミノがパスの受け手へとチェイスしボール奪取。これを南野に繋ぐと、細かい2人のパス交換から最後は南野が蹴り込み追加点を奪った。 この試合は南野の27回目のバースデーに行われており、貴重なバースデーゴールを奪い、チームは3-0で勝利した。 13日に行われたEFLカップ(カラバオカップ)の準決勝のアーセナル戦では、大きな決定機でミスをしていた南野。それもあったからか、バースデーということもありチームメイトが大きく祝福してくれたが、クロップ監督も南野のバースデーゴールを祝福した。 「今日は、全言語によるバースデーソングに始まり、本当に素敵な時間だった。だから、タキは試合前の既に素敵な曲により、ブーストがかかっていたことは明らかだ」 「その一方で、出場してからあれだけ試合に参加し、この素晴らしいゴールを決めたということは、彼にとっても我々にとっても、絶対的な助けとなった。とても重要だったよ」 「私が言ったように、タキは素晴らしい状態にあり、それが助けとなった」 ケガからやっと復帰し、プレー機会を得ている南野。この試合へ臨むまでのリズムも良かったとした。 「少し前のことだ。もちろん、ケガはリズムや全てのものを止めてしまう。彼は今、最後の試合で90分をプレーし、今日は出場した。そのリズムは、彼に合っていたのだろう」 「木曜日から日曜日、ケガから戻った後は簡単ではないので、今日はスタートではなかった。それが良かった。私が言ってきたように、彼は良い状態だ」 2022.01.17 07:40 Mon
twitterfacebook
thumb

途中投入の南野拓実が27歳のバースデー弾! 完勝のリバプールが3戦ぶり白星で2位浮上《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第22節、リバプールvsブレントフォードが16日にアンフィールドで行われ、ホームのリバプールが3-0で快勝した。なお、リバプールのFW南野拓実は74分からプレーし、1ゴールを記録した。 2022年初戦となったチェルシーとの上位対決を2-2のドローで終え、リーグ戦2戦連続未勝利と足踏みが続く3位のリバプール(勝ち点42)。前日に行われた頂上決戦を首位のマンチェスター・シティが勝利したことで、暫定でのポイント差が「14」に広がった中、今節では前回対戦でドローに持ち込まれた13位のブレントフォード(勝ち点23)を相手にリーグ3戦ぶりの白星を狙った。 クロップ監督は、10人のアーセナルを相手にゴールレスドローに終わった3日前のEFLカップ準決勝1stレグから先発2人を変更。ミルナーと南野に代えてカーティス・ジョーンズ、オックスレイド=チェンバレンを起用。3トップは右からオックスレイド=チェンバレン、フィルミノ、ジョタという並びとなった。 戦前の予想通り、立ち上がりから圧倒的にボールを握って相手を押し込んでいくリバプールは、両サイドバックが常に高い位置を取ってピッチの幅を取りながら厚みのある攻撃を仕掛けていく。 アレクサンダー=アーノルドのミドルシュートや再三のセットプレーでゴールチャンスを窺う中、22分にはビッグチャンス。右CKの流れからゴール前でこぼれ球に反応したファン・ダイクが左足のシュートを枠に飛ばすが、これはGKアルバロ・フェルナンデスの足を使った見事なセーブに阻まれる。 以降も相手陣内でハーフコートゲームを展開するリバプールだが、割り切って自陣深くにブロックを構えるブレントフォードの粘り強い守備に手を焼く。直近のアーセナル戦同様の手詰まり感が出始める中、徐々に焦りからか自陣でのミスが出ると、カウンターから一発を狙うトニー、ムベウモの2トップに続けて際どい場面を作られる。 それでも、これを凌いだホームチームは44分、左CKの場面でキッカーのアレクサンダー=アーノルドが右足インスウィングのボールを入れると、ニアの密集をすり抜けてバウンドしたボールをファーでDFアイエルのマークを一瞬外したファビーニョが頭で流し込み、最高の時間帯に先制点を奪い切った。 苦しみながらも1点リードで試合を折り返したリバプールは、後半も危なげなくゲームをコントロールしていく。早い時間帯の同点を目指して前がかりとなる相手の攻撃を受け止めながら、前半からの遅攻に加え、速攻の形から2点目に迫っていく。 ジョタのポスト直撃のシュートなど、徐々にゴールの匂いを色濃くさせる攻撃を見せるリバプールは、後半半ばに待望のゴールを奪う。左サイドのロバートソンからの絶妙なピンポイントクロスをファーに飛び込んだオックスレイド=チェンバレンがダイビングヘッドで合わせ、今季のリーグ戦初ゴールとした。 これで勝利に大きく近づいたリバプールだが、相手との接触で足を痛めたオックスレイド=チェンバレンがプレー続行困難となり、74分に南野が投入される。 すると、この日が27歳のバースデーとなった日本代表FWがフィルミノの完璧なお膳立てによって自ら祝砲を挙げる。77分、相手ゴールキックのリスタートの場面で南野とフィルミノが連動したプレスで相手ボックス内でボールを奪うと、ゴール前でGKとDFを引き付けたフィルミノから丁寧なプレゼントパスを受けた南野が冷静に右足のシュートをゴールネットへ流し込み、直近のアーセナル戦の決定機逸を払しょくする今季リーグ2点目とした。 この3点目で勝利を確信したクロップ監督は、ジョタを下げて17歳FWゴードンをプレミアリーグデビューさせる。その後は3トップの中央に入った南野が積極的にボールを呼び込んでゴードンの初ゴールのチャンスを演出するなど、余裕のあるプレーを披露。 4点目こそ奪えなかったものの、相手にほぼ攻撃の形を作らせなかったリバプールが、3-0の完勝でリーグ戦3試合ぶりの白星を手にして2位に浮上した。 2022.01.17 01:01 Mon
twitterfacebook
thumb

前回対戦時は冨安を巡ってバトル!クロップ&アルテタの“気まずそう”な抱擁シーンをファンは見逃さず「やらされてる感すごい」

EFLカップ(カラバオカップ)準決勝1stレグ、リバプールvsアーセナルが13日にアンフィールドで行われた。 リバプールFW南野拓実はフル出場、アーセナルDF冨安健洋はベンチ外となったこの試合、アーセナルのMFグラニト・ジャカが24分に一発退場となり、リバプール優位と思われながらも、90分には南野が決定機を逃してしまう場面もあり、0-0のドローに終わっている。 そんな中、大きな注目を集めているのが、両指揮官による抱擁のシーンだ。 リバプールのユルゲン・クロップ監督とアーセナルのミケル・アルテタ監督の2人は、前回対戦時の2021年11月、冨安とFWサディオ・マネが接触した際にバトル。激しくやり合い、どちらにもイエローカードが提示されていた。 そんないざこざがあっただけに、今も2人の間には気まずさが残っているのかもしれない。『Bleacher Report』の公式ツイッターが投稿した抱擁シーンの写真では、2人は互いに抱き合いながらも、目を合わせることはなく、全くの無表情だ。 『Bleacher Report』が「とても気まずそう」というコメントとともに投稿した1枚にはファンも笑いを隠せなかった模様。「やらされてる感すごい」、「喧嘩後の兄弟みたい」、「アルテタもクロップも死んだ魚の目」、「これ好き」と思い思いの反応をしている。 アーセナルホームで開催される2ndレグは1週間後の20日に開催されるが、そこでも2人の挨拶シーンに注目したい。 <span class="paragraph-title">【動画】クロップ監督とアルテタ監督の気まずすぎる1枚</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">So awkward <a href="https://t.co/CGL8MOaOTw">pic.twitter.com/CGL8MOaOTw</a></p>&mdash; B/R Football (@brfootball) <a href="https://twitter.com/brfootball/status/1481762786346741760?ref_src=twsrc%5Etfw">January 13, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.01.14 21:35 Fri
twitterfacebook
thumb

「悪い顔してる」決定機逸の南野の目の前で“満面の笑み”浮かべる冨安の相方にファン注目「最高だな」

EFLカップ(カラバオカップ)準決勝1stレグ、リバプールvsアーセナルが13日にアンフィールドで行われた。 リバプールの日本代表FW南野拓実は、アフリカ・ネーションズカップ参戦組に代わり先発で起用されたものの、アーセナルの日本代表DF冨安健洋は負傷でベンチ外となり、日本人対決はお預けとなった。 試合はアーセナルのMFグラニト・ジャカが24分で退場し、リバプールが試合の主導権を握るも中々ゴールを奪えず。試合終盤にかけては割り切ってゴールレスでのクローズを狙うアーセナルに対して、勝利がほしいリバプールが猛攻を仕掛けていく展開となった。 そして90分、リバプールに最大のチャンス。右サイドからのクロスに対し、飛び出したアーセナルのGKアーロン・ラムズデールと味方が交錯したルーズボールがボックス中央の南野のもとへこぼれる。だが、南野はバウンドにうまく合わせ切れず、シュートを大きくふかしてしまい、無念の決定機逸となってしまった。 このシーンでは、リバプールの面々も思わず頭を抱え、南野も肩を落としたが、満面の笑みを浮かべる人物が南野の目の前にいた。 それはアーセナルのイングランド代表DFベン・ホワイト。普段は右サイドバックの冨安の隣でチームの守備を支える男は、この日も奮闘。1人少ないなかで無失点に抑え続けていた。 このピンチの場面でも、南野のシュートを体を張って防ごうとゴール前でただ1人準備。シュートが枠外に飛んでいくと、感情が高ぶったのか南野の方を向きながら満面の笑みを浮かべていた。 この瞬間を切り取った写真がSNS上で拡散されると、アーセナルファンを中心に反響。「最高だな」、「複雑」、「ホワイトさん笑」、「悪い顔してる」と様々な反応が寄せられている。 試合はそのまま0-0で終了。アーセナルとしてはリバプール相手に前半に退場者を出しながら引き分けるという満足いく結果になっただけに、ホワイトの喜びも相当に大きかったのかもしれない。 <span class="paragraph-title">【写真】リバプールファンは見ない方がいい?南野拓実の目の前で満面の笑みを浮かべるベン・ホワイト</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Night Gooners! <a href="https://t.co/bDquW30Zfr">pic.twitter.com/bDquW30Zfr</a></p>&mdash; Evan Cooper (@Lacazest) <a href="https://twitter.com/Lacazest/status/1481778853710286849?ref_src=twsrc%5Etfw">January 14, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.01.14 21:05 Fri
twitterfacebook
thumb

一発レッドのジャカ「みんなに謝りたい」…望みを繋いだ同僚に感謝も

アーセナルのスイス代表MFグラニト・ジャカが謝罪した。 ジャカを擁するアーセナルは13日に敵地アンフィールドでカラバオカップ準決勝1stレグのリバプール戦に臨み、0-0のドロー。20日にホームで予定する第2戦に望みを繋ぐ結果を手にした。 だが、先発したジャカは24分、敵陣からのロングフィードを左足で処理しようとするが、同じくこのボールに反応したポルトガル代表FWジオゴ・ジョタの腹部に蹴りを見舞ってしまった。 主審は間髪入れずにレッドカードを提示。ジョタが自身の視界にいきなり飛び込む形で蹴りを入れてしまったジャカは故意ではないと強く主張するが、覆ることなく、ピッチを後にした。 これまでも何度か退場処分を受けるなか、またも持ち前の戦う姿勢が仇となり、チームを苦境に追いやってしまったジャカ。試合後、自身のインスタグラムに詫びの言葉を綴った。 「みんなに謝りたい。今夜、クリーンシートでやり過ごしてくれたチーム、そしてそのスピリットを誇りに思う」 2022.01.14 17:35 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly