0-3からの奇跡の逆転劇…クロップ「試合前、選手たちに不可能だと言っていた」2019.05.08 09:10 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
リバプールを率いるユルゲン・クロップ監督が、奇跡の逆転突破に歓喜した。『UEFA.com』が伝えている。リバプールは7日、チャンピオンズリーグ(CL)準決勝2ndレグでバルセロナをアンフィールドに迎えた。1stレグを0-3で落とした上にFWモハメド・サラー、FWロベルト・フィルミノ欠く状況だったが、7分にFWディヴォク・オリジが先制点。後半、負傷の影響でDFアンディ・ロバートソンに代えてジョルジニオ・ワイナルドゥムを投入すると、54分、56分と立て続けにワイナルドゥムがネットを揺らし、2戦合計スコアでついに3-3の同点に。そして迎えた79分、意表を突いたクイックな右CKからオリジが押し込んで逆転。アンフィールドの奇跡を起こし、大逆転で2シーズン連続の決勝進出を果たした。

試合後、クロップ監督はこの大逆転劇に感激。試合前には「不可能」と選手たちに話していたことを明かした。

「パフォーマンス、ゲーム、全てが素晴らしい。圧倒的だった。私は試合前、選手たちに不可能だと言っていた。ただ、チャンスはあると。私は今までたくさんのゲームを観てきたが、このような試合は記憶にないよ」

「勝つことは本当に難しかった。しかし、失点せずにそれを成し遂げた。わからないよ。私はネイティブではないから言い表す良い言葉が見つからないけど、ただただ最高だった。ミルナーも試合後にピッチで涙を流した。それは私たちにとって多くのことを意味する。フットボールの醍醐味さ。この雰囲気はとても特別だよ」

「このようなゲームでは、本当に自信がなければならない。オリジとシャキリは、あまり多くプレーしてこなかった。それでもこのようなパフォーマンスをみせた。それが重要なことだったんだ」

「ボールを持っている時は、真面目にやらなくてはいけなかったが、不意を突くことも必要だった。バルセロナはこちらが予想していたようによく守っていた。予測できないことをしなくてはならなかった。言うのは簡単だが、そう簡単なことではない。CKの場面は観ていなかったが、ベン・ウッドバーンはこっちを見て『何が起こったんだ?』と言ってきたよ」
コメント
関連ニュース
thumb

リバプール、ファン・ダイクの相棒にクリバリをリストアップ?

リバプールが、ナポリに所属するセネガル代表DFカリドゥ・クリバリ(27)に関心を寄せているようだ。イタリア『IL MATTINO』が報じた。 2014年夏にヘンクからナポリに加入したクリバリ。圧倒的なフィジカルを武器にセリエA屈指のセンターバックとして評価を高め、今シーズンの公式戦でも48試合に出場した。 そのクリバリに関してはマンチェスター・ユナイテッドが熱視線を送っていることが報じられている。しかし、今回伝えられるところによれば、ディフェンスリーダーであるDFヴィルヒル・ファン・ダイクの相棒を探すリバプールが、クリバリの代理人であるファリ・ラマダニ氏とコンタクトを取ったという。 だが、その会談でナポリがクリバリに1億1120万ユーロ(約134億7000万円)の値札を張っていることを明かされたようだ。リバプールはこの金額での取引を望んでいないが、交渉を行う可能性があるとのことだ。 2019.06.19 16:34 Wed
twitterfacebook
thumb

リバプール、U-21イングランド代表FWオジョをジェラード率いるレンジャーズにレンタルで放出

レンジャーズは18日、リバプールに所属するU-21イングランド代表FWセイ・オジョ(21)を1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。 リバプールユース出身のオジョは2014-15シーズンにレンタル先のウィガンでトップチームデビュー。翌シーズンにリバプールでもデビューを果たすものの、ほとんど出場機会に恵まれず、フルアムへ武者修行に出ていた。フルアムではリーグ戦22試合に出場し4ゴール2アシストを記録しチームのプレミア昇格に貢献。 一方、昨季のリーグ・ドゥ(フランス2部)で優勝し3季ぶりのリーグ・アン復帰となったランスでは、今季のリーグ戦15試合の出場にとどまっていた。 リバプールのレジェンドであるスティーブン・ジェラード監督が率いるレンジャーズは、今季のリーグ戦を2位で終え、3年連続のヨーロッパリーグ出場権を獲得している。 2019.06.19 03:50 Wed
twitterfacebook
thumb

リバプール、またしてもセインツから補強画策か! その“ターゲット”は?

リバプールがサウサンプトンに所属するイングランド人DFマット・ターゲット(23)の獲得に関心を示しているようだ。イギリス『TeamTalk』が伝えている。 リバプールは先日、スペイン代表DFアルベルト・モレーノの今シーズン限りでの退団を発表。そのため、左サイドバックの絶対的主力であるスコットランド代表DFアンドリュー・ロバートソンのバックアップを担う選手は、いずれも本職ではない元イングランド代表MFジェームズ・ミルナー、イングランド代表DFジョー・ゴメスの2選手のみとなっている。 そのため、今夏の移籍市場においてロバートソンのバックアッパー獲得は優先事項の1つとなっている。 『TeamTalk』が伝えるところによれば、リバプールがその候補としてリストアップしているのは、“お得意様”のサウサンプトンに所属するターゲットだという。 セインツの下部組織出身のターゲットは、イングランド代表の世代別チームに常に選出されてきた左利きのサイドバック。2014年にトップチームデビューを果たすも、以降はなかなか出場機会を得ることができず。 それでも、今シーズンは公式戦21試合に出場し1ゴール3アシストとまずまずの数字を残すと共に、持ち味である高精度のクロスやビルドアップへの高い貢献で評価を高めている。 1000万ポンド(約13億6000万円)の値付けがされている中、アストン・ビラやアーセナルからの関心も伝えられている。 なお、リバプールは近年、FWリッキー・ランバート(現役引退)、MFアダム・ララナ、DFナサニエル・クライン(今季はボーンマスにレンタル)、DFデヤン・ロブレン、FWサディオ・マネ、DFヴィルヒル・ファン・ダイクと毎年のようにセインツの主力を引き抜いており、巷でセインツは“リバプールの下部組織”とも揶揄されている。 2019.06.18 04:57 Tue
twitterfacebook
thumb

リバプール、ミニョレアウトでマッカーシー獲得か

リバプールが、サウサンプトンのイングランド代表GKアレックス・マッカーシー(29)の獲得を考慮しているようだ、イギリス『ミラー』が伝えている。 ブラジル代表GKアリソン・ベッカーが守護神を務めるリバプールでは、昨シーズン前半までレギュラーを張っていたGKシモン・ミニョレが第二GKを役割を果たしている。 伝えられるところによると、ミニョレは今夏で退団する可能性が高いようで、リバプールは代役としてマッカーシーに白羽の矢を立てたという。 マッカーシーは2016年夏にクリスタル・パレスからセインツに移籍。昨季後半から正GKの座を掴んだが、今季終盤はGKアンガス・ガンの台頭により出場機会を無くした。一方で、昨年11月にはアメリカ代表との親善試合でイングランド代表デビューを果たしている。 2022年まで契約を残しているが、セインツはオファー次第で移籍に応じる構えとのことだ。 2019.06.17 14:02 Mon
twitterfacebook
thumb

リバプールのサラーが見られるのはあと1年?

リバプールのエジプト代表FWモハメド・サラーが、来夏の退団を考慮しているようだ。イギリス『ミラー』が伝えている。 2017年夏の加入以降、ここまで公式戦104試合で71ゴールを挙げているサラー。2018-19シーズンにはクラブをチャンピオンズリーグ(CL)優勝に導き、14年ぶりとなるビッグイヤーをもたらした。 『ミラー』によると、サラーは今季限りでのリバプール退団を考えていたものの、CL優勝に沸くリバプールサポーターを見て思い改めたという。だが、リバプールを去る気持ちに変わりはないようで、来夏に大金を置き土産に移籍することを決めているという。 ユルゲン・クロップ監督も同選手に意向は察しており、サラーの去就に関するクラブ上層部の会議にも出席しているとのこと。なお、サラーを狙っているのはユベントスとレアル・マドリーと伝えられている。 2019.06.16 17:22 Sun
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース