「監督からの愛がなかった」リバプールOBがマネ退団の理由を推察

2022.09.27 15:20 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
かつてリバプールに所属した元セネガル代表MFのサリフ・ディアオ氏が、同胞のFWサディオ・マネがバイエルンへ移籍した理由を推察した。

6年間にわたってリバプールで不動の主軸としてプレーしながら、残り1年となった契約の延長には応じず今夏バイエルンへ移籍したマネ。頼れる得点源の1つを失ったチームは、プレミアリーグ開幕からの6試合で2勝3分け1敗と苦しいスタートを切っている。

マネ退団の理由についてはかねてよりOBやメディアの間で盛んに議論の的となっていたが、イギリス『リバプール・エコー』の取材に応じたディアオ氏は、ユルゲン・クロップ監督との関係に問題があったのだろうと推察。同胞でもあるマネの決断を支持している。
「彼はリバプールに数年いたが、ある時点でアンフィールドには自分が本当に必要としている愛がないと理解したのだろう。もちろん、ファンとの間に問題はなかったが、監督との関係がそうだった」

「だからこそ、彼は新しいチャレンジに踏み切ったのだと思う。そして私としては、トップ選手としてトップクラブに4~5年在籍した後、新しいチャレンジを望むのは良いことだと思っているよ」

また、今夏に総額1億ユーロ(約139億円)の移籍金でリバプールに加入したウルグアイ代表FWダルウィン・ヌニェスについてディアオ氏は、マネの代わりを務めるのは難しいと断言している。

「誰もが彼がマネの代わりを務めるのは難しいと分かっていたはずだ。どの選手が入ってきても、彼からポジションを奪うのは難しかったからね。マネがリバプールでどれだけ頑張ってきたか、みんなは気づいていなかったと思う」

「マネはトッププレーヤーだったから、今の状況は当たり前だろう。過去4年間、世界でベストではないにしろ、トップ3には入るだろう選手だった。だから、どんな選手がやってきても彼の不在を埋めるのは難しかっただろうね。(ヌニェスについても)時間がかかるだろう」

関連ニュース
thumb

リバプールに3-0快勝! ウルブス指揮官は即切り替え「勝とうが負けようが次への準備を」

ウォルバーハンプトンのフレン・ロペテギ監督がリバプール戦を振り返った。 ウォルバーハンプトンは4日にプレミアリーグ第22節でリバプールと対戦。開始5分にオウンゴールで先制点を得ると、12分には今冬加入のDFグレイグ・ドーソンが追加点を叩き込み、序盤だけで2点のリードを奪う。 前半終盤にFWファン・ヒチャンが負傷交代を余儀なくされるも、2-0で折り返しての71分にMFルベン・ネベスが3点目を決める。90分間を通じてポゼッションを譲るも失点は許さず、リバプール相手にホームで3-0という快勝を収めた。 ロペテギ監督は試合後のイギリス『BBC』のインタビューで90分間集中を切らさなかった選手たちを称え、ハードワークの重要性を強調した。 「もちろん嬉しいよ。リバプール相手には完璧な仕事をする必要があり、そうでなければゴールは奪えない。うまく守ったうえで、奪ったらアグレッシブにボールを運ぶ… 簡単ではない。今日のようにいきなり先制点が決まれば少し楽にもなるが、必要なのは勝ち点3だ。この先もハードワークが必要不可欠だ」 一方、チームがまだまだ残留争いの最中にいるためか、すぐに次の試合に向けて切り替えるべきと強調した。 「ヒチャンがケガをしてしまったね。これで選手が1人少なくなった。他の全ての選手が試合に出られる準備を整える必要がある。今日の結果には満足しているが、次のゲームについて考えるべきだ」 「勝とうが負けようが、次の試合に向けて準備しなくてはならない。勝つことだけが使命なのだ。プレミアリーグは最後まで長く厳しいレースになるだろう。今日は幸せだが、明日には仕事だ」 2023.02.05 14:00 Sun
twitterfacebook
thumb

3失点完敗で新年いまだ勝利なし…落胆のクロップ「こんなことはありえない」

リバプールのユルゲン・クロップ監督が敗戦に肩を落とした。クラブ公式サイトが伝えている。 4日に行われたプレミアリーグ第22節でウォルバーハンプトンとのアウェイ戦に臨んだリバプール。開始5分にオウンゴールで先制点を献上すると、12分にも相手DFクレイグ・ドーソンに追加点を奪われてしまう。その後も全くペースを握れないまま試合を折り返し、71分には相手MFルベン・ネヴェスにゴールを許して失点。敵地で0-3と敗れ、リーグ4戦未勝利と泥沼の状況が続いている。 クロップ監督は試合後、「とても悔しく、残念だ」と落胆。序盤の2失点を悔やみつつ、この敗戦を受け入れるのは難しいと語った。 「試合の入りは最悪だった。全くもってね。我々がやりたかったこととは正反対だった。立ち上がりの12分で2失点することはあってはならない。特に我々が今置かれている状況においてはそうだ。絶対に許されることではない。受け身で試合に入ったというわけでもなく、我々はその時間帯に何もできていなかった」 「今日は2つの試合を見ているようだった。最初の12分にすべてが終わってしまったが、そこからのパフォーマンスは悪くなく、まずまずの結果を残せた。そして、後半は非常に良いスタートを切った。後半開始から30分ほどは見事で、良い内容だった。しかし、相手にカウンターから3点目を決められた」 「前半の12分間で悲惨なことが起こってしまった。説明できるかどうかはわからない。試合が終わって10分、15分経っても、まだ飲み込めないのだ。こんなことはありえない。受け入れるのは本当に困難だ」 2023.02.05 11:03 Sun
twitterfacebook
thumb

泥沼リバプールが躍動ウルブスに敵地で3失点完敗…新年4戦未勝利と苦境続く《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第22節、ウォルバーハンプトンvsリバプールが4日にモリニュー・スタジアムで行われ、ホームのウルブスが3-0で勝利した。 新年以降、2敗1分けと3戦未勝利が続き9位に甘んじるリバプールは、今年に入ってFAカップ2試合で対戦した17位のウルブスを相手に新年リーグ初勝利を狙った。 クロップ監督は1-2で敗戦したFAカップのブライトン戦から先発2人を変更。負傷のコナテに代えてマティプ、エリオットに代えてヌニェスを起用した。 立ち上がりからアグレッシブな姿勢を見せたウルブスが不調のリバプールを圧倒する意外な形で試合はスタートする。まずは5分、右サイドで相手の背後を取ったファン・ヒチャンがボックス右で速い折り返しを入れると、ニアでDFマティプに当たってコースが変わったボールが左ポストを内側を叩いてゴールラインを割った。 アグレッシブな姿勢が幸運なオウンゴールに繋がり、勢いを増すホームチーム。さらに12分には相手陣内右サイドで得たFKの二次攻撃からゴール前で混戦を生むと、キルマンのシュートは相手DFのブロックに阻まれるが、こぼれ球に反応したドーソンが豪快な右足シュートを突き刺し、ウルブスデビュー戦での値千金のゴールとした。 一方、瞬く間に2点のビハインドを背負う最悪の入りとなったリバプールは、失点直後にヌニェスの強烈なシュートでゴールに迫るが、これはGKジョゼ・サの好守に阻まれる。 これをキッカケに反撃態勢に入りたいところだったが、勢いづいたウルブスの攻勢をなかなか止められない。26分にはマティプの中途半端な守備対応の隙を突かれてマテウス・ヌネスにボックス内への侵入を許すが、ここはGKアリソンのビッグセーブで事なきを得る。 その後もメリハリの利いた守備、シンプルにハイラインの背後を狙うウルブスがペースを握る。右ハムストリングの負傷でファン・ヒチャンがアダマ・トラオレとの交代でピッチを去るアクシデントこそあったものの、リバプールにほぼ何もさせない完璧な内容で試合を折り返した。 低調なパフォーマンスに終始した前半45分を受け、複数のメンバー変更も予想されたが、クロップ監督は前半と同じメンバーを後半のピッチに送り出す。 その起用に応えたいアウェイチームの選手たちは立ち上がりから果敢にゴールを目指す。51分にはボックス内でナビ・ケイタ、ロバートソンと連続でシュートを放つが、いずれも相手守備のブロックに遭う。 以降も相手陣内でハーフコートゲームを展開していくが、サラー、ガクポ、ヌニェスのアタッカー陣がなかなか良い形でフィニッシュに持ち込めない。 対して後半は守勢が続くウルブスは60分、クーニャとサラビアを下げてモウティーニョとヒメネスを投入。キープ力と守備のクレバーさが光るベテランに試合を落ち着かせる役割を託す。 すると、この交代策がホームチームに決定的な3点目をもたらした。71分、モウティーニョが高い位置での2度のプレスでバイチェティッチからボールを奪って背後のスペースを狙うアダマ・トラオレに完璧なスルーパスを供給。そのままボックス右に運んだスペイン代表からの折り返しを、最後はゴール前に走り込んだネヴェスがワンタッチで流し込んだ。 これで敗色濃厚となったリバプールは、エリオットやオックスレイド=チェンバレンをピッチに送り込んで一矢報いるゴールを目指したが、相手のほぼ2倍の22本のシュートはほとんど枠を捉えることができず。 そして、このままクリーンシートで試合を締めくくったウルブスがFAカップのリベンジを達成する3-0の完勝。一方、敵地で完敗のリバプールはまたしても新年初勝利を逃してリーグ4戦未勝利と泥沼の状況が続く。 2023.02.05 02:09 Sun
twitterfacebook
thumb

クロップ&ペップ、チェルシーの派手な動きに何思う? 「彼らが何をしようが…」

チェルシーの今冬補強を巡り、リバプールのユルゲン・クロップ監督とマンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督がそれぞれ見解を示した。 オーナーが代わって、ようやく上層部の陣容が固まったチェルシーは今冬、途中就任からなかなか調子を掴めずにいるグレアム・ポッター監督を後押ししようと計8選手を獲得。投じた移籍金額は3億2300万ポンド(約510億5000万円)と派手に動いた。 なかでも、粘りに粘ってベンフィカから獲得したアルゼンチン代表MFエンソ・フェルナンデスはイギリス史上最高額となる1億680万ポンド(約168億8000万円)の値に。ポッター監督のマネジメント能力が大いに試されそうだが、贅沢な陣容となった。 そうしたチェルシーの動きに他クラブの監督は何を思うか。イギリス『スカイ・スポーツ』によると、その件に関する質問が今週末の試合を控えるクロップ監督とグアルディオラ監督に飛び、それぞれがコメントしたという。 クロップ監督は「私は弁護士なしでは何も言わない! いや、冗談だよ」と茶化しながら、素直に外から見ての感想を語りつつ、疑問も口にした。 「何が可能で、何が不可能といったビジネスの部分はわからない。みんな、良い選手だから、その点からすれば、『おめでとう』だ」 「どうしたら、あれが可能なのかわからないが、この件を説明するのは明らかに私じゃない。いずれは彼らがうまくプレーするようになるだろうが、どれほど早くできるかはわからないね」 また、グアルディオラ監督はシティがファイナンシャルフェアプレー(FFP)の調査対象となる補強で他クラブの厳しい目が向いた過去に触れながら、考えを示した。 「プレミアリーグで5番目か、6番目の支出で、我々は5年間で11個のトロフィーと4つのプレミアリーグを手にした。それこそが本当に重要なこと。チェルシーが何をしたのか、他のクラブが何をしたのかは私に関係ない」 「もちろん、我々もチェルシー、アーセナル、リバプール、マンチェスター・ユナイテッドのように良い選手が必要。良い選手がいないと、ここプレミアリーグでも、ヨーロッパでも競っていけない。だから、投資は必要だ」 「今の市場は“すごい”んだ。チェルシーが何をしようが、私に関係ない。ルールがあり、忘れてはならないのは8、9チームがプレミアリーグに(FFP抵触が発覚した2020年にシティを)追放するよう書状を送ったことだ」 2023.02.04 11:15 Sat
twitterfacebook
thumb

リバプールに朗報、ルイス・ディアスとファン・ダイクが順調に回復

リバプールの攻守のキーマンが復帰に近づいているようだ。ユルゲン・クロップ監督によればコロンビア代表FWルイス・ディアスとオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクの両選手が順調な回復を見せているとのことだ。 ルイス・ディアスは昨年10月9日のアーセナル戦でヒザを負傷。3月の復帰が予想されていたが、クロップ監督は「ルイスは走れている。準備が整うまでには数週間かかるが、フィールドに出て走ることができた。これは非常に良いことだ」と復帰が近づいていることを明かした。 また、1月2日のブレントフォード戦でハムストリングを痛めたファン・ダイクについては「来週にはトレーニングに戻れる」とコメントし、21日に行われるチャンピオンズリーグ・ラウンド16のレアル・マドリー戦には十分間に合う算段であるとした。 2023.02.03 23:20 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly