【先週末の海外日本人結果】堂安律が今季1号! 武藤嘉紀はニューカッスルデビュー2018.08.13 11:15 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽海外により厳しい環境を求め、日々凌ぎを削る日本人選手。先週末における海外日本人選手の成績を紹介する。

▽フローニンヘン在籍2年目のMF堂安律は、12日に行われたエールディビジ開幕節のフィテッセ戦にフル出場。38分に右サイドからのクロスに相手DFと交錯しながら足で合わせ、シーズン初得点をマークした。

▽また、今夏にマインツからニューカッスルに移籍したFW武藤嘉紀は、11日に行われたプレミアリーグ開幕節のトッテナム戦でベンチスタート。80分からピッチに立ち、新天地デビューを果たしている。そのほかの海外日本人結果は以下のとおり。

◆プレミアリーグ
[レスター・シティ]岡崎慎司
A 1-2 マンチェスター・ユナイテッド ●
ベンチ入りせず⇒詳細ニュース

[ニューカッスル]武藤嘉紀
H 1-2 トッテナム ●
80分からプレー⇒詳細ニュース

[サウサンプトン]吉田麻也
H 0-0 バーンリー △
ベンチ入りせず

◆リーグ・アン
[マルセイユ]酒井宏樹
H 4-0 トゥールーズ 〇
フル出場⇒詳細ニュース

◆エールディビジ
[ヘーレンフェーン]小林祐希
A 3-2 ズウォレ 〇
フル出場

[フローニンヘン]堂安律
A 1-5 フィテッセ ●
フル出場、38分に今季初ゴールを記録⇒詳細ニュース

◆トルコリーグ
[ガラタサライ]長友佑都
A 3-1 アンカラギュジュ 〇
フル出場

◆ベルギーリーグ
[アンデレヒト]森岡亮太
A 2-1 シャルルロア 〇
ベンチ入りも出場せず

[ヘント]久保裕也
H 4-1 ワースランド・ベフェレン 〇
ベンチ入りも出場せず

[シント=トロイデン]遠藤航
H 1-1 ロケレン △
フル出場⇒詳細ニュース

[シント=トロイデン]冨安健洋
H 1-1 ロケレン △
フル出場⇒詳細ニュース

[シント=トロイデン]関根貴大
H 1-1 ロケレン △
ベンチ入りも出場せず⇒詳細ニュース

[セルクル・ブルージュ]植田直通
A 0-0 スタンダール・リエージュ △
フル出場

[オイペン]豊川雄太
A 0-4 ズルテ・ワレヘム ●
フル出場

◆オーストリアリーグ
[ザルツブルク]南野拓実
H 2-0 オーストリア・ウィーン 〇
フル出場

[オーストリア・ウィーン]奥川雅也
A 0-2 ザルツブルク ●
ベンチ入りせず

[ヴァッカー・インスブルック]財前淳
A 2-1 ラインドルフ・アルタッハ 〇
ベンチ入りせず

◆ポルトガルリーグ
[ポルティモネンセ]中島翔哉
H - ボアヴィスタ
※月曜開催

◆DFBスーパーカップ
[フランクフルト]長谷部誠
N 0-5 バイエルン ●
フル出場⇒詳細ニュース

[フランクフルト]鎌田大地
N 0-5 バイエルン ●
ベンチ入りせず⇒詳細ニュース
コメント
関連ニュース
thumb

長友佑都が復帰戦での初ゴールを喜ぶ「最高の復帰戦になりました!」

ガラタサライの日本代表DF長友佑都が、自身の公式ツイッター(@YutoNagatomo5)で初ゴールを喜んだ。 首位のイスタンブール・バシャクシェヒルを勝ち点「2」差で追う2位のガラタサライは、20日に11位のカイセリスポルをホームに迎え、3-1で勝利した。 <div id="cws_ad"> <script src="//player.performgroup.com/eplayer.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=1lg6fpm8823ef1v5foyolng3a5" async></script> </div> この試合、ケガで離脱していた長友が6試合ぶりに先発したものの、15分にいきなり失点。しかし、直後にディアニェがゴール奪い、1-1の振り出しに戻す。 38分には相手選手がハンドを犯し退場。PKをディアニェが決め逆転すると、前半アディショナルタイム4分にボックス手前右からのマリアーノのクロスを長友がヘディングでゴールを決め、3-1とした。 このダメ押しゴールは、長友にとってガラタサライでの初得点。復帰戦での初ゴールを長友は喜んだ。 「復帰戦でガラタサライ初得点。チームも勝利し、最高の復帰戦になりました!リハビリ中サポートしてくれたみんなに感謝!」 ガラタサライはこの勝利で暫定的に首位に浮上。リーグ優勝に向け、最後まで目が離せない展開となっている。 2019.04.21 11:30 Sun
twitterfacebook
thumb

関根貴大のアシストから鎌田大地が今季16点目も豊川雄太先発のオイペンとドロー《ジュピラー・プロ・リーグPO2》

プレーオフラウンドがスタートしたベルギー・ジュピラー・プロ・リーグ。プレーオフ2に進んだシント=トロイデンは20日、第5節でオイペンと対戦し、1-1の引き分けに終わった。 プレーオフ2では3勝1分けと好スタートを切ったシント=トロイデンは、FW豊川雄太が所属する5位のオイペンとアウェイで対戦。シント=トロイデンはDF冨安健洋、MF遠藤航、MF関根貴大、FW鎌田大地が先発出場。オイペンもFW豊川雄太が先発した。 シント=トロイデンは先手を奪うことに成功する。前半をゴールレスで終え迎えた49分、ハーフウェイライン付近からアサモアーがロングフィード。これに反応した関根がボックス内で巧みなトラップを見せると、冷静に中央で折り返し、最後は鎌田が流し込んでシント=トロイデンが先制する。鎌田は今シーズン16ゴール目を記録した。 日本人コンビの活躍で先手を奪ったシント=トロイデンだったが、オイペンも反撃。54分、こぼれ球の処理にもたつくと、後方から走り込んだカストロ=モンテスがボールを奪いそのままシュート。強烈なシュートがネットを揺らし、オイペンが同点に追いつく。 結局その後は両者にゴールが生まれず、1-1のドローで終了。シント=トロイデンは無敗を継続し首位をキープ。一方のオイペンは最下位に転落した。 試合後、先制点を記録した鎌田は「(退場者が出て)10人になってからはピンチの数が多かったですし、数的不利になると勝つことが難しくなるので、勝ち点が拾えた試合だったかなと思います。今日は、ずっとオイペンの2ボランチに見られて上手く消されていたので後ろに下がってボールに触っていました。プレーオフ2に入ってからは、後ろに下がって上手くボールは引き出せていると感じます」とコメントし、自身のプレーに満足感を示した。 また、先発フル出場の遠藤は「先制するまではイメージ通りの試合展開でしたが、その後2点目を取りに行く姿勢を見せれれば良かったですし、自分たちのオーガナイズが良くなかったかなと思います」とコメント。また、退場者が出て70分からセンターバックでプレーしてプレーした点については「もともと日本でもプレーしていたポジションなので落ち着いて、しっかりブロックを敷いて失点をしない戦い方にフォーカスして守っていました。10人になってからもボールを動かしながら、2点目が取れれば良かったですけど、数的不利で引き分けたのはポジティブに考えたいです」とコメントした。 シント=トロイデンは、次節28日(日)の27時からベールスホット・ウィルレイクと対戦する。 オイペン 1-1 シント=トロイデン 【オイペン】 カストロ=モンテス(後9) 【シント=トロイデン】 鎌田大地(後4) 2019.04.21 11:05 Sun
twitterfacebook
thumb

長友の移籍後初ゴールなどで逆転勝利のガラタサライが暫定首位に浮上! 《スュペル・リグ》

長友佑都の所属するガラタサライは20日、スュペル・リグ第29節でカイセリスポルと対戦し、3-1で勝利した。長友はフル出場し前半49分に移籍後初ゴールを記録した。 首位イスタンブールBBを勝ち点「2」差で追う2位のガラタサライが、11位カイセリスポルをホームに迎えた一戦。 ケガ明けの長友がリーグ戦6試合ぶりに先発に名を連ねたガラタサライは、15分に先制を許したが直後に反撃。16分、バイタルエリア中央のフェルナンドがロングシュートを狙うと、相手GKが弾いたボールをディアニェが押し込み、すかざず試合を振り出しに戻した。 すると追いついたガラタサライにさらなる追い風が吹く。38分、マルカオのミドルシュートをボックス内のチアゴ・ロペスが手で防ぎ、ガラタサライがPKを獲得。さらにチアゴ・ロペスは2枚目のイエローカードで退場処分となった。 数的優位となったガラタサライは、このPKをディアニェが確実に決め、逆転に成功。さらに前半アディショナルタイム4分には、マリアーノの右クロスをファーサイドから走り込んだ長友が頭ででゴールネットを揺らし、3点目を奪った。 後半に入っても主導権を握るガラタサライは57分、バイタルエリア中央にミドルシュートで相手ゴールを脅かしたがこれは僅かにゴール右に逸れる。 さらに61分にもエンディアイエのスルーパスで裏抜け出したディアニェが相手GKとの一対一を迎えたが、飛び出したGKの上を狙ったループシュートは高さが足りずGKルングにキャッチされた。 その後、カイセリスポルに攻め込まれる場面も見られたが、ガラタサライが試合をシャットアウト。長友の移籍後初ゴールを含む3ゴールで逆転勝利したガラタサライが、イスタンブールBBをかわし暫定首位に浮上した。 2019.04.21 03:29 Sun
twitterfacebook
thumb

久保不出場のニュルンベルク、レバークーゼンにシャットアウト負けで降格圏脱せず《ブンデスリーガ》

ニュルンベルクは20日、ブンデスリーガ第30節でレバークーゼンとのアウェイ戦に臨み、0-2で敗れた。ニュルンベルクのFW久保裕也はベンチ入りも出場しなかった。 久保に待望のブンデス初ゴールが生まれた前節シャルケ戦を引き分けに持ち込まれた17位ニュルンベルク(勝ち点18)は、残留プレーオフに回れる16位シュツットガルトに3ポイント差と迫った中、久保がベンチスタートとなった。 ヨーロッパリーグ出場権争いに踏みとどまっている8位レバークーゼン(勝ち点45)に対し、立ち上がりから劣勢を強いられたニュルンベルクだったが、水際で何とか凌ぎ耐えていく。 しかし迎えた後半の61分、ついに失点する。左CKからニアサイドのアラリオにヘディングで合わせられたシュートがゴール右を捉え、リーボルドがゴールライン付近でクリアするも、テクノロジーによりゴールラインを割っていたと判定された。 そして終盤の86分、レバークーゼンに勝負を決定付けられる。アラリオのパスを受けたボックス左のフォラントに確実にシュートを決められた。 このまま0-2で敗戦したニュルンベルクは、同日の試合でアウグスブルクに敗れたシュツットガルトとの勝ち点差を詰められずに降格圏を脱せず。対するレバークーゼンは欧州カップ戦出場へ向け、大きな勝ち点3を積み上げている。 2019.04.21 00:36 Sun
twitterfacebook
thumb

バイエルン、大迫途中出場の10人ブレーメンに辛勝で首位キープ《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第30節、バイエルンvsブレーメンが20日に行われ、1-0でバイエルンが辛勝した。ブレーメンのFW大迫勇也は73分から出場している。 前節デュッセルドルフ戦を4-1と快勝した首位バイエルン(勝ち点67)は、2位ドルトムントとの1ポイント差を維持した中、デュッセルドルフ戦でGKノイアーとフンメルスが負傷してしまった。そのバイエルンは4日後にもDFBポカール準決勝で対戦するブレーメンに対し、GKウルライヒとJ・ボアテングが前述の2選手の代役を務めた。 一方、大迫が先発復帰した前節フライブルク戦を2-1と勝利した7位ブレーメン(勝ち点46)は、ヨーロッパリーグ出場権争いに踏みとどまった中、大迫がベンチスタートとなった。 [4-2-3-1]を採用したバイエルンは最前線にレヴァンドフスキ、2列目に右からニャブリ、ミュラー、コマンと並べた。 そのバイエルンは8分、左CKからハビ・マルティネスがヘディングシュートでゴールに迫ると、続く21分にはミュラーがコントロールシュートでオンターゲットを記録。 そして26分には決定機が訪れる。チアゴの浮き球パスに抜け出したボックス中央のニャブリがボレーシュート。だが、枠の左隅を捉えたシュートはGKパブレンカのファインセーブに阻まれた。 その後もハーフコートゲームを続けたバイエルンだったが、前半のうちにゴールを奪えずに後半へ折り返した。 迎えた後半、ギアを上げたバイエルンがゴールに迫っていった中、ブレーメンは58分に退場者を出してしまう。ヴェリコビッチがジューレに対して競り合いの際にヒジを入れ、2枚目のイエローカードで退場となった。 しかし、ここから膠着状態に陥り、なかなかゴールに迫れない状況が続いた。そこで70分、ミュラーに代えてリベリを投入。 ブレーメンが73分に大迫を投入してきたのに対し、75分にバイエルンが均衡を破る。中央でパスを受けたジューレが右足を振り抜くと、DFに当たったミドルシュートがネットを揺らした。 その後もレヴァンドフスキのミドルシュートなどで追加点に迫ったバイエルンは、2点目こそ奪えなかったものの、ブレーメンに反撃の隙を見せずに逃げ切り。明日試合を行うドルトムントにプレッシャーをかけている。 2019.04.21 00:26 Sun
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース