アイルランドがデンマークとのプレーオフに向けた代表メンバー34名を発表!《ロシアW杯欧州予選PO》

2017.10.27 01:40 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アイルランドサッカー協会(FAI)は26日、11月に行われるロシア・ワールドカップ欧州予選プレーオフに臨むアイルランド代表メンバー34名を発表した。▽最終節に行われたウェールズ代表との直接対決を制して欧州予選グループDを2位で終えたアイルランド。マーティン・オニール監督は、今回のメンバーにDFジョン・オシェイ(サンダーランド)やFWシェーン・ロング(サウサンプトン)、MFハリー・アーター(ボーンマス)などを順当に招集。一方で負傷中のジョナサン・ウォルタース(バーンリー)は招集外となった。

▽アイルランドは、グループEを2位で終えたデンマーク代表とプレーオフで対戦。11月11日に敵地で1stレグが行われ、同14日にホームで2ndレグが行われる。


◆アイルランド代表メンバー34名
GK
キーラン・ウェストウッド(シェフィールド・ウェンズデイ/イングランド)
ダレン・ランドルフ(ミドルズブラ/イングランド)
ロバート・エリオット(ニューカッスル/イングランド)
コリンドイル(ブラッドフォード・シティ/イングランド)

DF
ジョン・オシェイ(サンダーランド/イングランド)
シェーン・ダフィ(ブライトン&ホーヴ・アルビオン/イングランド)
サイラス・クリスティー(ミドルズブラ/イングランド)
マット・ドハーティ(ウォルバーハンプトン/イングランド)
ポール・マクシェイン(レディング/イングランド)
シアラン・クラーク(ニューカッスル/イングランド)
リチャード・キーオー(ダービー/イングランド)
ケビン・ロング(バーンリー/イングランド)
スティーブン・ウォード(バーンリー/イングランド)

MF
ジョナサン・ヘイズ(セルティック/スコットランド)
ダリル・ホーガン(プレストン/イングランド)
アラン・ブローネ(プレストン/イングランド)
コナー・フリーハン(アストン・ビラ/イングランド)
グレン・ウィーラン(アストン・ビラ/イングランド)
カラム・オドウダ(ブリストル・シティ/イングランド)
ジェフ・ヘンドリック(バーンリー/イングランド)
ロビー・ブレイディ(バーンリー/イングランド)
ジェームズ・マクレーン(WBA/イングランド)
ウェスリー・フーラハン(ノリッジ/イングランド)
ジェームズ・マッカーシー(エバートン/イングランド)
デイヴィッド・メイラー(ハル・シティ/イングランド)
エイデン・マクギーディー(サンダーランド/イングランド)
ハリー・アーター(ボーンマス/イングランド)
ユーナン・オケイン(リーズ/イングランド)

FW
シェーン・ロング(サウサンプトン/イングランド)
ダリル・マーフィー(ノッティンガム・フォレスト/イングランド)
デイビッド・マクゴールドリック(イプスウィッチ・タウン/イングランド)
ショーン・マグワイア(プレストン/イングランド)
スコット・ホーガン(アストン・ビラ/イングランド)
エイダン・オブライエン(ミルウォール/イングランド)
関連ニュース
thumb

アイルランドのレジェンド、アラン・マクローリン氏が54歳で逝去…94年W杯に導く貴重なゴールが語り草

かつてスウィンドン・タウンやポーツマスで活躍した元アイルランド代表MFのアラン・マクローリン氏(享年54)が逝去したことがわかった。フットボール・アソシエーション・オブ・アイルランド(FAI)が4日に訃報を伝えた。 死因に関する詳細は明かされていないが、マクローリン氏は今年3月に2度目の癌を患い、闘病中であることを明らかにしていた。 FAIのジェリー・マカナニー会長はレジェンドの訃報に際して、以下のような追悼コメントを残している。 「アランは18年前のベルファストで決めたゴール、この国全体を感動で震わせたゴールによって常に多くの人の記憶に残り続けるはずだ」 「彼はアイルランドにとって素晴らしいプレーヤーであり、多くの若いプレーヤーを指導した素晴らしい指導者であり、非常に誇り高いファミリーマンだった」 「彼をアイルランドのフットボール・ファミリーの一員として迎えることができて幸運だった。この最も困難な時期を過ごす妻のデビーと彼の家族に心から寄り添い、アイルランドのフットボールに関わるすべての人を代表して哀悼の意を表する」 マンチェスター・ユナイテッドの練習生から1985–86シーズンにプロ契約を勝ち取ったマクローリン氏だが、トップチームデビューを飾ることなくスウィンドンに移籍。その後はサウサンプトンやポーツマス、ウィガン、ロッチデール、フォレストグリーン・ローヴァーズを渡り歩き、2003年に現役を引退した。 クラブキャリアを通じてタイトルには恵まれなかったものの、ポーツマスでは300試合以上に出場したレジェンドの1人だった。 また、1990年にデビューを飾ったアイルランド代表では1990年イタリア大会、1994年アメリカ大会と2つのワールドカップ本大会に出場するなど、通算42試合に出場し2ゴールを記録。とりわけ、1993年11月17日に行われた欧州予選の北アイルランド代表戦ではチームを本大会に導く貴重な同点ゴールを挙げており、その活躍は多くのアイルランド国民の記憶に残っている。 現役引退後の2016年からは古巣スウィンドンのアカデミーで指導者を務めていた。 2021.05.05 07:00 Wed
twitterfacebook
thumb

窮地に立つアイルランド代表…公式戦12試合未勝利でスティーブン・ケニー監督は50年で最悪の指揮官に

アイルランド代表は30日、国際親善試合でカタール代表と対戦し、1-1で引き分けた。 ストークでプレーするMFジェームズ・マクレーンによる3年5カ月ぶりのゴールで開始4分に先制したアイルランド。幸先の良い出だしだったが、後半開始早々の47分に被弾。その後はカタールにペースを握られる展開となり、終盤に何とかゴールチャンスを作ったものの、試合は1-1のままタイムアップを迎えた。 この結果、アイルランド代表は公式戦12試合未勝利に。2019年11月に行われたユーロ2020予選のデンマーク代表戦から続いており、2020年4月に就任したスティーブン・ケニー監督は就任から11試合未勝利で、同代表において1969年から1971年以来、最悪の成績を記録してしまった。 就任直前まで同代表のU-21チームを率いていたケニー監督は、ユーロ予選のグループステージで3位となり、プレーオフに回ることになったA代表を託された。初陣となったUEFAネーションズリーグ開幕節のブルガリア代表戦で引き分けスタートを切ると、肝心のユーロ予選プレーオフではスロバキア代表にPK戦の末に敗れて本戦出場を逃す結果に。 その後も、満足に得点もできないまま、ネーションズリーグのグループステージは未勝利で終了。今回のインターナショナルブレイクでも、カタール・ワールドカップ予選でセルビア代表に3-2、ルクセンブルク代表に0-1で敗れ、連敗スタートとなった。 かつてはワールドカップで準々決勝まで進んだこともあるアイルランド代表。5大会ぶりの出場に向けて巻き返すことはできるだろうか。次戦は6月に行われる国際親善試合のアンドラ代表戦とハンガリー代表戦だ。 2021.03.31 14:15 Wed
twitterfacebook
thumb

「アンチイングリッシュ」の政治的ビデオを利用したアイルランド代表監督にお咎めなし

選手たちを鼓舞するために政治的なビデオを利用したアイルランド代表のスティーブン・ケニー監督はお咎めなしとなったようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 問題とされていたのは12日に行われた国際親善試合のイングランド代表戦での出来事。報道によると、ケニー監督は試合前に選手たちの闘争心を掻き立てるため、歴史的背景にあるアイルランド人の「アンチイングリッシュ性」を政治的なビデオを見せて増幅させようとしたようだ。 この時代遅れの策に選手たちからは反感が生じており、アイルランドサッカー協会(FAI)が調査に及ぶ事態にまで発展。昨今の加速的な人種差別を助長する可能性のある行為として問題視された。 そして今回伝えられるところによると、FAIによる調査は終了し、未処分という決定となったようだ。 調査によると、ケニー監督は以前のイングランド戦のゴールシーンを集めたビデオの中に、1916年のイースター蜂起のイメージを含む30秒程度の政治的意図のある映像も見せていた模様。 しかしながら、ケニー監督を含むスタッフや選手たちとの話し合いの結果、反省を促したうえで問題にはしない決断に至ったという。 今年4月にミック・マッカーシー前監督の後任として就任したケニー監督だが、ここまで8試合を指揮した中で1勝も挙げられていない。UEFAネーションズリーグでは未勝利ながらグループ3位で終え、命からがらリーグB残留を果たしていた。 2020.11.23 19:39 Mon
twitterfacebook
thumb

アイルランド代表監督が「アンチイングリッシュ」の時代遅れの策に…選手たちから反感

アイルランド代表のスティーブン・ケニー監督が、ある問題で処分対象に上がっているようだ。イギリス『ガーディアン』が報じている。 問題があったのは12日に行われた国際親善試合のイングランド代表戦。ケニー監督はその試合で選手たちのモチベーションを高めるために、アンチ・イングリッシュ増幅を狙ったビデオを流したとのこと。 イングランド人とアイルランド人は歴史的に仲が悪いとされており、その潜在的な感情を利用しようと、アイルランド人指揮官は時代遅れのやり口に打って出たようだ。 しかし、これには多くの選手たちから反感を買っており、アイルランドサッカー協会(FAI)は「事実を立証するために、緊急の問題としてすでに調査を行っています」と声明を発表。現段階でそれ以上のコメントはないとしている。 こういった人種差別的行為は、特にプレミアリーグを中心にイングランドないしイギリスでは顕著に発生している。フットボール界では強く取り締まられており、今回も事実が判明した場合、何らかの制裁が加えられると見込まれている。 2020.11.20 19:44 Fri
twitterfacebook
thumb

アイルランドで新たに2選手が新型コロナ陽性…ドハーティとマクレーンが感染

フットボール・アソシエーション・オブ・アイルランド(FAI)は16日、アイルランド代表に招集中のトッテナムDFマット・ドハーティとストーク・シティMFジェームズ・マクレーンに新型コロナウイルスの陽性反応が確認されたことを公表した。 12日に行われたイングランド代表との国際親善試合後の検査では陰性判定の出ていた両選手は、15日に行われたUEFAネーションズリーグのウェールズ代表戦(0-1で敗戦)にフル出場。しかし、その試合後に陽性反応が確認されたという。 そのため、ドハーティとマクレーンは18日に行われるUEFAネーションズリーグのブルガリア代表戦を欠場。ただ、FAIによれば、両者以外のアイルランド代表の選手、チームスタッフは陰性と診断されており、ダブリンで開催されるブルガリア戦に向けて大きな問題はないという。 アイルランド代表では、代表合流後の検査でFWカラム・ロビンソンが、イングランド戦後の検査でMFアラン・ブラウンに陽性反応が確認され、代表を離脱していた。 2020.11.17 00:40 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly