バーンリー、リンデゴーアら3選手退団、レノンら3選手が契約延長! クラウチは未定2019.05.16 13:28 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バーンリーは15日、現時点での選手の契約に関する詳細を明かした。今回、今季限りでの退団が発表されたのは、元アイルランド代表DFスティーブン・ウォード(33)と、元デンマーク代表GKアンデルス・リンデゴーア(35)、元アイルランド代表FWジョナサン・ウォルタース(35)の3選手。

ウォードに関しては今季リーグ戦に3試合出場していたが、その他の2選手は出場機会はなかった。また、イプスウィッチにレンタル中だったウォルタースに関してはケガを理由に先日現役引退を発表していた。

一方、クラブが契約延長オプションを行使する形で来季の残留が決定したのは、元イングランド代表MFアーロン・レノン(32)、元ベルギー代表MFスティーブン・ドフール(31)、元スコットランド代表DFフィル・バーズリー(33)の3選手だ。

レノンは今季リーグ戦16試合で1ゴール、ドフールはケガの影響もあってリーグ戦6試合、バーズリーはリーグ戦19試合に出場していた。

また、今冬の移籍市場最終日にチャンピオンシップ(イングランド2部)のストーク・シティから今季終了までの契約で加入した元イングランド代表FWピーター・クラウチ(38)に関しては、今後契約延長に向けた交渉が行われる予定だ。

なお、今季は途中加入でリーグ戦6試合に出場しノーゴールに終わったいた。
コメント
関連ニュース
thumb

バーンリー、イングランド代表GKポープと契約延長

バーンリーは24日、イングランド代表GKニック・ポープ(27)との契約を2023年6月30日まで延長したことを発表した。 2016年にチャールトンからバーンリーに加入したポープは、昨シーズンのプレミアリーグで35試合に出場。だが、今季は共にイングランド代表経験のあるGKトム・ヒートン、GKジョー・ハートとのポジション争いに敗れ、ここまでFAカップ2試合とヨーロッパリーグ予選1試合の出場にとどまっていた。 また、2018年3月にイングランド代表に初選出されると、同年6月に行われた国際親善試合のコスタリカ代表戦で途中出場し代表デビュー。昨夏に行われたロシア・ワールドカップ(W杯)に臨むイングランド代表メンバーにも名を連ねた。 そんなポープには、今季限りで現役引退を発表している元チェコ代表GKペトル・チェフの後釜としてアーセナルが獲得を検討していたが、バーンリーと新たな契約を結ぶ格好となった。 2019.05.25 04:10 Sat
twitterfacebook
thumb

アーセナル、オーバメヤン2Gなどでバーンリーに快勝も、最終順位は5位でフィニッシュ《プレミアリーグ》

プレミアリーグ最終節が12日に行われ、アーセナルはバーンリーと対戦し、3-1で勝利した。 5位に位置しているものの、4位のトッテナムとは勝ち点差3で得失点差は8あるため、実質この最終節での4位浮上は不可能となっているアーセナル。照準はすでにチェルシーとのヨーロッパリーグ決勝に向けられているか。スタメンにはモンレアルやムヒタリアン、ウィロック、オーバメヤン、イウォビが起用された。 相手GKヒートンのハンドでFKを獲得したアーセナルは4分、ムヒタリアンのクロスにオーバメヤンが反応。だが、至近距離からのヘディングシュートはクロスバーを叩いた。対するバーンリーも28分、ウッドのシュートが右ポスト直撃。互いに好機を迎えた。 中盤での潰し合いが続く中、34分にマヴロパノスがティーレマンスと競り合った際に、ヒジが頭に入ってしまい続行不可能に。コシエルニーとの交代を余儀なくされた。 前半半ば以降は、バーンリーがやや攻勢を強めてアーセナルを押し込んでいく。37分には右CKからトロホウスキがゴール左を掠めるヘディングシュートを放つ。だが、前半はどちらもネットを揺らすことなくゴールレスで試合を折り返した。 試合は後半に動きを見せた。52分、バーンリーのバックパスを奪ったオーバメヤンが一気にGKと一対一に。そのままゴールに流し込んで、アーセナルが先制点を奪った。 アーセナルはさらに53分に、ボックス左からモンレアル、イウォビとつないで右足でクロスを上げる。するとこれをオーバメヤンが右足ダイレクトボレー。見事なシュートでアーセナルに追加点をもたらした。 しかしそれから2分後、バーンリーに1点返される。右サイドを攻めたバーンリーは、クロスをファーサイドのグズムンドソンが収めると、すぐに右足で入れたクロスを供給。これにバーンズが頭で合わせてゴール。これで1点差となった。 だが、アーセナルはそれでも相手の流れに飲まれることなく試合を展開。70分過ぎにはムヒタリアンやオーバメヤンが立て続けにゴールを狙っていく。バーンリーも終盤にクラウチを投入するなどして攻勢を強めると、82分にクラウチがボックス中央からシュートを放ったが、ここはアーセナルDFにブロックされた。89分にはグズムンドソンのクロスからバーンズがヘディングシュート。ゴールを生んだコンビがチャンスを作ったが、シュートは枠の右に外れた。 このまま終わるかに思われた後半アディショナルタイム、アーセナルは疲れきったバーンリー守備陣に途中出場のエンケティアが侵攻。ボックス左でドリブルで一人躱しでシュートを放つと、角度のないところだったが相手に当たってゴールに吸い込まれた。 結局、試合はアーセナルが3-1で勝利。しかし、最終順位は変わらず5位で今シーズンのプレミアリーグを終えた。 2019.05.13 01:15 Mon
twitterfacebook
thumb

シティがバーンリーの堅守に大苦戦もアグエロの今季20点目で勝ち切る! リーグ12連勝で首位堅持《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第36節、バーンリーvsマンチェスター・シティが28日にターフ・ムーアで行われ、アウェイのシティが1-0で勝利した。 前節、敵地でのマンチェスター・ダービーを2-0で制したシティ(勝ち点89)はリーグ11連勝でついに消化試合数で並んだリバプール(勝ち点88)を抜き首位に浮上した。今節先に試合を戦ったリバプールが勝利したことで暫定首位の座を明け渡して臨んだ今節は、15位バーンリーとのアウェイゲームに臨んだ。ダービーで負傷したフェルナンジーニョに代わってザネを起用した以外、同じメンバーで臨んだ。 立ち上がりからボールを保持して相手を押し込んでいくシティだが、素早い帰陣と距離感が整えられた相手の堅固な守備ブロック攻略に手を焼く。遅攻時は相手の寄せの早さとゴール前に屈強なセンターバックが並ぶことでなかなかスイッチとなるパスが入らない。 それでも、相手が前に出た場面では良い形からのボール奪取でカウンターに転じ、ベルナルド・シウバやザネがボックス内に侵入する場面を作っていく。だが、連戦の疲れか珍しくファーストタッチの乱れや判断ミスが目立って攻撃に時間がかかってしまい、相手のプレスバックの餌食となる。 前半半ばから終盤にかけてはベルナルド・シウバやシルバ、アグエロと幾度か際どい枠内シュートを放ったが、相手のシュートブロックやGKヒートンの好守に遭い、ややフラストレーションが溜まった前半はゴールレスで終了した。 前半からピッチサイドでいら立ちを露わにしていたグアルディオラ監督は、ハーフタイムに細かい修正と共に激しい檄を飛ばしたのか、後半のシティは見違えるようなアグレッシブなプレーで立ち上がりから相手を押し込む。 立ち上がりの50分過ぎには波状攻撃からベルナルド・シウバのシュートがボックス内のバーンズの腕に当たってハンドのような場面も見受けられたが、主審はこのプレーでPKを取らない。それでも、すぐに気持ちを切り替えたアウェイチームは内と外を出し入れしながら相手の守備ブロックにクサビを打ち込み続けてアグエロ、ベルナルド・シウバが幾度もGKヒートンを脅かす。さらに、セカンドボールへの意識も強まってバーンリーに攻撃のターンを渡さない。 バーンリーの身体を張った守備が目立つ一方、徐々に堅守決壊の匂いが漂い始めた中、ゴールをこじ開けたのは、やはり頼れるエースだった。63分、ボックス手前右のベルナルド・シウバから斜めのパスをボックス中央で受けたアグエロがDFとの球際を制して左足のシュートを放つ。これはゴールライン上で胸でのブロックをしたDFにかき出されたかに思われたが、ゴールラインテクノロジーによってゴールが認められた。 アグエロの今季プレミア20点目で試合を動かしたシティは先制点を奪う直前に交代の準備をしていたガブリエウ・ジェズスがザネに代わって投入される。先制後もゲームコントロールにいかずに果敢に2点目を奪いに行くアウェイチームは、75分にウォーカーのパスに抜け出したジェズスがボックス左で決定的なシュートを放つが、これはDFミーにゴールライン上でのスーパークリアで阻止される。 その後、やや攻撃の勢いが失われてきたシティは試合終盤の相手のパワープレーを警戒しアグエロを下げて83分にストーンズを投入。さらに後半アディショナルタイムにはスターリングを下げてオタメンディをピッチに送り出し、グアルディオラ監督のチームらしくないセンターバック4人がピッチ内で共演を果たすことに。 そして、指揮官の石橋を叩いて渡る逃げ切り策できっちりバーンリーの反撃を凌ぎ切ったシティが苦しみながらも1-0のスコアで勝利。リーグ戦12連勝を飾ったシティが首位を堅持し、リーグ連覇まであと2勝に迫っている。 <div id="cws_ad"> <script src="//player.performgroup.com/eplayer.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=15xbriwl24yih1cn05y20mkwug" async></script> </div> 2019.04.29 00:02 Mon
twitterfacebook
thumb

ダビド・ルイス、イライラ…バーンリーの戦い方に「アンチ・フットボール」

チェルシーに所属するブラジル代表DFダビド・ルイスがバーンリーの戦いに毒づいた。イギリス『BBC』が報じた。 トッテナムやアーセナル、マンチェスター・ユナイテッドとプレミアリーグのトップ4争いを演じるチェルシー。22日にホームで行われた第35節で、バーンリーと激突した。8分に先制を許したなか、12分にフランス代表MFエンゴロ・カンテ、14分に元アルゼンチン代表FWゴンザロ・イグアインがゴールを決めて逆転したが、24分に追いつかれ、2-2のドロー。トッテナムやアーセナル、ユナイテッドより1試合消化試合数が多いなかで、勝ち点1を上積むにとどまった。 この試合にセンターバックの一角でフル出場したダビド・ルイスは勝てば3位浮上のチャンスだったバーンリー戦後、ドローという結果も相まってか、怒りの矛先を対戦相手の消極的な戦い方に。「アンチ・フットボールだ」と罵った。 「アンチ・フットボールだ」 「時間を使ってばかりだった。特に、ボールを持つとね。彼らの選手はピッチに倒れて、試合を止めた」 「彼らの11人はボックス内でプレーしてばかりだった。試合をしたがらない相手との対戦は難しい」 バーンリーからすれば、チェルシーは戦力的にも数段格上の強敵。守備に比重を置いて、ワンチャンスをモノにする戦術は、強敵相手の常套手段だ。ダビド・ルイスの発言は八つ当たりのように感じてならない。 勝ち点1を上積みして暫定4位に浮上したチェルシーは29日に敵地で行われる次節、6位に位置するユナイテッドとの直接対決に挑む。 2019.04.23 15:40 Tue
twitterfacebook
thumb

チェルシー、格下に痛恨ドローで3位浮上のチャンスを逃す…《プレミアリーグ》

チェルシーは22日、プレミアリーグ第35節でバーンリーと対戦し、2-2の引き分けに終わった。 前節のリバプール戦でリーグ戦4試合ぶりの黒星を喫した5位チェルシー(勝ち点66)が、15位バーンリー(勝ち点39)をホームに迎えた一戦。ミッドウィークに行われたヨーロッパリーグ準々決勝2ndレグのスラビア・プラハ戦を勝利し、危なげなく準決勝進出を決めたチェルシーは、その試合から先発を4人変更。ジルーやペドロ、バークリーらに代えてイグアインやハドソン=オドイ、ジョルジーニョらを先発で起用した。 試合は地力で勝るチェルシーが良い立ち上がりを見せたが8分、右CKのセカンドボールをペナルティアーク右のヘンドリックに豪快なボレーシュートをゴール右に叩き込まれ、先制を許した。 早い時間に失点を喫したチェルシーだが、すぐに反撃。すると12分、ボックス左から仕掛けたアザールの折り返しをカンテが左足で流し込み、チェルシーが試合を振り出しに戻す。 さらにチェルシーは、14分にもボックス右でボールを受けたイグアインがアスピリクエタとのワンツーで縦に切り込み、豪快なシュートをゴールに叩き込んだ。 逆転に成功したチェルシーだったが、24分に再びセットプレーから失点する。ウェストウッドのFKをボックス左に走り込んだミーが頭で折り返すとウッドのフリックしたボールを逆サイドのバーンズが押し込んだ。 同点とされたチェルシーは、41分にアクシデント。右足を痛めたハドソン=オドイがプレー続行不可能となり、ペドロとの交代を余儀なくされた。 2-2で迎えた後半、チェルシーはカンテを下げてコバチッチを投入。すると51分、ボックス右でパスを受けたペドロの折り返しからイグアインがチャンスを迎えたが、ダイレクトシュートは相手GKの正面を突いた。 チェルシーは67分にも、エメルソン・パルミエリの左クロスが流れたルーズボールをボックス右に走り込んだアスピリクエタがダイレクトシュートで狙ったが、これはGKヒートンの好セーブに阻まれた。 主導権を握りながらも勝ち越しゴールが奪えないチェルシーは、77分にイグアインを下げてジルーを投入したが、それでも好転しないまま試合は進み、結局最後まで互いにネットを揺らすことなく試合終了。 格下相手に痛恨のドローで勝ち点を取りこぼしたチェルシーは、3位浮上のチャンスを逃した。 2019.04.23 06:15 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース