オシムヘンがAIC年間最優秀選手に!昨季は26ゴールでナポリを33年ぶり栄冠に導く

2023.12.05 13:35 Tue
年間最優秀選手に輝いたナポリのFWビクター・オシムヘン
Getty Images
年間最優秀選手に輝いたナポリのFWビクター・オシムヘン
ナポリのナイジェリア代表FWビクター・オシムヘンが、イタリアサッカー選手協会(AIC)の年間最優秀選手に選出された。
PR
AICは4日、2022-23シーズンの表彰式となるグラン・ガラ・デル・カルチョを開催。式の中では年間最優秀選手、年間最優秀監督、ベストイレブンなどが発表された。
最優秀選手に選出されたのは、昨シーズンにナポリの絶対的エースとしてセリエAで32試合に出場し、26ゴール5アシストを記録したオシムヘン。セリエA得点王に輝いただけでなく、クラブに33年ぶりとなるスクデットをもたらしたことが高く評価される形になった。

また、年間最優秀監督には昨シーズンまでナポリを率いたルチアーノ・スパレッティ監督が受賞。現在はイタリア代表を指揮する指揮官だが、こちらもスクデットにチームを導いた手腕が受賞理由となっている。

ベストイレブンについてはナポリからオシムヘンのほか、DFジョバンニ・ディ・ロレンツォやDFキム・ミンジェ(現バイエルン)、FWクヴィチャ・クワラツヘリアら最多5名が選出。その他のメンバーはインテルとミランのミラノ勢が占める結果となった。
◆年間最優秀選手
ヴィクター・オシムヘン(ナポリ)

◆年間最優秀監督
ルチアーノ・スパレッティ監督(ナポリ)

◆男子ベストイレブン
GK
マイク・メニャン(ミラン)

DF
ジョバンニ・ディ・ロレンツォ(ナポリ)
アレッサンドロ・バストーニ(インテル)
キム・ミンジェ(ナポリ)
テオ・エルナンデス(ミラン)

MF
ハカン・チャルハノール(インテル)
ニコロ・バレッラ(インテル)
スタニスラフ・ロボツカ(ナポリ)

FW
ラファエル・レオン(ミラン)
ヴィクター・オシムヘン(ナポリ)
クヴィチャ・クワラツヘリア(ナポリ)


PR
関連ニュース

ナポリがカルツォーナ監督の来季続投を検討...実現ならスロバキア代表との兼任終了へ

ナポリがフランチェスコ・カルツォーナ監督(55)を巡り、スロバキアサッカー協会(SFZ)と緊張を引き起こす可能性もあるという。 ユーロ2024本大会を控えたスロバキア代表から、イタリア人のカルツォーナ監督を招へいしたナポリ。同監督はひとまず今シーズン終了まで両チームの指揮を兼任することとなっている。 『カルチョメルカート』などイタリアの複数メディアは、「ナポリがマウリツィオ・サッリ時代などの元コーチ、カルツォーナを来シーズンから正指揮官に据えることを検討」と報道。 スロバキア代表の契約を2025年6月まで残すカルツォーナ監督だが、地理的に近いイタリアとスロバキアとはいえ、来季以降も兼任するのは現実的でなく、もしナポリで続投ならワールドカップ(W杯)への道は諦めることとなる。 SFZ側の意向は判明していないものの、カルツォーナ監督率いるチームがユーロでそれなりに躍進すれば、SFZも満足して退任を容認する可能性もあるのでは、と考えられている。 2024.03.02 20:04 Sat

【セリエA第27節プレビュー】ラツィオvsミラン、ナポリvsユーベのCL出場権争い

前節はミランとアタランタの上位対決が行われ、ミランが優勢としながらもPKによる被弾で引き分け決着となった。そしてインテルが水曜に行われた延期分のアタランタ戦を4-0と快勝して2位ユベントスとの勝ち点差を12に広げている。迎える第27節、8位ラツィオ(勝ち点40)vs3位ミラン(勝ち点53)、9位ナポリ(勝ち点40)vs2位ユベントス(勝ち点57)によるチャンピオンズリーグ(CL)出場権争い直接対決が行われる。 まずは金曜開催のラツィオvsミラン。ラツィオは前節、フィオレンティーナに1-2で逆転負け。守勢の展開ながらハーフタイム間際に先制に成功したが、後半に2失点し力尽きた。そのラツィオは翌火曜にバイエルンとのCLを控えるため、ミラン戦だけに集中しきれない状況だが、来季のCL出場権獲得のためにも負けられない一戦となる。 対するミランは前節アタランタに優勢のドロー。勝ち切りたい試合内容だったが、引き分けに終わってしまった。そのミランは翌木曜にヨーロッパリーグでスラビア・プラハとの初戦を控えるが、こちらはラツィオ戦に戦力を傾けてくる可能性が高い。3位の座を堅守し、ラツィオを蹴落としたい。 続いて日曜開催のナポリvsユベントス。ナポリは前節カリアリ相手にラストプレー被弾を浴びて低調ドロー。しかし水曜に行われた延期分のサッスオーロ戦ではFWオシムヘンがトリプレッタ、FWクワラツヘリアがドッピエッタと両主軸が大暴れした。昨季のナポリを思わせるような躍動感溢れるプレーでカルツォーナ体制初勝利を飾った中、ユベントス相手にも攻撃が通用するか、真価が問われる。 対するユベントスは前節、フロジノーネ相手にDFルガーニのラストプレー弾で劇的勝利。苦しい状況が続いていたが、5戦ぶりの勝利を手にして悪い流れを断ち切った。中盤の主軸であるMFラビオとMFマッケニーが負傷欠場するのは痛いが、新戦力のMFアルカラスは能力の高さを早くも示しておりスタメン起用でどれだけできるのか注目される。また、ここ7戦で9発と絶好調を維持するヴラホビッチにも引き続き期待が懸かる。 4戦連続4ゴールと無双状態の首位インテル(勝ち点69)は、月曜に12位ジェノア(勝ち点33)と対戦。インテルは前節レッチェ戦をターンオーバーしつう快勝し、水曜に行われたアタランタ戦を主力を投入して4-0と圧勝した。もはや止められる相手が居ない状況の中、5戦連続4ゴールを達成できるかに注目だ。 前節トリノ戦ではDFスモーリングが復帰し、デ・ロッシ体制では初となる3バックでスタートした6位ローマ(勝ち点44)は、11位モンツァ(勝ち点36)と対戦。トリノ戦ではFWディバラのトリプレッタで勝利したローマ。デ・ロッシ体制となって良い流れが続く中、曲者モンツァも退けて5位にまで与えられることが濃厚なCL圏内浮上となるか。 ◆セリエA第27節 ▽3/1(金) 《28:45》 ラツィオvsミラン ▽3/2(土) 《23:00》 ウディネーゼvsサレルニターナ 《26:00》 モンツァvsローマ 《28:45》 トリノvsフィオレンティーナ ▽3/3(日) 《20:30》 ヴェローナvsサッスオーロ 《23:00》 フロジノーネvsレッチェ エンポリvsカリアリ 《26:00》 アタランタvsボローニャ 《28:45》 ナポリvsユベントス ▽3/4(月) 《28:45》 インテルvsジェノア 2024.03.01 18:00 Fri

オシムヘンの去就やいかに…ナポリ会長「契約解除条項がある。大金だ」

ナポリのアウレリオ・デ・ラウレンティス会長がナイジェリア代表FWビクター・オシムヘン(25)に言及した。 2020年7月にリールからナポリ入りし、通算122試合で72ゴールをマークするオシムヘン。昨季はナポリをセリエA優勝に導き、今やイタリア屈指を代表する点取り屋となるなか、移籍話が盛んに報じられる。 昨年12月にナポリとの契約を2026年夏まで更新したばかりだが、今も移籍話が絶えず、1億2000万~1億3000万ユーロ(約195億1000万〜211億4000万円)とされるリリース条項が注目どころとなっている。 イタリア『スカイ』によると、ロンドンでの『Financial Times Business of Football Summit』に出席した会長がそれに触れ、契約解除条項の存在とともに、移籍の可能性を語ったという。 「オシムヘンには契約解除条項がある。大金だ。ナポリにとって、金が最後の問題になる。我々はいつだって良い選手を獲得してきたし、これからもそうしていく」 「あとの問題はセンチメンタルなところ。選手の退団は息子に別れを告げるようなものだからね。だが、その選手が別の場所で成功すれば、それはそれで嬉しいよ」 2024.03.01 12:45 Fri

セリエA帰還の可能性もあるジョルジーニョ、代理人は「ラツィオやユベントスが彼に合うと思うが…」

アーセナルのイタリア代表MFジョルジーニョ(32)の代理人であるジョアン・サントス氏は、選手がセリエA復帰に向かっていることを示唆した。『フットボール・イタリア』が伝えている。 ナポリやチェルシーで活躍してきたジョルジーニョは、2023年1月にアーセナルへ完全移籍で加入。チームの絶対的な主軸とまではならずとも、要所要所で存在感を示しており、今シーズンも公式戦25試合に出場している。 一方で、アーセナルとの契約は2024年6月で満了となり、クラブは延長オプションを保有するも行使するかは不透明に。こうした事情もあり、セリエA復帰の可能性もあるとこれまで複数メディアで報じられてきた。 そんな中で、『TvPlay』のインタビューに応じたジョアン・サントス氏は、セリエAのローマを除くビッグクラブに移籍する可能性はあると明言しており、今後そのいずれかと交渉を進めることを示唆している。 「彼の特徴を熟知しているサッリ監督の存在を考えると、ラツィオはより合うクラブになるだろう。だが、ナポリで何年も一緒に過ごしたクリスティアーノ・ジュントーリのような偉大なディレクターがいるユベントスも合うと思う」 「私としては、以前サッリ監督の下で働いていたカルツォーナ新監督のいるナポリに戻る選択肢も排除したくない。一方で、ローマはないと思う。彼らとこれまで接触したことはないからね。そして彼らの強さや伝統を考えれば、ミランやインテルでプレーしたくない人はいないだろう」 2024.02.29 12:40 Thu

オシムヘンのトリプレッタにクワラツヘリアのドッピエッタ、ナポリが6発圧勝でカルツォーナ体制初勝利【セリエA】

ナポリは28日、セリエA第21節延期分でサッスオーロとのアウェイ戦に臨み、6-1で圧勝した。 ナポリのスーペル・コパ参戦により延期となっていた一戦。 3日前のカリアリ戦をラストプレー被弾で1-1の引き分けに持ち込まれた9位ナポリ(勝ち点37)は、オシムヘン、クワラツヘリア、ポリターノの3トップで臨んだ。 ディオニージ監督を解任した17位サッスオーロ(勝ち点20)に対し、立ち上がりから圧力をかけたナポリは13分、ハメド・トラオレのボレーでゴールに迫ったが、17分にワンチャンスで先制される。ルーズボールをラチッチに見事なミドルシュートで決められた。 それでも29分に追いつく。流れの中で上がっていたボックス右のラフマニがアンギサのヒールパスをダイレクトで蹴り込んだ。そして2分後、一気に逆転する。 ボックス右ポケットのスペースを突いたポリターノがスルーパスを引き出してマイナスにクロス。オシムヘンがダイレクトで蹴り込んだ。 その後、36分にクワラツヘリアがロングシュートで3点目に迫ったナポリは41分に突き放す。敵陣で横パスをカットしたポリターノがスルーパス。反応したオシムヘンがボックス右からシュートを流し込んだ。 ナポリが3-1とリードして迎えた後半、開始2分にオシムヘンがトリプレッタを達成する。クワラツヘリアが敵陣ボックスでトレソルディのパスをカットしてラストパス。オシムヘンが難なくシュートを決めた。 止まらないナポリは51分、クワラツヘリアがボックス左からカットインシュートを叩き込んで5点目を挙げると、その後もハーフコートゲームを展開。 そして75分にCKの流れからクワラツヘリアがドッピエッタとしたナポリが6発圧勝。カルツォーナ体制後、3戦目にして初白星、4試合ぶりの勝利としている。 2024.02.29 03:55 Thu
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly