ハカン・チャルハノール Hakan CALHANOGLU

ポジション MF
国籍 トルコ
生年月日 1994年02月08日(30歳)
利き足
身長 176cm
体重 73kg
ニュース クラブ
ニュース一覧

【2023-24セリエAベストイレブン】インテルから最多6選手を選出

2023-24シーズンのセリエAが2日に終了しました。本稿では今季のセリエAベストイレブンを超ワールドサッカー編集部が独自に選定してみました。 GKヤン・ゾマー(35歳/インテル) 出場試合数:34(先発回数:34)/失点数:19/出場時間:3060分 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2024/get20240523_16_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> オナナの抜けた穴を埋める以上の活躍で選出。足元に関しても問題なくビルドアップでも貢献できている。ショットストップ能力に関しては言わずもがな。安定感抜群だった。 DFフェデリコ・ガッティ(25歳/ユベントス) 出場試合数:32(先発回数:30)/得点数:4/出場時間:2640分 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2024/get20240523_16_tw9.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 移籍2季目にして大ブレイク。3バックの右でレギュラーを獲得し、ソリッドな守備で堅守ユベントスを支えた。攻撃面においても4ゴールと攻守に活躍したシーズンとなった。 DFグレイソン・ブレーメル(27歳/ユベントス) 出場試合数:36(先発回数:36)/得点数:3/出場時間:3234分 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2024/get20240523_16_tw10.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 現ユベントスの堅守の象徴。伸び盛りのガッティ、同胞のダニーロと共に強固な3バックを形成。圧倒的な対人能力を武器に最終ラインで存在感を示した。 DFテオ・エルナンデス(26歳/ミラン) 出場試合数:32(先発回数:31)/得点数:5/出場時間:2795分 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2024/get20240523_16_tw8.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 相次ぐ負傷離脱によりセンターバックもこなした。能力の高さで何の問題もなくプレーしたことが彼のポテンシャルを現している。左サイドバック時には相変わらずの攻撃センスでFWレオンと共に打開役を担っていた。 DFフェデリコ・ディマルコ(26歳/インテル) 出場試合数:30(先発回数:29)/得点数:5/出場時間:2104分 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2024/get20240523_16_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 今やセリエA屈指の左足の精度を誇るキック職人として認知されるようになった。アシスト数は6。インテルの左サイドがディマルコによってストロングポイントとなった。 MFヘンリク・ムヒタリアン(35歳/インテル) 出場試合数:36(先発回数:35)/得点数:2/出場時間:2804分 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2024/get20240523_16_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 35歳と円熟の時を迎え、インテリジェンス溢れるプレーでチャルハノールと共に攻撃を組み立てた。インテルが安定した試合運びを実現できているのはチャルハノールと共にムヒタリアンが居るからこそ。ゴールにもよく絡み6アシストを記録。 MFハカン・チャルハノール(30歳/インテル) 出場試合数:32(先発回数:32)/得点数:13/出場時間:2576分 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2024/get20240523_16_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 昨季からブロゾビッチ不在時にはアンカーを務めていたが、今季も継続して安定したパフォーマンスを披露。インテルの新たな心臓として欠かせない存在となっている。 MFトゥン・コープマイネルス(26歳/アタランタ) 出場試合数:34(先発回数:29)/得点数:12/出場時間:2631分 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2024/get20240523_16_tw11.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> これまではプレーメーカーのイメージが強かったコープマイネルスだが、今季はよりゴール前に近いポジションで起用され、見事ガスペリーニ監督の期待に応えた。昨季の10ゴール4アシストを越える12ゴール5アシストと申し分ないスタッツを残し、チームをCL出場、EL優勝に導いた。 FWマルクス・テュラム(26歳/インテル) 出場試合数:35(先発回数:34)/得点数:13/出場時間:2707分 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2024/get20240523_16_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 移籍初年度であっさりチームにフィット。生まれ育ったイタリアで一皮剥けた。13ゴール13アシストと決定力、チャンスメークともに十分な働き。 FWラウタロ・マルティネス(26歳/インテル) 出場試合数:33(先発回数:31)/得点数:24/出場時間:2667分 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2024/get20240523_16_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 今季より正式就任の主将としてチームも牽引。一流のストライカーとして完成されつつある。後半戦はペースが落ち9試合ゴールのない期間があったが、それでも24ゴールと十分なスタッツ。自身初の得点王を獲得した。 FWジョシュア・ザークツィー(23歳/ボローニャ) 出場試合数:34(先発回数:32)/得点数:11/出場時間:2774分 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2024/get20240523_16_tw7.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 躍進のボローニャを攻撃面で大きく支えた。大柄ながら卓越した技術を駆使してのキープ力で味方の押し上げを促した。後半戦は4ゴールと少々ペースは落ちたが、ゴール数以上の存在感でチームのCL出場権獲得に貢献した。 2024.06.05 18:05 Wed

トルコ代表が候補メンバーを発表…ギュレルやユルドゥズら次世代を担うメンバーも招集【ユーロ2024】

トルコサッカー連盟(TFF)は24日、ユーロ2024に臨むトルコ代表候補メンバー35名を発表した。 3大会連続のユーロ出場となったトルコ。チームを率いるヴィンチェンツォ・モンテッラ監督は、GKメルト・ギュノクやDFメリフ・デミラル、MFハカン・チャルハノール、FWユスフ・ヤズジュ、FWジェンク・トスンら主力を順当に選出。 また、MFアルダ・ギュレル(レアル・マドリー)やFWケナン・ユルドゥズ(ユベントス)、MFジャン・ウズン(ニュルンベルク)、FWセミ・クルチソイ(ベシクタシュ)ら若手も選出された。 ユーロ2024でジョージア代表、ポルトガル代表、チェコ代表が同居するグループFに入ったトルコは、本大会を前に6月4日にイタリア代表と、10日にオランダ代表と国際親善試合で対戦する。 今回発表されたトルコ代表候補メンバーは以下の通り。 ◆トルコ代表候補メンバー35名 GK アルタイ・バユンドゥル(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド) ドアン・アレムダル(トロワ/フランス) ウギュルジャン・チャクル(トラブゾンスポル) メルト・ギュノク(ベジクタシュ) DF フェルディ・カディオグル(フェネルバフチェ) メルト・ミュルドゥル(フェネルバフチェ) チャグラル・ソユンジュ(フェネルバフチェ) アブドゥルケリム・バルダクチ(ガラタサライ) カーン・アイハン(ガラタサライ) メリフ・デミラル(アル・アハリ/サウジアラビア) サメト・アカイドゥン(パナシナイコス/ギリシャ) アフメジャン・カプラン(アヤックス/オランダ) メーメト・ゼキ・チェリク(ローマ/イタリア) ジェンク・エズカジャル(バレンシア/スペイン) オザン・カバク(ホッフェンハイム/ドイツ) MF ベラト・オズデミル(トラブゾンスポル) イスマイル・ユクセク(フェネルバフチェ) バリシュ・ユルマズ(ガラタサライ) オルクン・コクチュ(ベンフィカ/ポルトガル) オカイ・ヨクシュル(WBA/イングランド) ユヌス・アクギュン(レスター・シティ/イングランド) アブデュルカディル・オミュル(ハル・シティ/イングランド) ジャン・ウズン(ニュルンベルク/ドイツ) サリフ・エズジャン(ドルトムント/ドイツ) ハカン・チャルハノール(インテル/イタリア) アルダ・ギュレル(レアル・マドリー/スペイン) ユスフ・ヤズジュ(リール/フランス) FW ケナン・ユルドゥズ(ユベントス/イタリア) エネス・ウナル(ボーンマス/イングランド) ベルトゥ・ユルデュルム(スタッド・レンヌ/フランス) イルファン・ジャン・カフヴェジ(フェネルバフチェ) ケレム・アクトゥルコール(ガラタサライ) オウズ・アイドゥン(アランヤスポル) ジェンク・トスン(ベシクタシュ) セミ・クルチソイ(ベシクタシュ) 2024.05.25 08:00 Sat

インテルの主将ラウタロ・マルティネスがセリエAのシーズンMVPに輝く! ここまで24得点で得点王も確実に

レガ・セリエAは24日、インテルに所属するアルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネス(26)を2023-24シーズンのセリエA最優秀選手賞に選出した。 2018年7月にアルゼンチンのラシン・クラブから加入したラウタロは、加入から6シーズンで公式戦282試合129ゴール43アシストをマーク。 サミル・ハンダノビッチからキャプテンを引き継いだ今季は、ここまで公式戦44試合に出場し27ゴール7アシストをマーク。33試合に出場したセリエAでは24ゴール6アシストを記録し3年ぶり20度目のスクデット獲得に大きく貢献していた。 また、最優秀監督賞にはインテルのシモーネ・インザーギ監督(48)が選ばれた。2022-23シーズンはチャンピオンズリーグ(CL)決勝までチームを導くも、マンチェスター・シティの前に敗れていたインザーギ監督。今シーズンはセリエAで他を寄せ付けず、29勝6分け2敗で20度目の優勝を果たしていた。 そのほか、最優秀若手選手賞にボローニャのオランダ代表FWジョシュア・ザークツィー(23)、最優秀GKにモンツァのイタリア人GKミケーレ・ディ・グレゴリオ(26)、最優秀DFにインテルのイタリア代表DFアレッサンドロ・バストーニ(25)、最優秀MFにインテルのトルコ代表MFハカン・チャルハノール(30)、最優秀FWにユベントスのセルビア代表FWドゥシャン・ヴラホビッチ(24)が選ばれた。 2024.05.25 07:00 Sat

「我々がイタリアのチャンピオンだ」声が出なくなってしまったインザーギ監督、ファン・サポーターの前で感謝の言葉「みんながこれに値する」

インテルのシモーネ・インザーギ監督が、ファンとスクデット獲得を喜んだ。 28日、セリエA第34節でインテルはトリノをホームに迎えた。 前節はアウェイ扱いのミランとのダービーで1-2と勝利したインテル。これにより20度目のセリエA優勝を達成した。 王者としてホームに戻ったインテル。トリノ戦では、ハカン・チャルハノールの2ゴールで2-0と勝利。見事に優勝に花を添えた。 インザーギ監督は声が出なくなってしまうという事態に陥り、試合に対するコメントができない状況。ただ、試合後に予定されていたファン・サポーターを前にした祝賀セレモニーの場に登場して、感謝のコメントを述べた。 「ようやく祝福するためにここにやって来れた」 「ダービーの夜に、これらの素晴らしい選手たちに対して感謝すると共に、私はみなさん全員にとって当然に値する賞だと思っている。抱き合って喜ぼう」 「そして今、全員が揃った。“我々がイタリアのチャンピオンだ”」 <span class="paragraph-title">【写真&動画】自身のお面と2ショットをとるインザーギ監督、セレモニーの様子</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="qme" dir="ltr"> (@Inter) <a href="https://twitter.com/Inter/status/1784637452311056823?ref_src=twsrc%5Etfw">April 28, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="it" dir="ltr">Tutto pronto per l’arrivo dei Nerazzurri (@Inter) <a href="https://twitter.com/Inter/status/1784646808582443374?ref_src=twsrc%5Etfw">April 28, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="und" dir="ltr"> (@Inter) <a href="https://twitter.com/Inter/status/1784711900556636549?ref_src=twsrc%5Etfw">April 28, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.04.29 10:30 Mon

次節ミラノ・ダービーでスクデットなるか…インテル指揮官「万全の準備をしていきたい」

インテルのシモーネ・インザーギ監督が引き分けを振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 セリエA前節のウディネーゼ戦は土壇場で逆転勝利し、リーグ戦2連勝とした首位インテル。スクデットを手中に収めかけている中、14日の第32節ではカリアリをホームに迎えた。 フランス代表FWマルクス・テュラムのゴールで幸先良く先制したインテルだったが、その後は追加点奪えずハーフタイムに突入。1点リードで迎えた64分には同点ゴールを許してしまう。 それでも72分には相手のハンドでPKを獲得し、トルコ代表MFハカン・チャルハノールが決めて再びリード。しかし、83分に再び追いつかれると、後半アディショナルタイムにはロングカウンターからあわや逆転負けのピンチを迎えた。 苦戦しながらも勝ち点「1」を獲得したインザーギ監督は、カリアリの戦いぶりを称賛。守備面で隙があったとも認めている。 「カリアリの調子が良いことはわかっていた。彼らは諦めなかったし、前半と後半のどちらも彼らのカウンター攻撃に少し苦戦した」 「2度リードを奪ったし、ファンの前で勝ちたかったから残念だ。我々は大きな目標に近づいているが、それを数字的にも確実なものにするには、まだポイントを積み上げる必要がある」 「我々は彼らにいくつかチャンスを与えてしまったが、チームとしてもっとうまく機能するべきだったし、彼らの最初のゴールを防ぐためにスペースを埋めるべきだった」 「2点目は少し不運だったが、最後は我々のCKから危険なカウンターを許してしまった。いつもなら相手のカウンター攻撃には我々の方がうまく対応できるが、カリアリの調子が良く、ストライカーの動きも良かった」 次節はミランとのミラノ・ダービーを控えるが、これに勝利すればインザーギ監督は3シーズンぶり2度目のスクデット獲得が決定。当然、宿敵に勝利してのリーグ優勝が理想のシナリオで、インザーギ監督はできる限りの準備を進めていく。 「ミランに勝てれば嬉しいし、可能な限り最高のパフォーマンスを出せるよう、偉大なダービーに向けて準備していく」 「来週の月曜日にゴールラインを切れるのがベストだが、それが叶わなければその後にも試合がある。ミランは自分たちのファンの前でベストを出したいだろう」 「我々はいつものように次の試合に向かい、今日の試合を分析する。月曜日に向けて万全の準備をしていきたいと思う。ベストな選択ができるよう、全員が出場できるように努める」 2024.04.15 12:16 Mon

「この調子でスクデットを」劇的逆転弾記録のフラッテージが喜び爆発「僕たちは常にハードワークしている」

インテルのイタリア代表MFダビデ・フラッテージが、勝利への貢献を喜んだ。『フットボール・イタリア』が伝えている。 フラッテージは8日に敵地で行われたセリエA第31節のウディネーゼ戦で68分から出場。チームは先制点を許す苦しい展開となったが、後半にPKをMFハカン・チャルハノールが決めて同点にすると、その後はスコアが動かず後半アディショナルタイムへ。95分、FWラウタロ・マルティネスのシュートのこぼれ球に反応したフラッテージがゴールに押し込み逆転ゴールを記録すると、そのまま2-1で勝利した。 勝利の立役者になったフラッテージはイタリア『スカイ・スポーツ』の取材に応じた際、チームへの貢献を喜びつつこれを続けていきたいと意気込んでいる。 「(チームの喜びは)スクデットが近づいたからではなく、単純に勝利の高揚感からだったよ。この調子を続けて、タイトルを取りに行きたいね。以前に(劇的ゴールを)サン・シーロで決められたのは素晴らしかったけど、インテルファンがたくさん来てくれたこの場所でのゴールも素晴らしかった」 「ローマ戦のハーフタイムも僕たちにはチャンスがあると自分たちに言い聞かせ、その通りになった。常に100%を発揮するのは難しくても、大切なのはこうした泥臭い試合に勝つことだ」 「プレー量が少ない僕たちのような選手も、重要なことに変わりはない。僕たちは常にハードワークしているし、良いチームがここにあるよ。この勝利は僕にとって大きな満足感があり、それはチームや監督のおかげだ。あまりプレーしない選手のことも、常に考えてもらえているからね」 2024.04.09 10:30 Tue

勝負強さ示す逆転勝利でスクデットに近づくインテル、インザーギ監督「並外れたことをしている」

インテルのシモーネ・インザーギ監督が、スクデット獲得に近づくチームを称えた。クラブ公式が伝えている。 8日、セリエA第31節でウディネーゼと対戦したインテルは、立ち上がりから試合を支配しながら得点を奪えずにいると、40分に失点。それでも後半の立ち上がりにPKをMFハカン・チャルハノールが確実に決めて同点にすると、その後は膠着状態が続くも後半アディショナルタイム、MFダビデ・フラッテージが劇的な逆転弾を決めて2-1で勝利した。 セリエAの連勝で2位ミランとの14ポイント差をキープし、また一歩スクデットに近づいたインザーギ監督は力強いチームを称えている。 「チームは並外れたことをしており、いつも私を興奮させてくれる。困難に直面した中でハートを示してくれて、非常に満足だ。私には常に全力を尽くす優秀な選手がいて、31試合中26勝を達成しているが、今は順位表や勝ち点を見る必要はないだろう」 「私はウディネーゼを称えたい。彼らは素晴らしい試合をしたからだ。こうした敗北は悔しいと思うが、彼らの組織力と粘り強さは間違いなく自分たちを救うことにつながるだろう」 2024.04.09 10:05 Tue

CL優勝も目指すインテルに頼もしい“若手の突き上げ”…21歳アスラニの評価上昇中

インテルのアルバニア代表MFクリスティアン・アスラニ(21)が着実に評価を高めている。 アスラニは昨季エンポリからインテル加入。元々“マルセロ・ブロゾビッチの後継者”という触れ込みでやってきた若武者は、ハカン・チャルハノールのアンカー固定により、クロアチア人キャプテンの退団後もバックアッパーに落ち着いている印象だ。 それでも最近はチャルハノール負傷離脱により、セリエAで3試合連続スタメン。4日に行われたジェノア戦では、果敢なスプリントから加入後初ゴールをゲット…周囲との連携が深まってきたことがよくわかる鮮やかな崩しを、自ら完結させた。 イタリア『カルチョメルカート』は、アスラニは3試合連続スタメンを通じて自信も深めていると推察。レッチェ戦、アタランタ戦、ジェノア戦のパス成功率は、それぞれ95%、97%、100%だったという。 「ブロゾビッチとチャルハノール、2人のコントロールマスターから色々と“盗んだ”アスラニ。今季スタート前にはレンタル移籍に出される可能性があり、古巣エンポリが両手を広げて歓迎し、サッスオーロも彼をリクエストしていた。しかし少年は『ありがとう。でもインテルでやるよ』と断った」 「時間の経過がこの判断の正しさを証明しつつある」 どうやら9日のボローニャ戦からチャルハノールが復帰する見通しで、この日が22歳の誕生日というアスラニは再びベンチへ戻ることになる模様。しかし、チャンピオンズリーグ(CL)優勝も目指すインテルにて、アスラニのような若手のシーズン途中の“突き上げ”は、この上なく頼もしい要素だ。 2024.03.06 15:45 Wed

レッチェ戦欠場のチャルハノール、さらに2〜3試合不在もCLアトレティコ戦は間に合う見通し

インテルのトルコ代表MFハカン・チャルハノールがもうしばらく離脱する。 25日のレッチェ戦(4◯0)を欠場したチャルハノール。イタリア『カルチョメルカート』によると、26日午前に検査を行い、右太ももに軽度の筋損傷が確認されたという。 これは通常なら10日以内に治癒するものだが、ここから2〜3日おきに状態を再評価していくとされ、少なくとも28日のアタランタ戦、3月4日のジェノア戦も欠場するとみられている。 続く9日のボローニャ戦については「なんとも言えない」ようだが、13日に行われる大一番、チャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・2ndレグのアトレティコ・マドリー戦前には復帰できるとのことだ。 レッチェ戦では、代役起用されたアルバニア代表MFクリスティアン・アスラニが、ラウタロ・マルティネスの先制点・セリエA通算100ゴール目をアシスト。一定の存在感を示している。 2024.02.26 20:05 Mon

「我こそは世界No.1の司令塔」自信に満ち溢れるチャルハノール、インザーギ監督への忠誠心も「彼は多くを語らないが」

インテルのトルコ代表MFハカン・チャルハノールには揺るぎない自信がある。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 かつてはミランの背番号10、現在はインテルの絶対的アンカー、ハカン・チャルハノール。2010年代の暗黒時代はどこへやら、イタリア勢で最も欧州の舞台に強いクラブへと返り咲いたインテルの浮沈を左右する30歳だ。 そのプレーぶりやインテルにおける重要性は改めて説明する必要もないが、30代突入を控えて脂が乗ったフットボーラーに進化してきたのは確か。チャルハノール自身も自らに揺るぎない、決して傲慢ではない自信を持っているようだ。『DAZN』のインタビューであれこれ語る。 「何カ月か前、僕は自らを世界最高の司令塔の1人だと言った。誰も信じてくれなかったね(笑) いいんだ、僕自身が己を信じていればそれでいい。恐れるものなどない」 ◆チャルハノールが考える司令塔ランキング 1位 自分(チャルハノール) 2位 ロドリゴ・エルナンデス 3位 トニ・クロース 4位 ジョシュア・キミッヒ 5位 エンソ・フェルナンデス 「僕ほどゴールを決める選手もなかなかいないだろう。PKのような至近距離でも遠距離からのFKでも決めてきた。自分だけでなく、味方のゴールの可能性を高めるべく、常にラストパスを狙うのが僕のスタイルだ。5m先へのショートパスはあんまり好きじゃない」 今季のチャルハノールは、一貫して中盤の底でプレーしながらも公式戦30試合11得点。PKも多いが、アンカーながらも確かなスコアラーとなれることが素晴らしい。 このように自信満々のトルコ代表主将だが、自らの活躍には周囲の助力があることを忘れない。とりわけシモーネ・インザーギ監督への忠誠心が強そうだ。 「よく覚えているよ…前回のユーロ(2021年)が開催された直後、インザーギから電話がかかってきて『インテルに来い』とね。僕に明確な役割を与えてくれた彼に心底感謝している。彼は自らについて多くを語らないが、尊敬に値する人物で、卓越した才能の持ち主だ」 また、尊敬するフットボーラーもたくさん明かす。 「昔はフアン・セバスティアン・ベロンが好きだったなあ…。彼の“意地悪さ”を好んだし、技術は当然、勝利への執念がすごかった」 「セルヒオ・ブスケッツにシャビ・アロンソもたまらないね。彼らの知性、パスセンス、優れたゲームコントロール能力はお手本だ」 「ルカ・モドリッチのことはよく知っているし、良き友人だよ。この年齢(38歳)でまだ一級品なんてね…プロフェッショナリズムの鑑だよ」 揺るぎない自らへの自信、周囲へのリスペクト…チャルハノールがいかに心身ともに充実しているかがよくわかる。 2024.02.22 20:52 Thu
もっと見る>
移籍履歴
移籍日 移籍元 移籍先 種類
2021年7月1日 ミラン インテル 完全移籍
2017年7月3日 レバークーゼン ミラン 完全移籍
2014年7月4日 ハンブルガーSV レバークーゼン 完全移籍
2013年6月30日 カールスルーエ ハンブルガーSV レンタル移籍終了
2012年8月15日 ハンブルガーSV カールスルーエ レンタル移籍
2012年8月14日 カールスルーエ ハンブルガーSV 完全移籍
2012年1月1日 Karlsruhe U19 カールスルーエ 完全移籍
2011年7月1日 Karlsruhe U17 Karlsruhe U19 完全移籍
2009年7月1日 Mannheim Yth. Karlsruhe U17 完全移籍
2001年7月1日 Mannheim Yth. 完全移籍
今季の成績
UEFAチャンピオンズリーグ グループD 4 302’ 1 1 0
UEFAチャンピオンズリーグ 決勝トーナメント 2 180’ 0 1 0
セリエA 32 2594’ 13 5 0
合計 38 3076’ 14 7 0
出場試合
UEFAチャンピオンズリーグ グループD
第1節 2023年9月20日 vs レアル・ソシエダ メンバー外
1 - 1
第2節 2023年10月3日 vs ベンフィカ 84′ 0
1 - 0
第3節 2023年10月24日 vs ザルツブルク 75′ 1
2 - 1
第4節 2023年11月8日 vs ザルツブルク 61′ 0 49′
0 - 1
第5節 2023年11月29日 vs ベンフィカ ベンチ入り
3 - 3
第6節 2023年12月12日 vs レアル・ソシエダ 82′ 0
0 - 0
UEFAチャンピオンズリーグ 決勝トーナメント
ラウンド16・1stレグ 2024年2月20日 vs アトレティコ・マドリー 90′ 0
1 - 0
ラウンド16・2ndレグ 2024年3月13日 vs アトレティコ・マドリー 90′ 0 104′
2 - 1
セリエA
第1節 2023年8月19日 vs モンツァ 90′ 0
2 - 0
第2節 2023年8月28日 vs カリアリ 90′ 0
0 - 2
第3節 2023年9月3日 vs フィオレンティーナ 78′ 1
4 - 0
第4節 2023年9月16日 vs ミラン 81′ 1 72′
5 - 1
第5節 2023年9月24日 vs エンポリ 90′ 0
0 - 1
第6節 2023年9月27日 vs サッスオーロ 85′ 0
1 - 2
第7節 2023年9月30日 vs サレルニターナ 55′ 0 25′
0 - 4
第8節 2023年10月7日 vs ボローニャ 83′ 0
2 - 2
第9節 2023年10月21日 vs トリノ 90′ 1
0 - 3
第10節 2023年10月29日 vs ローマ 75′ 0 56′
1 - 0
第11節 2023年11月4日 vs アタランタ 86′ 1
1 - 2
第12節 2023年11月12日 vs フロジノーネ 81′ 1
2 - 0
第13節 2023年11月26日 vs ユベントス 83′ 0
1 - 1
第14節 2023年12月3日 vs ナポリ 90′ 1
0 - 3
第15節 2023年12月9日 vs ウディネーゼ 71′ 1
4 - 0
第16節 2023年12月17日 vs ラツィオ 88′ 0
0 - 2
第17節 2023年12月23日 vs レッチェ 90′ 0 30′
2 - 0
第18節 2023年12月29日 vs ジェノア 90′ 0
1 - 1
第19節 2024年1月6日 vs ヴェローナ 90′ 0
2 - 1
第20節 2024年1月13日 vs モンツァ 62′ 2 58′
1 - 5
第22節 2024年1月28日 vs フィオレンティーナ メンバー外
0 - 1
第23節 2024年2月4日 vs ユベントス 90′ 0
1 - 0
第24節 2024年2月10日 vs ローマ 90′ 0
2 - 4
第25節 2024年2月16日 vs サレルニターナ 67′ 0
4 - 0
第26節 2024年2月25日 vs レッチェ ベンチ入り
0 - 4
第21節 2024年2月28日 vs アタランタ メンバー外
4 - 0
第27節 2024年3月4日 vs ジェノア メンバー外
2 - 1
第28節 2024年3月9日 vs ボローニャ 61′ 0
0 - 1
第29節 2024年3月17日 vs ナポリ 90′ 0
1 - 1
第30節 2024年4月1日 vs エンポリ 69′ 0
2 - 0
第31節 2024年4月8日 vs ウディネーゼ 74′ 1
1 - 2
第32節 2024年4月14日 vs カリアリ 90′ 1
2 - 2
第33節 2024年4月22日 vs ミラン 85′ 0
1 - 2
第34節 2024年4月28日 vs トリノ 63′ 2
2 - 0
第35節 2024年5月4日 vs サッスオーロ ベンチ入り
1 - 0
第36節 2024年5月10日 vs フロジノーネ ベンチ入り
0 - 5
第37節 2024年5月19日 vs ラツィオ 77′ 0
1 - 1
第38節 2024年5月26日 vs ヴェローナ 90′ 0
2 - 2