中盤3選手の負担が大きいインテル、来シーズンへ向けて中盤に複数名を補強か?

2022.05.17 16:06 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セリエAでは最終節を残して2年連続となるスクデット獲得の可能性をかすかに残す2位のインテル。来シーズンへ向けては、今夏の移籍市場で中盤の選手を複数名獲得したいと考えているようだ。イタリア『SempreInter』が報じている。

インテルは、中盤のレギュラー格であるクロアチア代表MFマルセロ・ブロゾビッチ(29)、イタリア代表MFニコロ・バレッラ(25)、トルコ代表MFハカン・チャルハノール(28)ら3選手の稼働率が高く、チリ代表MFアルトゥーロ・ビダル(34)とウルグアイ代表MFマティアス・ベシーノ(30)は契約満了に伴い今シーズンでの退団が確実視されている状況だ。

インテルを率いるシモーネ・インザーギ監督は、来シーズンのスカッドを構築するにあたって、中盤のレギュラー格3選手の現状を鑑み、彼らの負担を軽減する補強が欠かせないと考えているとされている。
『SempreInter』によると、現在インテルのトップターゲットとなっているのは、ボローニャのオランダ人MFイェルディ・スハウテン(25)とエンポリに所属するアルバニア代表MFクリシティアン・アスラニ(20)のようだ。

スハウテンは2019年7月に母国オランダからボローニャへ加入し、今シーズンはリーグ戦16試合に出場し1得点を記録。中盤の低い位置からゲームをコントロールするプレーメーカーで、ボローニャは1500万ユーロ(約20億円)程度で移籍を容認する見通しとのことだ。

また、アスラニは、今夏ミランとの争奪戦となることが予想されている注目株。エンポリの下部組織から今シーズン昇格したばかりの20歳で、ミランもパオロ・マルディーニSD(スポーツ・ディレクター)自ら交渉にあたっていることが明らかとなっている。

さらに、上記2選手を獲得できなかった場合は、過去にも獲得にチャレンジしてきたカリアリのウルグアイ代表MFナイタン・ナンデス(26)の獲得を目指すともされており、いずれにしても中盤をしっかりと補強するプランがあるようだ。

関連ニュース
thumb

レアル・マドリーがダンフリースに関心、インテルは今夏も選手売却で財源確保の動き

レアル・マドリーが、インテルのオランダ代表DFデンゼル・ダンフリース(26)に関心を寄せているようだ。スペイン『Fichajes』が伝えている。 ダンフリースは2021年夏にPSVからインテルへ移籍。加入1年目は当初こそ戦術への適応に苦しむも、徐々に右ウィングバックで定位置を掴み、セリエA33試合で5ゴール5アシストを記録した。 だが、財政難にあえぐクラブによって加入からわずか1年後に換金対象と位置づけられ、マンチェスター・ユナイテッドやチェルシーへの移籍が噂に。昨夏はなんとかダンフリース本人も希望する残留に落ち着いた。 そして現在、マドリーはスペイン代表DFダニエル・カルバハル(31)の定位置を取って代われる人材を探しており、ダンフリースを4000万ユーロ(約56億8000万円)と評価しているという。 また、イタリア『トゥットスポルト』によると、インテルは引き続き財源の確保に取り組んでおり、今夏は選手の売却によって6000万ユーロ(約85億1000万円)の回収を目指しているとのことだ。 2023.02.07 14:40 Tue
twitterfacebook
thumb

デ・フライやはり退団へ? 30代迎え新たな挑戦を希望、近日中に最終会談か

インテルのオランダ代表DFステファン・デ・フライ(31)は、来季以降の去就が未だ不確定だ。 契約満了に伴う今夏のインテル退団が濃厚なデ・フライ。クラブ通算189試合に出場し、2020-21シーズンのスクデットなどのタイトル獲得に貢献してきたが、30代を迎え新たな挑戦として他国でのプレーを希望しているとされる。 イタリア『カルチョメルカート』によると、インテルはデ・フライとの契約延長を望み、2年延長+現在と同じ年俸というオファーを提示。対してデ・フライは金銭面を重視しておらず、プレミアリーグ行きを第一希望にしているという。 また、デ・フライの代理人は同選手がポジションを争うDFフランチェスコ・アチェルビの代理人も務める人物。ラツィオからローン加入中のアチェルビはデ・フライより重宝されており、インテルは完全移籍への移行を模索中。そのため、どちらか片方が残るのが現実的とも考えられている。 インテルは近日中にデ・フライ側との間で最終的な結論を出すとみられている。 2023.02.07 14:04 Tue
twitterfacebook
thumb

シュクリニアル退団濃厚のインテル、フルアムのイングランド人DFに関心か

インテルがフルアムのイングランド人DFトシン・アダラバイヨ(25)の獲得を検討しているようだ。 2017年夏に加入して以降、守備の柱としてチームを支えてきたDFミラン・シュクリニアルの退団が濃厚視されるインテル。チームにはまだDFステファン・デ・フライやDFアレッサンドロ・バストーニらが在籍するが、クラブは競争力を維持するため後釜となるセンターバックの獲得を計画している。 イタリア『Tuttomercatoweb』によると、インテルはプレミアリーグでプレーするアダラバイヨを有力なターゲットとしてリストアップしているという。 セリエAではローマのDFクリス・スモーリングやミランのフィカヨ・トモリらイングランド人センターバックがクオリティを示しており、クラブはアダラバイヨもそれに続くと見込んでいるとのことだ。 マンチェスター・シティの下部組織出身であるアダラバイヨは、2020年10月に加入したフルアムで主軸に定着。今季はプレミアリーグで14試合に出場するが、直近2試合では先発から外れるなどやや出場機会は減少している。 フルアムとの契約が2024年夏までとなるアダラバイヨ。インテルの他にモナコ、マルセイユ、ユベントス、ナポリも関心を示しており、契約が残り1年となる今夏は争奪戦に発展する可能性もありそうだ。 2023.02.07 11:37 Tue
twitterfacebook
thumb

ミラン戦欠場のホアキン・コレアが半膜様筋損傷で次戦も欠場に

インテルは6日、アルゼンチン代表FWホアキン・コレアの負傷を報告した。 太もものケガで5日行われたミランとの“ミラノ・ダービー”を欠場したコレアは、6日にロッツァーノのヒューマニタス病院で検査を実施。その結果、右大腿部の半膜様筋の損傷が確認された。 なお、詳細な離脱期間は明かされていないが、クラブは来週にも再検査を受診することを明かしており、13日に行われるセリエA第22節のサンプドリア戦は欠場することが決定している。 2021年夏にインテルに加入したコレアだが、ロメル・ルカクやラウタロ・マルティネスの影に隠れ、なかなか結果が出せず。また、度重なる負傷でベストパフォーマンスも見せることができず、これまで公式戦61試合の出場で9ゴールにとどまっていた。 2023.02.07 00:30 Tue
twitterfacebook
thumb

シュクリニアル移籍濃厚のインテル、アンデルレヒトの19歳ベルギー代表に注目か

インテルが、アンデルレヒトのベルギー代表DFゼノ・バデスト(19)に興味を持っているようだ。ベルギー『Het Nieuws Blad』が報じている。 スロバキア代表DFミラン・シュクリニアルの後釜を探すインテル。同選手はパリ・サンジェルマンと仮契約を結んでいるとされ、今冬移籍の可能性も取り沙汰された。インテルがPSGのオファーを拒否したため、ひとまず今季は残留となったが、夏の移籍は確実視されている状況だ。 その代わりとして注目しているのが、カタール・ワールドカップにも参加した19歳。アンデルレヒトの下部組織出身のバデストは、公式戦8試合の出場だった昨季から、今季はリーグ戦全試合に出場と大きく飛躍。新加入で主将の大先輩ヤン・フェルトンゲンとセンターバックでコンビを組んでいる。 各世代のベルギー代表を経験し、昨年9月にはフル代表デビュー。着実にステップアップを続ける逸材はアンデルレヒトと2025年までの契約を結んでいるが、『Het Nieuws Blad』によれば評価額は800万ユーロ前後。来夏移籍の可能性は高い。 なお、インテルは他にもアタランタのトルコ代表DFメリフ・デミラルとの関連も伝えられている。 2023.02.06 14:55 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly