元なでしこ岩渕真奈さんが古巣往訪!マスコットとの3ショットほかW杯優勝メンバーにも遭遇

2023.11.27 19:55 Mon
古巣を訪れた岩渕真奈さん、周囲には笑顔が溢れた
©超ワールドサッカー
古巣を訪れた岩渕真奈さん、周囲には笑顔が溢れた
元なでしこジャパンの岩渕真奈さんが古巣の試合会場に姿を見せた。日テレ・ベレーザ(現:日テレ・東京ヴェルディベレーザ)やINAC神戸レオネッサの他、バイエルンやホッフェンハイム、アストン・ビラ、アーセナル、トッテナムでもプレーした岩渕さん。今年9月の引退後は、解説者などとしても活躍している。
23日には古巣・東京NBのホームゲーム、2023-24 WEリーグ第3節の三菱重工浦和レッズレディース戦に来場。トークショーやサイン会を実施した。

14歳でのトップチームデビューやベレーザでの思い出などを語った岩渕さん。ウオーミングアップ中の浦和のDF佐々木繭とも掛け合いをするなど(2人は東京NBの育成組織メニーナでともにプレー)、和やかな時間を過ごした。

また、味の素フィールド西が丘には解説者として海堀あゆみさんや澤穂希さんも来場。加えて、この日試合のなかった大宮アルディージャVENTUSの鮫島彩有吉佐織上辻佑実も観戦に訪れ、岩渕さんとともにワールドカップ(W杯)を戦ったメンバーや東京NB出身者が多数集まることとなった。
岩渕さんはインスタグラムで豪華メンバーとの一枚を公開したほか、村松智子宮川麻都とのスリーショットやウィーナとリヴェルンとのスリーショット、くじ引きで手に入れた岩﨑心南との一枚などを共有し、メッセージを綴った。

「WEリーグにおじゃましてきました」

「現役時代お世話になったベレーザで!そして大好きなスタジアムの西が丘で!一緒にやってた仲間達や久しぶりに会うファンの皆さんに会えて楽しい時間でした」

「『お疲れ様』と沢山の拍手をいただいて…温かく迎えてくれた両サポーターのみなさん、ありがとうございました」

1 2
関連ニュース

「積み重ねがこの前の結果に繋がった」パリ五輪行き決めたゴールに藤野あおばが改めて言及、再開するWEリーグにも「開幕戦から1試合に集中」

日テレ・東京ヴェルディベレーザのなでしこジャパンFW藤野あおばが、北朝鮮女子代表戦やWEリーグについて語った。 なでしこジャパンは2月28日、パリ・オリンピックアジア最終予選第2戦を国立競技場で迎え、北朝鮮戦に2-1で勝利。2戦合計スコア2-1で、2大会連続6度目のオリンピック出場権を獲得した。 この試合で先発し、決勝点となるヘディングゴールを76分に決めた藤野は、1日のチーム練習後に囲み取材に応じ、北朝鮮戦について改めてコメント。チームでの取り組みが代表戦での結果にも繋がったと述べている。 「今シーズン、ポジションがFWに変更というか、FWをやる機会が多くなったこと、また、(植木)理子さんが海外移籍でいなくなったことで、クロスからの得点がチームから少なくなっていったりとか。そういうのは自分もやっていて感じていたところでした」 「誰かがそういう部分を補わなければいけないと思っていましたし、自分のできることを増やすっていうところも今シーズンの課題として、クロスだったりとか、ペナルティエリアに入っていくっていうのは自分自身も意識してやっていたので、そういうことの積み重ねがこの前の結果に繋がったのかなと思います」 また、試合前には「いろんな人からゴール目指してやってほしいっていう話もたくさんあった」と明かした藤野。「自分自身の長所はそういうゴールへの姿勢だと思っていますし、そこはブラさずやるべきだと思ったので、変えることなく目指し続けた結果があのゴールだったかなと思います」と貴重なゴールの背景を語った。 さらに、北朝鮮後に残したWEリーグに関するコメントにも言及。注目度を高めたいという意図からの発言だったという。 「(北朝鮮戦を)いろんな方が見ていて、すごい注目度も高くて。WEリーグってすごく良いリーグだと思いますけど、代表選手の海外移籍だったりとかで価値が損なわれているところもあると思います」 「でも、なでしこジャパンだけじゃなくて、他にもいろんな選手がいて、見ていても、やっていても楽しいですし、今回は順位争いもかなり激しくて面白いリーグです。あの試合を見て、女子サッカーに興味を持って、WEリーグも見に来ていただけたら嬉しいですし、そういう意味でも注目度を高めたいと思いました」 リーグ戦再開を前に、4位につけているベレーザの現状についてもコメント。強かった過去のイメージに囚われすぎず、目の前の試合に集中していくことで、結果がついてくるはずだと語った。 「自分がベレーザに入る前までは常勝軍団というか、どんな試合でも勝ち続けるクラブだなと思っていましたし、その強さが前のベレーザには正直あったなと今思っているところです。やるからにはもちろん勝利を目指してがんばりたいなと思いますけど、正直今のべレーザは強いチームだと思っていないというか。良い意味で、前まで強かったから今も勝って当然とか思えないチームです」 「順位どうこうもありますけど、一戦一戦しっかり戦って勝利を積み重ねれば、最終順位は自ずとついてくると思いますし、相手の順位だとか、今の環境とか関係ないと思います。そこはもう開幕戦から1試合に集中して、勝利にこだわってやることが必要かなと思います」 2024.03.01 23:06 Fri

なでしこリーグMVPと得点王がWEリーグ挑戦へ!日テレ・ベレーザ新加入選手が意気込み語る

日テレ・東京ヴェルディベレーザは1日、WEリーグ再開を前にメディアカンファレンスデーを設け、新加入選手や竹本一彦強化部長らが囲み取材に応じた。 新たに緑のユニフォームへ袖を通すのは、FW鈴木陽(←オルカ鴨川FC)、FW神谷千菜(←朝日インテック・ラブリッジ名古屋)。また、育成組織の日テレ・東京ヴェルディメニーナから池上聖七、樋渡百花、ウルフジェシカ結吏が昇格する。 鈴木は2023プレナスなでしこリーグの最優秀選手で、昨季のリーグ戦で12得点をマーク。神谷も昨季のなでしこリーグで14得点を挙げての得点王と、世代別代表経験も持つ実績十分のストライカー2枚を補強した。 高さと技術を兼ね備えた池上はすでにWEリーグ、皇后杯でスタメン出場しており、スピードのある樋渡も同じく出場済み。ウルフジェシカも年代別の日本女子代表で活躍しており、各選手ともに即戦力としての期待値は高い。 東京NBは現在、2023-24 WEリーグで3勝3分け1敗。首位と勝ち点「5」差の4位に付ける。 取材に応じた竹本強化部長はこれまでのチーム状況を踏まえ、攻撃面においてはクロス攻撃を増やしてもよいではと分析。中盤やサイドの選手を含めて出し手は揃っているが、受け手として力を発揮する選手(小林里歌子や植木理子)が海外移籍の影響で不在となったため、なでしこリーグでの実績を残した2人に声を掛けたとのこと。「見ている人も『こういう点の取り方ができる』とわかる選手たちなので、2人が生きると思います」と、期待を寄せた。 「自分たちがどういうチームに苦戦するのかを考えると、縦に蹴られて良さを消されることが徹底されていた。後半戦はそういうチームへの対応を考えて、選手のメンタリティや勝負どころの強さをプレーでも表現しなくてはいけないと感じている」 「4月の第1週にインターナショナルマッチデーがあるが、それまでにリーグ戦は6試合と詰まっている。そこをどれだけ勝ち切れるか。前半戦の反省を生かして結果を出したい」 「(新加入の選手2人については)FWが海外へ移籍したため、その役割を担う即戦力として獲得しました」 「2人とも役割はストライカーですけれど、タイプが違う。神谷選手はシュートがうまく、ヘディングが得意で高さのある選手。足下だけではなく、クロスの多様にも対応できる」 「鈴木陽選手はうちにないパワーと走力、意外性を持っている。苦しい時にあれというゴールを決めるタイプ」 また、メニーナからの昇格組3選手に関する共通項として高さを挙げつつ(ウルフジェシカ結吏177cm、池上聖七174cm、樋渡百花170cm)、東京NB伝統の技術力も備えていると語り、今後のさらなる成長にも期待。さらに2種登録されている、ドリブルにキレのある松永未夢、中盤の卵・眞城美春、去年のメニーナのキャプテン青木夕菜についても、トップチームへ参加数を増やしていきたいと述べた。 新加入となる各選手もそれぞれ囲みに対応し、加入の決め手や意気込みなどを述べている。なお、ウルフジェシカ結吏は卒業式のため、樋渡百花はAFC U-20女子アジアカップ出場のため、不在となった。 <span class="paragraph-subtitle">◆ケガを乗り越えた万能型FW</span> ▽鈴木陽 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2024/haruhi.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:0.9em;" id="cws_ad">©︎超ワールドサッカー<hr></div> 「(移籍の決断については?)高いレベルでチャレンジしたいという気持ちで来ました。野田(朱美)さんの影響は特に大きく(ベレーザのOGであり、鈴木が鴨川在籍時の監督)、野田さんが常に日本のトップやベレーザ、代表を基準にサッカーを教えてくれたからこそ、チャレンジしようという気持ちにもなれたので、野田さんとの出会いは大きいです。やるなら上を目指してやりたいと思っていたので、それと同じ熱量で高め合えたと思っています」 「(ベレーザの印象は?)一人一人の技術が高く、(パスを)つないで美しいサッカーを展開するイメージです」 「(自分の強みは?)ゴールの推進力と前線からの守備をうりにしています。ボールを収めることもできるので、(トレーニングではすでに)速攻だけでなく、遅攻になったときのポイントにもなれています」 「(板橋区出身で地元のクラブへの加入となったが?)昔から街にベレーザのポスターが貼ってあって、身近に感じていました。地元の友達や家族もすごく喜んでくれたことが嬉しいです。西が丘は歩いて行けるので、よく行ってます笑」 「(背番号32を選んだ理由は?)竹本さんが『太陽の陽で"はるひ"だから、英語でSunny。なので32がいいんじゃないか』ということで、いいなと思いました」 「(具体的な目標は?)数字としては5得点で、10得点に絡むこと。また、昨年初めてケガなく1シーズン通してプレーできたことが大きいので、ケガをせずに終われることを意識しています」 <span class="paragraph-subtitle">◆新風吹き込むストライカー</span> ▽神谷千菜 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2024/chiina.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:0.9em;" id="cws_ad">©︎超ワールドサッカー<hr></div> 「(移籍を決断した理由は?)ずっと愛知県でサッカーをしてきたので愛知でプロになるのが1番の目標でしたが、名古屋にプロのチームがないことと、上に行くには早い年齢からWEリーグに挑戦すべきだなとも感じていて、そのタイミングでオファーをいただき、名古屋のチームメイトも背中を押してくれたので決断に至りました」 「(自身の特徴は?)シュートレンジが広く、ゴールが見えたら積極的に足を振ることは意識しています。相手を抜くことはあまりできないですけど、ずらして打つなどのプレーを出していけたら。ベレーザの選手は崩しはうまいですが、シュートを決め切る選手がいまはそれほどいないのかなと思うので、自分がそうなれたらなと思います」 「(世代別の代表でともにプレーした選手もいるが、連係面については?)代表のときもベレーザのメンバーは飛び抜けていたので、今その中にいるのが不思議な感覚です。今までだったら出てこないボールも出てきますし、充実感はあります 「(名古屋時代に森山泰行監督から受けたアドバイスは?)戦術的なことはあまりなくて、FWは感覚がすべてだと笑。練習の中から自分の中の感覚を磨いていけと、教わっていました」 「この1カ月の練習の中でも、なでしこリーグ時代とは寄せのスピードや体の強さ、ボールを受ける前の駆け引きなど、違いを感じていますが、その中でも、ゴール前までは味方を使いながらシンプルに、ゴール前でどれだけシュートへ持っていけるかを考えています。ペナルティエリア内の感覚はあまり変わらないかなと思いますし、ゴール前に飛び込むことは持ち味でもあるので、出していきたいです」 「(プロ挑戦への意気込みを)得点を求められていると思うので、結果として残せるように頑張ります」 「(具体的な目標は?)二桁には絡みたいです。自信を持てるように試合を重ねていけたらいいなと思います」 <span class="paragraph-subtitle">◆系譜を受け継ぐ大型ディフェンダー</span> ▽池上聖七 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2024/seina.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:0.9em;" id="cws_ad">©︎超ワールドサッカー<hr></div> 「(自身の特徴は?)一対一には自信があるので、粘り強さや身長を生かした空中戦を見て欲しいですし、メニーナ出身として、足下の技術にも自信はあります。元々サイドバックでしたが、高1の最後の方にヒザをケガをして、そこからセンターバックになりました。サイドバックも上がれるから楽しいですね」 「(トップチームで過ごしての感触は?)練習の強度やパスのスピードがユースの頃より速いなと感じますし、フィジカル面でも自信はありましたが、みなさん強くて、もっと筋力トレーニングも頑張らないとと感じました」 「(すでにリーグ戦などでも先発しているが、手応えは?)気持ちでは絶対負けないという思いでずっとやっています。フィジカルや予測でボールを奪えた場面もあれば、かわされることもありますが、まだまだできるなと感じています」 「(逆に足りないと感じたことは?)声掛けの部分。後ろの選手なのでもっと出さないとと感じて、練習中から声を出すようにしています」 「(谷川萌々子や古賀塔子ら同世代の活躍は刺激になるか?)すごいなと思う部分と、悔しいと思う部分、そこを目指さくてはと思うますが、まずはベレーザの選手として試合に勝つことがすべてだと思っているので、あまり意識し過ぎずにやっています」 「(言えそうな先輩の秘密があれば?)(思案の末に)あまり変なことは言えないので…でも、土方麻椰さんは最近1人でカレーを食べることにハマっていると言っていました。同じ埼玉県出身なので、今度連れて行ってもらいます」 2024.03.01 21:55 Fri

パリ行き決定のなでしこジャパンで山下杏也加から刺激! 田中桃子「超えていかなければいけない」

日テレ・東京ヴェルディベレーザGK田中桃子がなでしこジャパンのパリ・オリンピック出場決定を振り返った。 先日までパリ行きをかけ、北朝鮮女子代表と争ったなでしこジャパン。中立地サウジアラビアでの第1戦こそ0-0だったが、国立競技場での第2戦を2-1で制し、2大会連続6度目のオリンピック出場を決めた。 2試合とも出番なしだったが、そのメンバーとしてパリ行きの切符を目指して戦った田中は日テレ・ベレーザに戻って、WEリーグ再開に向けた調整に励むなか、1日のチーム練習後に囲み取材に応じた。 まずは改めてパリ・オリンピック出場権の獲得に対する心境を問われると、チームの一体感とともに、この痺れる状況を楽しむ気持ちがあったと振り返った。 「ワールドカップの流れからみんなが1つになれたし、それがみんなの経験としてあった。ああいう大きい舞台で、ああいう高揚感だったりは世界大会でしか味わえないよねって(熊谷)紗希さんが前日にしてくれて、それをみんなで改めて共有した。1つになれたのは前日から感じたし、みんながすごく緊張していたけど、それ以上にワクワク感や楽しそうだなっていうのが強くて、それが結果に繋がったのかなと思う」 そんななでしこではGK山下杏也加が2戦ともに好セーブで存在感。田中は先輩の姿に刺激を受け、さらなる成長に決意を新たにする経験にもなったようだ。 「事前合宿でも(練習から)ああいう反応の部分を見せていた。実際に試合で出していてすごいなと思ったし、自分も一緒に練習をやっていてよかったなと感じた。ただ、そこを超えていかなければいけないというのは改めて自分のなかにちゃんととどめておかなければいけない感情だなと。ああいう良いプレーを見たからこそすごく感じた」 日テレ・ベレーザは3日に敵地で行われるWEリーグ第8節のノジマステラ神奈川相模原戦が再開初戦に。田中は再開するにあたり、チーム、そして自身の目標を語った。 「ベレーザは長く女子サッカーを牽引してきた存在。やっぱりてっぺんを目指すってのは絶対に思っていないといけない。リーグは今、4位だけど、逆転して、すべて勝つってのはチーム全体としてやっていきたい。個人としてはチームを勝たせられる存在になりたいので、1試合1試合でどれだけ存在感をもってチームを引っ張っていけるかにフォーカスしてやっていきたいと思う」 2024.03.01 19:45 Fri

2点目演出のなでしこ清水梨紗、パリ五輪決定に安堵「いつもと変わらずとは言ったものの、プレッシャーはあったのかも」

見えない重圧は大きかったようだ。なでしこジャパンのDF清水梨紗(ウェストハム)が、得点シーンを振り返るとともに、安堵の言葉も残した。 なでしこジャパン(サッカー日本女子代表)は28日、パリ・オリンピックアジア最終予選第2戦となる北朝鮮女子代表戦を国立競技場で行い、2-1で勝利。2戦合計スコアを2-1とし、2大会連続6度目のオリンピック出場権を獲得した。 アジア予選を勝ち抜いての出場権獲得は2011年のロンドン・オリンピック予選以来。大きな仕事を成し遂げた清水は、安堵と歓喜の入り混じった感情を言葉にした。 「本当に素直に嬉しいですし、ほっとしています。前日とかはこの一戦に向けて、いつもと変わらず準備していきますと言ったものの、なんか終わった瞬間に本当にほっとしたというか、やっぱりそれだけ自分の気付いていない、何かプレッシャーはあったのかもしれないです」 「けど、チームとしてオリンピックにつなげられたことは本当に嬉しく思います」 藤野あおばの追加点を演出したクロスの場面については、「上げるタイミングで中に唯、貴子あおばと3人入っているのは見えていたので、誰かにと思いながら(クロスを上げました)。ゴールに繋がって良かったです」と、ルックアップして中の状況を把握できていたと語る。 14分にもゴールラインを割りそうなボールを懸命なスプリントの末に残し、得点の場面も入れ替わりの瞬間が注目されるが、相当に長い距離を走っている。元々運動量は武器だったが、海外移籍を経てからはタフさも増した。 「今でも足りないところ」と謙遜するが、フィジカル重視の北朝鮮相手にも、コンタクトでまったく引けを取らなかったことに対しては、普段の欧州勢との戦いが生きたと、手ごたえを口にした。 「(競り合いの強さが)自分の今でも足りないところですし、海外にいたら自分が吹っ飛ばされることなんてたくさんあるので、今からの課題でもあります。けど、1年半、海外でプレーしていて、そういう場面にも慣れてきたのかなと思います」 <span class="paragraph-title">【動画】画面の外から猛スプリント!清水梨紗が見事なクロスで追加点演出</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">/<br>なでしこジャパンに2点目<br>\<br><br>鮮やかに崩して藤野あおばがフィニッシュ<br>ピンポイントのアシストは清水梨紗<br><br>AFC女子サッカー パリ五輪最終予選<br>日本×北朝鮮<br><a href="https://twitter.com/hashtag/DAZN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DAZN</a> ライブ配信中 <a href="https://t.co/xxSYeHbafm">pic.twitter.com/xxSYeHbafm</a></p>&mdash; DAZN Japan (@DAZN_JPN) <a href="https://twitter.com/DAZN_JPN/status/1762798063976886303?ref_src=twsrc%5Etfw">February 28, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.02.29 17:30 Thu

「絶対に自分が決めたいと」なでしこ藤野あおばが意欲実現のゴール、週末へ向けても「WEリーグも応援に来ていただければ」

なでしこジャパンのFW藤野あおば(日テレ・東京ヴェルディベレーザ)が、北朝鮮女子代表戦を振り返った。 なでしこジャパン(サッカー日本女子代表)は28日、パリ・オリンピックアジア最終予選第2戦となる北朝鮮戦を国立競技場で行い、2-1で勝利。2戦合計スコアを2-1とし、2大会連続6度目のオリンピック出場権を獲得した。 試合後のフラッシュインタビューに応じ、なでしこの大先輩、東京NBのチームメイトでもある岩清水梓から率直な想いを問われた藤野は、はにかみながら「本当にすごく嬉しいです」と喜びの声を残した。 第1戦とは異なり、3バックを採用した中で「前の3枚の距離間を縮め、中の連携を高めることを意識」した結果、攻撃に流動性が生まれた。さらに「積極的にゴールを狙っていこう」との思いの通り、76分には清水梨紗のクロスに合わせる見事なヘディングで追加点を奪取。結果を越した。 「梨紗さんがクロス(の態勢)に入った時に、最初はマイナスで受けようと思っていました。ボールは(清家)貴子さんへのパスだったと思うんですけど、絶対に自分が決めたいという気持ちがあったので、うまく決められてよかったです」 「自分のゴールで(パリ行きを)決めたいと思っていましたし、初戦はシュート数が少ないことは自分でも課題に思ったので、今日は積極的にゴールを狙っていこうという姿勢が結果に繋がって良かったです」 激闘を終えたばかりの各選手だが、週末には早くも所属クラブでの戦いが再開し、WEリーグも3月2日からリスタートを切る。藤野が所属する東京NBは現在4位で、再開初戦は3日のノジマステラ神奈川相模原戦となる。 WEリーグ再開に向けての意気込みを問われた藤野は、「こういうシビアな部分はリーグでも求めていきたい」とコメントし、「リーグでも高いパフォーマンスを維持して頑張りたいと思っているので、ぜひみなさんWEリーグも応援に来ていただければ嬉しいです」と、活躍を誓った。 <span class="paragraph-title">【動画】ボールをはたいてゴール前へ侵入、藤野あおばの見事なヘディング弾!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">/<br>なでしこジャパンに2点目<br>\<br><br>鮮やかに崩して藤野あおばがフィニッシュ<br>ピンポイントのアシストは清水梨紗<br><br>AFC女子サッカー パリ五輪最終予選<br>日本×北朝鮮<br><a href="https://twitter.com/hashtag/DAZN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DAZN</a> ライブ配信中 <a href="https://t.co/xxSYeHbafm">pic.twitter.com/xxSYeHbafm</a></p>&mdash; DAZN Japan (@DAZN_JPN) <a href="https://twitter.com/DAZN_JPN/status/1762798063976886303?ref_src=twsrc%5Etfw">February 28, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.02.29 07:45 Thu
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly