岩渕真奈「積極的にチャレンジを楽しんでほしい」「150年後に新紙幣になる人がここにいるかも」、「津田梅子」新紙幣発行記念イベントで激走!?

2024.07.03 23:10 Wed
5000mリレーで激走した岩渕真奈さん、登坂絵莉さんと津田塾大学生
©超ワールドサッカー
5000mリレーで激走した岩渕真奈さん、登坂絵莉さんと津田塾大学生
3日、東京体育館にて「「津田梅子」新紙幣発行記念イベント in 東京体育館 ~女性アスリート達とつなぐ未来へのバトン~」が開催。元なでしこジャパン岩渕真奈さん、元女子レスリング日本代表の登坂絵莉さんが登壇した。2024年7月3日(水)は、20年ぶりに新紙幣が発行。新一万円札に渋沢栄一、新千円札に北里柴三郎、そして新五千円札の肖像に津田梅子が選ばれた。その津田梅子が創立した津田塾大学と公益財団法人 東京都スポーツ文化事業団が共同主催で、今回のイベントが行われた。
イベントには、岩渕さん、登坂さんの他、津田塾大学の髙橋裕子学長、津田塾大学 学芸学部国際関係学科 准教授のマーヤ・ソリドーワルさんも参加。日本初の女子留学生として世界に羽ばたき、後世へその信念のバトンを繋いだ津田梅子の功績を振り返り、津田塾大学の学生の前でトークセッションを行った。

津田梅子同様に海外へと渡り、ドイツやイングランドでプレー経験のある岩渕さんは「イギリスとドイツで合計7年ぐらい生活しましたが、言語でかなり苦労しました」と自身の体験を語り、「ドイツのチーム(ホッフェンハイム)にとっては初めての外国人選手だったので、海外の選手が私を見る目も壁があったというか…当時19歳で喋れなかったので、壁を感じました」と、相手にとっても外国人選手を受け入れることに慣れていなかったことで、壁を感じたという。

ただ、それでもヨーロッパの合計5クラブでプレーした岩渕さん。打ち解けられた理由について「語学の勉強はそれなりにしました」としながらも、「それでも上達するには時間が必要だったので、良い意味でバカになるというか、楽しむために、ご飯に誘われたらちょっと行きたくなくても行ったり、チャレンジしながら、普段の自分じゃないけど、馴染むための努力はたくさんしました」と、しっかりと馴染む努力をしたことが良かったとした。
岩渕さんは学生に向けて「チャレンジする勇気、壁を1つ越えると景色が変わる。積極的にチャレンジを楽しんでほしいなと思う」とエール。最後には「150年後に新紙幣になる人がここにいるかもしれない」と、未来の津田梅子になる可能性を秘めていると言葉を送った。

第2部では、新5000円札になんで、総勢50名の津田塾大学生と5000メートルリレーを実施。2チームに25人ずつ分かれ、各人が200mのトラック1周でバトンをつなぐというイベントが行われた。

暑さも厳しい炎天下の中、学生たちが激走。岩渕さん、登坂さんがそれぞれのチームのアンカーを務めた中、ほぼ並んだ形でアンカー勝負に。登坂さんがスタートでリードを奪うも、現役時代はスピードも武器にしていた岩渕さんが追い上げ、最後はまさかの同着という結果に終わった。

しっかりと繋いだバトン。岩渕さんの言葉通り、未来のお札に描かれる人物が誕生するのか楽しみだ。



1 2

岩渕真奈の関連記事

マンチェスター・シティ・ウィメンは5日、アーセナルを退団したオランダ女子代表FWフィフィアネ・ミーデマ(27)の加入を発表した。契約期間は3年間とのことだ。 ミーデマは2017年にバイエルンから完全移籍でアーセナルに加入。バイエルンでも同僚だった元なでしこジャパンFW岩渕真奈とアーセナルでもチームメイトとなり、仲の良さも見せていた。 ミーデマはアーセナルで公式戦172試合で125ゴール50アシストという脅威的な数字を残し、2018-19シーズンにはFA女子スーパーリーグ(FAWSL)で優勝。カップ戦では3度の優勝を果たした。 FAWSLでは通算80ゴールを記録し、リーグ史上最多記録時保持者。ゴールデンブーツも2度受賞するなど、アーセナルのエースとしてプレーを続けてきた。 しかし、2022年12月にヒザの前十字じん帯を断裂し10カ月離脱。2023年10月に復帰したが、2024年3月に再びヒザの手術を受け、2023-24シーズンはわずか13試合の出場に終わり、7年間過ごしたチームを退団していた。 シティにはなでしこジャパンのMF長谷川唯が所属。長谷川のパスからミーデマのゴールも見られるかもしれない。 2024.07.05 22:30 Fri
アーセナルは13日、オランダ女子代表FWフィフィアネ・ミーデマ(27)の退団を発表した。 ミーデマは2017年にバイエルンから完全移籍で加入。バイエルンでも同僚だった元なでしこジャパンFW岩渕真奈とアーセナルでもチームメイトとなり、仲の良さも見せていた。 ミーデマは公式戦172試合で125ゴール50アシストという脅威的な数字を残し、2018-19シーズンにはFA女子スーパーリーグ(FAWSL)で優勝。カップ戦では3度の優勝を果たした。 FAWSLでは79ゴールを記録し、これはリーグ史上最多。ゴールデンブーツも2度受賞するなど、アーセナルのエースとしてプレーを続けてきた。 しかし、2022年12月にヒザの前十字じん帯を断裂し10カ月離脱。2023年10月に復帰したが、2024年3月に再びヒザの手術を受け、今シーズンはわずか13試合の出場に終わっていた。 2024.05.14 21:50 Tue
16日、睡眠に関わる製品およびサービスを提供するスリープテック・ブランド Emma Sleep Japan 合同会社が、ZOZOPARK HONDA FOOTBALL AREA(千葉県千葉市)にて、ス ポーツを通して子どもたちに睡眠の大切さを伝える「Emma Sleep スポーツキャンプ 2024」を開催。元なでしこジャパンの岩渕真奈さん、元プロ卓球選手の水谷隼さんがゲストとして参加した。 3月18日は「睡眠の日」ということで「スポーツと睡眠」というテーマでイベントは実施。岩渕さん、水谷さんの登場に参加した子供たちからは多くな拍手が送られた。 トークセッションでは、国内外でのプレーを経験した岩渕さんが『エマ・スリープ』について聞かれると、「本当に偶然なんですけど、私のマットレス、エマ・スリープなんです!」という驚きの事実を告白。エマ・スリープのマットレスを買い替えた3日後に今回のイベントのオファーあったという運命的な秘話を明かした。 また、「運命的な話もう一ついいですか? 3月18日、春の睡眠の日なんですけど、私の誕生日なんです!(笑)」と自身の誕生日と同じということも判明。会場からは祝福の大きな拍手が送られていた。 水谷さんもドイツでのプレーがあるが「エマ・スリープは知らなかったんですけれど、一番仲のいいドイツ人の友人の娘の名前が“エマ”です(笑)」という運命的(?)とも言えるエピソードを披露し、会場は笑いに包まれていた。 共にトップレベルのアスリートとして活躍した2人だが、睡眠について現役時代は気をつけていたとのこと。水谷さんは「他のスポーツ競技はわからないけど、卓球の選手は必ず昼寝をするんです」という驚きのエピソードも。続けて、「僕は1時間半から2時間くらい昼寝をして、夜は8時間寝ていたので、計10時間くらい寝ていました」とアスリート時代はかなり睡眠を大切にしていたことを明かした。 岩渕さんは「(現役時代は)すごく寝てました」という岩渕さんも「合宿だったら、朝起きてご飯食べて、また一回寝て、練習をして、昼に寝て、また練習に行って夜に寝ていた」と、かなり刻んで睡眠時間を確保していたと語り、世界を舞台に活躍しつづけた2人の強さの秘密が睡眠にあったことを子供たちに伝えていた。 第2部としてはサッカー教室が開催。子供たちに加え、水谷さんも生徒として参加。岩渕さんが指導する場面が見られた。 コーンを狙ってボールを当てるメニューでは、岩渕さんがお手本として一番遠くのコーンを見事一発で倒し、流石のボールコントロールを披露。ミニゲームでは、岩渕さんと水谷さんのペアvs子供たちという夢の対決が実現。必死になってボールを奪いにいく子供たちに対し、岩渕さんは見事な足捌きで華麗なドリブルを見せつけていた。水谷さんもそれに負けじとドリブルを仕掛け、シザースなどの足技も披露。見事ゴールを決めたかと思えば、ハンドの反則で子供たちの笑いを誘い、場を盛り上げていた。 ミニゲームが終わると、水谷さんは「何事にも上達までの近道はないと思います。毎日練習して、たくさん食べてたくさん寝ることが一番大切です。みんなも目標に向けて一生懸命頑張りましょう!」とコメント。続けて岩渕さんも「自分が楽しいと思えることを見つけてみてください!サッカーでも卓球でも、絵を描くことでも何でもいいので、熱中してできるものが見つかれば、自然と努力できると思います。体を動かして疲れたら、エマのマットレスで笑よく寝て休んでください!」とコメントし、教室を締めくくっていた。 2024.03.17 21:35 Sun
WOWOWは15日、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)、UEFAヨーロッパリーグ(EL)の準々決勝&準決勝の組み合わせ抽選会をライブ配信することを発表した。 ラウンド16には多くの日本人選手所属クラブが勝ち残っていた中、CLのベスト8には日本代表DF冨安健洋のアーセナルのみが勝ち上がり。ELではMF遠藤航のリバプール、GK小久保玲央ブライアンのベンフィカの2チームが勝ち上がっている。 WOWOWでは、15日の19時半からWOWOWオンデマンドで無料ライブ配信。ゲストにはサッカー解説者として活躍する林陵平氏、ベン・メイブリー氏の他、昨年現役を引退した元なでしこジャパンのFW岩渕真奈さんを迎えて行われる。 番組では、組合せ抽選会を実況しつつ、決定した注目の対戦カードや準々決勝以降についても展望していくとのこと。21時ごろからは、ELの抽選会をライブ配信していく。 ★「UEFAチャンピオンズリーグ&UEFAヨーロッパリーグ 2023-24 準々決勝&準決勝 組合せ抽選会」 【配信日時】 3月15日(金)午後7時30分〜 【配信先】 WOWOWオンデマンド ※無料配信 【出演】 林陵平 ベン・メイブリー 岩渕真奈 横内洋樹(WOWOWアナウンサー) 2024.03.15 12:40 Fri
元なでしこジャパンFWの岩渕真奈さんもパリ・オリンピック出場を喜んでいる。 2023年9月に現役を引退した岩渕さん。ケガで自身が思うようなプレーができない中、30歳でスパイクを脱ぐ決断を下していた。 引退後には、テレビへの出演やなでしこジャパンや日本代表戦のゲスト解説を務めるなど、自身の経験をいかし第二のキャリアを歩んでいる岩渕さん。28日に国立競技場で行われたパリ・オリンピック アジア最終予選の第2戦、北朝鮮女子代表戦でも解説を務めていた。 その北朝鮮戦はなでしこジャパンが勝利を収め、2大会連続6度目のオリンピック出場を決めていた中、岩渕さんは試合後にSNSを更新。DF熊谷紗希(ローマ)、MF長谷川唯(マンチェスター・シティ)、DF清水梨紗(ウェストハム)と笑顔で喜ぶ写真を投稿した。 試合に出ていた選手たちよりも嬉しそうな表情を見せる岩渕さん。さらになでしこジャパンの試合に刺激を受けたようで、早速翌日にサッカーをプレーしたとのこと。一瞬だけ現役復帰の考えも頭によぎったようだ。 「昨日の勢いでサッカーしたくなって午前中サッカーしてきたけどやっぱり大変だ みんなすごい!!!笑 ほんの一瞬パリ目指したくなったけどやーめた笑 あーーーーーあらためて、ほっ」 投稿には、ファンも「一番はじけた笑顔!」、「素敵な写真!」、「一番嬉しそう」、「感動的」、「W杯優勝メンバー2人とこれからのなでしこを背負う二人最高の写真ですわ」、「復帰は誰もが歓迎です」とコメント。多くの反響が寄せられていた。 <span class="paragraph-title">【写真】選手よりも嬉しそう!岩渕真奈さんがなでしこメンバーと歓喜のショット</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="ja" dir="ltr">昨日の勢いでサッカーしたくなって午前中サッカーしてきたけどやっぱり大変だ<br>みんなすごい!!!笑<br>ほんの一瞬パリ目指したくなったけどやーめた笑<br>あーーーーーあらためて、ほっ☺️ <a href="https://t.co/ILaxdnOAdM">pic.twitter.com/ILaxdnOAdM</a></p>&mdash; Mana Iwabuchi 岩渕真奈 (@buchi_mana) <a href="https://twitter.com/buchi_mana/status/1763060181280473270?ref_src=twsrc%5Etfw">February 29, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.02.29 18:50 Thu

岩渕真奈の人気記事ランキング

1

「付き合ってください」アーセナルで好調の岩渕真奈が公開したオフショットにファン興奮「惚れる」「カッコ良すぎ」

なでしこジャパンのFW岩渕真奈が公開したショットが話題を呼んでいる。 今シーズンから加入したアーセナルでは、チームの好調に合わせて岩渕もゴールを量産。8月の月間最優秀ゴールに選ばれると、今月に入っては、今シーズンのFA女子スーパーリーグ(WSL)で初ゴールを記録していた。 新天地でも好調を維持し、ファーストチームの日本代表DF冨安健洋とともに、日本人2人がアーセナルのファンの心を掴んでいる中、インスタグラムにオフショットを公開。それが話題となっている。 ピッチで弾ける笑顔とは打って変わって、キリっと締まった表情の写真を掲載。岩渕は「撮らなきゃいけない動画撮ってた流れでちょっとだけかっこつけたら男の子みたいになりました笑」と、ボーイッシュな仕上がりになったことを報告した。 それもあってなのか、「今日は綺麗目な服と靴とアクセサリーと化粧品を買いに行ってきます…急遽必要って言われたけどなんにもなくて…あーーーめんどくさい」と投稿した写真とは真逆のものが必要だったと明かし、「生まれ変わったら次は男の子がいいです笑」と男子に憧れるとしていた。 イケメンショットには多くのファンもコメント。「惚れる」、「かっこよ」、「可愛いしかっこいい」、「カッコ良すぎ」、「イケメン」と称賛の声が。さらに「付き合ってください」とストレートなコメントも届き、ファンを興奮させていた。 <span class="paragraph-title">【写真】岩渕真奈の“イケメン”ショットにファンも大騒ぎ!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CU4XJEcsYUz/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CU4XJEcsYUz/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">View this post on Instagram</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CU4XJEcsYUz/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">岩渕真奈/Mana Iwabuchi(@iwabuchi.m_jp)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.10.12 12:10 Tue
2

「LOVE冨安」“なでしこジャパンロンドン組”から日本代表DF冨安にアツいエール!「トミーモテモテ」「うらやましいぞ」

なでしこジャパンのメンバーも日本代表を応援していたようだ。 1日、カタール・ワールドカップ(W杯)のグループE最終節でスペインと対戦した日本。試合は前半にアルバロ・モラタにゴールを許し先手を与えたが、堂安律と三笘薫を投入した後半に攻勢を仕掛け、堂安と田中碧のゴールで一気に逆転。グループリーグ突破とともに望外の首位通過を達成した。 初戦のドイツ代表戦に続く見事な逆転勝利を飾った日本だが、その裏にはなでしこからの心を込めた応援もあったようだ。 アーセナルのFW岩渕真奈は試合後に自身のツイッターを更新。「みんなで応援してました 最高!!!」とウエストハムのDF清水梨紗とMF林穂之香ともに日本代表のユニフォームに袖を通して応援する3ショットを公開している。 さらに日本の躍動に興奮したのか、「付け加えました ロンドン冨安応援団笑」と綴り、3人の額に「LOVE TOMI YASU」とフェイスペイントを施し、同じアーセナルの男子チームに所属するDF冨安健洋を全力で応援する姿まで披露した。 ロンドン冨安応援団には、ファンからも「トミーモテモテで草」、「冨安がうらやましいぞ」、「かわいすぎる」、「ずるいっすね」といった冨安への羨望の反応が集まった。 だが、日本代表を応援していたのはロンドン組だけではなかったようで、今夏にウエストハムからマンチェスター・シティに移籍したMF長谷川唯も「ロンドンに限定しないでください マンチェスターでも冨安応援しております」とアピール。ただ、岩渕は「ペイントしてから述べよ」と厳しめだった。 <span class="paragraph-title">【写真】最初は控えめなフェイスペイントで日本を応援する3人</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">みんなで応援してました<br>最高!!! <a href="https://t.co/33R59RgnRV">pic.twitter.com/33R59RgnRV</a></p>&mdash; Mana Iwabuchi 岩渕真奈 (@buchi_mana) <a href="https://twitter.com/buchi_mana/status/1598422435283476496?ref_src=twsrc%5Etfw">December 1, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <span class="paragraph-title">【写真】いつの間にか3人の額には「LOVE冨安」の文字が!!</span> <span data-other-div="movie2"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">付け加えました<br>ロンドン冨安応援団笑 <a href="https://t.co/WiG7jmGNOR">pic.twitter.com/WiG7jmGNOR</a></p>&mdash; Mana Iwabuchi 岩渕真奈 (@buchi_mana) <a href="https://twitter.com/buchi_mana/status/1598427037793919002?ref_src=twsrc%5Etfw">December 1, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.12.02 19:45 Fri
3

冨安健洋&長谷川唯が岩渕真奈の29歳誕生日をお祝い! 「沢山笑って頑張りたいと思います」

アーセナルに所属するなでしこジャパンのFW岩渕真奈の誕生日をロンドン組が祝福した。 3月18日に29歳の誕生日を迎えた岩渕。翌日、自身のインスタグラムを更新し、アーセナルの日本代表DF冨安健洋、ウェストハムのなでしこジャパンMF長谷川唯との3ショットを公開した。 昨年11月5日、冨安の誕生日には岩渕と長谷川がケーキを送り、祝福をしていた3人。今回は冨安と長谷川がタルトで岩渕を祝福。ロンドンを本拠地とするチームに在籍する日本人選手たちの良好な関係性を覗かせている。 岩渕は2人に加え、ファンやサポーター、関係者にも感謝のメッセージを綴っている。 「29歳になりました!いつも応援、サポートありがとうございます。選手として、そして1人の人間としても成長できるよう、笑顔で沢山笑って頑張りたいと思います」 「少し前に2人にお祝いしてもらいました。いつもありがとう!!」 「29歳怪我でのスタートですが…怪我の少ない1年にしたいです」 岩渕の投稿に対しては、アーセナル公式に加え、なでしこジャパンやINAC神戸レオネッサでともに戦ったDF鮫島彩(大宮アルディージャVENTUS)、DF北川ひかる(アルビレックス新潟レディース)やMF三浦成美(日テレ・東京ヴェルディベレーザ)などからも祝福のメッセージが届けられている。 4-0で勝利を収めた18日の女子FAカップ準々決勝、コベントリー・ユナイテッド戦ではベンチメンバーからも外れていたが、どうやら負傷の影響のようだ。 最近は髪を伸ばし始めた岩渕。しっかりとケガを直し、ピッチでの再躍進に期待したい。 <span class="paragraph-title">【写真】タルトを手にするバースデーの岩渕と長谷川、冨安の3ショット</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CbQsH8nMSqL/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CbQsH8nMSqL/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CbQsH8nMSqL/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">岩渕真奈/Mana Iwabuchi(@iwabuchi.m_jp)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.03.19 21:45 Sat
4

なでしこジャパン勢ら4名も追加!EAが『FIFA23』内NWSL選手のレーティングを公開、日本女子トップは?

大人気サッカーゲーム『FIFA』シリーズを手がけるエレクトロニック・アーツ(EA)内のEA SPORTSは13日、発売中の『FIFA23』におけるアメリカのナショナル・ウィメンズ・サッカーリーグ(NWSL)全12チームのレーティングを公開した。 女子選手が初めてワールドワイド版のパッケージに採用され、大きな話題を呼んでいた『FIFA23』。今作では同シリーズ史上初めて女子クラブも登場し、イングランドのFA女子スーパーリーグ(FAWSL)、フランスのD1アルケマ、アメリカのナショナル・ウィメンズ・サッカーリーグ(NWSL)などのチームが追加される。 NWSLのチームは16日に追加され、ユニフォームや固有フェイス、セレブレーションも搭載。日本からはなでしこジャパンの遠藤純(エンジェル・シティFC)、永里優季(シカゴ・レッドスターズ)、川澄奈穂美(NJ/NYゴッサムFC)、杉田妃和(ポートランド・ソーンズFC)の4選手が登場する。 搭載される日本人女子選手の中で、総合値トップは「84」の永里。トータルでは49位に位置する。なお、ランキングトップはパッケージにも採用されたチェルシーのオーストラリア女子代表FWサム・カー(総合値91)。NWSL組のトップはサンディエゴ・ウェーブFCのアメリカ女子代表アレックス・モーガン(総合値90、トータルランク2位)と、日本にも馴染みのある顔ぶれが並ぶ。 NWSLは25日(日本時間26日)に開幕し、初戦ではエンジェル・シティvsゴッサムFCの日本人所属チームも相まみえる。各選手のプレー観戦はもちろん、ゲームでの使用やパラメータについて議論など、楽しみの幅は広がりそうだ。 ▽『FIFA23』に搭載された日本人女子選手 (選手名、所属、総合値、総合ランク) 永里優季(シカゴ・レッドスターズ/84/49) 遠藤純(エンジェル・シティFC/82/124) 杉田妃和(ポートランド・ソーンズFC/82/124) 長谷川唯(マンチェスター・シティ/81/157) 清水梨紗(ウェストハム/79/225) 林穂之香(ウェストハム/79/225) 川澄奈穂美(NJ/NYゴッサムFC/77/362) 岩渕真奈(トッテナム/76/411) ※レーティングは2022年9月30日時点のもの <span class="paragraph-title">【写真】「FIFA23」に登場する女子選手の固有フェイス、なでしこMFも</span> <span data-other-div="movie"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/fifa20230313_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/fifa20230313_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/fifa20230313_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/fifa20230313_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/fifa20230313_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 2023.03.13 18:55 Mon
5

シティがFAWSL最多の80ゴール、アーセナル退団のオランダ女子代表FWミーデマを獲得!

マンチェスター・シティ・ウィメンは5日、アーセナルを退団したオランダ女子代表FWフィフィアネ・ミーデマ(27)の加入を発表した。契約期間は3年間とのことだ。 ミーデマは2017年にバイエルンから完全移籍でアーセナルに加入。バイエルンでも同僚だった元なでしこジャパンFW岩渕真奈とアーセナルでもチームメイトとなり、仲の良さも見せていた。 ミーデマはアーセナルで公式戦172試合で125ゴール50アシストという脅威的な数字を残し、2018-19シーズンにはFA女子スーパーリーグ(FAWSL)で優勝。カップ戦では3度の優勝を果たした。 FAWSLでは通算80ゴールを記録し、リーグ史上最多記録時保持者。ゴールデンブーツも2度受賞するなど、アーセナルのエースとしてプレーを続けてきた。 しかし、2022年12月にヒザの前十字じん帯を断裂し10カ月離脱。2023年10月に復帰したが、2024年3月に再びヒザの手術を受け、2023-24シーズンはわずか13試合の出場に終わり、7年間過ごしたチームを退団していた。 シティにはなでしこジャパンのMF長谷川唯が所属。長谷川のパスからミーデマのゴールも見られるかもしれない。 2024.07.05 22:30 Fri

なでしこジャパンの人気記事ランキング

1

日本代表の新ユニフォームは「ヨウジヤマモト」と史上初のコラボ! テーマは「FIRE(炎)」、アウェイは赤い炎に注目

アディダスジャパンは21日、日本代表の新ユニフォームを発表した。 今夏行われる世界的なスポーツイベントを前に、日本代表の戦闘服が装いも新たに。アディダスは、「サッカー日本代表 2024 ユニフォーム」発表した。 新ユニフォームは、「ヨウジヤマモト」のデザイナーでもある日本が誇るファッションデザイナーの山本耀司氏がデザイン。アディダスとヨウジヤマモトのコラボレーションブランドである「Y-3」が日本代表と史上初のコラボレーションを果たした。 この新ユニフォームは、21日に行われたパリ・ファッションウィークにて発表。「ヨウジヤマモト」のコレクションの1つとして発表され、コレクションにはU-23日本代表のMF藤田譲瑠チマ(シント=トロイデン)、なでしこジャパンのMF長野風花(リバプール)がランウェイを歩く特別な演出でお披露目された。 今回のユニフォームのテーマは「FIRE(炎)」。「サッカー日本代表2024ユニフォーム」の全体を通して一貫したモチーフとして登場するヨウジヤマモトによるデザインの炎のグラフィックは、サッカー日本代表が持つ揺るぎない力強さ、そして日本という国が持つ神秘的な力を象徴している。 ホームユニフォームはこれまでよりも暗い青であるダークネイビーが基調に。温度の高い「青い炎」をモチーフに、完全燃焼をいとわないサッカー日本代表のプレースタイルからインスパイアされたデザインとなっている。 ユニフォーム全面にあしらわれた、うねりを上げる小さな炎がひとつの大きな火柱へと成長するグラフィックは、それぞれのプレーヤーがひとつになった瞬間、チームとして凄まじい力を発揮するサッカー日本代表の力強さを表現している。 一方でアウェイユニフォームは、ホワイトを基調としながら異なる「赤い炎」のグラフィックを採用。余白を残しながら精密に配置された炎は、若さ溢れるチームによるピッチ上での溌溂としたプレーと、ヨウジヤマモトを象徴する「アシンメトリー」なデザインを体現している。 また、ゴールキーパーユニフォームにはホームユニフォームと同じ炎のグラフィックをフィーチャー。体の動きに合わせたカッティングとシルエットを採用することで、キーパーによる素早いアクションとより長いリーチをサポートする。 「サッカー日本代表 ユニフォーム」は、アディダス オンラインショップおよび直営店、アディダスアプリ、Y-3.com、Y-3 ZOZOTOWN、Y-3国内直営店、一部のアディダスおよび お取り扱い店舗にて6月22日(土)より先行発売、7月1日(月)より一般発売開始となる。 <span class="paragraph-title">【写真】山本耀司氏がデザインした日本代表の新ユニフォーム、テーマは「FIRE(炎)」</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="j82B9AIMKvA";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> <div style="text-align:center;"><img class="lazyload" data-src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2024/adidas20240621_tw11.jpg" style="max-width:100%; min-height:200px;"></div> <div style="text-align:center;"><img class="lazyload" data-src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2024/adidas20240621_tw2.jpg" style="max-width:100%; min-height:200px;"></div> <div style="text-align:center;"><img class="lazyload" data-src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2024/adidas20240621_tw3.jpg" style="max-width:100%; min-height:200px;"></div> <div style="text-align:center;"><img class="lazyload" data-src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2024/adidas20240621_tw4.jpg" style="max-width:100%; min-height:200px;"></div> <div style="text-align:center;"><img class="lazyload" data-src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2024/adidas20240621_tw15.jpg" style="max-width:100%; min-height:200px;"></div> <div style="text-align:center;"><img class="lazyload" data-src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2024/adidas20240621_tw6.jpg" style="max-width:100%; min-height:200px;"></div> 写真:adidas is the official supplier of the Japan National Team 2024.06.22 05:00 Sat
2

JO1・白岩瑠姫さんもスペシャルゲストで登場、「パリ2024 日本代表 応援イベント」が開催! 元代表選手らとU-23日本代表、なでしこジャパン、ブラインドサッカーを応援

20日、東京都内で「パリ2024 日本代表 応援イベント〜ともに掴もう、最高の瞬間を〜」が開催。U-23日本代表、なでしこジャパン、そしてブラインドサッカー日本代表を応援するイベントが行われた。 日本サッカー協会(JFA)が主催したイベント。元日本代表DFの槙野智章さん、元なでしこジャパンDFで2011年の女子ワールドカップ優勝メンバーである鮫島彩さん、仙台育英で10番を背負い、中央大学サッカー部では中村憲剛氏の先輩でもあったお笑いトリオ・パンサーの尾形貴弘さん、タレントの眞嶋優さんが登壇。司会はジョン・カビラさんが務め、スペシャルゲストには日本のボーイズグループ・JO1の白岩瑠姫さんも登場し、会場を沸かせた。 パリ・オリンピックに臨むU-23日本代表、なでしこジャパン、そしてパリ・パラリンピックに出場するブラインドサッカー日本代表をそれぞれ深掘りしていくイベント。U-23日本代表は、先日開催国であり金メダル候補のU-23フランス代表と対戦して1-1のドローと善戦していた。 槙野さんはフランス戦を開設し「よく引き分けたと思う」とコメント。「試合の中での反省点、課題は見つかったけど、大会前に質の高いチームとやれたことは大きかった」と、本大会前にしっかりと競合相手にテストができたことが良かったとした。 イベントでは登壇者4人が推し選手を発表。槙野さんはキャプテンを務めるMF藤田譲瑠チマ(シント=トロイデン)をピックアップ。「このチームで長らくキャプテンをやっていて、コミュニケーション能力が高く、監督コーチ、スタッフと選手をつなげる役割」と、藤田の存在感について説明。「かなりインテリジェンスのある選手なので、今どうしたら良いのか、前に行くのか後ろで守るのかがわかるので、いるかいないかは全然違う」と、チームに欠かせない選手であるとした。 鮫島さんは10番を背負うMF斉藤光毅(ロンメル)を推しているとし「とにかくワクワクする選手。シュートも、センタリング、そしてドリブルが大好き」とコメント。「サイドバックの気持ちで見ちゃうが、たまったもんじゃ無い。縦に行く動き、足の運びがすごく早いので置き去りにされてしまう」と、自身が対峙することを考えても素晴らしい選手だとした。 白岩さんはMF平河悠(ブリストル・シティ)をピックアップ。「スピードとドリブルの能力に長けていて、個人で打開してチャンスメイクができるのが魅力」と、平河の武器である個の打開に注目しているとした。そして尾形さんはDF高井幸大(川崎フロンターレ)を挙げ、「192cmででかいけど、スピードもちゃんとある。19歳の荒削りさも好きで取りに行くのも好き」と若くても規格外の選手だとし、「これから世界に羽ばたく選手。日本では収まらない。フロンターレに申し訳ないけど世界に行ってほしい」と、所属の川崎Fに配慮しながらも、世界の舞台での活躍を見たい選手だと太鼓判を押した。 なお、会場に集まったファンの投票では、藤田譲瑠チマが1位となり、MF荒木遼太郎 (FC東京)、GK小久保玲央ブライアン(シント=トロイデン)の名前も挙がっていた。 続いてはなでしこジャパンについて鮫島さんが先日のガーナ女子代表戦を開設。「後半はきっちり修正した」と4ゴールを奪った戦いを振り返り、「この試合でも4選手が得点を決めているので、どの選手も得点を決められる形を持っている。チームとしては良い状態」とし、「システムも可変できるので、これからもっと詰めていくと思う」と、残りの時間でさらに精度を上げていくはずだとした。 推し選手について鮫島さんはFW藤野あおば(日テレ・東京ヴェルディベレーザ)を挙げ、「WEリーグでもマッチアップしたけど悩まされた。なんでもできて、ドリブルもシュートもあって、守る側として選択肢が多い」とコメント。マークにつき辛く、切り返しも深いので、守備側としては勘弁してくれと。セットプレーも決められるので、できないことがない選手」と、実際に対戦した経験からも素晴らしい選手だと語った。 槙野さんはDF高橋はな(三菱重工浦和レッズレディース)をピックアップ。「見てたらこっちが元気になる。CBで声が出せる選手」と語り、「守備だけじゃなくて攻撃。セットプレーのターゲットマンになれるし前にも入っていける。メンタリティがすごくで、ムードーメーカーとして大好き。一発ギャグもあって好き」とし、自身にも似たタイプで同じ浦和でもプレーする高橋をピックアップした。 白岩さんはMF長谷川唯(マンチェスター・シティ・ウィメン)をピックアップし、「どこに目がついているんだというぐらい空間把握能力がすごく、周りをよく見ている」と絶賛。「トラップもスルーパスもとにかく凄い」と評価した。鮫島さんは「いかにボールを触れるかでなでしこのサッカーが変わる。彼女に一番ボールが集まるようなサッカーをしてほしい」と、期待を寄せた。 また、尾形さんはキャプテンのDF熊谷紗希(ローマ・フェンミニーレ)を推し、高井に続いてCBの選手を推している。「ベテランで支柱。こういう人が、チームが苦しい時にチームを鼓舞する」とメンタリティを称えた。共に2011年W杯を戦った鮫島さんは「とにかくポジティブ」と語り、「チームの精神的支柱なので、今回も引っ張っていってくれると思います」と、なでしこを牽引する存在だと期待した。 なお、会場の人気は長谷川が1位。熊谷、そして2023年の女子W杯得点王でもあるFW宮澤ひなた(マンチェスター・ユナイテッド・ウィメン)も人気だった。 ブラインドサッカーに関しては、日本はランキング3位であるものの、予選を通過してパラリンピックに出場するのは今大会初。メダルの可能性もある競技の1つだ。 イベントでは、白岩さん、尾形さんが実際に体験。目隠しをした中で、パス交換にチャレンジした中、尾形さんはなかなか難しそうにしていたが、白岩さんはセンスを見せつけてしっかりとパスをトラップ。槙野さんがバウンドさせて転がしたボールも、しっかりとストップするなど、過去にプレーしていたサッカーのテクニックを見せつけていた。 長谷川と藤田から会場に集まったファンへメッセージビデオも用意された中、イベントの最後には会場に集まったファンと共に日本代表へエール。ジョン・カビラさんの「がんばれ!」に続いて、「ニッポン!」とエールが送られた。 <span class="paragraph-title">【写真】「パリ2024 日本代表 応援イベント」の模様をチェック</span> <span data-other-div="movie"></span> <div style="text-align:center;"><img class="lazyload" data-src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2024/japan20240720_tw1.jpg" style="max-width:100%; min-height:200px;"></div> <div style="text-align:center;"><img class="lazyload" data-src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2024/japan20240720_tw2.jpg" style="max-width:100%; min-height:200px;"></div> <div style="text-align:center;"><img class="lazyload" data-src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2024/japan20240720_tw3.jpg" style="max-width:100%; min-height:200px;"></div> <div style="text-align:center;"><img class="lazyload" data-src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2024/japan20240720_tw4.jpg" style="max-width:100%; min-height:200px;"></div> <div style="text-align:center;"><img class="lazyload" data-src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2024/japan20240720_tw5.jpg" style="max-width:100%; min-height:200px;"></div> <div style="text-align:center;"><img class="lazyload" data-src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2024/japan20240720_tw6.jpg" style="max-width:100%; min-height:200px;"></div> 写真:超ワールドサッカー 2024.07.20 19:50 Sat
3

「良い形でやれた」45分間の出場で1G1Aの活躍を見せた浜野まいか、パリ五輪へ「金メダルを獲って帰りたい」

なでしこジャパンのFW浜野まいか(チェルシー・ウィメン)が、ガーアン女子代表選を振り返った。 13日、金沢ゴーゴーカレースタジアムで、MS&ADカップ2024 〜能登半島地震復興支援マッチ がんばろう能登~のなでしこジャパンvsガーナ女子代表が行われた。 パリ・オリンピックに臨むなでしこジャパンとしては、最後の実戦。これからパリへと移動し、現地で本大会に向けて調整を続ける。 試合は通常の[3-4-3]ではなく、[4-3-3]で臨んだ日本。しかし、前半はガーナがしっかりとボールを保持してて集ってくる中、なでしこはなかなかボールをうまく繋げず、攻撃の形がうまく作れない。そんな中で相手選手がDOGSOを取られて一発退場。日本は11vs10の戦いとなり、ブロックを作ってくる相手に対してさらに苦しむ形となった。 ゴールレスで迎えた後半は、[3-4-3]にシステムを変更。浜野は後半頭から左ウイングのポジションで出場した。すると、選手の距離感が良くなったこともあり、徐々にボールをつなげることに。すると、浜野のスルーパスから田中美南がゴール。これはオフサイドを取られるも、VARチェックの結果ゴールが認められ先制。さらに、右サイドからのクロスに浜野がボレー気味に合わせて追加点。その後、藤野あおばが直接FK、植木理子がクロスをヘディングで合わせるなど、前線の4人がゴールを奪い、4-0で勝利を収めた。 後半から途中出場した浜野は前半試合をベンチから見守っていた中で、「11vs10になった中で、数的優位な場面は作れていたので、しっかりボールを保持して、日本らしいサッカーをできるなと余裕を少し持って入りました」とコメント。後半パフォーマンスが改善した理由については「11vs10というのは大きいなと思います」と、数的優位に立っていたことは大きく影響したとした。 自身は1G1Aの活躍を見せた中、五輪に向けて勢いづく結果に。「後半数的優位な中ですけど、しっかりボールを保持してゴールに向かうというアクションができたので、パリに向けて良い形でやれたと思います」と、自身にできると振り返った。 いよいよ10日後にはオリンピックが開幕。これまでも強い思いを語ってきた浜野だが「W杯と同じでオリンピックは自分にとっては想像つかない大舞台です。想像していないからこそ恐怖心はないです」と、想像できないぐらいの大きなものだとした。 なでしこジャパンの初戦は世界女王のスペイン女子代表。浜野はU-20ワールドカップの決勝でも対戦している国だ。 「スペインというチームはサッカー大国で、自分の憧れの国。ブラジルもそうですが、サッカーが日常にある国に日本がなっていくためには、そういう国に勝たないといけないです。1試合1試合勝っていきたいと思います」と、強国相手にもしっかりと結果を残したいと意気込んだ。 パリ・オリンピックに向けての心境は「想像はつかないですが、毎日しっかりコンディションを整えて、ケガなしで思い切ってプレーできるようにしたいです」と、試合にしっかりと出られるように準備をするとコメント。ゴールやアシストという結果も最近はついてきているが「立ち位置とかはわからないですが、試合に入っていって、結果も出ているので、今まではチャレンジという感じでしたが、背負うものが大きくなるので、しっかり戦いたいです」と、日の丸を背負うことの大きさを実感し始めているという。 「国を背負うということがどれほど大きいことがわからなかったですけど、今になって石川にもたくさんの方が足を運んでくださって、やっぱり応援されているのはわかりますし、本当に勝たなければいけないという思いが強くなりました。金メダルを獲って帰りたいと思います」 浜野は常に金メダルを口に。女子W杯はケガで悔し涙に終わったが、パリ・オリンピックは歓喜の涙に変えられるか注目だ。 <span class="paragraph-title”>【動画】浜野まいかがダイレクトボレーでネットを揺らす!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="ja" dir="ltr">(@cxfootball) <a href="https://twitter.com/cxfootball/status/1812035351629955122?ref_src=twsrc%5Etfw">July 13, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.07.13 21:30 Sat
4

「CLで活躍したい」シティ加入のなでしこDF清水梨紗、チームメイトになる親友・長谷川唯に「一緒にプレーするのが楽しみ」

マンチェスター・シティ・ウィメンに加入したなでしこジャパンのDF清水梨紗(28)が、新天地での意気込みを語った。 12日、シティはウェストハムを退団していた清水の加入を発表。契約期間は2027年6月30日までの3年間、背番号は「2」に決定した。 日テレ・東京ヴェルディベレーザの下部組織時代からの親友である、なでしこジャパンMF長谷川唯と再びチームメイトになる清水。クラブでのファーストインタビューで意気込みを語った。 「本当にこのチームの仲間に入れて凄く嬉しいですし、早くみんなとプレーがしたいと思っています」 シティとはウェストハム時代に対戦している中、印象については「見ていて楽しいサッカーをしているなと思っていましたし、やっぱりチャンピオンズリーグに出て自分も活躍したいなと思いました」とコメント。より高いレベルでのプレーができると期待しているようだ。 実際にクラブに来ての印象は「ビックリしましたし、改めてここに私も入れるんだと実感して、今はとても楽しみです」とコメント。「施設の大きさに一番ビックリして、全てが揃っているなと思いました」と、規模の大きさにまずは驚いたという。 恵まれた環境で、トップレベルでのサッカーができることについては「全てをここでできるということは、自分のコンディションにとっても良いことだと思いますし、何もかもがここに揃っていることはプラスでしかないです」と地震への影響をコメント。「新しい刺激というのを受けられると思いますし、その選手たちに負けないように頑張っていきたいと思います」と、新たなチームメイトとのプレーにも言及した。 シティが戦うFA女子スーパーリーグ(FAWSL)では、チェルシー・ウィメンが5連覇中。2016年に優勝しているシティだが、その後は8シーズンで2位が6回、3位が1回という状況だ。 「このシティがトップのレベルだと思っているので、その中で自分がどう活躍していくかというのを日々努力しながら頑張りたいと思います」と語る清水。親友でもある長谷川についても言及し、同じようにチームの力になっていきたいと意気込んだ。 「凄く長い期間一緒にやってきた選手なので、一緒にプレーすることは楽しみですし、自分もシティの力になれるように頑張っていきたいと思います」 長谷川からはは「良いチームだと聞いています」と語った清水。「今の自分の実力も試せますし、このチームで優勝だったり、たくさん色々な試合で勝っていきたいと思います」と、改めてシティで成し遂げたいことを言及。ウェストハムでは右サイドバックだけでなく、左サイドバックや昨シーズン終盤はボランチでプレーしていたが、「ほとんど右サイドバックでプレーしていますが、左サイドバックでもプレーできることは求められていると思います。そういったところで自分の良さを出せればと思います」と、チームに求められていることを出していきたいとした。 プレースタイルtについては「シティは凄くボールを保持するチームですし、そういうプレースタイルが好きなので、合っていると思います」と、シティの戦い方が自分にも合っていると語る清水。「試合に出続けたい」と目標を語る中で、タイトル獲得を口にした。 「イングランドのトップレベルのリーグで優勝カップを挙げることは凄くハードですし、それに対して自分が貢献してシティが優勝というのに少しでも力になれればと思います」 日本人選手2人目の加入となり、年齢と契約内容を考えても即戦力としての活躍が期待されていることは間違いない。 応援してくれるファンに向けては「チームに貢献できるように頑張るので、これから応援よろしくお願いします」とコメント。どんなプレーを見せてくれるのか注目が集まる。 <span class="paragraph-title”>【動画】まるでモデル! 清水梨紗のシティ加入ムービーが話題</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="ja" dir="ltr"> <a href="https://t.co/JCXZX8GtnM">pic.twitter.com/JCXZX8GtnM</a></p>&mdash; Manchester City (@ManCityJP) <a href="https://twitter.com/ManCityJP/status/1811717709207601330?ref_src=twsrc%5Etfw">July 12, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.07.13 12:55 Sat
5

「個人的には今までで最悪なぐらいの内容」前半苦戦も4-0快勝、長谷川唯が考える課題は? パリ五輪までの残り期間は「頭の整理が大事」

なでしこジャパンのMF長谷川唯(マンチェスター・シティ・ウィメン)が、ガーアン女子代表選を振り返った。 13日、金沢ゴーゴーカレースタジアムで、MS&ADカップ2024 〜能登半島地震復興支援マッチ がんばろう能登~のなでしこジャパンvsガーナ女子代表が行われた。 パリ・オリンピックに臨むなでしこジャパンとしては、最後の実戦。これからパリへと移動し、現地で本大会に向けて調整を続ける。 試合は通常の[3-4-3]ではなく、[4-3-3]で臨んだ日本。長谷川はボランチではなく、インサイドハーフのポジションでプレー。しかし、ガーナがしっかりとボールを保持してて集ってくる中、なでしこはなかなかボールをうまく繋げず、攻撃の形がうまく作れない。 そんな中で相手選手がDOGSOを取られて一発退場。日本は11vs10の戦いとなり、ブロックを作ってくる相手に対してさらに苦しむ形となった。 ゴールレスで迎えた後半は、[3-4-3]にシステムを変更。すると、選手の距離感が良くなったこともあり、徐々にボールをつなげることに。すると田中美南、浜野まいか、藤野あおば、植木理子と前線の4人がゴールを奪い、4-0で勝利を収めた。 試合後、長谷川はゲームを振り返り、前半は最悪の出来だったと振り返った。 「4-0という結果自体はパリの大会に向けて勢いづくと思いますが、前半は特に課題が多い試合になったなというのが正直なところです」 「自分自身、少し前目でプレーすることもあった中で、前で待つシーンが多かったなと思って、なかなかボールに触れずにリズムが出ないなというところでした」 「個人としても今までで最悪なぐらいの内容かなと思いましたが、後半はシステムを変えて少しボールを触れるようになった中で、リズムができてチャンスメイクは多少できたかなと思います。もっと早く前半から良いテンポで回せるように、システムなりポジションなり、立ち位置を考えてできれば良いなと思います」 「今回はチャレンジした部分も多いので、パリではそこまでの余裕もないので、しっかり考えてプレーしたいと思います」 システムが変わったこともあり、なかなか良い形でボールに触れていなかった長谷川だったが、後半はいつものポジションに戻り、しっかりとゲームメイク。後方の方がプレーはしやすいものの、前に入ってもしっかりとプレーしたいと反省した。 「もちろん後ろに下がった方が相手のプレッシャーもなくて余裕ができて簡単にプレーできると思いますけど、できれば狭いスペースでチャンスメイクできればと思っています」 「そもそもそこにボールが入るか入らないかというのがあるので、縦パスを入れるタイミングは相手が10人になって引いてきた部分もあったので難しかったですけど、縦パスを自分が入れる役なのか、受け手になるのかは、試合の流れを見ながらポジションを取っていければと思います」 試合中にはMF長野風花や前半はアンカーに入っていたDF熊谷紗希らと何度もコミュニケーションを取っていた。 特に前半は修正に苦労していたが「前半は相手が11人の時はポゼッションされてボールを持たれた感覚があって、思っていたよりも繋いでくる印象でした」と振り返り、「1トップで追いきれない時に自分が前に行って2トップにする感じで柔軟性を持ちました」と、自身がサポートに入ることで活路を見出そうとしていたという。 また数的優位になってからのプレーについては「カウンターっていうのが自分たちのリスクがなくなった中で、ブロックが敷かれると難しく、最近はそういう戦い方はしていないなと思いました」と、なかなか引いた相手と戦うことがなく、戸惑ったとコメント。「前半は本当に苦労したなと思いますし、ボールを触れない時間帯が多かったなと思います。11人でやりたかった部分はありますけど、本大会でこういう試合もあり得ると思うので、そういう点では大会前の一番大事な試合で良い試合になったと思います」と、想定外のことも起こったものの、その確認が本大会前にできたことをポジティブに捉えた。 この試合では藤野の直接FKなど、セットプレーも機能した。長谷川は「セットプレーというのは代表活動で力を入れてきているというか、色々なパターンを練習でやっているので、それが出たと思いますし、狙い通りの得点が決められたと思います」とコメント。「本大会ではセットプレーがカギになると思うので、続けていければ良いかなと思います」と、自分たちのものにしたいとした。 残り10日で開幕を迎えるパリ・オリンピック。「自分たちの頭の整理が大事だと思います」と、残りの日々の大切さを語る長谷川。「残り10日で、強度はまだ足りなかったと思うので、一対一は個人が突き詰めていきながら、チームとしては戦術の整理、いくつかある中でのプレー選択をしっかりやれていければ良いかなと思います」と語り、これまで長らくプレーしてきた選手たちと池田太監督と共に、最高の姿をパリで見せることを約束した。 2024.07.13 21:05 Sat

NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly