熊谷紗希&南萌華がフル出場のローマがアヤックスに快勝! 門脇真依のローゼンゴードは連敗スタート…バイエルンやバルサも勝利【UWCL】

2023.11.24 12:55 Fri
ローマがホームでアヤックス相手に勝利
Getty Images
ローマがホームでアヤックス相手に勝利
2023-24UEFA女子チャンピオンズリーグ(UWCL)グループステージ第2節の8試合が、23日、24日に行われた。
PR
グループCでは、なでしこジャパンのDF南萌華とDF熊谷紗希を擁するローマが、ホームにアヤックスを迎えた。
初戦のバイエルン戦で劇的ドローに終わったローマ。熊谷はアンカーで、南はセンターバックの一角でフル出場した。

試合は立ち上がりからローマが主導権を握ると、開始5分、熊谷の仕掛けで得たCKからのクロスをGKが弾くと、ファーで待っていたバレンティーナ・ジアチンティが豪快に蹴り込み先制する。

さらに14分には、相手のGKからのビルドアップでミス。パスがズレた所を見逃さなかったジアチンティが押し込み追加点を奪う。
しっかりとリードを広げたローマは、後半にも追加点。47分、相手のパスミスを奪うと、ボックス右からのクロスをマヌエラ・ジュリアーノがボレーで合わせて3点目。そのまま3-0で勝利を収めた。

グループAではベンフィカとローゼンゴードが対戦。日本人FW門脇真依は3トップの中央で先発するも、結果を残せず。試合はフランシスカ・ナザレスのゴールを守ったベンフィカが勝利。ローゼンゴードは連敗スタートとなった。

なお、もう1試合はフランクフルトvsバルセロナが行われ、1-3でバルセロナが勝利。フランクフルトがラウラ・フライガンクのゴールで先制するも、バルセロナはサルマ・パラジュエロの2ゴール、マリオナ・カルデンテイのゴールで逆転勝利を収め連勝スタートとなった。

グループDではヘッケンがホームにレアル・マドリーを迎え、2-1で逆転勝利を収め連勝スタート。もう1試合はチェルシーがサマンサ・カーのハットトリックなどでパリFCを4-1で下している。

グループBはリヨンとブランがそれぞれ勝利。共に連勝スタートとなった。

◆UEFA女子チャンピオンズリーグ第2節
グループA
ベンフィカ 1-0 ローゼンゴード
フランクフルト 1-3 バルセロナ

グループB
リヨン 2-0 ザンクト・ペルテン
ブラン 1-0 スラヴィア・プラハ

グループC
ローマ 3-0 アヤックス
パリ・サンジェルマン 0-1 バイエルン

グループD
チェルシー 4-1 パリFC
ヘッケン 2-1 レアル・マドリー



PR
1 2
関連ニュース

UWCLの準々決勝組み合わせが決定!昨季王者のバルセロナはブラン、浜野まいか所属のチェルシーはアヤックスと対戦

UEFA女子チャンピオンズリーグ(UWCL)のノックアウトステージ組み合わせ抽選会が6日にスイスのニヨンで実施された。 元イングランド代表FWジョディ・テイラー氏らによって行われた抽選の結果、昨季王者のバルセロナは、躍進のSKブランと対戦。歴代最多8度の優勝を誇るリヨンは、初の準々決勝進出を決めたベンフィカと顔を合わせる。 浜野まいかが所属するチェルシーは、混戦のグループCを抜けたアヤックスと、同じくグループCを突破したパリ・サンジェルマン(PSG)は、ヘッケンと対戦する。 準々決勝以降へ向けては、各クラブ3名まで新規選手を登録できる。期限は3月14日まで。グループステージではメンバー登録がなされていなかった浜野にも、機会が巡ってくる可能性がある。 準々決勝第1戦は3月19/20日に、第2戦は3月27/28日に行われ、準決勝以降の組み合わせは以下の通り。決勝はスペインのビルバオ、サン・マメスで行われる。 ◆UWCL ▽準々決勝組合せ SKブラン(ノルウェー) vs バルセロナ(スペイン)--[A] ベンフィカ(ポルトガル) vs リヨン(フランス)--[B] アヤックス(オランダ) vs チェルシー(イングランド)--[C] ヘッケン(スウェーデン) vs パリ・サンジェルマン(フランス)--[D] ▽準決勝(4月20/21日、27/28日) [A]の勝者 vs [C]の勝者--[1] [B]の勝者 vs [D]の勝者--[2] ▽決勝(5月25日) [1]の勝者 vs [2]の勝者 <span class="paragraph-title">【動画】19-20UWCL決勝で熊谷紗希が決めたミドルシュート</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="OeNl-2OYwOU";var video_start = 2835;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.02.07 15:40 Wed

熊谷紗希&南萌華フル出場のローマはアヤックスに競り負けGS敗退…PSGらベスト8が出揃う【UWCL】

30日、UEFA女子チャンピオンズリーグ(UWCL)のグループステージ最終節が各地で行われた。 混戦のグループCでは、なでしこジャパンのDF熊谷紗希とDF南萌華を擁するローマが、アウェイでアヤックスと対戦。両選手は先発フル出場したが、チームは1-2で敗れ、グループステージ敗退となった。 最下位(勝ち点5)ながらもグループステージ突破の可能性を残すローマは、2位アヤックス(勝ち点7)に勝利し、他会場の3位バイエルン(勝ち点6)vsパリ・サンジェルマン(PSG/勝ち点9)の結果待ちという条件下、マヌエラ・ジュリアーノのFKからエリザ・バルトリが気迫のダイビングヘッドを見せて32分に先制する。 だが、勝てば突破確定のアヤックスも意地を見せ、前半終了間際に中盤で熊谷からボールを奪ってカウンターに転じると、ティニー・フックストラが同点弾を挙げ、タイスコアで試合を折り返す。この間、別会場では、バイエルンがPSGに1-0とリードを奪っていた。 勝って奇跡を信じたいローマは後半も攻勢を掛けるが、前に出たのはホームチームだった。 84分、シェリダ・スピッツェのニアへのCKがローマのストーン、ザラ・クラムジャルのオウンゴールを誘発して逆転に成功。これが決勝点となり、アヤックスがグループステージ突破を決めた。 また、他会場では73分にPSGが追い付き、2分後にバイエルンが勝ち越す展開となっていたが、88分のオウンゴールでPSGが再び同点とし、2-2でタイムアップ。この結果、PSGが6年連続の準々決勝進出を決め、バイエルンは6年ぶりのグループステージ敗退を喫した。 グループDでは、すでにベスト8入りを決めているチェルシーが、アウェイでパリFCに4-0と快勝。ヘッケンはアウェイでレアル・マドリーを1-0で下し、2位通過を決めた。 グループAとBの最終節は31日に行われるが、グループAはバルセロナとベンフィカ、グループBはリヨンとSKブランがグループステージ突破をすでに決めているため、ベスト8が出揃うこととなった。 ◆2023-24UWCLベスト8進出チーム バルセロナ(スペイン) ベンフィカ(ポルトガル) リヨン(フランス) SKブラン(ノルウェー) パリ・サンジェルマン(フランス) アヤックス(オランダ) チェルシー(イングランド) ヘッケン(スウェーデン) <span class="paragraph-title">【動画】熊谷のボールロストからローマが同点ゴールを被弾…</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="IVylfo82Rvg";var video_start = 231;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.01.31 16:35 Wed

ローゼンゴード門脇真依が意地のゴール!熊谷紗希&南萌華のローマはバイエルンとドローでGS突破に黄色信号【UWCL】

UEFA女子チャンピオンズリーグ(UWCL)のグループステージ第5節が24日から25日にかけて行われた。 ▽グループC 3ポイント差に4チームがひしめく混戦の同組では、なでしこジャパンのDF熊谷紗希とDF南萌華を擁する最下位ローマが、24日にホームで3位バイエルンと対戦した。両日本人選手はフル出場を果たしている。 序盤から攻勢に出たローマは、33分にバレンティナ・ジャチンティのゴールで先制に成功。87分に南がレア・シューラーに競り負け、同点弾を献上したものの、90+3分にマヌエラ・ジュリアーノの技ありボレーで再びリードを奪った。 だが、90+6分にセットプレーからまたもシューラーに同点弾を許し、2-2のドローでタイムアップを迎えた。 グループCのもう1試合は、パリ・サンジェルマン(PSG)がアヤックスに3-1で勝利。この結果、順位は以下の通りに。最終節はバイエルンvsPSG、アヤックスvsローマとなり、ローマのグループステージ突破は、勝利した上での他会場の結果次第となる。 ◆UWCL グループC順位表 首位:PSG(勝ち点9) 2位:アヤックス(勝ち点7) 3位:バイエルン(勝ち点6) 4位:ローマ(勝ち点5) ▽グループA 4連敗ですでにグループステージ敗退が決まっているローゼンゴードだが、門脇真依がホームのベンフィカ戦で意地を見せた。 2トップの一角で先発フル出場した門脇は、1-2とビハインドで迎えた82分に同点ゴールを奪取。6のスルーパスに反応して、GKとの一対一を冷静に制した。 裏を狙った一度目のタイミングではボールが出てこなかったが、ポジションを取り直して再びスペースへパスを要求。海外実況も「素晴らしい動き」と伝えた。 ローゼンゴードとベンフィカは2-2の引き分けで試合を終え、ベンフィカはクラブ史上初のグループステージ突破が決定。すでにベスト8入りを決めているバルセロナは、フランクフルトと2-0で退けている。 なお、今冬に加入したローゼンゴードのMF谷川萌々子と、フランクフルトのFW千葉玲海菜は、グループステージ向けメンバーの登録期間の関係でベンチ外となっている。 ◆UWCL グループA順位表 首位:バイエルン(勝ち点15)☆ 2位:ベンフィカ(勝ち点8)☆ 3位:フランクフルト(勝ち点4) 4位:ローゼンゴード(勝ち点1) ▽グループB 大会最多8度の優勝を誇るリヨンがザンクト・ペルテンを7-0と一蹴。ノルウェー女子代表FWアダ・ヘゲルベリが、史上初となる単独クラブでのUWCL60ゴールを達成している。 また、スラヴィア・プラハを1-0で下したSKブランが、初の準々決勝進出を決めている。 ◆UWCL グループB順位表 首位:リヨン(勝ち点13)☆ 2位:SKブラン(勝ち点10)☆ 3位:スラヴィア・プラハ(勝ち点4) 4位:ザンクト・ペルテン(勝ち点1) ▽グループD チェルシーの浜野まいかはメンバー外だったが、チームはスタンフォード・ブリッジでレアル・マドリーに2-1で勝利。グループステージ突破を確定させた。 ◆UWCL グループD順位表 首位:チェルシー(勝ち点11)☆ 2位:ヘッケン(勝ち点8) 3位:パリFC(勝ち点7) 4位:レアル・マドリー(勝ち点1) ☆はグループステージ突破チーム <span class="paragraph-title">【動画】見事な動き出したから門脇真依がベンフィカ相手にゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="NuWGb76OAEk";var video_start = 393;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> <span class="paragraph-title">【ハイライト動画】2度のリードもローマは逃げ切れずバイエルンとドロー</span> <span data-other-div="movie2"></span> <script>var video_id ="-cArVPf7sg4";var video_start = 13;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.01.26 21:15 Fri

熊谷紗希&南萌華先発のローマはPSG戦黒星…浜野まいか欠場のチェルシーは首位奪還【UWCL】

UEFA女子チャンピオンズリーグ(UWCL)はグループステージ第4節の4試合が21日に各地で行われた。 グループCではなでしこジャパンのDF熊谷紗希とDF南萌華を擁するローマが、ホームでパリ・サンジェルマン(PSG)と対戦。熊谷は[3-5-2]のアンカーで、南は左センターバックで先発出場するも、チームは1-3で敗れた。 ボール保持に勝るローマが敵陣でプレーする時間を伸ばしたものの、26分ショートカウンターから失点。最終ラインからのパスを中盤でカットされ、昨季はユベントスで女子セリエA得点王に輝いたマラウイ女子代表FWタバサ・チャウィンガに先制点を許した。 チャンスは作るも得点が奪えないローマは、67分に再び失点。チャウィンガの力強いドリブルから最後はフランス女子代表FWマリー・アントワネット・カトトに追加点を奪われると、76分にはアメリカ女子代表の新星コービン・アルバートにもゴールを許した。 ローマは3点ビハインドの中で88分、熊谷の縦パスが起点となって得たFKをイタリア女子代表MFマヌエラ・ジュリアーノが直接沈めて1点を返すが、反撃もここまで。1勝1分け2敗でグループ最下位に転落した。 ただ、グループCのもう1試合ではバイエルンがアヤックスに0-1で敗れたため、無敗チームはゼロに。首位に浮上したアヤックスも勝ち点「7」と、混戦模様を呈している。 また、グループDでは1勝2分けで迎えたチェルシーが、2勝1分けのヘッケンをアウェイで下し、首位奪還。1勝2敗だったパリFCもレアル・マドリーを1-0で破り、勝ち点はチェルシーが「8」、ヘッケンが「7」、パリFCが「6」と混戦の中で、マドリーのみが「1」と取り残されている。 なお、先のリーグ戦で新天地デビューを果たしたチェルシーの浜野まいかだが、今回の遠征ではメンバー外となっている。 <span class="paragraph-title">【動画】チャウィンガの力強さが目を惹く、ローマvsPSGハイライト</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="sJiGFWgRa88";var video_start = 100;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> <span class="paragraph-title">【動画】エリン・カスバートが見事な2発、ヘッケンvsチェルシーのハイライト</span> <span data-other-div="movie2"></span> <script>var video_id ="DW4uky6ORLI";var video_start = 16;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.12.21 14:30 Thu

熊谷紗希&南萌華フル出場のローマがPSGにアウェイで敗戦【UWCL】

UEFA女子チャンピオンズリーグ(UWCL)はグループステージ第3節の4試合が14日に各地で行われた。 なでしこジャパンの熊谷紗希と南萌華はアウェイでパリ・サンジェルマン(PSG)と対戦。熊谷はアンカーで、南はセンターバックの一角で先発フル出場を果たした。 試合はこう着状態のまま進んだが、44分にPSGがチャンス。CKの流れからの競り合いで、マリー・アントワネット・カトトがボックス内で倒されPK獲得。グレイス・ゲヨロが落ち着いて決めてPSGが先制する。 前半は1-0でPSGリードで終わった中、後半早々にスコアが動くことに。ボックス内右を仕掛けたゲヨロがグラウンダーのクロス。これをカトトが合わせて、PSGがリードを広げた。 ローマは58分にバレンティナ・ジャチンティが1点を返すが、2-1で敗戦。バイエルンとアヤックスが1-1の引き分けに終わったため、3試合を終えて全チームが1勝という混戦状態となっている。 グループDではチェルシーがBKヘッケンと対戦。FW浜野まいかはメンバー入りせず、試合も0-0のゴールレスドローに終わった。 もう1試合は、予選で躍進を見せたパリFCがレアル・マドリーを2-1で下し大会初勝利。マドリーは初勝利がまたもお預けとなった。 2023.12.15 22:20 Fri
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly