「湿度と暑さがとてもキツい」ジャパンツアー勝利なしのPSG、ソレールがラストのインテル戦へ意気込み「サポーターを喜ばせる」

2023.07.31 23:45 Mon
©超ワールドサッカー
パリ・サンジェルマン(PSG)のスペイン代表MFカルロス・ソレールが、ジャパンツアーのラストマッチを前に、メディアの取材に応じた。

PSGは今シーズンからルイス・エンリケ監督を招へい。また、レアル・マドリーからスペイン代表FWマルコ・アセンシオインテルからスロバキア代表DFミラン・シュクリニアル、バイエルンからフランス代表DFリュカ・エルナンデスなどを獲得。新戦力を加えた一方で、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシや元スペイン代表DFセルヒオ・ラモスらが退団した。
ジャパンツアーでは、これまでアル・ナスル、セレッソ大阪と大阪で2試合を行い、アル・ナスルと引き分け、C大阪には敗れていた。

8月1日には国立競技場でインテルとジャパンツアーの締めくくりとなる試合を戦う中、前日練習が公開。サポーターもスタンドで見守った。

ここまでプレーしていないブラジル代表FWネイマールもしっかりとトレーニングに参加。およそ1時間ほどのトレーニングは、広めのロンドから、システムに選手を配置し、ルイス・エンリケ監督の直接指導のもとでボールの動かし方を確認。その後、左右のサイドに分かれて、クロスからのシュートという練習を繰り返した。
トレーニグ後、ソレールが取材に応じ、インテル戦に向けての意気込みを語った。

「プレシーズンの1つの試合ということだが、シーズン開始に向けての重要な試合という位置付けで準備している。監督の新しい戦術を試合でしっかりとやれるように、今は確認しているところだ」

「子供たち、サポーターが観に来てくれるので、しっかりと良い準備をしたい」

意気込みを口にした中、前述の通り日本ではここまで勝利なし。大阪での2試合は暑さもキツかったとした。

「日本での試合は湿度がとても高く、暑さもとてもキツく、結果が振るわないことになっているが、分かっているのはシーズンに向けて良い試合をしていくということ。サポーターとPSGを愛してくれる方を喜ばせることが大事だ」

ファンのためにも勝利で締めくくりたいPSG。ソレールは日本やファンの印象を語った。

「ホテルであったり、準備というところでは非常に良い準備をしてくれている。試合をする上でも、サポーターの応援、チームとして準備をするというところもとても助けてもらっている」

「こういう形で、世界に対しても僕たちが強いチームであることを発信していきたい」

カルロス・ソレールの関連記事

パリ・サンジェルマン(PSG)はナポリのナイジェリア代表FWビクター・オシムヘン(25)獲得に向け、選手を差し出す構えを見せているようだ。 昨シーズン限りで、チームのエースだったフランス代表FWキリアン・ムバッペが契約満了により退団となったPSG。今夏の移籍市場では、後釜となるストライカー確保が急務となっている。 そんなPSGが獲得を望んでいるのがオシムヘンだ。ナポリの得点源として2022-23シーズンにはスクデットの獲得に貢献し、昨シーズンも公式戦32試合17ゴール4アシストを記録するなど、トップクラスの活躍を続けている。 2026年夏までナポリと契約を残すオシムヘンだが、1億3000万ユーロ(約226億円)の違約金が存在している模様。移籍市場に精通するジャーナリストのジャンルカ・ディ・マルツィオ氏によると、PSGは違約金減額を望み、選手を含めた交渉を模索しているようだ。 その候補となる選手は、韓国代表FWイ・ガンイン(23)、元フランス代表DFノルディ・ムキエレ(26)、スペイン代表MFカルロス・ソレール(27)の3名とのこと。15日の交渉で、その旨をナポリに伝えたという。 しかし、アントニオ・コンテ監督が新シーズンから指揮を執るナポリは、現段階でイ・ガンイン以外に関心を示さず。イ・ガンインに対しての関心も高いものではなく、難しい交渉になることが予想されている。 2024.07.16 10:05 Tue
ブライトンが、パリ・サンジェルマン(PSG)のスペイン代表MFカルロス・ソレール(27)に関心を示しているようだ。フランス『Le Parisien』が報じている。 31歳の青年指揮官ファビアン・ヒュルツェラー新監督の下、新シーズンは[3-4-3]の布陣がメインシステムとなりそうなブライトン。 その新布陣でカギを握る中盤では卓越した戦術眼と技術を併せ持つドイツ代表MFパスカル・グロスの流出が濃厚と見られ、先日に後釜候補のオランダ代表MFマッツ・ヴァイファーを獲得したとはいえ、若手が目立つポジションに経験豊富な選手を補強したいところだ。 そんななかでシーガルズは、以前にアストン・ビラやレアル・ソシエダ、ビジャレアルといったクラブとの関連付けがされていたスペイン代表への関心を強めているようだ。 2022年夏にバレンシアからPSGに加入したソレールは、加入2シーズンで公式戦60試合以上に出場。一見すると十分に出場機会を得られているが、クラブとして最優先事項のチャンピオンズリーグ(CL)ではわずかに先発2試合、リーグ戦でも先発26試合と完全にバックアッパーに甘んじる。 昨シーズンはスペイン代表でも指導を受けたルイス・エンリケ監督の就任によって、より重要な役割を任されるかに思われたが、MFヴィティーニャやMFウォーレン・ザイール=エメリとのポジション争いで後れを取った。 選手自身はパリでの生活に満足しているものの、クラブは今夏のタイミングで完全移籍での売却か、給与負担を少しでも軽減すべくレンタル移籍での放出を考慮している。 2024.07.15 23:38 Mon
レアル・ソシエダが、パリ・サンジェルマン(PSG)のスペイン代表MFカルロス・ソレール(27)に関心を示しているようだ。フランス『フットメルカート』が報じている。 2022年夏にバレンシアからPSGに加入したソレール。加入2シーズンでは公式戦60試合以上に出場。一見すると十分に出場機会を得られているように見えるが、クラブとして最優先事項のチャンピオンズリーグ(CL)ではわずかに先発2試合、リーグ戦でも先発26試合と完全にバックアッパーに甘んじる。 今シーズンはスペイン代表でも指導を受けたルイス・エンリケ監督の就任によって、より重要な役割を任されるかに思われたが、MFヴィティーニャやMFウォーレン・ザイール=エメリとのポジション争いで後れを取った。 選手自身はパリでの生活に満足しているものの、クラブは今夏のタイミングで完全移籍での売却か、給与負担を少しでも軽減すべくレンタル移籍での放出を考慮しているという。 先日には同胞ウナイ・エメリ監督が率いるアストン・ビラとの交渉が報じられたが、初期段階の交渉から話は進んでいない模様。また、ソレールが求める給与水準を満たせる移籍先は少なく、クラブは給与の大部分を負担しつつレンタルでの放出がベターな解決策だと捉えている。 そういった中、MFマルティン・スビメンディ、MFミケル・メリーノと中盤の主力2選手に引き抜きの噂が絶えないラ・レアルは、ソレールのレンタルに関心を示しているようだ。 ただ、同選手に関心を示すのはソシエダだけでなく、今冬の移籍市場でも関心を示していたビジャレアルも今夏再アプローチをする可能性があるとのことだ。 2024.05.26 07:15 Sun
モナコの日本代表MF南野拓実が多くの称賛を集めている。 1日に行われたリーグ・アン第24節で首位のパリ・サンジェルマン(PSG)をホームに迎えたモナコ。南野は[4-4-2]の左サイドハーフで先発すると、相手GKジャンルイジ・ドンナルンマに阻まれたもののミドルシュートなど好機を演出。ゴールとはならなかったものの、途中からは右サイドにポジションを移しながら見せ場を作った。 その南野がスタジアムを最も沸かせたのは42分のプレーだった。 左サイドのタッチライン際でボールを受けた南野だが、PSGのアクラフ・ハキミとカルロス・ソレールに囲まれる形に。それでも次の瞬間に右の足裏を使って軸足の後ろを通すターンで2人の間を突破。現地の実況も唸らすプレーだった。 この華麗なプレーは、モナコやリーグ・アンの公式SNSでもピックアップ。ファンからも「すごいキレ」、「えぐすぎ」、「気持ち良すぎる」、「たまらん」と称賛が集まっている。 RCランス戦に続き好パフォーマンスを見せた南野。次節は10日、ストラスブールと対戦する。 <span class="paragraph-title">【動画】南野拓実が一気に2人を抜き去るキレキレのターン!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="en" dir="ltr">How good Takumi Minamino is? Well... <a href="https://t.co/muDiU07jpE">pic.twitter.com/muDiU07jpE</a></p>&mdash; Ligue 1 English (@Ligue1_ENG) <a href="https://twitter.com/Ligue1_ENG/status/1764552368757059932?ref_src=twsrc%5Etfw">March 4, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.03.05 12:25 Tue
パリ・サンジェルマン(PSG)の選手たちから日本語でひな祭りを祝うメッセージが届いている。 今シーズンのリーグ・アンで首位を独走するPSG。2022年と2023年には2年連続でオフシーズン中に来日しており、日本での人気もあるチームだ。 そのPSGは3日、ひな祭りに合わせて日本語版の公式X(旧ツイッター)を更新。選手からのひな祭りを祝う日本語のメッセージが公開されている。 DFレイヴァン・クルザワ、FWキリアン・ムバッペ、MFカルロス・ソレール、MFヴィティーニャの4人が、順番に「ハッピー、ひな祭り」と日本語を話してくれている。 だが、なかなか日本語の発音は難しい模様。フランス語は「H」の発音をしないためか、特に「ひ」の部分が「い」になる選手が多かった。 PSG選手たちのメッセージには、ファンも「全然HAPPYそうじゃない」、「シュールすぎる」、「今週1番楽しみにしてたやつキタ―」とコメントしている。 <span class="paragraph-title">【動画】PSGの選手が日本語でひな祭りを祝ってくれる!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="ja" dir="ltr">ひな祭り<br><br>日本の皆さんにパリからお祝いのメッセージが届いてます!<a href="https://twitter.com/hashtag/PSG%E3%81%A8%E7%A5%9D%E3%81%86%E3%81%B2%E3%81%AA%E7%A5%AD%E3%82%8A?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#PSGと祝うひな祭り</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/3%E6%9C%883%E6%97%A5?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#3月3日</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%81%B2%E3%81%AA%E7%A5%AD%E3%82%8A?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ひな祭り</a> <a href="https://t.co/JlIA6Q6ooY">pic.twitter.com/JlIA6Q6ooY</a></p>&mdash; PSG Japan (@PSGJapan) <a href="https://twitter.com/PSGJapan/status/1764078278359564523?ref_src=twsrc%5Etfw">March 3, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.03.04 12:35 Mon

記事をさがす

カルロス・ソレールの人気記事ランキング

1

新たなエースとしてオシムヘン獲得望むPSG、ナポリにイ・ガンインら選手を含めたオファーか

パリ・サンジェルマン(PSG)はナポリのナイジェリア代表FWビクター・オシムヘン(25)獲得に向け、選手を差し出す構えを見せているようだ。 昨シーズン限りで、チームのエースだったフランス代表FWキリアン・ムバッペが契約満了により退団となったPSG。今夏の移籍市場では、後釜となるストライカー確保が急務となっている。 そんなPSGが獲得を望んでいるのがオシムヘンだ。ナポリの得点源として2022-23シーズンにはスクデットの獲得に貢献し、昨シーズンも公式戦32試合17ゴール4アシストを記録するなど、トップクラスの活躍を続けている。 2026年夏までナポリと契約を残すオシムヘンだが、1億3000万ユーロ(約226億円)の違約金が存在している模様。移籍市場に精通するジャーナリストのジャンルカ・ディ・マルツィオ氏によると、PSGは違約金減額を望み、選手を含めた交渉を模索しているようだ。 その候補となる選手は、韓国代表FWイ・ガンイン(23)、元フランス代表DFノルディ・ムキエレ(26)、スペイン代表MFカルロス・ソレール(27)の3名とのこと。15日の交渉で、その旨をナポリに伝えたという。 しかし、アントニオ・コンテ監督が新シーズンから指揮を執るナポリは、現段階でイ・ガンイン以外に関心を示さず。イ・ガンインに対しての関心も高いものではなく、難しい交渉になることが予想されている。 2024.07.16 10:05 Tue
2

中盤補強狙うブライトン、PSGで控えに甘んじるソレールに関心か?

ブライトンが、パリ・サンジェルマン(PSG)のスペイン代表MFカルロス・ソレール(27)に関心を示しているようだ。フランス『Le Parisien』が報じている。 31歳の青年指揮官ファビアン・ヒュルツェラー新監督の下、新シーズンは[3-4-3]の布陣がメインシステムとなりそうなブライトン。 その新布陣でカギを握る中盤では卓越した戦術眼と技術を併せ持つドイツ代表MFパスカル・グロスの流出が濃厚と見られ、先日に後釜候補のオランダ代表MFマッツ・ヴァイファーを獲得したとはいえ、若手が目立つポジションに経験豊富な選手を補強したいところだ。 そんななかでシーガルズは、以前にアストン・ビラやレアル・ソシエダ、ビジャレアルといったクラブとの関連付けがされていたスペイン代表への関心を強めているようだ。 2022年夏にバレンシアからPSGに加入したソレールは、加入2シーズンで公式戦60試合以上に出場。一見すると十分に出場機会を得られているが、クラブとして最優先事項のチャンピオンズリーグ(CL)ではわずかに先発2試合、リーグ戦でも先発26試合と完全にバックアッパーに甘んじる。 昨シーズンはスペイン代表でも指導を受けたルイス・エンリケ監督の就任によって、より重要な役割を任されるかに思われたが、MFヴィティーニャやMFウォーレン・ザイール=エメリとのポジション争いで後れを取った。 選手自身はパリでの生活に満足しているものの、クラブは今夏のタイミングで完全移籍での売却か、給与負担を少しでも軽減すべくレンタル移籍での放出を考慮している。 2024.07.15 23:38 Mon
3

「湿度と暑さがとてもキツい」ジャパンツアー勝利なしのPSG、ソレールがラストのインテル戦へ意気込み「サポーターを喜ばせる」

パリ・サンジェルマン(PSG)のスペイン代表MFカルロス・ソレールが、ジャパンツアーのラストマッチを前に、メディアの取材に応じた。 PSGは今シーズンからルイス・エンリケ監督を招へい。また、レアル・マドリーからスペイン代表FWマルコ・アセンシオ、インテルからスロバキア代表DFミラン・シュクリニアル、バイエルンからフランス代表DFリュカ・エルナンデスなどを獲得。新戦力を加えた一方で、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシや元スペイン代表DFセルヒオ・ラモスらが退団した。 ジャパンツアーでは、これまでアル・ナスル、セレッソ大阪と大阪で2試合を行い、アル・ナスルと引き分け、C大阪には敗れていた。 8月1日には国立競技場でインテルとジャパンツアーの締めくくりとなる試合を戦う中、前日練習が公開。サポーターもスタンドで見守った。 ここまでプレーしていないブラジル代表FWネイマールもしっかりとトレーニングに参加。およそ1時間ほどのトレーニングは、広めのロンドから、システムに選手を配置し、ルイス・エンリケ監督の直接指導のもとでボールの動かし方を確認。その後、左右のサイドに分かれて、クロスからのシュートという練習を繰り返した。 トレーニグ後、ソレールが取材に応じ、インテル戦に向けての意気込みを語った。 「プレシーズンの1つの試合ということだが、シーズン開始に向けての重要な試合という位置付けで準備している。監督の新しい戦術を試合でしっかりとやれるように、今は確認しているところだ」 「子供たち、サポーターが観に来てくれるので、しっかりと良い準備をしたい」 意気込みを口にした中、前述の通り日本ではここまで勝利なし。大阪での2試合は暑さもキツかったとした。 「日本での試合は湿度がとても高く、暑さもとてもキツく、結果が振るわないことになっているが、分かっているのはシーズンに向けて良い試合をしていくということ。サポーターとPSGを愛してくれる方を喜ばせることが大事だ」 ファンのためにも勝利で締めくくりたいPSG。ソレールは日本やファンの印象を語った。 「ホテルであったり、準備というところでは非常に良い準備をしてくれている。試合をする上でも、サポーターの応援、チームとして準備をするというところもとても助けてもらっている」 「こういう形で、世界に対しても僕たちが強いチームであることを発信していきたい」 2023.07.31 23:45 Mon
4

「すごいキレ」「えぐすぎ」スタジアムも沸いた!PSGの2選手を一気に抜き去った南野拓実のキレキレのテクニックに称賛「気持ち良すぎる」

モナコの日本代表MF南野拓実が多くの称賛を集めている。 1日に行われたリーグ・アン第24節で首位のパリ・サンジェルマン(PSG)をホームに迎えたモナコ。南野は[4-4-2]の左サイドハーフで先発すると、相手GKジャンルイジ・ドンナルンマに阻まれたもののミドルシュートなど好機を演出。ゴールとはならなかったものの、途中からは右サイドにポジションを移しながら見せ場を作った。 その南野がスタジアムを最も沸かせたのは42分のプレーだった。 左サイドのタッチライン際でボールを受けた南野だが、PSGのアクラフ・ハキミとカルロス・ソレールに囲まれる形に。それでも次の瞬間に右の足裏を使って軸足の後ろを通すターンで2人の間を突破。現地の実況も唸らすプレーだった。 この華麗なプレーは、モナコやリーグ・アンの公式SNSでもピックアップ。ファンからも「すごいキレ」、「えぐすぎ」、「気持ち良すぎる」、「たまらん」と称賛が集まっている。 RCランス戦に続き好パフォーマンスを見せた南野。次節は10日、ストラスブールと対戦する。 <span class="paragraph-title">【動画】南野拓実が一気に2人を抜き去るキレキレのターン!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="en" dir="ltr">How good Takumi Minamino is? Well... <a href="https://t.co/muDiU07jpE">pic.twitter.com/muDiU07jpE</a></p>&mdash; Ligue 1 English (@Ligue1_ENG) <a href="https://twitter.com/Ligue1_ENG/status/1764552368757059932?ref_src=twsrc%5Etfw">March 4, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.03.05 12:25 Tue
5

ソシエダ、PSGでバックアップに甘んじるソレールに関心か?

レアル・ソシエダが、パリ・サンジェルマン(PSG)のスペイン代表MFカルロス・ソレール(27)に関心を示しているようだ。フランス『フットメルカート』が報じている。 2022年夏にバレンシアからPSGに加入したソレール。加入2シーズンでは公式戦60試合以上に出場。一見すると十分に出場機会を得られているように見えるが、クラブとして最優先事項のチャンピオンズリーグ(CL)ではわずかに先発2試合、リーグ戦でも先発26試合と完全にバックアッパーに甘んじる。 今シーズンはスペイン代表でも指導を受けたルイス・エンリケ監督の就任によって、より重要な役割を任されるかに思われたが、MFヴィティーニャやMFウォーレン・ザイール=エメリとのポジション争いで後れを取った。 選手自身はパリでの生活に満足しているものの、クラブは今夏のタイミングで完全移籍での売却か、給与負担を少しでも軽減すべくレンタル移籍での放出を考慮しているという。 先日には同胞ウナイ・エメリ監督が率いるアストン・ビラとの交渉が報じられたが、初期段階の交渉から話は進んでいない模様。また、ソレールが求める給与水準を満たせる移籍先は少なく、クラブは給与の大部分を負担しつつレンタルでの放出がベターな解決策だと捉えている。 そういった中、MFマルティン・スビメンディ、MFミケル・メリーノと中盤の主力2選手に引き抜きの噂が絶えないラ・レアルは、ソレールのレンタルに関心を示しているようだ。 ただ、同選手に関心を示すのはソシエダだけでなく、今冬の移籍市場でも関心を示していたビジャレアルも今夏再アプローチをする可能性があるとのことだ。 2024.05.26 07:15 Sun

パリ・サンジェルマンの人気記事ランキング

1

移籍話のフリアン・アルバレス、シティがコパ・アメリカ後に選手陣営と改めて協議

マンチェスター・シティがアルゼンチン代表FWフリアン・アルバレス(24)とコパ・アメリカ2024後に改めて話し合うようだ。 2022年夏にリーベル・プレートから加わって以降、通算103試合で36得点18アシストのアルバレス。昨季も公式戦54試合に出場し、19得点13アシストと見事な成績を残した。 複数の攻撃的ポジションをこなせるのも魅力の1つだが、シティのセンターFW陣ではノルウェー代表FWアーリング・ハーランドが不動の一番手。昨季も1stチョイスにはなりきれず。 シティでは今後も間違いなく戦力に計算される存在だが、移籍話がちらほら。シティは当然、売る気なしだが、アトレティコ・マドリーやパリ・サンジェルマン(PSG)の影もちらつく。 移籍市場に精通するファブリツィオ・ロマーノ記者の最新情報によると、シティはコパ・アメリカ後、アルバレスの状況を話し合うため、選手陣営と再びの会談を予定するという。 アルバレスはより多くのプレー機会を求めている一方で、2028年6月までの契約を残すシティは売る気もなければ、値段の通知さえもしておらず。売却意思なしで変わらずの模様だ。 この夏はコパ・アメリカが終われば、パリ・オリンピックにオーバーエイジで参戦と多忙を極めるアルバレス。シティはあくまで引き留めの構えだが、今夏の去就やいかに。 2024.07.14 17:45 Sun
2

ネイマール、酒井宏樹への「クソ中国人」発言の瞬間の動画が公開…30日に重い処分が決定か

試合終了間際の乱闘事件から、人種差別発言の問題に発展しているパリ・サンジェルマン(PSG)とマルセイユの“ル・クラスィク”。その中でも最も注目を集めていたブラジル代表FWネイマールの発言だが、そのシーンの動画が公開された。 動画を公開したのは、スペイン『カデナ・セル』。ラジオ番組『El Larguero』がネイマールがマルセイユの日本代表DF酒井宏樹に対して侮辱的な発言をしているシーンのビデオを独占公開した。 その動画では、「chino de mierda(クソ中国人)」と「puta Liga(くそリーグ)」という言葉が発せられている。 この発言に対して、酒井は笑顔で応対しているが、決定的な動画が出てしまったことでネイマールには重い処分が下されることになるようだ。 ネイマールはビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)による退場処分を受け、最大で3試合の出場停止処分が下されている。しかし、フランス・プロリーグ機構(LFP)はネイマールの人種差別発言の処分については調査の関係上先延ばしにしており、30日にも発表される見通しだ。 ネイマール自身もマルセイユのDFアルバロ・ゴンサレスに人種差別発言を受けたと訴えており、こちらの件の処分も30日に決まる予定。何れにしても、“ル・クラスィク”で起こった事件の決着はやっと着きそうだ。 この試合では、すでにPSGのDFレイヴァン・クルザワが6試合、FWネイマールとMFレアンドロ・パレデスに2試合の出場停止と追加で1試合、マルセイユのDFジョルダン・アマヴィに3試合、MFダリオ・ベネデットが1試合の出場停止が課され、追加で唾吐き行為が発覚したPSGのアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリアが4試合の出場停止処分となっていた。 <span class="paragraph-title">◆酒井宏樹に対するネイマールが侮辱発言の瞬間</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="es" dir="ltr"> EXCLUSIVA <a href="https://twitter.com/ellarguero?ref_src=twsrc%5Etfw">@ElLarguero</a> <br><br> <a href="https://twitter.com/La_SER?ref_src=twsrc%5Etfw">@La_SER</a> accede al vídeo que demuestra que Neymar insultó a Hiroki Sakai en el PSG - Olympique de Marsella del pasado 13 de septiembre<br><br> Neymar llamó &quot;chino de mierda&quot; a Sakai y dijo también &quot;puta liga&quot;<a href="https://t.co/gkkkUhvp3X">https://t.co/gkkkUhvp3X</a> <a href="https://t.co/p2uCSnmOBg">pic.twitter.com/p2uCSnmOBg</a></p>&mdash; El Larguero (@ellarguero) <a href="https://twitter.com/ellarguero/status/1311056762418667524?ref_src=twsrc%5Etfw">September 29, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2020.09.30 17:25 Wed
3

新たなエースとしてオシムヘン獲得望むPSG、ナポリにイ・ガンインら選手を含めたオファーか

パリ・サンジェルマン(PSG)はナポリのナイジェリア代表FWビクター・オシムヘン(25)獲得に向け、選手を差し出す構えを見せているようだ。 昨シーズン限りで、チームのエースだったフランス代表FWキリアン・ムバッペが契約満了により退団となったPSG。今夏の移籍市場では、後釜となるストライカー確保が急務となっている。 そんなPSGが獲得を望んでいるのがオシムヘンだ。ナポリの得点源として2022-23シーズンにはスクデットの獲得に貢献し、昨シーズンも公式戦32試合17ゴール4アシストを記録するなど、トップクラスの活躍を続けている。 2026年夏までナポリと契約を残すオシムヘンだが、1億3000万ユーロ(約226億円)の違約金が存在している模様。移籍市場に精通するジャーナリストのジャンルカ・ディ・マルツィオ氏によると、PSGは違約金減額を望み、選手を含めた交渉を模索しているようだ。 その候補となる選手は、韓国代表FWイ・ガンイン(23)、元フランス代表DFノルディ・ムキエレ(26)、スペイン代表MFカルロス・ソレール(27)の3名とのこと。15日の交渉で、その旨をナポリに伝えたという。 しかし、アントニオ・コンテ監督が新シーズンから指揮を執るナポリは、現段階でイ・ガンイン以外に関心を示さず。イ・ガンインに対しての関心も高いものではなく、難しい交渉になることが予想されている。 2024.07.16 10:05 Tue
4

逸材CBヨロのユナイテッド行きに進展! メディカル&条件詰めで渡英

リールのU-23フランス代表DFレニー・ヨロ(18)にマンチェスター・ユナイテッド行きの動きだ。イギリス『The Athletic』が報じた。 フランスに新たに現る逸材センターバック、ヨロ。数々のビッグクラブが注視するなか、パリ・サンジェルマン(PSG)のトップターゲットともされたが、現在ではリール残留を除けば、レアル・マドリーか、ユナイテッドかといわれる。 選手本人が望む移籍先とされるのはレアル・マドリーだが、リールが求める移籍金を支払う意思が薄く、そのなかで、ユナイテッドが6200万ユーロ(約106億円)の支払いでクラブ間合意に。あとは選手本人の決断次第とみられる。 契約があと1年のリールからすれば、今夏に現金化したく、ユナイテッド行きの話を推し進めるなか、ヨロも前向きなマインドに。成立までにまだすべきことが残るが、メディカルチェックと個人条件の詰めで渡英したという。 バイエルンのオランダ代表DFマタイス・デ・リフト(24)や、エバートンのイングランド代表DFジャラッド・ブラントウェイト(22)も注視するユナイテッドだが、さらなるセンターバック獲得は資金状況と退団者の動向次第になるようだ。 なお、移籍市場に精通するファブリツィオ・ロマーノ記者によると、移籍金の内訳は固定の5000万ユーロ+1200万ユーロのアドオン。ヨロとの契約は1年延長オプション付きの2029年夏までになる模様だ。 2024.07.17 19:30 Wed
5

中盤補強狙うブライトン、PSGで控えに甘んじるソレールに関心か?

ブライトンが、パリ・サンジェルマン(PSG)のスペイン代表MFカルロス・ソレール(27)に関心を示しているようだ。フランス『Le Parisien』が報じている。 31歳の青年指揮官ファビアン・ヒュルツェラー新監督の下、新シーズンは[3-4-3]の布陣がメインシステムとなりそうなブライトン。 その新布陣でカギを握る中盤では卓越した戦術眼と技術を併せ持つドイツ代表MFパスカル・グロスの流出が濃厚と見られ、先日に後釜候補のオランダ代表MFマッツ・ヴァイファーを獲得したとはいえ、若手が目立つポジションに経験豊富な選手を補強したいところだ。 そんななかでシーガルズは、以前にアストン・ビラやレアル・ソシエダ、ビジャレアルといったクラブとの関連付けがされていたスペイン代表への関心を強めているようだ。 2022年夏にバレンシアからPSGに加入したソレールは、加入2シーズンで公式戦60試合以上に出場。一見すると十分に出場機会を得られているが、クラブとして最優先事項のチャンピオンズリーグ(CL)ではわずかに先発2試合、リーグ戦でも先発26試合と完全にバックアッパーに甘んじる。 昨シーズンはスペイン代表でも指導を受けたルイス・エンリケ監督の就任によって、より重要な役割を任されるかに思われたが、MFヴィティーニャやMFウォーレン・ザイール=エメリとのポジション争いで後れを取った。 選手自身はパリでの生活に満足しているものの、クラブは今夏のタイミングで完全移籍での売却か、給与負担を少しでも軽減すべくレンタル移籍での放出を考慮している。 2024.07.15 23:38 Mon

NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly