「レフェリーはプレーオンだと」開幕からの連勝ストップのアーセナル、ウーデゴールはVARでの先制取り消しに言及「一貫性を求めるだけ」

2022.09.05 10:20 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アーセナルのキャプテンを務めるノルウェー代表MFマルティン・ウーデゴールが試合を振り返り、VARへの疑問を投げかけた。

4日、アーセナルはプレミアリーグ第6節でマンチェスター・ユナイテッドとアウェイで対戦。“ビッグ6”による大一番となった。

開幕5連勝で首位に立ち、波に乗っている一方で、ケガ人が一気に増加したアーセナル。ウーデゴールもミッドウィークのアストン・ビラ戦で負傷交代しており、出場が危ぶまれたが、先発メンバーに名を連ねた。
エリク・テン・ハグ監督の下、スタートはつまづいたユナイテッドだが、思い切った選手の入れ替えもあり3連勝と勢い乗るユナイテッドとの一戦。立ち上がりから互いに守備の意識が高く、強度も高い中、譲らない展開となる。

試合はアーセナルが時間の経過とともに押し込んでいく中、35分にこの試合がデビュー戦となったアントニーがカウンターからゴール。ユナイテッドが先制して前半を終えるが、60分にはブカヨ・サカがネットを揺らして同点に。しかし、66分、75分とユナイテッドはカウンターからマーカス・ラッシュフォードがゴール。3-1でユナイテッドが勝利していた。

多くの決定機を迎えながら、強固な守備とGKダビド・デ・ヘアの好セーブやられたアーセナル。ウーデゴールは試合後のフラッシュインタビューで落胆の色を隠さなかった。

「誰もがとても落胆している。僕たちは常に勝つためにプレーしている。ここにきて結果を出したかった」

「試合から僕たちが何かを得なければいけないとみんなが思っている。何かを得るためにあったし、みんなガッカリしている。雰囲気は少し落ち込んでいるけど、それが現実だ」

「1点目も、2点目も、僕たちは試合で勢いに乗れたのに、簡単に2点を取られてしまった。悔しいし、腹立たしいけど、この試合から何かを得るべきだった」

これで開幕からの連勝がストップしたアーセナル。ただ、それでも首位に立っている。ウーデゴールは切り替えて、次の試合からまた勝っていくと意気込んだ。

「もちろん、次の試合に目を向けなければいけない。僕たちはまだリーグのトップに立っている。次の試合を見据えて、その試合に勝つこと。それだけだ」

「試合では良い場面もたくさんあったし、それを生かして、悪いところから学んでいかなければいけない。次の試合を見据えてね」

そんな中、この試合でのある場面に言及。それは12分に自身のプレスバックでクリスティアン・エリクセンからボールを奪うとカウンターを発動。サカのスルーパスにガブリエウ・マルティネッリが抜け出してネットを揺らしたものの、VARの介入があり、オンフィールド・レビューの結果取り消されていたシーンだ。

ウーデゴールは主審もファウルじゃなかったと思っていたと主張。VARによって悪く見えることもあると苦言を呈した。

「僕の見解では、決してファウルではなかった。ソフトなチャレンジだったし、VARが介入するのは、明確かつ明白な場面じゃなければいけない」

「とても、とてもソフトなものだった。映像では見栄えを悪くすることができる。決してファウルではないし、レフェリーはプレーオンだと言った」

「主審は、とてもソフトな接触だったと言った。一貫性を求めるだけだよ。今日はまた、ゴールを認めてもらえなかった。残念ながら今は何もできない」

関連ニュース
thumb

ベナセル、ミランとの契約延長交渉不調の場合はプレミア行きか

ミランのアルジェリア代表MFイスマエル・ベナセル(25)にプレミアリーグ行きの可能性があるようだ。イタリア『カルチョメルカート』が報じている。 ミランとの契約が2024年6月に切れるベナセル。ミランとの契約延長を最優先としているものの、チームメートのDFテオ・エルナンデスが受け取っている500万ユーロの年俸を希望しているとのこと。 仮にミランとの交渉が不調に終わった場合はチェルシーとアーセナルがベナセルの獲得に関心を持っているようでプレミアリーグ行きの可能性があるようだ。 現状では両クラブとも関心を持っているレベルにとどまっているが、ミランとの交渉が進展しなければベナセル獲得へ本腰を入れる可能性があり、去就に注目が集まる。 2022.12.02 23:45 Fri
twitterfacebook
thumb

来夏去就注目のライスがステップアップ願望口に…

ウェストハムのイングランド代表MFデクラン・ライス(23)が来シーズンのステップアップ願望を明かした。イギリス『テレグラフ』が報じている。 現在、プレミアリーグ最高の若手ホールディングMFとしての評価を確立するハマーズのキャプテン。今夏にはステップアップの可能性が取り沙汰されたものの、愛するクラブとの紳士協定によって残留を決断した。 しかし、今夏積極的な補強を敢行したチームは、デイビッド・モイーズ監督の限界を露呈するようなリーグ戦の低迷を強いられており、23歳MFの来夏の退団がより現実味を帯びてきている。 そういった中、現在スリーライオンズの一員としてカタール・ワールドカップ(W杯)という代表レベルにおける最高峰の舞台を経験するライスは、公式会見の場で自身の去就に言及。 周囲のチームメイト同様にクラブレベルでもチャンピオンズリーグ(CL)のような最高峰の舞台に挑戦したいと、改めてステップアップ願望を口にした。 「皆さんが知っているように、チャンピオンズリーグのフットボールをプレーし、トロフィーを獲得している友人がここにはいる。キャリアは1つしかなく、キャリアの終わりには、自分が何を勝ち取ったのか、プレーした最大のゲームを振り返りたいと思うものだ」 「僕は野心的で、それをやりたいと思っている」 なお、ウェストハムはライスの移籍金を7000万ポンド~1億ポンド(約116億~166億円)程度に見積もっており、移籍先候補に挙がるプレミアリーグのメガクラブにとって十分に支払いが可能な金額だ。 ただ、以前から有力な候補に挙がる古巣のチェルシーやマンチェスター・ユナイテッド、リバプールに関してはCL出場権獲得へ微妙な立ち位置となっており、マンチェスター・シティやアーセナルなどと競合した際にはその部分がネックとなりそうだ。 2022.12.02 05:30 Fri
twitterfacebook
thumb

ホワイトの代表離脱に「我々は君のそばにいる」 所属先アーセナルがメッセージ

DFベン・ホワイトのイングランド代表離脱に所属先のアーセナルが反応した。 カタール・ワールドカップ(W杯)グループBを2勝1分けで首位突破したイングランド代表。決勝トーナメント1回戦の相手もグループA2位のセネガル代表に決まり、ここからもう1つギアを上げていきたいところだ。 だが、イングランドサッカー協会(FA)は11月30日にホワイトの私事による離脱を報告。すでにイングランド代表が拠点を置くアル・ワクラから離れ、帰国した旨とともに、再合流の見通しがないとも記されている。 そのリリースではプライバシーの尊重も求められたなか、アーセナルがFAに追随する形で渦中のベン・ホワイトに関する声明を発表。多くに触れず、「我々は誰もが君のそばにいる、ベン」とのメッセージを送った。 2022.12.01 16:55 Thu
twitterfacebook
thumb

W杯16強入りのイングランド代表、ベン・ホワイトが私事で離脱…復帰見通しなしとも

イングランドサッカー協会(FA)は11月30日、DFベン・ホワイトのイングランド代表離脱を発表した。 カタール・ワールドカップ(W杯)グループBを2勝1分けで首位突破したイングランド代表。決勝トーナメント1回戦ではグループA2位のセネガル代表と対戦する。 だが、ホワイトはプライベートの諸事情でアル・ワクラにあるイングランド代表のトレーニングセンターを離れ、帰国の途に。戻ってくる見通しもないという。 また、その発表では選手のプライバシー尊重を求める文面も。アーセナルで主力を張るホワイトだが、今大会では出場がなかった。 2022.12.01 09:00 Thu
twitterfacebook
thumb

再び初戦でシティvsチェルシー! FAカップ3回戦の対戦カード決定

FAカップ3回戦の組み合わせ抽選会が28日に行われた。 イングランドサッカー協会(FA)に登録されている全てのクラブが出場可能なFAカップ。この3回戦からはプレミアリーグ勢、チャンピオンシップ(イングランド2部)勢が参戦する。 今回の組み合わせでは先日のEFLカップ3回戦に続きマンチェスター・シティとチェルシーという優勝候補同士の対決が実現。 さらに、前大会王者のリバプールはウォルバーハンプトン、マンチェスター・ユナイテッドはエバートンとのプレミア勢と対戦することに。また、クリスタル・パレスvsサウサンプトン、ブレントフォードvsウェストハムが1部同士で激突する。 DF冨安健洋のアーセナルとMF三笘薫のブライトンは、前者がフットボールリーグ1(イングランド3部)のオックスフォード、後者がチャンピオンシップのミドルズブラと対戦。その他ではトッテナムがフットボールリーグ1のポーツマス、DF中山雄太が長期離脱中のハダースフィールドは同じチャンピオンシップ勢のプレストンと対戦する。 なお、3回戦は2023年1月6日~9日にかけて開催される。FAカップ3回戦組み合わせは以下の通り。 ◆FAカップ3回戦 マンチェスター・シティ vs チェルシー マンチェスター・ユナイテッド vs エバートン リバプール vs ウォルバーハンプトン クリスタル・パレス vs サウサンプトン ブレントフォード vs ウェストハム オックスフォード(3) vs アーセナル トッテナム vs ポーツマス(3) ミドルズブラ(2) vs ブライトン シェフィールド・ウェンズデー(3) vs ニューカッスル ハル・シティ(2) vs フルアム カーディフ(2) vs リーズ ボーンマス vs バーンリー(2) ブラックプール(2) vs ノッティンガム・フォレスト ダゲナム&レッドブリッジ(5)orジリンガム(4) vs レスター・シティ アストン・ビラ vs スティブネイジ(4) プレストン(2) vs ハダースフィールド(2) レディング(2) vs ワトフォード(2) チェスターフィールド(5) vs WBA(2) チャールトン(3)orストックポート(4) vs ウォルサール(4) ボレアム・ウッド(5) vs アクリントン・スタンリー(3) ダービー・カウンティ(3) vs バーンズリー(3) コヴェントリー(2) vs レクサム(5) ノリッジ(2) vs ブラックバーン(2) イプスウィッチ(3) vs ロザラム(2) ルートン・タウン(2) vs ウィガン(2) フリートウッド・タウン(3) vs QPR(2) グリムズビー(4) vs バートン・アルビオン(3) フォレストグリーン・ローヴァーズ(3) vs バーミンガム(2) ブリストル・シティ(2) vs スウォンジー(2) ハートルプール(4) vs ストーク(2) ミルウォール(2) vs シェフィールド・ユナイテッド(2) シュールズベリー(3) vs サンダーランド(2) ※()内の数字は所属カテゴリー 2022.11.29 06:15 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly