三好康児と坂元達裕が共にアシスト記録! 上田綺世は初ゴールならず【ジュピラー・プロ・リーグ日本人選手】

2022.08.08 10:55 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
2022-23シーズンのジュピラー・プロ・リーグの第3節が週末に開催された。日本人10名がプレーするベルギー1部。日本人対決が実現したのはコルトレイクvsシント=トロイデン、シャルルロワvsオーステンデの2カードとなった。

コルトレイクは渡辺剛が先発フル出場。シント=トロイデンはシュミット・ダニエル橋岡大樹がフル出場、香川真司林大地が先発出場し、それぞれ58分、84分に交代した。

試合は昨季から11戦無敗のシント=トロイデンがペースを握るも、なかなかゴールを奪えず。ポゼッションしながらもゴールをこじ開けられない。

対するコルトレイクはカウンターから何度か決定機を作るものの、GKシュミット・ダニエルの好セーブもありこちらも得点を奪えず。ゴールレスドローに終わった。

またシャルルロワの森岡亮太、オーステンデの坂元達裕は共に先発出場。森岡は前半のみの出場、坂元はフル出場した。

試合はアウェイのオーステンデが主導権を握ると、28分にロビー・ダヒースのゴールで先制。その後シャルルロワが追いつくも、66分にニック・ベッツナーが勝ち越しゴール。後半アディショナルタイムには坂元が自陣から前線に蹴り出したロングフィードをテオ・エンディカがダメ押しゴールを決め、1-3で快勝した。

その他、ロイヤル・アントワープの三好康児はOHルーヴェン戦に先発出場し74分までプレー。0-1で迎えた38分にワンツーで抜け出しボックス内右からマイナスのクロス。これをラジャ・ナインゴランが蹴り込み、アシストを記録し4-2の勝利に貢献した。セルクル・ブルージュの上田綺世は後半から出場したもののゴールを奪えず、チームも2-0で敗戦。ロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズの町田浩樹はケガでメンバー外となった。

シュミット・ダニエル[シント=トロイデン]
▽8/6
コルトレイク 0-0 シント=トロイデン
◆フル出場

橋岡大樹[シント=トロイデン]
▽8/6
コルトレイク 0-0 シント=トロイデン
◆フル出場

香川真司[シント=トロイデン]
▽8/6
コルトレイク 0-0 シント=トロイデン
◆58分までプレー

林大地[シント=トロイデン]
▽8/6
コルトレイク 0-0 シント=トロイデン
◆84分までプレー

渡辺剛[コルトレイク]
▽8/6
コルトレイク 0-0 シント=トロイデン
◆フル出場

上田綺世[セルクル・ブルージュ]
▽8/7
スタンダール・リエージュ 2-0 セルクル・ブルージュ
◆後半開始から出場

三好康児[ロイヤル・アントワープ]
▽8/7
ロイヤル・アントワープ 4-2 OHルーヴェン
◆74分までプレー。1アシスト

坂元達裕[オーステンデ]
▽8/6
シャルルロワ 1-3 オーステンデ
◆フル出場。1アシスト

町田浩樹[ロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズ]
▽8/6
メヘレン 3-0 サン=ジロワーズ
◆ベンチ外

森岡亮太[シャルルロワ]
▽8/6
シャルルロワ 1-3 オーステンデ
◆ベンチ入りせず

1 2

関連ニュース
thumb

なでしこジャパンメンバーが発表! 海外組8名も、長谷川唯&岩渕真奈は招集外、U-20からも招集《国際親善試合》

日本サッカー協会(JFA)は28日、10月に行われる国際親善試合のナイジェリア女子代表戦、MS&ADカップ2022のニュージーランド女子代表戦に臨む、なでしこジャパンのメンバーを発表した。 7月に日本で行われたEAFF E-1サッカー選手権では見事に優勝を果たしたなでしこジャパン。来年に迫る女子ワールドカップに向けた強化を進めている。 今回はインターナショナル・マッチウィークということもあり、海外組も招集。DF熊谷紗希(バイエルン)、DF清水梨紗(ウェストハム)、DF南萌華(ローマ)、DF宝田沙織(リンシェーピング)、MF杉田妃和(ポートランド・ソーンズ)、MF長野風花(ノースカロライナ・カレッジ)、MF林穂之香(ウェストハム)、MF遠藤純(エンジェル・シティ)を招集。マンチェスター・シティのMF長谷川唯やアーセナルのFW岩渕真奈は招集外となった。 なお、杉田は10月3日の夜、熊谷、清水、南、林は10月4日の昼、宝田、遠藤は4日の夜に合流する。 また、U-20女子ワールドカップで準優勝に終わったU-20女子代表からは、MF藤野あおば(日テレ・東京ヴェルディベレーザ)、MF小山史乃観(セレッソ大阪堺レディース)が初招集。また、大会MVPに輝いたFW浜野まいか(INAC神戸レオネッサ)も招集を受けている。 日本はナイジェリア女子代表と6日にノエビアスタジアム神戸で、ニュージーランド女子代表と長野Uスタジアムで対戦する。 今回発表されたなでしこジャパンのメンバーは以下の通り。 ◆なでしこジャパンメンバー GK 1.山下杏也加(INAC神戸レオネッサ) 21.平尾知佳(アルビレックス新潟レディース) 18.田中桃子(日テレ・東京ヴェルディベレーザ) DF 4.熊谷紗希(バイエルン/ドイツ)※ 5.三宅史織(INAC神戸レオネッサ) 12.乗松瑠華(大宮アルディージャVENTUS) 2.清水梨紗(ウェストハム/イングランド)※ 22.清家貴子(三菱重工浦和レッズレディース) 6.宮川麻都(日テレ・東京ヴェルディベレーザ) 3.南萌華(ローマ/イタリア)※ 19.宝田沙織(リンシェーピング/スウェーデン)※ 17.高橋はな(三菱重工浦和レッズレディース) MF 8.猶本光(三菱重工浦和レッズレディース) 15.杉田妃和(ポートランド・ソーンズ/アメリカ)※ 16.林穂之香(ウェストハム/イングランド)※ 10.長野風花(ノースカロライナ・カレッジ/アメリカ) 20.北村菜々美(日テレ・東京ヴェルディベレーザ) 7.宮澤ひなた(マイナビ仙台レディース) 13.遠藤純(エンジェル・シティ/アメリカ)※ 23.藤野あおば(日テレ・東京ヴェルディベレーザ)★ 25.小山史乃観(セレッソ大阪堺レディース)★ FW 14.井上綾香(大宮アルディージャVENTUS) 11.田中美南(INAC神戸レオネッサ) 9.植木理子(日テレ・東京ヴェルディベレーザ) 24.浜野まいか(INAC神戸レオネッサ) ★初招集 ※遅れて合流 2022.09.28 14:25 Wed
twitterfacebook
thumb

「日本のGKのクオリティに注目すべき」スペイン紙がPKストップなど大活躍のGKシュミット・ダニエルに注目「優美な姿で光を放っていた」

カタール・ワールドカップ(W杯)で日本代表と対戦するスペインのメディアも注目を寄せているようだ。 27日、日本はキリンチャレンジカップ2022でW杯出場国のエクアドル代表と対戦。0-0のゴールレスドローに終わった。 アメリカ代表相手に2-0で勝利していた日本。スタメン11名全てを変えて臨んだエクアドル戦は、前半は苦戦が続き多くのチャンスを作れず、逆にエクアドルの決定機をGKシュミット・ダニエルを中心に凌いだ。 後半は選手交代で攻撃を改善。上田綺世(セルクル・ブルージュ)を起点に、相馬勇紀(名古屋グランパス)や鎌田大地(フランクフルト)が攻撃を活性化。それでもゴールは割れなかった。 スペイン『アス』は日本のエクアドルに対する対応力を評価した。 「エクアドルは日本の背後を可能な限り狙うためにラインを上げてきた。ただ、日本はひるまなかった」 「日本は非常に堅実で、戦術的にも非常に柔軟で、ボールを奪われた後はすぐに撤退した」 また、この試合で好セーブを連発し、後半にはPKのピンチもセーブしたGKシュミット・ダニエルに注目。警戒すべきだとした。 「ルイス・エンリケが指揮を執るスペインは、日本のGKのクオリティに注目すべきだ」 「谷口と伊藤が少しでもミスをすれば、シュミットはエクアドルの侵入を防いだ」 「最も明確なチャンスはエクアドルにあった。ハーフタイムに入る寸前、イバーラがマラドーナばりのドリブルでDFをかわし、日本のポストに当てた」 「アディショナルタイム、エストラーダの奇跡的なヘディングがネットを揺らそうになったが、バーの下でGKがセーブした」 さらにPKストップについても「シュミットは、この夜に優美な姿で光を放っていたが、エネル・バレンシアからゴールを救い、エクアドルの試合を台無しにすることに成功した」と記述。シュミット・ダニエルの活躍を最後まで称えた。 <span class="paragraph-title">【動画】敗戦から救ったシュミット・ダニエルのPKセーブ!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr"> <a href="https://twitter.com/hashtag/daihyo?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#daihyo</a> <a href="https://t.co/S5g4C4iDoP">pic.twitter.com/S5g4C4iDoP</a></p>&mdash; TBS サッカー (@TBS_SOCCER) <a href="https://twitter.com/TBS_SOCCER/status/1574758037788585984?ref_src=twsrc%5Etfw">September 27, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.09.28 11:35 Wed
twitterfacebook
thumb

中村航輔がポルティモネンセと契約延長! 出番増やす元柏正GKが新たに2025年までサイン

ポルティモネンセは27日、日本代表GK中村航輔(27)との契約延長合意を発表した。新たな契約は2025年まで。4000万ユーロ(約55億5000万円)の契約解除条項が盛り込まれての更新となった。 2021年1月に柏レイソルからポルティモネンセ入りした中村。代表キャリアではかつてリオ・デ・ジャネイロ オリンピックのピッチに立ち、ロシア・ワールドカップのメンバーにも入った実力者だが、ポルトガル挑戦後は出番が限られ、ポジション争いに身を投じる。 実際に一昨季が出番なし、昨季が公式戦6試合の出場で、今季もその流れでスタートしたが、守護神のブラジル人GKサムエルが開幕後にポルト移籍。そこから出番が巡り始めており、プリメイラ・リーガ第5節で初先発&出場を果たすと、ここまで3試合でプレーしている。 明らかに状況が変わりつつあるなかでの契約延長。このまま正守護神の座を確固たるものにできるか。 <span class="paragraph-title">【動画】契約延長を果たした中村航輔のセーブ集!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CjBIqlGjfs3/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CjBIqlGjfs3/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CjBIqlGjfs3/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Portimonense Futebol Sad(@portimonense_oficial)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.09.28 09:00 Wed
twitterfacebook
thumb

殊勲のPKセーブ! シュミット・ダニエルがエクアドル戦を振り返る「PKも止められて良かった」

日本代表のGKシュミット・ダニエル(シント=トロイデン)が、エクアドル代表戦の勝利を振り返った。 27日、日本はドイツのデュッセルドルフで行われたキリンチャレンジカップ2022でエクアドルと対戦した。 23日にはアメリカ代表を相手に2-0で勝利していた日本。この試合は、そのアメリカ戦から11名を全て変更して臨んだ。 試合は鋭い出足のエクアドルに苦戦。なかなかボールを握れず、チャンスを作ることができない。 ゴールレスで後半を迎えると、後半から投入されたFW上田綺世がアクセントとなり、徐々に攻撃の形が作れていく。それでも決定機を決められないでいると、谷口彰悟がファウルを犯してPKを当てる展開に。しかし、GKシュミット・ダニエルが横っ飛びでセーブ。得点を許さない。 日本は、鎌田大地、相馬勇紀らも攻撃に加わり何度か決定機を迎えたがゴールは奪えず。カタール・ワールドカップ(W杯)のメンバー発表前最後の試合は、0-0のゴールレスドローに終わった。 試合後、フラッシュインタビューに応じたシュミット・ダニエルは、ピンチがありながらも無失点で終えられたことを喜んだ。 「CKでずっと嫌なところにボールを入れられていたので、それを凌ぐのが大変でした」 「そこで危ないプレーもありましたけど、なんとかゼロで抑えられて、PKも止められて良かったです」 これでメンバー発表前の試合は全て終了。あとはクラブでの戦いでより成長し、メンバー発表を待つだけとなる。 「チームで結果を出すこと。チームの順位を少しでも上に押し上げることで、勝つ習慣を作っていくこと。それが代表に繋がると思うので、意識していきたいと思います」 PKセーブなどでチームの勝ち点獲得に貢献したシュミット・ダニエル。シント=トロイデンでの活躍にも期待が懸かる。 <span class="paragraph-title">【動画】完璧に読み切り咆哮!シュミット・ダニエルのPKセーブ!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr"> <a href="https://twitter.com/hashtag/daihyo?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#daihyo</a> <a href="https://t.co/S5g4C4iDoP">pic.twitter.com/S5g4C4iDoP</a></p>&mdash; TBS サッカー (@TBS_SOCCER) <a href="https://twitter.com/TBS_SOCCER/status/1574758037788585984?ref_src=twsrc%5Etfw">September 27, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.09.27 23:50 Tue
twitterfacebook
thumb

日本代表を電撃訪問の長谷部誠、4大会ぶり外から見るW杯に「代表が躍動している姿を見たい」

フランクフルトの元日本代表MF長谷部誠が27日公開のJFATVに登場。指導者として時間や、現代表への期待感を述べた。 今シーズンもフランクフルトで重要な役割を務めながら、一方で、指導者としてのキャリアに向けても準備を進めている長谷部。チームのオフ期間を利用してドイツ遠征中の日本代表を電撃訪問した。 これまでともに日の丸を背負ってきたGK川島永嗣(ストラスブール)やDF長友佑都(FC東京)をはじめ、大歓迎を受けた元キャプテン。22日からの3日間限定帯同ながら、長谷部自身も濃密な時間を過ごせたと感じているようだ。 「(この3日間は)すごい充実していましたね。個人的にも多くの選手、監督、コーチングスタッフとコミュニケーションを取らせていただいて、すごく自分にとっても大きな時間になりましたし、日本代表チームがワールドカップ(W杯)で結果を出してくれるというものを強く感じることができました」 長谷部にとっても、初めて指導者目線で参加する日本代表活動。メンバー選考が頭をよぎる選手心理も踏まえつつ、チームとしても高い集中力を持ってトレーニングに臨めていると分析した。 「もちろん、選手それぞれこの時期はW杯メンバーに入りたいというアピールの場でもある中で、チームとしては今回のワールドカップは準備期間がほとんどないので、その中でこの9月最後の代表ウイークというのは非常に大切な時間なので、そこのバランスは難しいと思いますけど、ただ、選手もみんな、(試合に)出ている選手だけでなく、出ていない選手もしっかりとチームのために集中してトレーニングもしているし、サポートもしているし、そういうのはトレーニングを見ていればわかるもので、そういう意味では素晴らしい人間性を持った選手たちが揃っているなと感じました」 2010年の南アフリカ大会以降、3大会に出場した長谷部にとって、今回のカタールW杯は十数年ぶりに外から見つめる大会となる。本大会では「日本代表チームが躍動している姿を見たいですね」とはじめ、「期待したいと思います」と力強く締め括った。 「結果というものが一番大事ではありますけど、ただ自分たちがこれまで積み上げてきたものを勇気を持って、受け身になるんじゃなくて、そういうものが出せれば間違いなくいい戦いができると思いますし、相手は強いチームがたくさんいますけど、彼らだったらできると思う。期待したいと思います」 <span class="paragraph-title">【動画】3日間の帯同を終えた長谷部誠、充実感と現代表への期待を語る</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="Q3mFZZiMAo4";var video_start = 525;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> <iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/?start=525" title="YouTube video player" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; clipboard-write; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe> 2022.09.27 22:45 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly