フィオレンティーナがローマの22歳CBを注視、ミレンコビッチ売却なら後釜か

2022.07.25 21:36 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
フィオレンティーナが、ローマのアルバニア代表DFマラシュ・クンブラ(22)をリストアップしているようだ。イタリア『TuttoMercatoWeb』が伝えている。

クンブラはヴェローナ下部組織出身のセンターバック。2018年8月にファーストチームデビューを飾ると、2019-20シーズンは一気に頭角を現し、セリエA若手屈指のディフェンダーと目されるように。翌シーズンからはローマの一員としてプレーしている。

だが、ローマでは定位置を掴みきれておらず、2021-22シーズンはセリエA17試合の出場にとどまった。ジョゼ・モウリーニョ監督は元イングランド代表DFクリス・スモーリングや、イタリア代表DFジャンルカ・マンチーニに絶大な信頼を寄せており、22歳のクンブラは彼らの牙城を崩せていないのが現状だ。
一方のフィオレンティーナは、主力センターバックであるセルビア代表DFニコラ・ミレンコビッチ(24)に、長らくインテル移籍の可能性が取り沙汰されている。イタリア『IL TIRRENO』によると、財政難のインテルがミレンコビッチ獲得に漕ぎ着けられるかは未知数であり、フィオレンティーナとしても選手との契約延長が最優先事項とのことだ。

しかし、インテルがフィオレンティーナの要求する2000万ユーロ(約28億円)を準備できた場合、フィオレンティーナは後釜としてクンブラ獲得に着手する可能性が高いと考えられているようだ。

関連ニュース
thumb

インテルがミレンコビッチへの関心を再燃、PSG行き確実シュクリニアルの後継者候補

インテルが、フィオレンティーナのセルビア代表DFニコラ・ミレンコビッチ(25)への関心を再燃させているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が伝える。 ミレンコビッチは身長195cmのセンターバック。加えて右サイドバックもこなせる逸材は、2017年夏に母国のパルチザンからフィオレンティーナへ加入し、クラブ通算192試合に出場しており、セルビア代表でも通算41キャップを誇る。 ジョゼ・モウリーニョ監督がマンチェスター・ユナイテッド時代に獲得を切望していたとされ、昨夏もアーセナルやチェルシー、トッテナム、インテル、ナポリなど国内外からの関心が報じられた。 昨年8月にフィオレンティーナとの契約を2027年6月まで延長したため、一度は収束に向かったが、ここに来てインテル行きが再燃。今季終了後ないしは1月中のパリ・サンジェルマン(PSG)移籍が確実となったスロバキア代表DFミラン・シュクリニアル(27)の後継者候補の1人ということだ。 ミレンコビッチの市場価値は推定2000万ユーロ(約28億2000万円)。フィオレンティーナはミレンコビッチとFWルカ・ヨビッチのセルビア人2人の今夏以降の去就を明確にするべく、両選手を受け持つ代理人との話し合いを始めたとされている。 2023.01.26 15:35 Thu
twitterfacebook
thumb

ナポリ、GKシリグの後釜としてアタランタから伊代表GKゴッリーニを買取OP付きのレンタルで獲得

ナポリは25日、アタランタからイタリア代表GKピエルルイジ・ゴッリーニ(27)を買い取りオプション付きのレンタル移籍で獲得した。 エラス・ヴェローナでプロキャリアをスタートしたゴッリーニは、以降アストン・ビラ、アタランタでプレー。2021年7月からはフランス代表GKウーゴ・ロリスの将来的な後釜候補として、トッテナムに買い取りオプション付きの1年ローンで加入。公式戦10試合に出場したものの、アントニオ・コンテ新監督の信頼を得られず、トッテナムがオプション行使を見送ったことで、一時的にアタランタへ復帰。 しかし、アルゼンチン代表GKフアン・ムッソが守護神を務める古巣に居場所はなく、昨夏に10代の頃に2年間在籍した古巣のフィオレンティーナにレンタル移籍。今季はカップ戦を中心にここまで公式戦9試合に出場していた。 イタリア代表歴もあるゴッリーニだが、ナポリには今季ハイパフォーマンスを披露している守護神のイタリア代表GKアレックス・メレトがいることから、同日にフィオレンティーナへ移籍したイタリア代表GKサルバトーレ・シリグ(36)の後釜としてセカンドGKの役目を担う模様だ。 2023.01.26 06:40 Thu
twitterfacebook
thumb

フィオレンティーナがナポリからGKシリグを完全移籍で獲得

フィオレンティーナは25日、ナポリからイタリア代表GKサルバトーレ・シリグ(36)を完全移籍で獲得した。 これまでパレルモやセビージャ、パリ・サンジェルマン、トリノなど様々なクラブを渡り歩いてきたシリグは、2021年の夏にジェノアへ加入。昨シーズンは守護神としてセリエA36試合に出場していたが、クラブのセリエB降格に伴い、チームを退団。 その後、コロンビア代表GKダビド・オスピナが退団したナポリにフリーで加入。しかし、今季は開幕からハイパフォーマンスを見せるイタリア代表GKアレックス・メレトの後塵を拝しており、ここまで出場機会はなかった。 なお、フィオレンティーナは同日にアタランタからレンタル移籍していたイタリア代表GKピエルルイジ・ゴッリーニ(27)のレンタル解除を発表した。 2023.01.26 06:05 Thu
twitterfacebook
thumb

クレモネーゼ、フィオレンティーナからMFベナッシをレンタル移籍で獲得

クレモネーゼは19日、フィオレンティーナからイタリア人MFマルコ・ベナッシ(28)をレンタル移籍で獲得した。 インテルの下部組織出身でもあるベナッシは、2014年のトリノ移籍後、2017年にフィオレンティーナに加入。当時2人のセントラルMFを放出していたチームにおいて、すぐにレギュラーを確保すると、在籍4シーズンで公式戦103試合に出場。 しかし、徐々に出場機会を失うと2020-21シーズンはヴェローナへ、昨季は途中からはエンポリにレンタル移籍で加入すると、セリエAで12試合に出場。復帰した今季はここまで公式戦3試合に出場に留まっていた。 2023.01.20 01:50 Fri
twitterfacebook
thumb

ヴィオラ撃破のローマ、モウリーニョは2得点のディバラを称賛 「特別な存在」

ローマのジョゼ・モウリーニョ監督がチームを称えた。クラブ公式サイトが伝えている。 ローマは15日に行われたセリエA第18節でフィオレンティーナと対戦。立ち上がりから拮抗した展開が続いたが、24分に相手DFドゥドゥが2枚目のイエローカードで退場し、数的優位を手にすると、完全にペースを掴む。40分にイングランド代表FWタミー・エイブラハムのボックス内での落としからアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラが左足のボレーシュートを決めて先制に成功。82分には再びエイブラハムのラストパスを受けたディバラが追加点を奪取し、2-0で勝利した。 モウリーニョ監督は試合後、ホームで3ポイントを危なげなく勝ち取ったことを喜びつつも、選手たちの積極性に関しては注文をつけた。 「難しい試合だった。相手には素晴らしい監督と優れたテクニックを持つ選手がおり、10人でもボールと試合のコントロールの仕方を知っていた。対して我々は自分たちの力を生かして良く守り、試合を常にコントロールした。難しい状況は生まれなかった」 「ただ、もう少しクオリティがほしい。ボールを持ちたいと考える選手が増えてほしいと思っている。戦術的な観点からも、感情的な観点からもその点は残念だった」 「選手たちはとても良くやってくれている。しかし、ボールポゼッションに関しては質を高めたいし、もう少し自信が必要だ。これからは今あるクオリティで、持てる力をすべて出し切ってプレーしたい」 また、エイブラハムとのホットラインから2得点を記録したディバラについても言及。優勝を果たしたカタール・ワールドカップ(W杯)後、指揮官の希望によってチームへの合流を早めていたことを明かし、エースの重要性を強調した。 「聞かれていないかもしれないが、あえてパウロについて皆さんが知るべきことを話そう。当初、彼は1月1日にチームに戻ってくることを希望していた。だが、私は彼に『君がいなければ、ボローニャに勝てるかどうかわからない』と言ったのだ。私は12月29日のボローニャ戦で彼を起用したかった」 「27日に電話があった。その日のうちに出発し、28日のトレーニングに参加すると彼は言った。パウロ・ディバラという男は、ただ待っているだけの選手ではない。チームにとって特別な存在なのだ」 2023.01.16 13:35 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly