生放送中の女性リポーターにセクハラ、お尻タッチのヴィオラサポに警察も動く

2021.11.29 21:07 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
フィオレンティーナのファンによるセクシュアル・ハラスメント問題を、『フットボール・イタリア』がクローズアップしている。

テレビやラジオのリポーターと活躍するジャーナリストのグレタ・ベッカリアさんは、27日に行われたセリエA第14節エンポリvsフィオレンティーナの一戦を取材に訪れていた。

試合は57分にフィオレンティーナが先手を取るも、87分、89分と立て続けにホームチームがゴールを奪取。エンポリが2-1と、逆転勝利を収めていた。

ベッカリアさんは試合後の様子を伝えようと、スタジアムの外で『トスカーナTV』向けのリポートをしていた。その生放送中、あるフィオレンティーナのサポーターが通りすがりにベッカリアさんの臀部をタッチ。そのまま去っていった。

当然だが、ベッカリアさんはひどく憤慨した様子だ。加えて、放送中の事件をトスカーナのジャーナリスト団は強く非難。ベッカリアさんとの連帯を表明した。

また、警察は目撃者に話を聞き、ビデオのチェックなどで該当者の特定を進めているとのことだ。



1 2

関連ニュース
thumb

エンポリに敗れたアタランタ、8位フィニッシュで欧州カップ戦出場ならず《セリエA》

アタランタは21日、セリエA最終節でエンポリをホームに迎え、0-1で敗れた。 7位に与えられるヨーロッパ・カンファレンスリーグ出場権獲得を狙う8位アタランタ(勝ち点59)は、D・サパタとボガの2トップで臨んだ。 14位エンポリ(勝ち点38)に対し、アタランタが押し込む展開で立ち上がると、9分に先制のチャンス。ボガのクロスからD・サパタのヘディングシュートが枠を捉えたが、GKの好守に阻まれた。 続く20分、D・サパタがボックス右まで侵入してマイナスにクロスを送り、ボガが合わせるもシュートはDFにブロックされる。 攻勢を続けるアタランタは32分、CKからディムスティのヘディングシュートが枠を捉えるもゴールライン前のDFにカットされ、前半をゴールレスで終えた。 迎えた後半、攻めあぐねる状況が続いたアタランタは、79分に被弾。CKの流れからシュトラツにコントロールシュートを決められた。 このまま反撃できずに敗戦となったアタランタは8位でフィニッシュ。ここ3シーズン、チャンピオンズリーグに出場していたアタランタだったが、来季は欧州カップ戦出場を逃す形となった。 2022.05.22 06:05 Sun
twitterfacebook
thumb

エンポリ若手MFを巡ってミラン、インテルが争奪戦か?

セリエAで躍動する若手ミッドフィルダーを巡って、ミラン、インテルのミラノ2強が争奪戦を繰り広げているようだ。イタリアの複数のメディアが報じている。 両クラブのターゲットとなっているのは、エンポリに所属するアルバニア代表MFクリシティアン・アスラニ(20)だ。 エンポリ下部組織出身のアスラニは、今シーズン晴れてファーストチームデビュー。序盤戦はわずかな出場時間しか与えられなかったが、第24節のボローニャ戦で初めてスタメンに名を連ねると、以降は中盤で定位置を確保し、ここまでリーグ戦で22試合1ゴール1アシストをマークしている。 そんなアスラニに対して、以前より関心が報じられてきたミランだが、『SempreMilan』によると、ミランのパオロ・マルディーニSD(スポーツ・ディレクター)はアスラニの家族とコンタクトをとっており、アスラニに対する一定の出場機会を約束するなど、すでに具体的なプランを提示しているという。 また、アスラニに対しては、インテルも本格的な調査に乗り出しているようだ。 『SempreInter』によると、シモーネ・インザーギ監督は、中盤アンカーの位置でプレーするクロアチア代表MFマルセロ・ブロゾビッチ(29)の負担の大きさを懸念しているとのこと。今シーズン、ブロゾビッチが欠場したリーグ戦は未勝利(2分け1敗)となっており、同ポジションを主戦場とするアスラニをスカッドに加え、選手層の拡充を図りたい考えだ。 2022.05.17 11:10 Tue
twitterfacebook
thumb

大逆転劇でスクデット争いに踏みとどまったS・インザーギ「今後の大きな弾みに」

インテルのシモーネ・インザーギ監督が労った。クラブ公式サイトが伝えている。 残り3試合のセリエAでミラン、ナポリとのスクデット争いに身を投じるインテル。首位のミランを2ポイント差で追いかけるなか、6日の第36節で14位のエンポリをホームに迎え撃った。 残り試合数にも、ここからのポイントロスがより致命打になり得るなか、インテルは一時0-2の展開を強いられたが、前半のうちに同点に。後半も攻め続け、4-2で逆転勝ちしている。 2点先行を許す戦況から見事に勝利を掴み、暫定首位に躍り出たS・インザーギ監督は試合後、『DAZN』で感想を述べた。 「私は選手たちを祝福した。良いプレーをする相手に急ぎすぎた最初の25分は別として、好チームとの真のテストに直面したんだ。我々のようなチームがあんな形で2失点してはならない。しかし、選手たちがこの観衆の前で結果を出したいという思いがあったのは理解できる」 「すぐにゴールを決めたいという欲に駆られてしまったんだ。ボールのないところでもっと組織的になるべきだったし、残念ながら2度も集中力不足で大きなツケを払わされてしまった。37本のシュート数は記録的なんじゃないかな。キャラクターが問われる真のテストだったよ」 「これからは水曜日にまた試合があるし、体力とエネルギーを回復していかないとね」 また、「この勝利は次に来るものに向かって大きな弾みになる」と0-2からの逆転劇が残りシーズンの励みになると続けている。 「このチームは8月20日から好調を維持している。すべてのコンペティションで前進してきたなかで、多くのものを与えてもきた。残り3試合だが、組織的な相手に対してのこの逆転劇は素晴らしいサインだ」 2022.05.07 10:15 Sat
twitterfacebook
thumb

2点差をひっくり返したインテルが暫定首位浮上でミランに圧力《セリエA》

インテルは6日、セリエA第36節でエンポリをホームに迎え、4-2で逆転勝利した。 前節ウディネーゼ戦を2-1で逃げ切り勝利とした2位インテル(勝ち点75)は首位ミランとの2ポイント差を維持した中、ラウタロとホアキン・コレアの2トップで臨んだ。 14位エンポリ(勝ち点37)に対し、開始5分に最初のピンチで失点する。右サイドからのジュルコフスキのアーリークロスをピナモンティにスライディングシュートで流し込まれた。続く10分にはピナモンティの左クロスからジュルコフスキにボレーで蹴り込まれたインテルだったが、わずかにオフサイドで助かった。 すると22分にはPKを獲得しかける。しかし、バレッラがパリージにボックス内で倒されたプレーはVARが入ってノーファウル判定に。 運にも見放されるインテルは28分、まさかの2失点目。ロングフィードに抜け出したアスラニにボックス内からシュートを決められた。 それでも40分、ディマルコの左クロスがロマニョーリのオウンゴールを誘って1点差とすると、前半のうちに同点に持ち込む。45分、ボックス左に侵入したチャルハノールのクロスをラウタロがボレーで蹴り込んだ。 迎えた後半、インテルが攻勢をかけ続けると、59分にはバレッラのミドルが惜しくも枠の左へ。それでも64分に逆転する。分厚いサイド攻撃の流れから、最後はルーズボールをラウタロがボレーで決めきった。 終盤にかけてもインテルが4点目に迫り続けると、追加タイムにサンチェスにゴールが生まれて4-2で逆転勝利。大きな勝ち点3を手にし、ミランにプレッシャーをかけている。 2022.05.07 03:44 Sat
twitterfacebook
thumb

終盤の3失点で自滅したナポリ、スクデット戦線脱落《セリエA》

ナポリは24日、セリエA第34節でエンポリとのアウェイ戦に臨み、2-3で逆転負けした。 前節ローマに勝ちきれず首位ミランに4ポイント差を付けられた3位ナポリ(勝ち点67)は、クリバリが累積で出場停止の中、ファン・ジェズスが先発。前線はオシムヘンを頂点に2列目に右からロサーノ、メルテンス、インシーニェと並べた。 14位エンポリ(勝ち点34)に対し、開始3分にCKからピンチを迎えたナポリ。しかしフリーのピナモンティはヘディングを合わせきれずに助かった。 すると14分にはファビアン・ルイスのカットインシュートでゴールに近づくと、前半半ば以降は敵陣でのプレーを続けていく。そして前半終盤の44分に先制する。ロサーノの右クロスをメルテンスがダイレクトで合わせた。 迎えた後半、ナポリは53分に追加点。ショートカウンターに転じた流れからザンボ・アンギサのラストパスをボックス左で受けたインシーニェがシュートを流し込んだ。 その後も主導権を握っていたナポリだったが、終盤にまささかの落とし穴。まずは80分、自陣での不用意なボールロストからヘンダーソンにゴールを許すと、83分に同点とされる。 GKメレトがもたついたところを狙われ、キックしたボールがプレスに来たピナモンティに当たってゴールに吸い込まれた。凡ミスで試合を振り出しに戻されたナポリは87分に痛恨の逆転弾を浴びる。 右サイドからのバイラミのアーリークロスをピナモンティに合わせられた。このまま2-3で敗れたナポリはスクデット戦線から脱落している。 2022.04.25 00:05 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly