上位3チームは新潟が1人勝ちで首位ターン、仙台・横浜FCはドローで監督解任の琉球は5戦未勝利【明治安田J2第21節】

2022.06.11 21:40 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
11日、明治安田生命J2リーグ第21節の5試合が各地で行われた。

上位の3チーム、首位・アルビレックス新潟、2位・ベガルタ仙台、3位・横浜FCが勝ち点「39」で並んで迎えた今節。一歩前出てシーズンを折り返したのは新潟だった。

9位・大分トリニータとのアウェイゲームに臨んだ新潟は、GKを含めたビルドアップから先制点を挙げる。22分、最終ラインでのボール回しから千葉和彦が縦パスを送り、鈴木孝司がハーフウェイラインからやや下がった位置で収めて反転してスルーパス。高いラインを設定していた大分守備陣の背後を高木善朗が取ると、GKとの高木駿との一対一を制してネットを揺らした。

リードを得て迎えた後半の立ち上がり47分には、素早いトランジションから追加点を奪取。マイボール後、千葉が即座に縦へと当てると、ボールは中盤を経由して右サイドの高い位置を取った松田詠太郎へ。ボックス右へ侵入し、ワンバウンドのクロスを送ると、高木善朗が体を倒しながら放ったボレーがDFに当たってコースが変わり、ゴールへと吸い込まれた。

盤石の勝利かと思われたが、64分の大分の2枚替えで流れは一変。73分、投入された松本怜のクロスから、同じく途中出場の長沢駿が1点を返すと、終盤までホームチームが猛攻を仕掛ける。80分には井上健太のスルーパスから渡邉新太が、後半のアディショナルタイムには下田北斗の左CKをニアで三竿雄斗が触って上夷克典がネットを揺らすが、いずれもオフサイド。

逆襲を受けながらも耐えきった新潟が逃げ切り、首位をキープしてJ2の前半戦を折り返した。

アウェイで16位・徳島ヴォルティスと対戦した仙台は辛うじて勝ち点「1」を手にした。

ゴールレスで迎えた69分。杉森考起のクロスから一美和成にゴールを許したものの、4分後にこぼれ球に反応した内田裕斗が左足で古巣のネットを揺らし、試合を振り出しに戻した。

だが、80分にセットプレーから再び失点を喫し、またもビハインドに。児玉駿斗のシュートがカカに当たってコースが変わり、GKストイシッチは逆を突かれた。このままアディショナルタイムまで推移する苦しい展開の中、クロスこぼれ球の競り合いの中で間瀬拓海が田向泰輝に倒され、PKを獲得する。

右下隅を狙った皆川佑介のキックはGKホセ・アウレリオ・スアレスに読まれたが、弾かれたボールを自ら蹴り込んで同点に。これがラストプレーとなり、仙台が辛うじてドローに持ち込んでいる。

横浜FCは石川県西部緑地公園陸上競技場で11位・ツエーゲン金沢と顔を合わせた。

11分、J2通算100試合出場を達成した山下諒也が敵陣左サイドでボールを持ち、中に運んで逆サイドへ展開。イサカ・ゼインが受けてボックス右角付近から左足のクロスを送ると、ファーでマーカーの背後を取った小川がすべり込みながら左足で合わせた。

金沢は75分、右サイドの高い位置でFKを得ると、嶋田慎太郎のキックを豊田陽平がそらし、こぼれたボールを庄司朋乃也が蹴り込んで試合を振り出しに。このままタイムアップを迎え、勝ち点「1」を分け合っている。

また、3連勝と好調の7位・ジェフユナイテッド千葉は、12位・ヴァンフォーレ甲府の敵地に乗り込み、19歳・ブワニカ啓太の3試合連続ゴールで22分に先制するも、62分に須貝英大にゴールを許して引き分けに。

8日に喜名哲裕監督を解任し、倉貫一毅ヘッドコーチが暫定的に指揮を執る最下位・FC琉球は10位のV・ファーレン長崎と対戦し、1-1で迎えた後半のアディショナルタイムに被弾。勝ち点を積み上げることはできなかった。

◆第21節
▽6月11日(土)
ヴァンフォーレ甲府 1-1 ジェフユナイテッド千葉
ツエーゲン金沢 1-1 横浜FC
徳島ヴォルティス 2-2 ベガルタ仙台
FC琉球 1-2 V・ファーレン長崎
大分トリニータ 1-2 アルビレックス新潟

▽6月12日(日)
《13:00》
レノファ山口FC vs ファジアーノ岡山
《14:00》
ブラウブリッツ秋田 vs 大宮アルディージャ
水戸ホーリーホック vs モンテディオ山形
FC町田ゼルビア vs ロアッソ熊本
《18:00》
ザスパクサツ群馬 vs 栃木SC
東京ヴェルディ vs いわてグルージャ盛岡

関連ニュース
thumb

Jリーグが明治安田生命と契約更新、2026年末までの4年間

Jリーグは27日、明治安田生命保険相互会社と「Jリーグタイトルパートナー」契約を更新することを発表した。 契約期間は2023年1月1日から2026年12月31日までの4年間となる。 Jリーグと明治安田生命は、2015年からタイトルパートナー契約を結んでおり、今回の契約で12年間継続することとなる。 Jリーグ発足当時は、サントリーシリーズ、ニコスシリーズとシーズンのステージにスポンサーがついていたが、その後は廃止。2014年に村井満氏がチェアマンに就任すると、J3リーグに明治安田生命がタイトルパートナーとして契約。翌年の2015年からJ1、J2、J3統一で明治安田生命がタイトルにつくこととなった。 なお、詳細は12月下旬に発表されることとなる。 2022.09.27 20:10 Tue
twitterfacebook
thumb

J1クラブライセンスが46クラブに交付! J2岩手が新たに取得

Jリーグは27日、2023シーズンのJ1クラブライセンスについて発表した。 Jリーグは、JFAから日本におけるクラブライセンス制度の制定および運用の委任を受けており、日本におけるライセンス交付機関(ライセンサー)としてJ1クラブライセンス制度を運営し、Jクラブに対してJ1クラブライセンスを交付している。 J1クラブライセンスの交付判定については第三者機関であるクラブライセンス交付第一審機関(FIB)が行っている。 また、本年度より、AFCクラブライセンス=J1クラブライセンスのみとし、J2およびJ3クラブライセンスは国内ライセンス制度として運用。よって、J2およびJ3クラブライセンスは理事会による判定となる。 2023シーズンは現在J1の18クラブ、J2の22クラブに加え、J3の松本山雅FC、カターレ富山、FC岐阜、愛媛FC、ギラヴァンツ北九州、鹿児島ユナイテッドFCの46チームに交付。いわてグルージャ盛岡が施設基準の例外適用申請により、新たにJ1クラブライセンスを取得した。 なお、以下の16スタジアムは屋根のカバー率が不足している。 • いわぎんスタジアム【岩手】 • NDソフトスタジアム山形【山形】 • 正田醤油スタジアム群馬【群馬】 • NACK5スタジアム大宮【大宮】 • 三協フロンテア柏スタジアム【柏】 • ニッパツ三ツ沢球技場【横浜FC】 • レモンガススタジアム平塚【湘南】 •JITリサイクルインクスタジアム【甲府】 • サンプロ アルウィン【松本】 • 富山県総合運動公園陸上競技場【富山】 •IAIスタジアム日本平【清水】 • ヤマハスタジアム(磐田)【磐田】 • シティライトスタジアム【岡山】 • ニンジニアスタジアム【愛媛】 • 白波スタジアム【鹿児島】 • タピック県総ひやごんスタジアム【琉球】 また、下記のスタジアムは、屋根のカバー率に加え、トイレの数も不足している。 •ソユースタジアム【秋田】 2022.09.27 18:53 Tue
twitterfacebook
thumb

【Jリーグ出場停止情報】FC東京は主将の森重真人が鹿島戦出場停止、磐田の鹿沼直生は静岡ダービー欠場へ

Jリーグは26日、最新の出場停止選手情報を発表した。 インターナショナルブレイクのため中断期間に入っているJ1は、20日の発表から更新されず、森重真人(FC東京)、鹿沼直生(ジュビロ磐田)、ファン・ソッコ(サガン鳥栖)が、それぞれ10月1日に行われる第31節で出場停止となる。 J2では大山啓輔(大宮アルディージャ)、髙橋利樹(ロアッソ熊本)が、J3では水谷拓磨(AC長野パルセイロ)、田口裕也(ガイナーレ鳥取)が、いずれも警告の累積による1試合停止で次節出場できない。 【明治安田生命J1リーグ】 森重真人(FC東京) 第31節 vs鹿島アントラーズ(10/1) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 鹿沼直生(ジュビロ磐田) 第31節 vs清水エスパルス(10/1) 今回の停止:1試合停止 ファン・ソッコ(サガン鳥栖) 第31節 vs京都サンガF.C.(10/1) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 【明治安田生命J2リーグ】 大山啓輔(大宮アルディージャ) 第39節 vsザスパクサツ群馬(10/1) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 髙橋利樹(ロアッソ熊本) 第39節 vsブラウブリッツ秋田(10/2) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 【明治安田生命J3リーグ】 水谷拓磨(AC長野パルセイロ) 第27節 vs鹿児島ユナイテッドFC(10/1) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 田口裕也(ガイナーレ鳥取) 第27節 vs今治FC(10/2) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 2022.09.26 18:00 Mon
twitterfacebook
thumb

日本初の1試合予想くじ『WINNER』が発売開始、アンバサダーの木村拓哉さん「1試合単位で選べるというのは面白そう」

26日、日本初の1試合予想くじ『WINNER』の販売が開始されることとなった。 独立行政法人日本スポーツ振興センター(JSC)が販売。『WINNER』はJリーグとBリーグのリーグ戦、カップ戦の試合の中から、好きな1試合を選んで結果を予想することができるスポーツくじとなっている。 従来の「toto」は、決まった試合全てを予想するか、全てを運任せにする「BIG」があったが、『WINNER』は1試合を予想するだけで良いもの。自身の好きなクラブや、勝敗の予想がしやすい1試合などを選んで購入できるスポーツくじとなる。 いずれも1口200円からで、気軽に楽しめるものに。サッカーの試合は、「何対何でどちらが勝つ(引き分ける)か」を18択から予想。バスケットボールは「何点差でどちらが勝つか」を16択から予想するものとなっている。なお、購入は試合開始10分前まで可能となっている。 そのほかにも、大会予想も行え、優勝チームや特定チームの成績を予想することも可能となっている。 なお、Jリーグは10月1日、2日開催の明治安田生命J1リーグ第31節、J2リーグ第39節、J3リーグ第27節から。Bリーグは9月29日開催の2022-23シーズン開幕戦の名古屋ダイヤモンドドルフィンズvsシーホース三河以降のB1、B2の各試合で購入が可能となる。 そのほか、Bリーグ2022-23シーズンの優勝予想くじ、B2プレーオフの優勝予想くじも販売される。 この『WINNER』発足にあたり、26日には発表会が行われ、Jリーグの野々村芳和チェアマンやBリーグの島田慎二チェアマン。卓球オリンピックの金メダリストである水谷隼さんやパラリンピックのスキーで金メダリストの村上桃佳さんが登壇。さらに、『WINNER』アンバサダーに就任した木村拓哉さんも登壇。スポーツや『WINNER』についてコメントした。 アンバサダー就任の木村さんは「『WINNER』というスポーツくじの宣伝大使と言いますか、今ファッションだったりとか、色々な分野でアンバサダー非常に使われまくっていますが、今回も自分はその役割を担わせていただけるということなので、こうした形で参加させていただいております」とコメント。今回就任を決めた理由については「自分は『toto』というスポーツくじの存在は知っていたんですが、自分自身がジャンルを問わずスポーツ全般の大ファンなので、何らかの形で自分がスポーツに携わりたい、できるのであれば是非やらせていただきたいと直感的に面白そうだと感じて引き受けました」とスポーツ好きから関わりたいと思ったと明かした。 CMも26日から放送が開始されるが、撮影の裏側については「こういう状況下でたくさんの方に客席に座っていただいて、本番に行くにつれて全員の方がマスクを外して歓声を上げるという、ナイーブな現場ではありましたが、みなさんが本番に向けて集中してくださり、スタッフの皆さんが段取り良く現場を進行してくださったので、共通の心配事はありましたが、スムーズに撮影できました」とコメント。CM中の木村さんの表情にも注目だ。 また、そのCM内では普段の応援するような姿が見られるとのことで、「監督もフリーな方で、応援する時の掛け声だったり、言葉は、脚本には一切ないので、自身の普段見ている時に言う言葉だったり、実際の試合が行われている時に投げかけられている感情を本番でやってくださいと言われてやりました」とコメント。「限りなく(プライベートに)近いですし、1つだけ台本上『見ない方が決まるんだよな』というワンフレーズがあるんですが、プライベートな観戦状況だと、ソファーにふんぞり返って見ている時よりは、なぜかうつ伏せで画面に向かって見ている方が決まるというジンクスがあります」と、スポーツ観戦時の貴重なジンクスについても語ってくれた。 この『WINNER』の特徴は、1試合から予想できるというもの。その点については「自分が贔屓にしている、応援したいと思っているチームを、本当に1試合単位で選べるというのは面白そうだなと思いました」と語り、「ベットした金額が外れた場合でもクラブチームに反映されることはなかったので、新しいコミュニケーションの1つかなと思いました」と、購入金額がクラブへと渡ることも新しくて良いと語った。 <span class="paragraph-title">【写真】『WINNER』アンバサダーの木村拓哉さんら、発表会の様子</span> <span data-other-div="movie"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/winner20220926_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/winner20220926_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/winner20220926_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/winner20220926_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/winner20220926_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/winner20220926_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/winner20220926_tw7.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/winner20220926_tw8.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/winner20220926_tw9.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 写真:超ワールドサッカー <span class="paragraph-title">【動画】木村拓哉さん出演の「WINNER」CM</span> <span data-other-div="movie2"></span> <script>var video_id ="fNsZiu8TjhY";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.09.26 15:45 Mon
twitterfacebook
thumb

4連勝の新潟がJ1昇格に王手! 徳島は珍記録を樹立【明治安田J2第38節】

25日、明治安田生命J2リーグ第38節の7試合が各地で行われた。 首位の新潟はホームに残留争い中の大宮を迎えた。16分の小見のミドルシュート、24分の伊藤のボックス右から左ポストを掠める際どいシュートなど、序盤から相手を圧倒しながら試合を進めていく。 しかし、一方で44分には大宮にCKからポスト直撃のヘディングシュートを許すなど危ないシーンも。後半に入った63分にも柴山のミドルシュートがGK小島を強襲。なんとか好セーブで難を逃れたが、決定的な場面を作られてしまう。 それでも迎えた72分、ハーフウェイラインから連動しながらパスを繋ぎ、最後はボックス中央で鈴木が潰れたところを秋山が押し込んで先制。新潟が遂に均衡を破った。 そして、その後は危なげない試合運びで逃げ切りに成功。4連勝で6年ぶりのJ1昇格に王手をかけた。 3位の岡山は仙台に快勝を収めた。ミッチェル・デュークがオーストラリア代表で結果を残すなか、シティライトスタジアムではもう一人のオーストラリア人が活躍。40分、岡山がカウンターから攻勢に転じると、中央でボールを持ったステファン・ムークがドリブルで運び、ボックス中央の永井とのワンツーでボックス左に侵入。そのまま左足でシュートを流し込み、先制点を奪った。 後半に入ると、立ち上がりに岡山に追加点。右サイドを懸命に駆け上がる河野がスルーパスを受け、ゴール前にクロスを供給。逆サイドから走り込んだ佐野が左足インサイドステップで丁寧にハーフボレーで合わせ、ネットを揺らした。 後半アディショナルタイムにも途中出場の仙波がダメ押しゴールを挙げた岡山はこれで2連勝。2位横浜FCと5ポイント差をキープしつつ、昇格プレーオフ圏内をほぼ確実なものとした。 その他、4位の熊本は黒木の今季初ゴールで千葉を下して2連勝。また、ホームで水戸と対戦した徳島は1-1出引き分けに。この結果、今季のドロー数が23試合となり、2004年に横浜FCが記録した22試合というJリーグ記録を更新した。 ◆明治安田生命J2リーグ第38節 ▽9/25(日) <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ファジアーノ岡山 3</span>-0 ベガルタ仙台 いわてグルージャ盛岡 1-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">3 ツエーゲン金沢</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ブラウブリッツ秋田 2</span>-1 FC町田ゼルビア ジェフユナイテッド千葉 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 ロアッソ熊本</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">アルビレックス新潟 1</span>-0 大宮アルディージャ 徳島ヴォルティス 1-1 水戸ホーリーホック 栃木SC 0-0 FC琉球 ▽9/24(土) ザスパクサツ群馬 1-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">6 レノファ山口FC</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">東京ヴェルディ 1</span>-0 モンテディオ山形 V・ファーレン長崎 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 横浜FC</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">大分トリニータ 2</span>-1 ヴァンフォーレ甲府 2022.09.25 20:10 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly