仙台、横浜FCはともに足踏み…岩手がJ2昇格後待望のホーム初勝利!【明治安田J2第20節】

2022.06.05 20:14 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
5日、明治安田生命J2リーグ第20節の9試合が各地で行われた。

前日にアルビレックス新潟が引き分けたことで、暫定ながらも首位を明け渡したベガルタ仙台は、10位・ジェフユナイテッド千葉とのアウェイゲームに臨んだ。

序盤からテンポの良い攻撃を仕掛け、10分にはセットプレーのこぼれ球をボックス手前左から遠藤康が左足で狙うなど、立ち上がりから好機を作る。

劣勢だった千葉は鈴木大輔が24分に負傷交代というアクシデントに見舞われ、前節に続いて離脱者を出す苦しい展開に。ただ、尹晶煥監督はここで守備的な選手でなく、FWブワニカ啓太を投入して[3-4-2-1]から[4-4-2]へとシフトすると、これが奏功。チアゴ・デ・レオンソチャン・ミンギュがフィニッシュを迎え、前半のうちに主導権を奪い返すと、折り返した後半の立ち上がりに立て続けにゴールを陥れる。

48分、左サイドから1本のパスで逆サイドまで展開すると、ボックス右角付近から西久保駿介が柔らかいクロス。ファーポストでレオンソと若狭大志が競り合うと、こぼれたボールをゴール前のブワニカが頭で押し込んだ。

2分後には中盤で攻守が入れ替わり続ける状況から、レオンソにボールがわたってキープすると、センターサークル内から右足アウトサイドで斜めのスルーパスを供給。好判断のトランジションを見せた見木友哉が抜け出し、ボックス左で迎えたGKとの一対一を冷静に沈めた。

反撃を試みる仙台はFKの波状攻撃からフォギーニョが至近距離からヘディングを見舞うが、GK新井章太に阻まれ、富樫敬真のボレーもネットを揺らせずに試合終了。6試合ぶりの黒星を喫した仙台が2位となり、3連勝を飾った千葉が7位にジャンプアップを果たしている。

上位2チームが足踏みをしたことで首位浮上のチャンスが転がり込んだ3位・横浜FCは、ホームに14位・東京ヴェルディを迎えた。

コンタクトプレー後に中村海と杉本竜士がエキサイトするなど、序盤から火花を散らす両チーム。17分にはボックス左から杉本が左足のシュートを放ち、4分後には端戸仁のポストプレーから井出遥也が右足を振り抜くなど、まずは東京Vが攻勢を掛ける。

対する横浜FCは29分、左サイドの浅い位置で長谷川竜也が斜めの浮き球を送り、サウロ・ミネイロがボレー。ジャストミートはしなかったが、GKの前で岩武克弥がヘディングを見せるも、ポストの左へそれた。

ゴールレスで迎えた後半に先手を取ったのはアウェイチームだった。杉本の裏抜けから左CKを得ると、梶川諒太のキックをGKスベンド・ブローダーセンの前で平智広が合わせて東京Vが先制点を奪う。

だが、横浜FCも直後のキックオフからすぐさま試合を振り出しに。一度下げてのガブリエウのロングフィードからボックス手前右でサウロ・ミネイロが競り合うと、こぼれ球にいち早く反応したイサカ・ゼインが右足で強烈な一撃を突き刺して同点とした。

その後は互いにチャンスを作るも新たなゴールは生まれず、1-1でタイムアップ。横浜FCは連勝がストップし、首位奪還とはならなかった。

また、最下位に沈むいわてグルージャ盛岡はホームでヴァンフォーレ甲府と対戦。24分にカウンターから石井圭太が先制点を挙げると、甲府の反撃もGK松山健太を中心にしのぎ切り、J2昇格後、待望のホーム初勝利を達成。4試合ぶりの白星で最下位を抜け出している。

◆第20節

▽6月5日(日)
ブラウブリッツ秋田 2-2 ロアッソ熊本
モンテディオ山形 4-0 FC琉球
大宮アルディージャ 0-2 水戸ホーリーホック
ジェフユナイテッド千葉 2-0 ベガルタ仙台
横浜FC 1-1 東京ヴェルディ
レノファ山口FC 2-1 ザスパクサツ群馬
大分トリニータ 3-1 FC町田ゼルビア
いわてグルージャ盛岡 1-0 ヴァンフォーレ甲府
栃木SC 2-3 V・ファーレン長崎

▽6月4日(土)
徳島ヴォルティス 1-1 アルビレックス新潟
ファジアーノ岡山 5-1 ツエーゲン金沢

関連ニュース
thumb

J1昇格目指す横浜FC、FWサウロ・ミネイロがアキレス腱断裂 FW石井快征も中足骨骨折の重傷

横浜FCは6日、FWサウロ・ミネイロ、FW石井快征の負傷を発表した。 クラブの発表によると、サウロ・ミネイロは2日に行われたエリートリーグ第4節の名古屋グランパス戦で負傷。右アキレス腱断裂と診断され、6日にブラジルへ帰国し、手術を受けるとのこと。全治は6カ月と見られている。 石井は同じく名古屋戦で負傷。左第五中足骨骨折と診断され、手術日から全治は3カ月とのことだ。 サウロ・ミネイロは今シーズンの明治安田生命J2リーグで19試合に出場し4得点。石井はサガン鳥栖から7月に期限付き移籍で加入も、出番はなかった。 2022.10.06 22:15 Thu
twitterfacebook
thumb

【Jリーグ出場停止情報】J2残留争い中の大宮MF栗本広輝が出場停止

Jリーグは6日、最新の出場停止選手を発表した。 シーズンも佳境に入っている各リーグ。3日に発表された出場停止選手に追加される選手が発表された。 今回追加されたのはJ2の大宮アルディージャのMF栗本広輝。5日に行われたモンテディオ山形戦で累積警告となった。 栗本は今季から大宮に加入し、かつてはJFLのHonda FC時代に2年連続でMVPを受賞。その後アメリカへと渡ってプレーし、初のJリーグ挑戦となった。 その大宮ではデビュー戦でいきなりGKが2人負傷したことを受けて急造GKとしてプレーすることに。その後、ボランチに定着。ここまで明治安田生命J2リーグで19試合に出場。チームが残留争いをする中での手痛い欠場となった。 【明治安田生命J1リーグ】 MF高嶺朋樹(北海道コンサドーレ札幌) 第32節 vsアビスパ福岡(10/8) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 MF橘田健人(川崎フロンターレ) 第32節 vs清水エスパルス(10/8) 今回の停止:1試合停止 MF鹿沼直生(ジュビロ磐田) 第32節 vs鹿島アントラーズ(10/8) 今回の停止:1試合停止 MF齊藤未月(ガンバ大阪) 第32節 vs横浜F・マリノス(10/8) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 DF荒木隼人(サンフレッチェ広島) 第32節 vsヴィッセル神戸(10/8) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 【明治安田生命J2リーグ】 MF安永玲央(水戸ホーリーホック) 第40節 vsモンテディオ山形(10/9) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 MF栗本広輝(大宮アルディージャ) 第40節 vsレノファ山口FC(10/9) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 FW太田修介(FC町田ゼルビア) 第40節 vs栃木SC(10/9) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 DFエドゥアルド・マンシャ(ヴァンフォーレ甲府) 第40節 vsファジアーノ岡山(10/9) 今回の停止:1試合停止 MF佐藤謙介(レノファ山口FC) 第40節 vs大宮アルディージャ(10/9) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 【明治安田生命J3リーグ】 MF土館賢人(Y.S.C.C.横浜) 第28節 vs鹿児島ユナイテッドFC(10/8) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 MF杉田真彦(藤枝MYFC) 第28節 vs松本山雅FC(10/9) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 FW松本孝平(カマタマーレ讃岐) 第28節 vsアスルクラロ沼津(10/9) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 GK植田峻佑(テゲバジャーロ宮崎) 第28節 vs福島ユナイテッドFC(10/9) 今回の停止1試合停止 2022.10.06 19:25 Thu
twitterfacebook
thumb

Jリーグが東京Vの通訳に「けん責」処分、インドネシア代表DFアルハンの出場をSNSで漏洩

Jリーグは6日、東京ヴェルディのインドネシア語通訳への処分を発表した。 問題が起きたのは7月。明治安田生命J2リーグ第25節の栃木SC戦の前にインドネシア代表DFプラタマ・アルハンの通訳が試合メンバーに選ばれたことをSNSで投稿していた。 これは情報漏洩にあたり、クラブはけん責処分を下していた。 Jリーグは6日に処分を発表。けん責処分とすることとした。 Jリーグによると、懲罰の理由について「担当通訳は、同クラブにおいてアルハン選手の通訳を務めていることからJリーグ規約第3条〔遵守事項〕に定めている「Jリーグ関係者」に該当するとともに、試合前日時点の出場メンバーはクラブの関係者のみ知る内部事情であることから、本件行為はJリーグ規約第3条第7項に定める「Jリーグ関係者は、職務の遂行を通じて知り得た協会、Jリーグ、Jクラブその他のJリーグ関係者に関連する一切の秘密または内部事情を、第三者に開示または漏えいしてはならない。」に違反するものである」と、情報漏洩であるとした。 また、「クラブは、本件行為の重大性を鑑みて担当通訳に対して独自に処分(けん責)を科しているが、本件行為のような出場メンバーの事前漏えいは、例え本人に悪意がなくとも八百長や違法賭博への関与を疑われかねず、スポーツ・インテグリティを脅かしうる事案であることから、再発防止を徹底すべくJリーグからも担当通訳へけん責を科すこととする」とし、処分の理由を説明した。 2022.10.06 18:01 Thu
twitterfacebook
thumb

金沢のDF孫大河がプロA契約、今季鳥栖に入団し6月に期限付きで加入

ツエーゲン金沢は6日、DF孫大河(23)とのプロA契約締結を発表した。 孫は東京都出身で、立正大学から2022年にサガン鳥栖へと入団。2021年に特別指定選手としてYBCルヴァンカップで1試合に出場し、今季も1試合に出場していたが、6月に金沢へ期限付き移籍していた。 金沢ではここまで明治安田生命J2リーグで13試合に出場していた。 孫は9月18日の大分トリニータ戦で規定の出場時間を達成していたとのことだ。 孫はクラブを通じてコメントしている。 「まずは自分を使ってくれた全ての監督、スタッフの方々に感謝したいです」 「満足することなくこれからも日々成長していき、チームの勝利に貢献出来るようにもっともっと頑張ります!」 2022.10.06 12:55 Thu
twitterfacebook
thumb

山形FW藤原悠汰が右大腿二頭筋肉離れで全治8〜10週間、鳥栖のルーキーで6月から山形でプレー

モンテディオ山形は6日、FW藤原悠汰の負傷を発表した。 クラブの発表によると、藤原は9月29日のトレーニングで負傷したとのことだ。 チームドクターの検査の結果、右大腿二頭筋肉離れと診断。全治は約8~10週間となり、今季中の復帰はなくなった。 藤原は明治大学から2022年にサガン鳥栖に入団。明治安田生命J1開幕戦でデビューを果たすなど、公式戦14試合に出場し3得点を記録していた。 その後、6月に山形へと育成型期限付き移籍。明治安田生命J2リーグで6試合の出場に終わっていた。 2022.10.06 10:20 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly