王者・川崎Fが選手18名と契約合意、新加入や移籍組、外国人選手らと合わせ30名に

2022.01.13 19:15 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
川崎フロンターレは13日、18選手との合意を発表した。

2020年、2021年と明治安田生命J1リーグを連覇している川崎フロンターレ。2022シーズンはリーグ3連覇に加え、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)でも結果を残したいシーズンとなる。

今回契約が合意されたのは、2021シーズンも所属した日本人選手。途中出場が増えながらも10得点を記録したFW小林悠やMF家長昭博、ケガからシーズン終盤に復帰したMF大島僚太やキャプテンのDF谷口彰悟らが更新した。

なお、すでにFWレアンドロ・ダミアン、GKチョン・ソンリョン、MFマルシーニョ、DFジェジエウ、MFジョアン・シミッチの外国籍選手の合意は発表されている他、タイ代表MFチャナティップ(←北海道コンサドーレ札幌)、MF瀬古樹(←横浜FC)ら12名が契約に合意している。

GK
丹野研太
安藤駿介

DF
登里享平
谷口彰悟
車屋紳太郎
山根視来
田邉秀斗

MF
塚川孝輝
橘田健人
脇坂泰斗
大島僚太
山村和也
小塚和季
家長昭博
遠野大弥

FW
小林悠
知念慶
宮城天




関連ニュース
thumb

【Jリーグ出場停止情報】唾吐きのアンデルソン・ロペスは6試合の出場停止+60万円の罰金

Jリーグは24日、最新の出場停止選手情報を更新した。 新たに出場停止となったのは川崎フロンターレのDF谷口彰悟、横浜F・マリノスのFWアンデルソン・ロペス、レノファ山口FCのDF渡部博文の3名となった。 谷口は21日に行われたサガン鳥栖戦で1発退場。Jリーグは「自陣ペナルティーエリア手前でドリブルをしていた相手競技者に対し、ボールにプレーできず反則で止め、決定的な得点機会を阻止した行為は、「著しい反則行為」に該当すると判断」したとのこと。谷口は1試合の出場停止処分となった。 また、アンデルソン・ロペスに関しては、21日のアビスパ福岡戦で、ボールとは関係ないところで相手選手に唾吐き行為を行った。この件で、アンデルソン・ロペスは6試合の出場停止に加え、60万円の罰金処分が課された。 Jリーグは「同行為について映像等を用いて検証し、事実関係を確認した結果、主審の判断と同様に、同選手が相手競技者の胸付近につばを吐きかけたものであると認定した。上記より、(公財)日本サッカー協会 競技および競技会における懲罰基準に照らして審議した結果、同行為は、「選手等に対してつばを吐きかける行為」に該当すると判断、6試合の出場停止および罰金(60万円)処分とする」と発表している。 【明治安田生命J1リーグ】 DF谷口彰悟(川崎フロンターレ) 第15節 vs湘南ベルマーレ(5/25) 今回の停止:1試合停止 FWアンデルソン・ロペス(横浜F・マリノス) 第15節 vs京都サンガF.C.(5/25) 今回の停止:6試合停止(1/6) 第16節 vsジュビロ磐田(5/29) 今回の停止:6試合停止(2/6) 第17節 vsガンバ大阪(6/18) 今回の停止:6試合停止(3/6) 第18節 vs柏レイソル(6/25) 今回の停止:6試合停止(4/6) 第19節 vs清水エスパルス(7/2) 今回の停止:6試合停止(5/6) 第20節 vsサンフレッチェ広島(7/6) 今回の停止:6試合停止(6/6) 【明治安田生命J2リーグ】 DF渡部博文(レノファ山口FC) 第18節 vsモンテディオ山形(5/25) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 【明治安田生命J3リーグ】 MF鈴木拳士郎(アスルクラロ沼津) 第10節 vs藤枝MYFC(5/29) 今回の停止:1試合停止 2022.05.24 20:35 Tue
twitterfacebook
thumb

桐蔭横浜大FW山田新、“古巣”川崎Fでプロ入り! 「恩返ししたい」

川崎フロンターレは24日、桐蔭横浜大学に在学するFW山田新(21)の来季加入内定を発表した。 山田は桐蔭横浜大学のエースで、U-13からU-18で川崎Fのアカデミーでプレー。大学を経由しての古巣復帰となる。 小さい頃から慣れ親むクラブでプロキャリアをスタートさせる山田は喜びの心境とともに決意を新たにしている。 「この度、川崎フロンターレに加入することになりました桐蔭横浜大学の山田新です。中学、高校とお世話になったフロンターレに加入し、また等々力でプレーできることをとてもうれしく思います」 「これまで支えてくださった方々に感謝しています。常に向上心を持ち、フロンターレの勝利に貢献できる選手になることで恩返ししたいと思います。応援よろしくお願いします」 <span class="paragraph-title">【写真】アカデミー時代からの山田新の成長の変遷</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">桐蔭横浜大学の山田新(やまだ・しん)選手の加入が内定しました!!<a href="https://t.co/ZQcUjp8I0D">https://t.co/ZQcUjp8I0D</a><br><br>中学1年生から高校卒業までの6年間、フロンターレのアカデミーに所属。待ちに待ったトップ昇格です!!<br><br>シン、おかえり!!ようこそ、川崎フロンターレへ!!<br><br>【広報】<a href="https://twitter.com/hashtag/frontale?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#frontale</a> <a href="https://t.co/ojEdF8hwlN">pic.twitter.com/ojEdF8hwlN</a></p>&mdash; 川崎フロンターレ (@frontale_staff) <a href="https://twitter.com/frontale_staff/status/1528979284798615552?ref_src=twsrc%5Etfw">May 24, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.05.24 15:30 Tue
twitterfacebook
thumb

セルティック旗手怜央が久々に等々力へ! 25日湘南戦来場でサポーターに挨拶も

川崎フロンターレが24日、クラブ公式ツイッターでセルティックでプレーする日本代表MF旗手怜央の試合来場を発表した。 来場する試合は25日にホームで予定する明治安田生命J1リーグ第15節の湘南ベルマーレ戦。18時40分頃にスタジアム場内のバックスタンド側にて、サポーターに挨拶を行うという。 旗手は2020年に順天堂大学から川崎Fに入団。公式戦通算77試合出場で12得点10アシストの数字を収め、ルーキーイヤーからのJ1連覇や天皇杯優勝にも尽力した。 そして、今年1月からはセルティックに移籍。シーズン途中の加入だったが、公式戦21試合の出場で4得点3アシストと活躍してチームのスコティッシュ・プレミアシップ優勝に貢献した。 2022.05.24 13:35 Tue
twitterfacebook
thumb

川崎F、鳥栖との上位戦で4連勝ストップも首位堅持…谷口一発退場も勝ち点1【明治安田J1第14節】

明治安田生命J1リーグ第14節の1試合が21日に駅前不動産スタジアムで行われ、サガン鳥栖vs川崎フロンターレは0-0のドローに終わった。 最下位のヴィッセル神戸を相手に今季最多4失点の敗北を喫した前節からの仕切り直しを期す5位鳥栖。3試合ぶりのホーム戦となる今節、ACLの戦いから帰国後3戦全勝で4連勝中の首位川崎Fを迎え撃った。 鳥栖は前節から本田に代わって堀米が先発した一方で、川崎Fは中2日の日程も考慮して5選手を変更。横浜FCからの新加入ながら、ここまでリーグ戦不出場だった瀬古がインサイドハーフの一角で先発した。 入りから家長中心のパスワークで崩そうとする姿勢を色濃くした川崎Fだが、次第に鳥栖も巻き返す。ただ、互いに最後のところをやらせない守備が光り、あまりシュート数が伸びない展開となる。 そのなかで、左ウィングバックに入る岩崎の右足クロスが6分に直接クロスバーを叩いた鳥栖は41分にもオーバーラップしたジエゴの折り返しから菊池がゴールに迫ったりと積極果敢な攻めに転じる。 普段と異なる面子もあってか、崩しの鋭さを欠く川崎Fは後半の頭からマルシーニョを送り出すと、62分に橘田とレアンドロ・ダミアンも投入。その介もあって、相手ゴールに迫るシーンが増え出す。 だが、68分から出場の垣田が左サイドで相手ハイラインの背後にドリブルを仕掛けた79分、谷口がタックルで止めてファウルに。VARのオンフィールドレビューで決定機阻止による退場を命じられる。 数的不利に陥った川崎Fだが、ボールを握り続けると、後半アディショナルタイム1分にバイタルエリア中央でFKのチャンス。ジョアン・シミッチが左足で直接狙ったが、味方に当たって不意にする。 上位対決は引き分けに終わり、川崎Fの連勝が「4」で止まったものの、同時刻キックオフの2位鹿島アントラーズも勝ち点1にとどまったため、首位をキープ。鳥栖は2試合勝利なしとなっている。 サガン鳥栖 0-0 川崎フロンターレ 2022.05.21 19:08 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第14節:鳥栖vs川崎F】互いにポイントは“アグレッシブさ”、試合を攻略するのは

【明治安田生命J1リーグ第14節】 2022年5月21日(土) 17:00キックオフ サガン鳥栖(5位/19pt) vs 川崎フロンターレ(1位/29pt) [駅前不動産スタジアム] ◆プレスで王者を押し込めるか【サガン鳥栖】 前節はアウェイでのヴィッセル神戸戦となったが、今季未勝利の相手に4-0で大敗を喫してしまった。 ミッドウィークのYBCルヴァンカップでは、アウェイで北海道コンサドーレ札幌と対戦した中、ターンオーバーして1-1のドロー。グループステージ敗退となったが、リーグ戦に向けて選手のコンディションを整えられたことはプラスだろう。 相手は王者・川崎F。だからといって、鳥栖の戦い方が変わるわけではない。激しいプレスで相手の動きを封じ、簡単にポゼッションをさせない戦い方を見せるはずだ。 得意の激しいプレスでアグレッシブにゴールへ向かい、ホームの後押しを受けてプレーできるか。真っ向勝負で王者を叩ける可能性は十分にある。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:朴一圭 DF:ファン・ソッコ、田代雅也、ジエゴ MF:飯野七聖、福田晃斗、小泉慶、岩崎悠人 MF:堀米勇輝、本田風智 FW:小野裕二 監督:川井健太 ◆リーグ4連勝、首位を突き進めるか【川崎フロンターレ】 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)の戦いを終え、失意の中帰国した川崎F。しかし、そのアジアでの戦いで逞しさは確実に増したようだ。 ミッドウィークに行われたヴィッセル神戸戦では、苦強い戦いを強いられた中、最後の最後に谷口彰悟がCKからヘッド。ラストプレーでゴールをこじ開け勝利。リーグ戦4連勝を達成した。 難しい叩きでも勝ち切った王者はこれで首位に浮上。見慣れた順位表の一番上に立ち、ここからは終われる立場となる。 ポイントはらしさを失わずに戦うこと。攻守にわたってアグレッシブにプレーできるのか。ゴールが効果的に奪えていない中では、前線のパフォーマンス向上にも期待がかかる。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:チョン・ソンリョン DF:山根視来、谷口彰悟、車屋紳太郎、佐々木旭 MF:脇坂泰斗、橘田健人、遠野大弥 FW:家長昭博、レアンドロ・ダミアン、マルシーニョ 監督:鬼木達 2022.05.21 14:13 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly