相手が恐れる右手…ストライカーの完成形と呼ばれた男、アラン・シアラー

2021.10.27 20:00 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
◆商標登録されるパフォーマンス

特段目立つパフォーマンスでもなく、むしろ地味でシンプルなものだが、ことシアラーの右手を掲げるパフォーマンスは誇り高きパフォーマンスとして愛されている。

このパフォーマンスは商標登録されるほど。もちろん、パフォーマンスをすることが他の選手に禁じられているわけではなく、シアラーが右手を高く掲げるこのパフォーマンスの写真等を使用した商品は、10%がチャリティに寄付されるというものだ。

それだけこのパフォーマンスの価値が高いということを示しており、イングランドにとって重要なパフォーマンスであることが知れるところ。プレミアリーグにおける最多得点記録保持者ということでも、どれほど多くの回数右手が掲げられたかがわかるだろう。

ニューカッスル出身のシアラーは、サウサンプトンの下部組織で育ち、1988年にアーセナル戦でプロデビューを果たす。

そのデビュー戦では、まさかのハットトリック達成。2点ビハインドから3点を奪い、チームに勝利をもたらせたことで一気に注目を集めることに。シアラーが17歳で成し遂げたことだった。

当時はプレミアリーグ発足前、ファーストディビジョンとして行われたリーグだが、1992-93シーズンに開幕したプレミアリーグで、一気にシアラーの得点力が花開くことに。スコアラーとしての地位を確立していくこととなる。





関連ニュース
thumb

醜態のイングランド代表、トゥヘル就任求む声強まる

イングランド代表サポーターの間で、トーマス・トゥヘル監督の就任を求める声が強まっているようだ。 23日に行われたUFFAネーションズリーグのグループA・グループ3の試合で、イタリア代表に敗れたイングランド代表。グループステージではこれで2分け3敗の未勝利で、最終節を待たずしてグループBの降格が決定した。 不甲斐ない成績にチームを率いるガレス・サウスゲイト監督には非難轟々。いかに昨夏のユーロで準優勝という成果を収めたとはいえ、メンバー選考で物議を醸したうえに成績も伴わないとなれば、サポーターの怒りも理解できるところだ。 それに反響するように期待が高まっているのがトゥヘル監督の招へいだ。今月上旬に成績不振でチェルシーを解任されたドイツ人指揮官は、同クラブを就任からわずか半年でチャンピオンズリーグ優勝に導いた確かな手腕を持つ。 戦術に関してはサウスゲイト監督と明らかに次元の異なるレベルに至っており、現在フリーの同指揮官を招へいしない手はないと、サポーターの間でもっぱらの話題となっている。 なお、トゥヘル監督は一方で、バイエルンからの指揮官就任要請を受諾したとも伝えられている。 2022.09.25 15:50 Sun
twitterfacebook
thumb

「すごく良い感覚がある」 マグワイアが批判的風潮に物申す

マンチェスター・ユナイテッドのイングランド代表DFハリー・マグワイアが自身のパフォーマンス批判に反論した。 2019年夏にレスター・シティからユナイテッド入りしたマグワイア。移籍金額8000万ポンド(現レートで約125億6000万円)での堂々加入で、通算149試合の出場数を誇る。 だが、次第に個人のミスがフォーカスされ、批判の的に。加入半年で託されたキャプテンとしての役割においても物足りさをたびたび指摘されたりと厳しい状況が続く。 それでも、歴代監督からレギュラーとして重用され続けたが、今季はエリク・テン・ハグ新監督の下でプレミアリーグ開幕2連敗からサブに追いやられている状況だ。 皮肉にもチームもそこから4連勝とユナイテッド加入後で最も苦境に立たされるが、今月のイングランド代表にも選出され、23日のイタリア代表戦にフル出場している。 ガレス・サウスゲイト監督からも全幅の信頼を寄せる発言がなされるなか、マグワイアはイタリア戦後、イギリス『talkSPORT』で自身に対する批判的風潮に物申した。 「僕は万全だ。プレーする準備もできているし、フィット感もフレッシュさもある。僕の調子を巡って何を言われているかなんて知らないし、読んでもいない」 「夏にイングランド代表として良い試合ができて、良いプレシーズンも過ごせたし、すごく良い感覚があるんだ」 「知っての通り、監督(テン・ハグ)は僕を試合に出さないと決め、それからというもの、チームも勝ち続けている」 「でも、チャンスが巡ったときのために練習場でハードワークしている。それこそ、今の僕がチームのためにやれることのすべてなんだ」 「他の誰かや世間で言われていることは気になんてしない。マンチェスター・ユナイテッドのキャプテンである僕をネタにしてビッグニュースを作ろうとしているんだと思う」 「それが僕の記事を書く理由だと思うし、彼らはクリックされるのが好きなんだ。でも、僕は全治8週間のケガをしてからユーロに出て、トーナメントの優秀選手に選ばれた」 「錆びついているとか、そんなことはないと思っている」 2022.09.25 12:35 Sun
twitterfacebook
thumb

ルーカス・エンメチャ&リュディガーが最終節のイングランド戦を欠場

ドイツサッカー連盟は24日、ヴォルフスブルクのFWルーカス・エンメチャがUEFAネーションズリーグ・リーグA・グループ3最終節のイングランド代表戦を欠場することを発表した。 公式声明によれば、ルーカス・エンメチャはヒザに痛みがあり、ドイツ代表を率いるハンジ・フリック監督がイングランド戦の欠場を決めたとのこと。 また、累積警告のためイングランド戦の欠場が決まっているレアル・マドリーのDFアントニオ・リュディガーは、24日にチームを離脱し所属クラブに戻ったとのことだ。 UNL5試合を終えて1勝3分け1敗の3位に位置するドイツは、首位のハンガリー代表と4ポイント差があり、準決勝進出はならず。また、最下位イングランドとも4ポイント差となっており、すでにグループA残留を決めている。 2022.09.25 01:35 Sun
twitterfacebook
thumb

イングランド代表指揮官サウスゲイト、ファンのブーイングに「まったくもって理解できる」

イングランド代表のガレス・サウスゲイト監督がコメントした。欧州サッカー連盟(UEFA)の公式サイト『UEFA.com』が報じている。 UFFAネーションズリーグ(UNL)のグループA・グループ3で2分け2敗の未勝利でよもやの最下位に沈むイングランド。このまま最下位に終わるようだとグループB降格が決まるなか、23日の第5節でイタリア代表とのアウェイ戦に臨んだ。 イタリアも1勝2分け1敗の3位と今ひとつ波に乗り切れずにいる状況だが、イングランドは攻め手を欠き、0-0の68分にFWジャコモ・ラスパドーリの右足ミドルから失点。そこから押し返したが、ゴールが遠く、0-1の黒星を喫した。 今年11月のカタール・ワールドカップ(W杯)が刻々と迫るなか、UNLでグループB降格と厳しい現実を突きつけられたサウスゲイト監督は試合後、失意を語った。 「ポゼッション、シュート、オンターゲットの数を振り返っても、パフォーマンスを批判しすぎるのは難しい」 「個人的に正しい方向に進むパフォーマンスぶりだと感じたが、結果が結果だけに、外からの反応と異なるものだと完全に理解している」 「ゴールが決めらない理由の説明は本当に難しい。正しいエリアに入ってはいけているが、ラストパスの精度を上げられずにいる場面があった」 今活動に向けたメンバー選考で物議を呼ぶなか、手腕でもていたらくぶりを露呈した指揮官はまた、ブーイングに出たファンの心情を理解しつつ、今後にも触れた。 「ファンの結果に対する反応は理解している。まったくもって理解できる。ファンが満足するようなパフォーマンスをしたいと常に思っている」 「多くの雑音があるだろうが、それは私を取り巻くものであって、まったく構わない。彼ら(選手)をプレッシャーから守るのが私の仕事だから」 2022.09.24 10:45 Sat
twitterfacebook
thumb

イタリア代表監督マンチーニがイングランド撃破を誇る! 「勝って然るべき」

イタリア代表のロベルト・マンチーニ監督がイングランド代表相手の勝利に歓喜した。 23日にミラノで行われたUFFAネーションズリーグ(UNL)のグループA・グループ3第5節のイタリアvsイングランド。3位に最下位と強豪国らしかぬ歩みが続くなかでのビッグマッチとなった。 首位のハンガリー代表を2ポイント差で追うイタリアはエースのFWチーロ・インモービレが欠場したが、0-0の68分にFWジャコモ・ラスパドーリのミドルで先制。守っても無失点で1-0と勝利した。 イングランドをグループB最下位で降格に追いやる勝利で2位に順位を上げ、今節を同じく制したハンガリーの追走に成功したマンチーニ監督もイタリア『Rai Sport』で勝ち誇っている。 「我々はイングランドに勝ったんだ。世界で最も強い代表チームの1つにね。ゲームシステムなど重要じゃない。大事なのはチームが持つ個性、攻撃意欲、そして高いレベルを保つこと。我々は非常に優秀だった。勝って然るべきだ」 2022.09.24 09:00 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly